2013-01-25 23:42

1月25日に起こった事

  寒いですね。テレビでは気象予報士が年に一度か二度の寒気がやって来ると騒いでます。

 

所で今日1月25日、この日日本の最低気温が記録されました。

1902年(明治35年)の事です。

-41℃、北海道旭川で観測されたこの気温、100年以上たった今も日本の最低気温として記録されています。

 

さてそんな最低気温の話ですが、何か風が吹けば桶屋が儲かる様な話なのですが・・・

 

 

同じ1902年(明治35年)1月25日、日本の歴史に残る悲劇が発生しました。

青森県の八甲田山を雪中行軍訓練中の日本陸軍第8師団歩兵第5連隊八甲田山で冬季に雪中行軍の訓練中に遭難した事件。訓練への参加者210名中199名が死亡(うち6名は救出後死亡)。

 

この件は以下参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%94%B2%E7%94%B0%E9%9B%AA%E4%B8%AD%E8%A1%8C%E8%BB%8D%E9%81%AD%E9%9B%A3%E4%BA%8B%E4%BB%B6

 

またガンダムさんのこのエントリーは要点が良く分かるので是非参考にしてください。

http://gundam01.iza.ne.jp/blog/entry/2806209/

 

この当時はロシアとの戦争が避けられない、その為如何するかが問題となっていました。

その為企画された雪中行軍での悲劇だったのですが、この件が当時の日本軍内部に与えた衝撃は凄まじいモノでした。

若しこんな極寒時にロシアに戦争を仕掛けられたら・・・ 日本軍の貧弱な耐寒装備ではひとたまりもない。

これが日本軍の共通の危機意識となりました。

・・・・ この事はその後独ソ戦で証明されました ・・・

 

さてこの後如何したか、日本軍は必死で耐寒仕様の装備を研究し始めました。

勿論一朝一夕でできるものではありませんが、色んな武器、装備に寒冷地仕様が取り入れられました。

 

実はこんな話を私が知っているのは、私の父がシベリア出兵(1918年~1922年)に参加し、その時この旭川のマイナス41度の話、八甲田山雪中行軍の話を色々聞いてきたからです。

この寒さの一例として言っていた話、ランプの油があまりの寒さに凍り、火が消えてしまったことが有った、そんな信じられない話をしていました。

 

 

さて本題はここから。

日本軍はその後も兵器や装備に寒冷地試験を徹底しました。もしロシアと戦争になった時寒さで鉄砲が打てないのでは困る。こんな事です。

 

そして軍需用の光学機器を作っていた日本工学(現ニコン)は双眼鏡などのヘリコイドが凍結しないような特殊な油を開発しました。

 

そして時は流れます。

 

 

戦後日本工学(現ニコン)はカメラを作り始めます。

名前はニコンと名づけました。

勿論カメラメーカーとしては当時は後発メーカー、しかし今まで培ってきた寒冷地対策技術はチャンとカメラにも織り込んでありました。

 

丁度そこに勃発したのが朝鮮戦争(1950年~1953年)。

アメリカから元気のいいカメラマンが沢山やってきました。

そして朝鮮半島北部の前線に来てみるとそこは極寒の地でした。

フィルムはかたくなって割れてしまうし、カメラは凍りついて動かない。

しかしそこで唯一動作可能なカメラレンズが有りました。

ニコンニッコールレンズでした。

今につながるニコン神話の始まりです。

 

 

 

ダンカンの写真集とダンカンの写真。

 

日本のモノづくりが世界に認められる、最初の事例がこの写真集とカメラレンズ

未だホンダもソニーも無い時代の話でした。

 

 

そして多分ニコンの人も知らないニコン神話の原点、それが1902年1月25日、青森県八甲田山で起こった悲劇と北海道旭川で記録されたマイナス41℃。

この記憶が日本の戦後の発展の基礎にあったのではないかと思っています。

 

その証拠の一つの事例。

日本のカーメーカーは北海道に広大なテストコースを持っています。

2005年のデータですがカーメーカーやタイヤメーカー、部品メーカーなど26コース。

例えばトヨタは士別市に930ヘクタールのテストコース、日産は陸別町に705ヘクタールのテストコース、ホンダは鷹栖町に532ヘクタールのテストコースを持っています。

勿論テスト内容は色々ですが、そこに寒冷地対策試験がある事は当然です。

 

1902年(明治35年)の極寒の記録と悲劇。それから100年以上たっています。

時移り人代わる、しかしこの話は連綿と受け継がれ日本のモノづくりの原点の一つとなっている。

 

今日はそんな意味で貴重な日だと思っています。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(15)

コメント

No title

いつもひとこと余計な無駄口で申し訳ありません。
その時、ダンカンが使用したのはニッコール、つまり日本光学のレンズであって、カメラではありませんでした。カメラは何かといえば、Leica IIIc型でありました。

http://akiroom.com/redbook/kenkyukai10b/kenkyukai201009.html

大兄の掲載された写真に写っているのも明らかにLeicaでありますね。

Nikonのライカ型レンジファインダー式カメラの第一号Nikon Sが発売されるのは1950年でありましたが、これをダンカンが用いるにはタイミングが悪かったようです。

今上陛下が皇太子時代の昭和28年に半年間訪欧されたとき持参されたのがこのNikonSでした。いくつか写真が残されているはずですが、いまのところ検索できません。

しかし時が移りヴィエトナム戦争の際は、Nikon Fが大活躍します。多くの戦場カメラマンが首から提げていたのはLeica M3とNikonFでした。広角はLeica,望遠はNikonと使い分ける写真家が多かったようです。これは距離計式は望遠ではピントがあわせることが困難だからです。実際の戦闘では望遠の出番が増えるので、それで一眼レフのNikon Fの出番だったというわけです。
  1. 2013-01-26 01:27
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

上記記事には、「三木淳氏の説明では、ダンカンライカIIIfを持って朝鮮に出発したと言う。」とありますので、Leica IIIc型をライカIIIfに訂正させていただきます。
  1. 2013-01-26 01:31
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>いつもひとこと余計な無駄口で申し訳ありません。
>その時、ダンカンが使用したのはニッコール、つまり日本光学のレンズであって、カメラではありませんでした。カメラは何かといえば、Leica IIIc型でありました。
>↓
>http://akiroom.com/redbook/kenkyukai10b/kenkyukai201009.html
>
>大兄の掲載された写真に写っているのも明らかにLeicaでありますね。
>
>Nikonのライカ型レンジファインダー式カメラの第一号Nikon Sが発売されるのは1950年でありましたが、これをダンカンが用いるにはタイミングが悪かったようです。
>
>今上陛下が皇太子時代の昭和28年に半年間訪欧されたとき持参されたのがこのNikonSでした。いくつか写真が残されているはずですが、いまのところ検索できません。
>
>しかし時が移りヴィエトナム戦争の際は、Nikon Fが大活躍します。多くの戦場カメラマンが首から提げていたのはLeica M3とNikonFでした。広角はLeica,望遠はNikonと使い分ける写真家が多かったようです。これは距離計式は望遠ではピントがあわせることが困難だからです。実際の戦闘では望遠の出番が増えるので、それで一眼レフのNikon Fの出番だったというわけです。


ナルホド、それでは私の本文も訂正せねばなりませんねえ。
唯一動作可能なカメラのレンズはニッコールだった。
こうせねばなりませんね。
現在でも寒冷地試験をするとニコン・ニッコールの耐寒性能がずば抜けていますが、特にヘリコイドの加工精度は難しいですからねえ。

しかしどうやら温暖化の100年が終わり寒冷化が始まっているようです。
温暖化が最低気温が上がる、そんな現象だったのが全く逆になり、最低気温が下がる、そんな事が始まってますね。
ドイツなどではどうなんでしょうか。
  1. 2013-01-26 07:36
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさん、
>ナルホド、それでは私の本文も訂正せねばなりませんねえ。
>唯一動作可能なカメラのレンズはニッコールだった。
>こうせねばなりませんね。
>現在でも寒冷地試験をするとニコン・ニッコールの耐寒性能がずば抜けていますが、特にヘリコイドの加工精度は難しいですからねえ。

ニコンの人気は、ドイツではLeica以上です。まあLeicaの価格付けは異常ですから手が出ないという人も多いでせう。わたしもそうですが凸凹
Leica式MKTGはBMWも同じですね。少量生産、高価格、高利潤、車もカメラも、ドイツは日本の対極です。しかし品質といえばどっこいでせう。まあ日本製品に市場をくわれたドイツメーカーが生き延びるためにとった戦略がBMW,Leica方式だったのですが。


>しかしどうやら温暖化の100年が終わり寒冷化が始まっているようです。
>温暖化が最低気温が上がる、そんな現象だったのが全く逆になり、最低気温が下がる、そんな事が始まってますね。
>ドイツなどではどうなんでしょうか。

来独して24年目になりますが、ここ十年来寒冷化の傾向ですね。当初は、ライン低地地方では冬に降雪は珍しく雨ばかりであったのに、最近は二三年毎に降雪が多いのです。今年はその多い年にあったってしまいました。しかも零下5℃前後がずっと続いています。こんな天気ではカメラを持ち出す気になりません。というのも寒い外から暖かい室内にもどるとカメラとレンズ内部が結露してしまうからです。それはカビの元になります。
戦争中ならずっと外なのでLeicaでもNikonでも信頼性は保たれるでせうが、平和時にはそれもムツカシイという皮肉であります凹凸♪
  1. 2013-01-26 07:59
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>
>ニコンの人気は、ドイツではLeica以上です。まあLeicaの価格付けは異常ですから手が出ないという人も多いでせう。わたしもそうですが凸凹
>Leica式MKTGはBMWも同じですね。少量生産、高価格、高利潤、車もカメラも、ドイツは日本の対極です。しかし品質といえばどっこいでせう。まあ日本製品に市場をくわれたドイツメーカーが生き延びるためにとった戦略がBMW,Leica方式だったのですが。
>
>
>>しかしどうやら温暖化の100年が終わり寒冷化が始まっているようです。
>>温暖化が最低気温が上がる、そんな現象だったのが全く逆になり、最低気温が下がる、そんな事が始まってますね。
>>ドイツなどではどうなんでしょうか。
>
>来独して24年目になりますが、ここ十年来寒冷化の傾向ですね。当初は、ライン低地地方では冬に降雪は珍しく雨ばかりであったのに、最近は二三年毎に降雪が多いのです。今年はその多い年にあったってしまいました。しかも零下5℃前後がずっと続いています。こんな天気ではカメラを持ち出す気になりません。というのも寒い外から暖かい室内にもどるとカメラとレンズ内部が結露してしまうからです。それはカビの元になります。
>戦争中ならずっと外なのでLeicaでもNikonでも信頼性は保たれるでせうが、平和時にはそれもムツカシイという皮肉であります凹凸♪
>


ドイツでもニコン人気、うれしい話ですね。
いい意味でお互いライバルとして切磋琢磨して欲しいです。

それからダンカンが使ったのはカメラはライカレンズはニッコールとの話、了解しました。
本文も訂正しました。
これからも宜しくお願いします。
  1. 2013-01-26 08:23
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 そういえば、1966年のビートルズ来日の際の話ですけど、後に小野洋子と結婚するジョン・レノンを除けば、おしなべて日本に関する知識も関心もなかったメンバーたちも日本製カメラについては、いろいろ知っていたみたいで。

 ソースは昔のロック雑誌「ミュージックライフ」あたりの記事だったと思いますが、具体的にいつの何号だったかは失念しました。あしからず。
  1. 2013-01-26 20:23
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
> そういえば、1966年のビートルズ来日の際の話ですけど、後に小野洋子と結婚するジョン・レノンを除けば、おしなべて日本に関する知識も関心もなかったメンバーたちも日本製カメラについては、いろいろ知っていたみたいで。
>
> ソースは昔のロック雑誌「ミュージックライフ」あたりの記事だったと思いますが、具体的にいつの何号だったかは失念しました。あしからず。


上掲の丸山光三さんのコメントにあるベトナム戦争におけるニコンFの活躍。アメリカの北爆が始まったのが1965年ですから、ビートルズ来日の1966年は丁度ニコンFが大活躍して脚光を浴びていたとき。
そんな時代だったのでビートルズもカメラには興味があったのでしょう。
今の日本に必要なのはそんな時代を特徴づける何か新しいモノ
そんなモノが必要です。
いまはスマートフォンなのでしょうか。
こんなモノではどうもインパクト不足と思うのですが・・・
  1. 2013-01-26 21:15
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・

庭の椿が満開ですが、寒いですね。ニコンもキリンビールも三菱グループですね。名前からは三菱も付いていませんけど。反対に「菱食」いう食品問屋のトップ企業は最近「三菱食品」と名前を変更しましたね。

鳩山由起夫の売国奴は一度総理大臣になったくせに、中国に国を売りにいきましたね。なんでも中国共産党政府の依頼で渡中したらしいです。

反対に三菱グループはかつて50%の株を保有していたゲッティ・オイルから三菱石油の株を買い取って国益を守ったそうです。最近じゃ三菱自動車の株をダイムラ・ベンツグループより株を三菱の金曜会の会社が買い取ったですね。

民主党や日教組、朝日新聞やNHKなどが主導したら日本なんて消えてなくなります。

三菱や住友、三井など戦前からの旧財閥の「国益」とい精神がかろうじて国の崩壊を防いでいるのかも?

今になったそう思うのは、シャープやパナソニックなどの醜態が見えて、所詮、このシャープやパナソニックなどは「規模が大きい会社」に過ぎないのではと思ってしまう昨今です。
  1. 2013-01-27 11:09
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>短足おじさんへ・・・
>
>庭の椿が満開ですが、寒いですね。ニコンもキリンビールも三菱グループですね。名前からは三菱も付いていませんけど。反対に「菱食」いう食品問屋のトップ企業は最近「三菱食品」と名前を変更しましたね。
>
>鳩山由起夫の売国奴は一度総理大臣になったくせに、中国に国を売りにいきましたね。なんでも中国共産党政府の依頼で渡中したらしいです。
>
>反対に三菱グループはかつて50%の株を保有していたゲッティ・オイルから三菱石油の株を買い取って国益を守ったそうです。最近じゃ三菱自動車の株をダイムラ・ベンツグループより株を三菱の金曜会の会社が買い取ったですね。
>
>民主党や日教組、朝日新聞やNHKなどが主導したら日本なんて消えてなくなります。
>
>三菱や住友、三井など戦前からの旧財閥の「国益」とい精神がかろうじて国の崩壊を防いでいるのかも?
>
>今になったそう思うのは、シャープやパナソニックなどの醜態が見えて、所詮、このシャープやパナソニックなどは「規模が大きい会社」に過ぎないのではと思ってしまう昨今です。


矢張りそう思われますか。
戦前の財閥は戦争を体験し、辛酸をなめています。
彼らの心の中にはサムライの心が連綿を息づいている、領地・領民を守るために命を懸ける、そんな気概です。

確かにシャープ・パナソニックにはそんな心が見えない。
いや以前の松下電器の時代には立派な商人道が有った。
しかし松下政経塾の惨状を見ると、松下幸之助でさえ人を見る目に曇りが有った、そうとしか思えません。

そんな事で興味が有るのが潰れる会社の共通項、それは側近政治です。現場を知らない茶坊主がトップになると会社はガタガタになる。そうでは無いでしょうか。
  1. 2013-01-27 17:53
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ニコンという会社は不思議な会社です。世界的な超有名企業ですが皆経営者知ってる訳じゃありません。幸之助も井深も宗一郎もいない会社なんですよね。

とにかく性能一本でやってきた会社でしょう。さすがに余りに行きすぎて経営が問題になったから少しマーケティングを考えたら業績はすぐ良くなったという漫画みたいな会社ですよね。

ニコンは戦前からの軍御用達で戦艦の測距器作ってた会社ですよね。ある意味あの頃実質的にナンバーワンだったのだと思います。ニコンには戦場の匂いがするとか言って嫌うサヨク馬鹿がいました。

馬鹿が…光学機器も電子機器も見な戦場が育てんじゃ、ボケェ文句あんだったら使うな、アホ、と言ってやったことがあります。とにかくニコンの伝説には事欠きませんからねえ…

ただ、カメラマンの本音を聞いたことがあります。戦場じゃ結構盗まれることがあるらしい。どんなに高性能でもライカじゃたまんないんだよねえ、ニコンだったらまた買えるからねえ、値段て結構重要なんだよ、って言ってました。

20年くらいまえのシナ製カメラなんてある意味本当に凄かったですが、今はずいぶん良くなったようですね。世の中の歴史はある程度の性能のものは皆コモデティ化して行く歴史です。

普通の連中ではどうしても超えられないところを行くしか日本には先がないような気がします。キツイ世界ですよね。
  1. 2013-01-27 23:40
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

検索してたらこんな記事がありました。

http://www.shootingtips.com/newfiles/article/Nikon%20Scope/Nikon%20scope.html

NikonSは朝鮮戦争に行っていたようです。LIFEのハンク・ウォーカーがこれを持って朝鮮に行き故障もなしに動いたとされています。伝説は本当だったのですね。大昔にこの記事は見たことがあるような気がしたんですよね。

しかし、先人たちのの残したものは多いと思います。
八甲田山の事故の後、日本陸軍は耐寒装備の全面変更に踏み切ります。実は満州は気温として考えるならば第三の極地とも言える厳しいところでそこを主戦場と考えていた陸軍の装備は決してソ連軍にも劣らなかったと言われています。

何しろ満州で冬季に歩兵の機動戦をやることを本気で考えていたのですから半端じゃありません。今でも自衛隊の冬戦教の実力は相当に評価されています。小生の知人の旦那が空挺団から派遣されてレンジャー資格を取って来たと聞いたことがあります。
  1. 2013-01-28 01:03
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>ニコンという会社は不思議な会社です。世界的な超有名企業ですが皆経営者知ってる訳じゃありません。幸之助も井深も宗一郎もいない会社なんですよね。
>
>とにかく性能一本でやってきた会社でしょう。さすがに余りに行きすぎて経営が問題になったから少しマーケティングを考えたら業績はすぐ良くなったという漫画みたいな会社ですよね。
>
>ニコンは戦前からの軍御用達で戦艦の測距器作ってた会社ですよね。ある意味あの頃実質的にナンバーワンだったのだと思います。ニコンには戦場の匂いがするとか言って嫌うサヨク馬鹿がいました。
>
>馬鹿が…光学機器も電子機器も見な戦場が育てんじゃ、ボケェ文句あんだったら使うな、アホ、と言ってやったことがあります。とにかくニコンの伝説には事欠きませんからねえ…
>
>ただ、カメラマンの本音を聞いたことがあります。戦場じゃ結構盗まれることがあるらしい。どんなに高性能でもライカじゃたまんないんだよねえ、ニコンだったらまた買えるからねえ、値段て結構重要なんだよ、って言ってました。
>
>20年くらいまえのシナ製カメラなんてある意味本当に凄かったですが、今はずいぶん良くなったようですね。世の中の歴史はある程度の性能のものは皆コモデティ化して行く歴史です。
>
>普通の連中ではどうしても超えられないところを行くしか日本には先がないような気がします。キツイ世界ですよね。


ご指摘の通り、日本は世界が出来ない事をしていくしかない。この一言に尽きます。
私はタイで仕事をしてきまして日本に技術陣にはこう言っていました。
「今まで日本で造っていたものは全部タイに任せてくれ。私が一から指導して作ってみせる。質と量は日本と全く同じ、コストは日本より間違いなく安い。但し新製品開発などはタイではできない、日本はそこに生きる道が有る。是非頑張ってほしい。」
こんな事を言ってきました。

日本は苦難の道を歩ませばならない、これは宿命でしょう。
戦後の焼け野原から立ち上がってカメラメーカーを目指したニコンの気概。是非とも参考にしたいですね。
  1. 2013-01-29 16:58
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>検索してたらこんな記事がありました。
>
>http://www.shootingtips.com/newfiles/article/Nikon%20Scope/Nikon%20scope.html
>
>NikonSは朝鮮戦争に行っていたようです。LIFEのハンク・ウォーカーがこれを持って朝鮮に行き故障もなしに動いたとされています。伝説は本当だったのですね。大昔にこの記事は見たことがあるような気がしたんですよね。
>
>しかし、先人たちのの残したものは多いと思います。
>八甲田山の事故の後、日本陸軍は耐寒装備の全面変更に踏み切ります。実は満州は気温として考えるならば第三の極地とも言える厳しいところでそこを主戦場と考えていた陸軍の装備は決してソ連軍にも劣らなかったと言われています。
>
>何しろ満州で冬季に歩兵の機動戦をやることを本気で考えていたのですから半端じゃありません。今でも自衛隊の冬戦教の実力は相当に評価されています。小生の知人の旦那が空挺団から派遣されてレンジャー資格を取って来たと聞いたことがあります。
>


情報ありがとうございます。
極寒の地での日本製カメラの信頼性、これは聞けば聞くほど不思議な話ですね。
何しろカメラメーカーとして新参そのもの、そんなメーカー・ニコンが作ったカメラが伝統あるライカなどに勝ったのですから。

しかしロシアの伝統的な戦略である冬季戦、此奴は今でも油断できません。
現代では全面戦争など考えられない時代ですが、ゲリラ戦などは有りえます。
これから地球寒冷化の時代ですが、どちらが先に寒冷化対策をするかで問題が変わってくる。
難しい時代になったものです。
  1. 2013-01-29 17:12
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

以前にうかがったニコンのお話ですね。

貴重な教訓を残した八甲田山の犠牲者の方々に遅ればせながら黙祷いたします。
  1. 2013-02-12 20:24
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>以前にうかがったニコンのお話ですね。
>
>貴重な教訓を残した八甲田山の犠牲者の方々に遅ればせながら黙祷いたします。


モノ造りに携わる人間としては決して忘れてはならない事、
それは再発防止です。
未知の分野に踏み込んだとき不具合が有るのはどうしてもゼロに出来ない。
しかし二度と同じ失敗をしてはならない。
この当時の日本軍にはその精神がしっかり生きていました。
  1. 2013-02-12 21:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する