2013-03-08 20:51

中国のコメ事情がおかしい

  昨年11月、タイのコメを中国に大量に輸出すると言う話しをエントリーした。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2923905/

 

ドレ位異常かと言うと、タイの年間輸出量が1000万トン、その半分の500万トンを中国に輸出するのだと言う。

詳細は上記エントリーを見ていただくとして、この話と関係のありそうな情報があった。

 

先ずはどんな話かと言うと

 

<以下新唐人TVより引用>

 

 

湖南省産「有毒米」が広東省に流入  

【新唐人2013年3月6日付ニュース】

 

 中国メディアの報道によると、数ヶ月間の調査の末、湖南省産の米のほとんどが重金属の含有量が基準値を超えていることがわかりました。さらには、数年前にカドミウムが検出され、工業用にしか使えないコメが広東省に大量に流入し、地元住民の健康を害する脅威となっています。一方、地元市民は有毒製品にはすでに慣れっこになってしまい、日に日に感覚がマヒしているとコメントしています。

 

「南方日報」によると、深セン市食糧集団が2009年に湖南省から大量に購入した米を深セン市の品質検査部門で検査したところ、米から基準値を超えるカドミウムが検出され、食用禁止となりました。しかし、同集団はこの「有毒米」を広東省に販売し、地元市民から強い批判を受けています。

 

広州市民 郭さん

みな不満です。しかし、どうすることもできません。空気は有毒、水も有毒、牛乳も有毒、薬は偽物、酒も有毒。食べられるものは何一つありませんが、どうすることもできません。関連部門は仕事をしません。彼らには特別供給品があるので、民衆の生死など気にしません」

 

中国の土壌学専門家・潘根興(はん こんこう)さんは、すでに2007年に食糧汚染の主な原因が、基準値を超えた土壌中の重金属であることを発見しました。湖南省はまさに土壌汚染の深刻な地区なのです。

 

中国土壌学専門家  潘根興教授

サンプル採集では、汚染地区のカドミウム含有量が基準値の70%以上超え、07年の調査時にすでにこのような状況でした。今回のこの米は09年産で、07年とあまり変わりはなく、この地区は間違いなく、稲の重金属汚染が最も深刻な地区です。それは米の出所が湖南だからです。誰もが知っていますが、湖南は主要な米の産地で、灌漑用水は主に鉱山などの開発で、汚染された河の水です

 

湖南省で飲食店を営む周さんは、その心情をブラックユーモアで表します。

 

湖南省飲食店経営者 周さん

「あまりにも普通のことです。中国人として、米が有毒であること位、何だと言うのですか

 

潘教授によると、カドミウムは人体に10年から30年蓄積し、腎臓や骨格に病変が生じ、イタイイタイ病を引き起こし、さらには次の世代の健康にも影響を及ぼすそうです。

 

http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jp/environment/2013-03-05/365542998793.html

 

<引用終り>

 

 

酷い話だ。

空気は有毒、水も有毒、牛乳も有毒、薬は偽物、酒も有毒」

 

こんな状況なのでタイからコメを輸入しようとしているのではないか。

少なくともタイなら「タイは日本の影響下にあるので、中国のような有毒米はない」、こう見ているのではないだろうか。

 

この様な大量のコメの買い付けを中国が極秘にやっている。

コメだけでなく食料が世界の不安定要因になってきているのだが、そんな事は日本では全く報道されない。どうしてだろう。

少なくとも食料の安全保障は国の基本の筈なのだが・・・

 

 

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

No title

 イオンは中国米を売っています。 日本の外食産業でも中国米を使っているのです。

 中国の農地の10%は深刻な重金属汚染が起きているのですが、そこでできた農作物の出荷制限はないのです。

 本来なら日本は中国産農産物の全面的な輸入禁止をするべきです。

 それにしてもこういう状況を見ると食料自給率の確保は国民が生きる為に絶対必要だと思います。
  1. 2013-03-09 00:17
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 後気になるのですが、中国は米をタイから買ったとして、では汚染米はどうしているのでしょうか?

 本来なら廃棄するべきですが、中国の事ですから他国へ流すとか家畜に食べさせてそれの家畜を結局食べるとかと言う事も十分あり得ます。
  1. 2013-03-09 00:44
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> イオンは中国米を売っています。 日本の外食産業でも中国米を使っているのです。
>
> 中国の農地の10%は深刻な重金属汚染が起きているのですが、そこでできた農作物の出荷制限はないのです。
>
> 本来なら日本は中国産農産物の全面的な輸入禁止をするべきです。
>
> それにしてもこういう状況を見ると食料自給率の確保は国民が生きる為に絶対必要だと思います。


中国の吐き出す汚染物は食品だけではない。今はPM2.5で騒いでいますが、間もなく水が問題の中心になって来るでしょう。
中国人の何割かに相当する飲み水を輸入するなんてことが現実になるかもしれません。

そんな大量のきれいな水のある国は日本しかありません。
そんな意味で北海道が狙われている事に早く気が付かねばいけないと思います。
  1. 2013-03-09 07:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> 後気になるのですが、中国は米をタイから買ったとして、では汚染米はどうしているのでしょうか?
>
> 本来なら廃棄するべきですが、中国の事ですから他国へ流すとか家畜に食べさせてそれの家畜を結局食べるとかと言う事も十分あり得ます。


豚便所を作り、ウンコを豚に食べさせ、その豚を人間が食べる。
こんな事を何千年とやってきた国なのです。
間違いなく家畜の飼料にするでしょう。

本文で取り上げたタイ米の大量輸入は、多分公務員用とか軍人用だと思います。一般人の口には入らないでしょう。
  1. 2013-03-09 07:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

アフリカの発展に関する日本・アフリカ・ジャーナリスト会議
報告
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ja_jsad/hokoku.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ja_jsad/pdfs/hokoku.pdf

 ニューズウィーク日本語版にQUET IN AFRICA(なぜ日本企業は商機を逃す?)という記事が有りました。

 6月に日本は横浜でアフリカ開発会議(TICAD)のホスト国になるそうです。
 日本政府や企業にとって、アフリカは依然として援助の対象でしかないが、アフリカ各国は今回の会議で日本に援助だけを求めているのではない。成長著しい自国経済を一層飛躍させるための潜在的パートナーとして、日本企業との関係を深めたいという期待を抱いている。資源だけを求めて進出先の地域には何も還元しない中国に幻滅している国もあるという。
 日本にとってはチャンス到来だが、多くの日本企業のアフリカ経済に対する認識は、漠然としたイメージや偏見の域を出ていない。危険、貧困、飢餓、内戦-負の情報が氾濫するなか等身大のアフリカ市場を見極めるには、広大な大陸にひしめく国々の個別事情を丁寧に分析する必要が有る。

 以上引用終わります。
  1. 2013-03-09 09:14
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

2008年の古いエントリーですがトラックバックしました。
香港には私の従兄弟も銀行員として長く赴任してました。
最初は「多くの日本人がスーパーで日本の食物を買うのは、おかしいと思う。地元のものヲ食べれば良い」と言ってたのが、1ケ月も経たずに日本食スーパーからしか買わなくなりました。
体調ガ悪くなったとのこと。

これ1990代からです。農薬をやりすぎるから・・・とは思えません。
深刻な土壌汚染がすでにこの時期から進んでいたのではと思います。
工場排水を全く規制しなかったのではないでしょうか。
国営企業に誰が文句を言えますか。

その後の工場排水の垂れ流す重金属が溜りまくって現在は、もう駄目ポになったのではと。

本当に共産主義とは恐ろしいものです。
  1. 2013-03-09 10:52
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

ホントに酷い話ですね。

中国の環境問題への支援、日本は「ODA」と言う形で「協力総額8,578億円」を既に拠出しています。これが全く活かされていない事が分かるエントリでした。
  1. 2013-03-09 11:46
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

気になったのでコメの国際価格を調べてみました。
農水省のサイトですが

http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/pdf/kakak31.pdf

2008年の歴史的高騰、以後2010年からずっと高止まりのままですね。
大豆や小麦はアメリカの干ばつという原因があるからまだ分からぬでもないですがコメは少し異常でしょうね。ただ同じサイトの穀物全体の需給のグラフが有りました。

http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/pdf/zyukyuu.pdf

時期的な要因で在庫がかなり下がってることと最新のものではないこと、コメのみではないことは問題ですが、全体として値上がり要因を受給からは見ることが出来ないとはいえますよね。

となると特定国が恒常的に輸入を始めたということでしょうか。2011年にインラク政権ができたことは示唆的ですよね。

連中だって作ったものをそのまま廃棄するわけじゃあなかろうから行き着く先は家畜のエサ以外にないでしょう。まあ、連中ならアフリカあたりの援助穀物にしかねないでしょうが…

スーパーあたりで売ってる支那米はどういう安全基準で入れてるんでしょうかねえ。フランケンあたりが絡んでたんですからまともとは思えませんね。

しかしマスゴミどもの報道しない自由は酷いものです。
  1. 2013-03-09 11:48
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>アフリカの発展に関する日本・アフリカ・ジャーナリスト会議
>報告
>http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ja_jsad/hokoku.html
>http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ticad/ja_jsad/pdfs/hokoku.pdf
>
> ニューズウィーク日本語版にQUET IN AFRICA(なぜ日本企業は商機を逃す?)という記事が有りました。
>
> 6月に日本は横浜でアフリカ開発会議(TICAD)のホスト国になるそうです。
> 日本政府や企業にとって、アフリカは依然として援助の対象でしかないが、アフリカ各国は今回の会議で日本に援助だけを求めているのではない。成長著しい自国経済を一層飛躍させるための潜在的パートナーとして、日本企業との関係を深めたいという期待を抱いている。資源だけを求めて進出先の地域には何も還元しない中国に幻滅している国もあるという。
> 日本にとってはチャンス到来だが、多くの日本企業のアフリカ経済に対する認識は、漠然としたイメージや偏見の域を出ていない。危険、貧困、飢餓、内戦-負の情報が氾濫するなか等身大のアフリカ市場を見極めるには、広大な大陸にひしめく国々の個別事情を丁寧に分析する必要が有る。
>
> 以上引用終わります。


情報ありがとうございます。
ニューズウィークは大体買っているのですが、紹介いただいた記事は今売っている分の記事ですが、まだそいつは買ってない。
機会が有ったら買ってきます。

所で日本のアフリカ進出ですが、私の見る大きな問題点の一つはアフリカ進出の狙いにあります。
欧米・そして中国も進出は植民地型の収奪狙い。
しかし日本企業は共存共栄を狙うので如何しても進出が遅れます。
これを見て欧米ジャーナリストは日本がモタモタしていると言う。
そう見ています。

もう一つは最近の日本人がいやに憶病になっているような気がします。虎穴に入らずば・・・と言いますが、兎に角日本人が怖がり。
これは矢張り教育とマスゴミが作る世の中の風潮。
政権を取り返して、元気な日本人が輩出することを願ってます。
  1. 2013-03-09 17:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>2008年の古いエントリーですがトラックバックしました。
>香港には私の従兄弟も銀行員として長く赴任してました。
>最初は「多くの日本人がスーパーで日本の食物を買うのは、おかしいと思う。地元のものヲ食べれば良い」と言ってたのが、1ケ月も経たずに日本食スーパーからしか買わなくなりました。
>体調ガ悪くなったとのこと。
>
>これ1990代からです。農薬をやりすぎるから・・・とは思えません。
>深刻な土壌汚染がすでにこの時期から進んでいたのではと思います。
>工場排水を全く規制しなかったのではないでしょうか。
>国営企業に誰が文句を言えますか。
>
>その後の工場排水の垂れ流す重金属が溜りまくって現在は、もう駄目ポになったのではと。
>
>本当に共産主義とは恐ろしいものです。
>


面白い話有難うございます。
中国の食品に関しては日本では信じられない話幾らでもあります。
中国製の洗濯機には野菜洗いが出来るようになっているとか、食卓の上で野菜を洗う卓上型洗濯機が有るとか・・・
こんな話は別途エントリーしたいと思います。
  1. 2013-03-09 17:56
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>ホントに酷い話ですね。
>
>中国の環境問題への支援、日本は「ODA」と言う形で「協力総額8,578億円」を既に拠出しています。これが全く活かされていない事が分かるエントリでした。


日本人の感覚で見たら、もう無茶苦茶を通り越してます。
大地が回復不可能なレベルまで毀損されてしまった、そんな所ですね。
だから中国の官僚・資本家連中が金をつかんでアメリカなどに逃げ出している。
もはや中国では何をやっても回復不可能とみているのでしょう。
yuyuuさんのコメントもあり、中国の環境問題について知る所を書いてみようと思っています。
  1. 2013-03-09 18:04
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>気になったのでコメの国際価格を調べてみました。
>農水省のサイトですが
>
>http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/pdf/kakak31.pdf
>
>2008年の歴史的高騰、以後2010年からずっと高止まりのままですね。
>大豆や小麦はアメリカの干ばつという原因があるからまだ分からぬでもないですがコメは少し異常でしょうね。ただ同じサイトの穀物全体の需給のグラフが有りました。
>
>http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/j_zyukyu_kakaku/pdf/zyukyuu.pdf
>
>時期的な要因で在庫がかなり下がってることと最新のものではないこと、コメのみではないことは問題ですが、全体として値上がり要因を受給からは見ることが出来ないとはいえますよね。
>
>となると特定国が恒常的に輸入を始めたということでしょうか。2011年にインラク政権ができたことは示唆的ですよね。
>
>連中だって作ったものをそのまま廃棄するわけじゃあなかろうから行き着く先は家畜のエサ以外にないでしょう。まあ、連中ならアフリカあたりの援助穀物にしかねないでしょうが…
>
>スーパーあたりで売ってる支那米はどういう安全基準で入れてるんでしょうかねえ。フランケンあたりが絡んでたんですからまともとは思えませんね。
>
>しかしマスゴミどもの報道しない自由は酷いものです。


情報ありがとうございます。
穀物価格推移に問題の根底が見えています。シカゴ取引所の小麦・大豆・トウモロコシは殆ど同じペースで価格が上昇。
コメだけが全く別の動きです。
アメリカのカネ余りで金が穀物相場に流れ込んでいることが分かります。コメはベトナムインドなどアメリカの影響のないところが相場を作っているのであんなもの。
そこにタクシンがコメの価格上昇を狙っている、そんな構図です。
  1. 2013-03-09 18:16
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する