2013-03-05 11:37

日銀の新総裁 ロシアに利益をもたらす政策実施へ<ロシアの方が日本のマスゴミよりマトモな見方

 日銀の総裁が交代する。

所でこの交代劇、日本のマスゴミよりロシアの方が真実を見ているようだ。

 

<以下ロシアの声より引用>

 

 日銀の新総裁 ロシアに利益をもたらす政策実施へ

 
4.03.2013, 14:58 (引用者注:ロシア式表示、3月4日の記事です)
自身の有効性を証明した黒田東彦氏は、アジア開発銀行総裁職を辞任する。黒田氏は、紙幣発行、円安、世界市場における日本の製品の競争力を回復するために、日本銀行の総裁に就任する見込みだ。ロシアでは、万事上手くよう期待されている。
   日銀の白川方明現総裁は、安倍政権からの圧力を受け、任期満了を待たずに3月19日で辞任する。白川総裁は、安倍首相が早急に円安目標を達成しようとしていることについて、それが1990年代の長期にわたる不況を引き起こした「バブル経済」のような状況につながる恐れがあるとして反対した。
 
   安倍首相は、日銀総裁が交代することで、2パーセントのインフレ目標が早い時期に達成されることに期待している。最近3ヶ月で、円は対ドルで約11パーセント下落した。一方でデフレは続いている。消費者物価指数は、1年間で何度も下落した。
 
 全ての期待は、黒田氏にかけられた。黒田氏は、デフレ脱却のために積極的な対策を行う用意を表明した。専門家たちは、国会では、黒田氏を日銀総裁に充てる人事案が問題なく承認されると考えている。採決は3月15日に行われ見込み。日銀新総裁は、4月3-4日に初会合を開く予定だ。
 
黒田氏は、デフレを克服し、日本の産業競争力を回復することができるだろうか?ロシア科学アカデミー社会経済 人口問題研究所の副所長で、ロシアの高名な経済学者のイオシフ・ジスキン氏は、次のように語っている。
 
  「私の視点から見て、安倍首相が承認したこの経済路線は、唯一現実的なものだ。なぜなら、日本の主要課題は現在、安定した経済成長を回復することだからだ。日本経済は、韓国台湾中国経済との戦いで敗北を蒙っている。輸出を確保するためには、日本経済の競争力を急激に高める必要がある。円高により、日本製品の「価格と品質」の相関関係は、例えば、世界市場で今も需要がある自動車が円高に苦しみ、韓国製や中国製の自動車との競争で負けるという状況を引き起こす。唯一の賢明な対策は、円相場の引き下げと紙幣の発行だ。『G20』諸国は、通貨戦争に厳しく反対しているが、日本の円安に関する決定を支持し、日本のために例外をつくった。なぜなら、日本の経済成長率の上昇は、世界中の経済の利益にこたえるからだ。そこにはロシアの利益も含まれる。なぜならこれは、長年にわたって日本に輸出されている様々なロシア製品の日本における需要を活性化させるからだ。」
 
 日本国民は、黒田氏を「道先案内人」とした安倍首相の新たな経済政策をどのように受け止めているのだろうか?ジスキン氏は、次のように語っている。
 
  「もちろん、インフレを起こすこのような経済政策は、社会分裂を起こすだろう。このような政策は、国家公務員や年金受給者など、固定収入を得ている人たちの生活状況を悪化させる。だが、個人セクターでは収入が増大するだろう。これは、若者のための政策だ。なぜなら、高収入の雇用を創出するからだ。」
 
 不景気から抜け出すためにあらゆる手段を講じた日本にとって、安倍首相と黒田氏の「経済的治療法」に、最後の期待がかけられているのではないだろうか。
 
http://japanese.ruvr.ru/2013_03_04/106806669/
 
<引用終り>
 
 
此処にズバリと書いてある所、つまりデフレからの脱却は若者の為の政策で、固定収入を得ている人は逆にデフレ歓迎なのである。
 
現在の若者はいまの中高年が想像もできない低い給料で働いている。
その原因はデフレによる経済の委縮。
日本がドレだけ経済を委縮させてきたか、
 
こんなグラフを見てください。国の税収推移です。
 
http://www.mof.go.jp/tax_policy/publication/brochure/zeisei/04.htm
 
 
特に右端の赤丸の中、平成21年(2009年)以降の法人税収(黄線)の哀れな落ち込み、これこそミンス不況の表れである。
 
中高年の方々、あなたたちのお父さん・お母さん方は自分たちが腹を減らしていてもせめて子どもたちにはと腹いっぱいご飯を食べさせてくれたはず。
今こそその恩返しの時ですよ。
若い人のための日本再生、これには中高年の方の協力も必要だではないだろうか。
 
 

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

小生、昔のことになりますが今はロシアの声になってますが当時のモスクワ放送をよく聞いていました。当時は冷戦盛んなりし頃でしたから盛んにプロパガンダをやってました。

最初は小生ラジオ少年ということでその方面の興味から入ったのですが、どうも支那関係の報道を聞いてるととこいつらの言ってることって正しんじゃないか、と思うようになりました。文化大革命に内情や林彪の逃亡事件など的確な報道が結構あり驚いたものです。

驚いたことに当時モスクワ放送では日本向けの英語プログラムが有りました。全く同じ周波数と放送局で放送してました。一体誰が聞くんだと思いましたが当時の放送はニュースの内容が全く同じで日本語のと英語のものを作ってたようです。ものすごくヒアリングの勉強になったという思い出があります。

あれ聞いてて思ったことは、ロシア人はそれなりに日本の事をよく研究してるし、それなり以上のあこがれがあるんじゃないかということでした。当時マヤーク(灯台という意味らしい)という音楽番組専門放送局がありましたが結構昔の日本の曲が流れていて「へえ」と思ったことがあります。
40年近い昔の思い出です。
  1. 2013-03-07 11:25
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>小生、昔のことになりますが今はロシアの声になってますが当時のモスクワ放送をよく聞いていました。当時は冷戦盛んなりし頃でしたから盛んにプロパガンダをやってました。
>
>最初は小生ラジオ少年ということでその方面の興味から入ったのですが、どうも支那関係の報道を聞いてるととこいつらの言ってることって正しんじゃないか、と思うようになりました。文化大革命に内情や林彪の逃亡事件など的確な報道が結構あり驚いたものです。
>
>驚いたことに当時モスクワ放送では日本向けの英語プログラムが有りました。全く同じ周波数と放送局で放送してました。一体誰が聞くんだと思いましたが当時の放送はニュースの内容が全く同じで日本語のと英語のものを作ってたようです。ものすごくヒアリングの勉強になったという思い出があります。
>
>あれ聞いてて思ったことは、ロシア人はそれなりに日本の事をよく研究してるし、それなり以上のあこがれがあるんじゃないかということでした。当時マヤーク(灯台という意味らしい)という音楽番組専門放送局がありましたが結構昔の日本の曲が流れていて「へえ」と思ったことがあります。
>40年近い昔の思い出です。


モスクワ放送はとても電波が強かったですね。
今のように電波の周波数割り当てが無かった時代は聞きたくなくても聞こえてしまうくらい。そんな事を覚えています。

ロシアは実は日本に対してはトラウマが有る、日露戦争の日本海海戦です。
彼らは当時世界最強と言われ、ロシア人の誇りだったバルチック艦隊を完膚なきまでに叩きのめされた。
未だにそれを根に持っている所が有るので、日本研究は進んでいるのでしょう。そう思っています。
  1. 2013-03-08 18:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する