2013-03-22 14:34

天然ガス自動車のタイでの事例

 最近下火になったが、一時天然ガス自動車が話題になった事が有る。

裏の桜さんがTPP関連でアメリカが「日本の市場は非関税障壁が有り問題だ、アメリカ製の部品が売れないじゃないか」、こんなアメリカのイチャモンをエントリーしている。

 

アメちゃんの言い分は「天然ガス自動車用の部品(燃料タンクなど)を売りたくても日本では売れない」と文句を言っているのだとか。

 

「難癖をつける」

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/3029965

 

 

そこで私がタイで見た天然ガス自動車の採用状況などを紹介したい。

 

先ず2年ほど前のタイのモーターショーで見た「CNGバイフューエル車」

 

注:天然ガス自動車は二通りの言い方をする。

・NGV=Natural Gas Vehicle    ・・・天然ガス自動車

・CNG=compressed natural gas  ・・・圧縮天然ガス

・バイフューエル車=二種類の燃料が使えるクルマ

 (例えばガソリンと天然ガスなど)

 

最初にこの車。

 

 

の車は小型トラック(1トンピックアップ)の荷台を外し、燃料タンクやボンベが分かるように見せているモノ

左側の黒いものが通常のガソリンタンク。その右の黄土色なのがCNG(天然ガス)のボンベ。

 

ガソリンエンジン車なら小改造でガソリン・CNGどちらでも使えるようになる。

CNGは給油スタンドが少ない、航続距離が極端に短い、パワーが無い、など特有の欠点かあるので、この様に2種類の燃料を使えるようにして使っている

これならCNGで走っていて燃料が無くなったらガソリンに切り替えればいい。

 

 

次はこの車、カローラ・アルティスのトランクを開けて、追加したCNGボンベろみた所。

 

真っ黒で何が何だかよく分からないが、ボンベをトランクルームに入れ、それだけでは危険なのでカバーをつけてある。

トランクルームはこんな風で非常に狭くなる。

 

 

乗用車をこの様にバイフューエル化すると、トランクルームは非常に狭くなる。

これが我慢できない人にはこんなモノは向かない。

 

 

もう少し見てみよう。

これは3年ほど前のもの。車はシボレー・オプトラの場合

(シボレーオプトラ=韓国大宇(現GMコリア)の車、GMタイ工場で生産している)

 

エンジンフードを開けてみると

 

 

エンジンルーム内にガソリンからCNGへの切換え弁がある。

燃料の切換えには車を止め、ボンネットを開けて行わねばならない。

 

そしてトランク内には

 

 

こんな風にトランク内には大きなCNGボンベが入っている。

上掲のカローラの場合と同じである。

 

 

裏の桜さんが「難癖をつける」という事で取り上げていたケースの場合、

アメリカの言い分は、「韓国はどんどん採用してくれている。どうして日本は採用しないのか」だと思う。

 

でも皆さんどう思いますか。こんな車買いますか?

それを買わない日本人が悪いと因縁をつけているのがアメリカ人なのですが・・・

 

あっ、もう一つ、CNGはパワーが無いので坂道は苦手です。

また遠出も苦手、結局全部ガソリンで走る事になってしまいますが・・・

 

 

 

さてこれはガソリンエンジンの場合。最近急速に性能が向上したディーゼルはどうか。

ディーゼルは原理的に圧縮着火なのでそのままでは天然ガスは使えない。ガソリン車と同じ点火装置が必要なのだ。したがってシリンダーヘッドやらピストンなど大改造が必要。

モーターショーではそんな改造事例は出展されていなかった。

但し大型トラックではCNGボンベを積んだトラックをしばしば見かける。

またバスなどにも「NGV」と書いたバスが有る。

 

 

ポンコツバスである。

ディーゼルエンジンを天然ガス用に改造するのは大改造で、しかもバイフューエルにならない。

バンコク市内を黒煙をもうもうと吐いて走っていたポンコツバス、壊れてもいいや位のつもりで改造したのだろう。

どうせこんなバス、郊外になど行ける代物じゃない、バンコク市内の山坂の無いところをノロノロ走っていれば良いんだ、こんな趣旨の様である。

 

尚郊外を走る長距離バスではその後も気を付けてみていたがNGVバスは見かけていない。

 

 

タイの場合は天然ガスはある程度自国で産出する。しかし最近のエネルギー需要増大で輸入量が増えている。

そんな背景でタイ政府上げて天然ガス自動車を奨励しているが、実際は笛吹けど踊らず、そんな状態だ。

 

 

日本でCNG車が売れないのはこんな風で特有の不便さが有り、特定の所でしか使えないのである。

TPPではこんな所が非関税障壁で問題になる。

注意してみてゆかねばならない。

日本として主張すべきはキチンと主張すべきだろう。

 

  1. タイiza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

こんにちは。

TBありがとうございました。

TPPは別として、何だか「脱原発と同じ様な話」と思いました。

車も、車に使う燃料(エネルギー)も多くの選択肢があって良いでしょう。しかしエネルギーの話になると、「地球環境にやさしい」とか「温暖化」と言う事で、本当の意味での現実的な実用化がまだ未知数なのに「風力だ」「太陽光だ」と言う話と同じに見えて仕方がありません。

太陽光と言えば、中国の太陽光パネルメーカーが破綻したそうですね。
  1. 2013-03-22 18:44
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>TBありがとうございました。
>
>TPPは別として、何だか「脱原発と同じ様な話」と思いました。
>
>車も、車に使う燃料(エネルギー)も多くの選択肢があって良いでしょう。しかしエネルギーの話になると、「地球環境にやさしい」とか「温暖化」と言う事で、本当の意味での現実的な実用化がまだ未知数なのに「風力だ」「太陽光だ」と言う話と同じに見えて仕方がありません。
>
>太陽光と言えば、中国の太陽光パネルメーカーが破綻したそうですね。


ご指摘、その通りです。
理屈ではいい所は有る、しかし世の中理屈通りにはいかない。
そう言う事なんですね。

まあ天然ガス車でもプロパン車でもいいのですが、一度高速道路を走ってみればいい。
全く使い物にならない事が良く分かると思います。

太陽光パネルメーカー倒産、良い話です、良きこと聞く・・・
2ch的には「メシウマ」と言った所でしょうか。
  1. 2013-03-22 20:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

韓国は例外的にLPGの採用が多い国なんですよね。結局経済的な問題に帰着するのですが、連中の車は常に馬力不足でしょう。だから常に規格が日本より大きいですよね。性能的に間尺が合わないんでしょうね。

CNGなんてものではなく天然ガス液でもなければ使い物にはならないでしょうね。原理的に見ればディーゼルハイブリッドが一番燃費はいいはずです。ただ重量や複雑な構成が嫌われるのでしょうね。商用車じゃ嫌われるはずです。
CNGは路線バスがだいぶ増えて来ました。あれしか使いようはないんでしょうね。

純粋に費用のみを考えるんだったらプリウスプラグインハイブリッドをLPGに改造するのが一番らしいですがおそらくミラーサイクルエンジンという仕掛けがそのミソなんでしょう。でもおそらくほとんどシリーズでしか使えなんじゃないでしょうか。パラレルじゃあ馬力不足でしょうね。

だからこんなことにうつつを抜かすならば転園ガスの常温液化を考えたほうがまだまともだという気がします。液体燃料の使用ができなくなる時には文明が崩壊する時だと思ってます。このへんの危機感の無さというは不思議なくらいです。

  1. 2013-03-22 23:10
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 これに尽きるのではないですか?
       ↓
【TPP】「アメリカ車が日本で売れないのは燃費が悪く、社会が望む商品ではないから当然だ」 ノーベル経済学賞のスティグリッツ教授
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-7846.html
[ 305827 ] 名前: 名無しさん2013/03/23(Sat) 04:45
戦後直後
アメ「お前ら再軍備するといけないから道幅これな。」
日本「ok。なので鉄道に注力するよ。」

現在
アメ「俺らの国の車買えよ。」
日本「道幅にあわないよ。」

  1. 2013-03-23 05:33
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>韓国は例外的にLPGの採用が多い国なんですよね。結局経済的な問題に帰着するのですが、連中の車は常に馬力不足でしょう。だから常に規格が日本より大きいですよね。性能的に間尺が合わないんでしょうね。
>
>CNGなんてものではなく天然ガス液でもなければ使い物にはならないでしょうね。原理的に見ればディーゼルハイブリッドが一番燃費はいいはずです。ただ重量や複雑な構成が嫌われるのでしょうね。商用車じゃ嫌われるはずです。
>CNGは路線バスがだいぶ増えて来ました。あれしか使いようはないんでしょうね。
>
>純粋に費用のみを考えるんだったらプリウスプラグインハイブリッドをLPGに改造するのが一番らしいですがおそらくミラーサイクルエンジンという仕掛けがそのミソなんでしょう。でもおそらくほとんどシリーズでしか使えなんじゃないでしょうか。パラレルじゃあ馬力不足でしょうね。
>
>だからこんなことにうつつを抜かすならば転園ガスの常温液化を考えたほうがまだまともだという気がします。液体燃料の使用ができなくなる時には文明が崩壊する時だと思ってます。このへんの危機感の無さというは不思議なくらいです。


韓国事情には疎いのですが、多分韓国人はクルマで行動する行動半径が極端に小さい様な気がします。
アチコチ行こうにも行くところが無いのか、金が無くて行けないのか。
そんな国情が車にも表れているので、見た目だけの車になるのでしょう。

天然ガス自動車は路線バスなど特定の所をノロノロ走る位しか使い道は無いですね。
そんな意味で矢張り液体燃料が一番。
日本は戦前は持っていた長期的な戦略を考える力がすっかり衰えました。50年、100年先を見て天然ガス・石炭などの液化をもっと真剣に、国策としてやるべき。
私もkazkさんと同意見です。
  1. 2013-03-23 11:03
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigen さん
> これに尽きるのではないですか?
       ↓
>【TPP】「アメリカ車が日本で売れないのは燃費が悪く、社会が望む商品ではないから当然だ」 ノーベル経済学賞のスティグリッツ教授
>http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-7846.html
[ 305827 ] 名前: 名無しさん 2013/03/23(Sat) 04:45
>戦後直後
>アメ「お前ら再軍備するといけないから道幅これな。」
>日本「ok。なので鉄道に注力するよ。」

>現在
>アメ「俺らの国の車買えよ。」
>日本「道幅にあわないよ。」


情報ありがとうございます。
この件、アカヒが報道していることに意味が有る。
私も使わせていただきたいのでよろしくお願いします。

でもtaigen さんのコメントだけ返信操作がおかしい。
IZAが何か変な事をしているかもしれません。
  1. 2013-03-23 11:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

IZAというよりFirefoxとGoogleがなんかおかしいです。G-mailも再設定しなければならなくなりました。妙なmailもきます。
  1. 2013-03-23 11:39
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> IZAというよりFirefoxとGoogleがなんかおかしいです。G-mailも再設定しなければならなくなりました。妙なmailもきます。


可笑しいですね。
紹介いただいた記事をもとに私もこのブログでアップしようとしたのですが、不快な文字が云々でアップできません。
しばらくしてかな様子をみます。
  1. 2013-03-23 12:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する