2013-01-20 21:43

2012年自殺者数3万人以下に、これこそ日本再生が始まった証拠

  2012年の自殺者数が警察庁の速報値で年間3万人を切った事が分かった。

 

 

大変うれしい話である。

実はこの自殺者数の話、1998年3月に突如ポンと跳ね上がり、その後関係者のいろんな努力にもかかわらずそのまま年3万人以上で15年も推移してきた。

 

そして私はこの問題が解決すればきっと日本は再生できる、そう思っていた。

しかし何故突如ポンと跳ね上がったのか、それは全く分からなかった。

 

自殺は別に一人一人の個人が誰かに強要されてするものではない。しかしこんな統計で明らかに有意差がある、そこには日本人一人一人の心の中に入り込んで死を決意させるほどの何か、そんなモノが必ずある筈だ

 

 

 

2012年に3万人を下回ったことが分かるとNHKなどはこんなへんちきりんな事を言っている。

曰く・・ NHKテレビは、日本の自殺者急減は政府と民間団体が自殺予防のためのさまざまな対策を推進してきたことが効果を上げたものと報じた。

(この話はご隠居さんの以下のブログから拝借しました)

http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/2981222/

 

ご隠居さんどうも有り難うございました。

 

 

しかし実際は如何なんだろうか。

この原因を見るためには自殺者が急増した15年前に遡って原因を考えないと分からない。

では長期推移はどうなっているか。

 

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2740.html

 

この推移グラフをよく見ると自殺者数は毎年3月~5月がピーク、そして1998年より前には多いときでも月2500人まで達していない。

しかし1998年3月、突如・・・正に突如ポンと跳ね上がり、その後一度も」この傾向は変わっていない。

1998年に多くの人が命を絶とうと思い詰めるような何かが起こっているのである。

 

その原因をyuyuuさんのブログで知ることが出来た。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2124804/

 

このブログで紹介されているグラフ

このグラフは上掲ブログから引用したもので少々古いが、このグラフが一番わかりやすい。

そして上掲ブログでkazkさんが良い情報をコメントで紹介している。

これを見ると1998年(平成10年)に何が有ったのかわかる。

 

 

1998年から平均給料が下がり始めたのだ

自殺者が突如急増し、さっぱり原因がつかめなかった。

その原因はこれだった、デフレが原因だったのである。

 

では2012年に何が起こったか。

誰でも分かるのは2012年12月、ついにあの民死党から政権を奪還した、それは良く分かる。

だがデフレ脱却は如何なのか?

2012年2月14日、日銀は金融政策決定会合で消費者物価(CPI)の前年比上昇率1%を「中長期的な物価安定の目途」として公表。

遂に日銀がデフレ脱却の為インフレ目標を明示する、大きな金融政策の変更が有ったのだ。

安倍内閣が発足し、この目標が低すぎることに注目が集まっている。

しかし2012年2月は金融政策がインフレ目標を掲げたことには大きな意味が有る。

そして15年にわたって人々を苦しめてきたデフレ景気後退からの脱却に希望が出てきたことが自殺者の数字にはっきり表れている、そう理解すべきなのだ

 

そして今一度15年前の問題に目を戻してみよう。

15年前、当時は橋本内閣だった。

自民党内閣じゃないか、そう言いたい所だがちょっと待って欲しい。

橋本内閣は「自社さ連立政権」である。

この内閣は「与党責任者会議」なるモノを設けたが自民党だけの賛成では決定できない仕組みだった。

自民党が表の顔になったとしても「社・さ」の賛同を得なければ何も決まらない仕組み、こうなっていた。

そしてこの当時の「さきがけ」のメンバーを見ると鳩山由紀夫・管直人・前原誠司・げ玄葉光一郎・枝野幸男・荒井聰・小沢鋭仁などがおり、実質2009年のミンス党の母体と言っても良い。

 

民主党の日本破壊政策はこんな風に日本を破壊し、その結果が15年も続いたデフレ、そして多くの人たちが将来に絶望して自ら命を絶った。

 

私にはこんな風に読めるのだ。

 

そして遂に自殺者数が年間で3万人を下回ってきた。

人々の心の中に将来に対する光が見えてきた証拠ではないか。

そして安倍内閣誕生である。

 

国民一人一人が将来に希望が持てる社会、それはこれからの一人一人の努力にかかっていると思う。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

同じ世界経済のネタ帳ですがデフレをしみじみと感じさせてくれるのはこのグラフです。

http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_D&s=1980&e=2012&c1=JP

政府日銀の関係者がどんなに言い訳しても「黙れ」と一喝できるグラフです。

このグラフと経済政策の担い手の発想を見るとよくわかる気がします。さきがけの武村が95年に財政危機宣言を出し97年からの橋本内閣で馬鹿なことを始めてしまいました。まさに転落の軌道だったと思います。

皆が財政再建という縛りをかけてしまい積極財政という手段を封じたのですから、あとは新古典派経済学の出番でした。まあ、それでも日銀は何もしなかったという評価しか出来ませんが…

ついでに主要国とのGDPデフレーター比較です。

http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_D&s=1980&e=2012&c1=JP&c2=US&c3=DE&c4=KR&c5=IT&c6=GB&c7=FR&c8=

これを見て何も感じないなら当時の為政者に政治家を辞める前に人間やめろと言いたくなります。みんな責任者なんですよね。基本ミンスのバカタレどもは新自由主義に亜流だったこと、小泉竹中の経済政策は他国頼みの中身のなかったものだったことが皆明白です。

これはお決まりの日経のチャートですが今まで何度もチャンスはあったことは分かります。

http://stooq.com/q/?s=^nkx&d=20130118&c=50y&t=c&a=lg&b=0

日本の異常なインフレが72年のオイルショックに始まったとしても、ようやく気分が変わる潮目に来ているのではないかということが分かりそうな気がします。

  1. 2013-01-21 03:01
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>
>皆が財政再建という縛りをかけてしまい積極財政という手段を封じたのですから、あとは新古典派経済学の出番でした。まあ、それでも日銀は何もしなかったという評価しか出来ませんが…
>
>ついでに主要国とのGDPデフレーター比較です。
>
>http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_D&s=1980&e=2012&c1=JP&c2=US&c3=DE&c4=KR&c5=IT&c6=GB&c7=FR&c8=
>
>これを見て何も感じないなら当時の為政者に政治家を辞める前に人間やめろと言いたくなります。みんな責任者なんですよね。基本ミンスのバカタレどもは新自由主義に亜流だったこと、小泉竹中の経済政策は他国頼みの中身のなかったものだったことが皆明白です。
>
>これはお決まりの日経のチャートですが今まで何度もチャンスはあったことは分かります。
>
>http://stooq.com/q/?s=^nkx&d=20130118&c=50y&t=c&a=lg&b=0
>
>日本の異常なインフレが72年のオイルショックに始まったとしても、ようやく気分が変わる潮目に来ているのではないかということが分かりそうな気がします。


面白い情報ありがとうござます。
デフレがいかに異常か良く分かる話ですね。

所でデフレで得をする人たちはどんな人か、そいつを考えないといけない時期に入りました。

デフレで得をする人たち??

それは一言で言えば収入が安定している人たちです。
デフレでも簡単には収入が減らない人たち、こう言える人たちです。
何もしなくても毎月決まった金額の金が入ってくる人、この人たちには物価が下がるデフレは誠に有りがたい。

どこにそんな人がいるか? 実は彼らは自分らの境遇があまりにも恵まれているのでそれを殆ど口外しません。言えば問題になるのが分かっているからです。
その人たちの筆頭が公務員、特に地方公務員です。地方自治体の借金は自分らには関係ない、そう考えれば実に居心地がいい。
次は非関税障壁に守られた独占企業連中、此奴らも収入は安定、倒産する心配もありません。
この範疇にマスゴミが入ります。

こんな所を此れから考えていかねばと思っています。

  1. 2013-01-21 07:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

警察庁が出している月別データによると顕著に自殺者が減ったのは11月、12月です。
http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/H24tukibetsujisatsusya.pdf
11月12月といえば、円安と株高で一息付いた人がいたのではないでしょうか。
でも民主党の階(しな)という人が、俺たちがいい事やったからだといってます。
http://blogos.com/article/54359/?axis=g:0

また、2008年、麻生政権が「地域自殺対策緊急強化基金」として、3年間で100億円を投入し、それを活用した事業が全国で展開されたという事もありました。
  1. 2013-01-21 12:17
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>警察庁が出している月別データによると顕著に自殺者が減ったのは11月、12月です。
>http://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/H24tukibetsujisatsusya.pdf
>11月12月といえば、円安と株高で一息付いた人がいたのではないでしょうか。
>でも民主党の階(しな)という人が、俺たちがいい事やったからだといってます。
>http://blogos.com/article/54359/?axis=g:0
>
>また、2008年、麻生政権が「地域自殺対策緊急強化基金」として、3年間で100億円を投入し、それを活用した事業が全国で展開されたという事もありました。


面白い話、情報有難う御座います。

民主党の連中は未だに俺ん達は良い事やってきたと思っているようですね。困ったものです。
しかし間もなく事実がハッキリするでしょう。
  1. 2013-01-21 20:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する