2012-12-09 21:59

中国のジニ係数

  以前から相当高いと言われていた中国ジニ係数、それが先月の中国共産党大会の内部報告書で明らかになった。

 

ジニ係数は0.613だと言う

0.4を超えたら社会の騒乱多発と言われるジニ係数、危険ラインをはるかに超えた数字だ。

 

 

 

<以下新唐人TVより>

 

 

中共内部報告書「貧富格差拡大 一触即発の危機」    
 
 【新唐人2012年12月9日付ニュース】10年前に開かれた第16回中国共産党大会では貧富の格差のさらなる拡大を放任してはならないと豪語しました。しかし、10年後の今、中国社会の貧富の格差はさらに深刻なものになっています。近日、香港メディアが中国共産党の内部秘密報告を明かし、中国ジニ係数はすでに危機の臨界点を突破し、大規模社会的動乱は一触即発の事態にあると指摘しています。
 
ジニ係数とは、社会における所得分配の不平等さを測る指標で、一般的にはこれをもって貧富の格差の程度を判断します。通常は0.4を社会騒乱多発の警戒ラインとします。
 
中国ジニ係数は当局による正式発表がないため、一般的には学者の研究によって割り出された数値が用いられます。周知の事ですが、中国ジニ係数は警戒ラインの0.4をとっくに超えており、毎年上昇を続けています。
 
近日、香港の雑誌“争鳴”11月号が中国共産党の秘密報告書を掲載。“社会の安定および調和に関する調査研究”と題したこの内部報告書には、“2012年上半期、中国ジニ係数は上昇を続け、0.613に達し、すでに危機の臨界点を超えている。社会の各種不安定要素はさらに増強し、社会矛盾がさらに激化し、随時大規模動乱が発生する危険な状態にある”と記されています。
 
アメリカ・サウスカロライナ大学の謝田教授によると、貧富の格差が最も激しいのは南アフリカで、ジニ係数は0.7。原因は民族間の紛争によるものです。しかし、民族紛争のない中国で、ジニ係数はなぜこれほど高いのでしょうか。
 
米サウスカロライナ大学 謝田教授
ここ1~2年、中国の貧富の格差はますます拡大し、民衆の不満も高まる一方です。官僚の略奪や汚職腐敗も日に日に深刻化しています。ジニ係数が0.6を突破して、0.7に向かうのも想定内のことです
 
報告書はまた、一連の研究データを列挙し、貧富の格差がすでに危機の臨界点を突破していることを証明
 
例えば、2011年の公務員と一般市民の年収を比較すると、省レベルの公務員の平均年収は一般市民の15倍から38倍。平の公務員でもその年収は、地元一般市民の6倍から12倍に達しています。
 
しかし、このデータには公務員の休日の旅行、各種物資の無料配布、家族が受ける優遇などといった隠れた収入は含まれていないそうです
 
中国経済学者 簡天倫博士
「社会動乱はすでに存在し、両極分化の状況下、ほかの社会の不公平も不満を引き起こしています。私はこのジニ係数の予測を信じます、もっと高い可能性もあります。実際はみんな知っています。データがなくても、中国の両極分化の深刻さはみな知っています」
 
報告書はまた、集団的な抗議やデモ、陳情事件は毎年2割増の勢いで増加していると指摘。抗議運動は当初の官僚の腐敗や民衆の権益侵害に対する反対抗議から、すでに権利の獲得を目指す“権利運動”へと変貌しつつあり、社会各層からも支持や同情を得ていると指摘しています。
 
また、地方官僚の責任のなさについても非難しています。例えば、地元の深刻な問題と政治危機を目にした地方官僚は、ある程度の憂慮と緊張感を覚えるものの、対応や処理の過程で“もうちょっと様子をみてみよう“の心持で、責任を担おうとはしないと指摘しています。
 
また、民衆の不満に対し、当局は高圧手段で対処していますが、これらによって当局に対する民衆の期待と信頼感が徹底的に失われたと警告しています。
 
米サウスカロライナ大学 謝田教授
ジニ係数に表れる経済上の格差だけでなく、政治上、社会上においても、すべての指標が一つのことを物語っています。つまり、中共の統治がまもなく崩壊するということです」
 
報道はまた、北京の政治情勢アナリストの話を引用し、いわゆる”改革開放30年“は確かに中国共産党の権力階級に巨大な利益をもたらしたものの、一般民衆は苦しい労働ばかり強いられ、本来享受すべき福利は享受できていない。ジニ係数警告はまさに息絶え絶えの中国共産党政権の表れであると指摘しています。
 
 http://www.ntdtv.jp/ntdtv_jp/society/2012-12-09/524448340368.html
 
<引用終り>
 
先回中国は20年後には最も貧しい国になる」と言うクリントン発言を紹介した。
 
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2873494/
 
このジニ係数の話はクリントン発言を裏付けるもの。
しかしジニ係数のこんな数字、あの巨大な国が内部から崩壊に向かってまっしぐらに突っ走っている事を表している。
 
ジニ係数についてはこれを参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%8B%E4%BF%82%E6%95%B0
 
簡単に説明すると、ジニ係数は0~1の間になる。
ジニ係数「0(ゼロ)」は国民の所得格差が全くない状態。
  〃  「1」は国民の中のたった一人が所得を独占した状態
 
 
中国が崩壊したら・・・
日本もその騒乱に巻き込まれること間違いないだろう。
腰の据わった、しっかりした政治家に日本の舵取りをしてもらわねばならない。
それが出来る政党は一つしかない。
それは誰でも分かっている。
今は好き嫌いを超えて、未来を託せる見識ある政治家を選ぶときである。

  1. 中国
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

ジニ係数の0.6って本来なら革命が起こりかねないレベルでしょうね。
かつての共産圏は実質的には滅茶苦茶な貧富の差があったのですが、表面的にはかかるさが現れないような配慮はしておりました。

でも市場経済体制でこれじゃあどうしようもないでありましょう。遠からぬ内に支那共産党は消滅し国内は混乱状態になるはずです。

問題は連中の相当数がボートピープルになりかねないことです。本来は経済状況に見合った小国に分立させ各々で収束させるしかないでしょうがどうしたもんでしょうか。

共産党の幹部どもは子弟を留学させ、財産を海外に持ち出し自分は生き残る準備をしていますが、もっと問題なのは以前もお話しましたが国家の中核を担う層が国に愛想をつかしてる事実です。
ロシアだってベトナムだってこんな事はなかったはずです。ただ特アのみはこれがあるようです。

連中は本当の基地外かもしれません。
  1. 2012-12-10 07:20
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>ジニ係数の0.6って本来なら革命が起こりかねないレベルでしょうね。
>かつての共産圏は実質的には滅茶苦茶な貧富の差があったのですが、表面的にはかかるさが現れないような配慮はしておりました。
>
>でも市場経済体制でこれじゃあどうしようもないでありましょう。遠からぬ内に支那共産党は消滅し国内は混乱状態になるはずです。
>
>問題は連中の相当数がボートピープルになりかねないことです。本来は経済状況に見合った小国に分立させ各々で収束させるしかないでしょうがどうしたもんでしょうか。
>
>共産党の幹部どもは子弟を留学させ、財産を海外に持ち出し自分は生き残る準備をしていますが、もっと問題なのは以前もお話しましたが国家の中核を担う層が国に愛想をつかしてる事実です。
>ロシアだってベトナムだってこんな事はなかったはずです。ただ特アのみはこれがあるようです。
>
>連中は本当の基地外かもしれません。


ご指摘の通りです。
歴史の教える所は中国は統一政権が内部から崩壊すると次は小さな国に分割される、これが中国4千年続いた流れです。
しかしそこには混乱期が少なくとも10年以上続き、多数の死者が出ます。
仰る通りボートピープルが出るのは間違いない所。
一刻も早くその対策を急ぐべきでしょう。

国家の中核を担う層が中国に愛想を尽かしている・・・
間違いありません、その代表が習近平です。
彼の家族は子供はアメリカ留学、兄弟は外国国籍です。
彼が真っ先に逃げ出すでしょう。
  1. 2012-12-10 09:55
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 華僑に対しては、庇を貸して母屋を取られるという事が多いようですからね。気を付けなければ。

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50388837.html
  1. 2012-12-10 11:17
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> 華僑に対しては、庇を貸して母屋を取られるという事が多いようですからね。気を付けなければ。
>
>http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50388837.html
>

情報ありがとうございます。
中国人の人生の目的は金儲け、そしてやりたい放題、これ以外有りません。
だから約束を守るなどクルリにしたくても無い。

但し本文に書きましたように、混乱の中で中国人が大挙押し寄せる恐れがある。
いくら気を付けても十分すぎることはない、そう思っています。
  1. 2012-12-10 11:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

私の記憶では、ここ20年で12月10日に10cmの雪が積もったことは有りません。
此れも寒冷化でしょうか。
  1. 2012-12-10 15:01
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>私の記憶では、ここ20年で12月10日に10cmの雪が積もったことは有りません。
>此れも寒冷化でしょうか。


今日の雨雲レーダー画像では若狭湾から琵琶湖北部・関ヶ原を通り名古屋・知多半島北部・豊橋方面へと雪雲が流れていました。
そんな事で私の住む知多半島でもうっすらと雪化粧。

局地的な天候は気象予報士が散々喋っていますが、その裏の大きな流れは何も言いません。
しかしご指摘のように大きく世界的に見れば寒冷化は間違いないでしょう。

寒冷化して行くときは平均的に気温が下がるのではなく異常気象が多発し、徐々に下がっていく、過去の例を研究している方はそんな事を言っています。
但し150年続いた温暖化が終わったばかりで寒冷化は科学的なデーターが有りません。

寒冷化に関しては何が起こるか分からない時代に入った、そう理解すべきではないかと思っています。
  1. 2012-12-10 17:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

地方から中央に上がる各種数値の多くに信憑性がないともっぱらの評判の中国で、ジニ係数が0.613と言うのがあっているかどうかはもしかしたら習近平も分からないかもしれませんが、全体に貧乏だったのが鄧小平以降短期間で、片や億万長者が発生し、片や1日1ドルのままの農民がいては宜なるかなと。

共産党も金に対しては悪が多いようですし。北では民衆が貧乏に耐えかねて脱北しますが、中国は金持ちと役人から脱中ですか。

あべちゃんに期待しないと。
  1. 2012-12-11 17:45
  2. URL
  3. koguma #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kogumaさん
>地方から中央に上がる各種数値の多くに信憑性がないともっぱらの評判の中国で、ジニ係数が0.613と言うのがあっているかどうかはもしかしたら習近平も分からないかもしれませんが、全体に貧乏だったのが鄧小平以降短期間で、片や億万長者が発生し、片や1日1ドルのままの農民がいては宜なるかなと。
>
>共産党も金に対しては悪が多いようですし。北では民衆が貧乏に耐えかねて脱北しますが、中国は金持ちと役人から脱中ですか。
>
>あべちゃんに期待しないと。


中国の次期首相と言われている李克強がこんな事を言ったそうです。
 「李克強副首相が以前、米国の駐中国大使に向かって、中国のGDP統計は人為(MAN-MADE)で信頼できないと明言し、電力消費、鉄道貨物輸送量と銀行融資の3つの指標をもとに実際の経済成長速度を測定する、と打ち明けた。「重量をもとに運賃を計算する鉄道貨物量はかなり正しい」「銀行融資実行額も支払い利息を計算するために正確」と、両データは李氏お墨付きである。」

こんな話です。
そして実は末端からの情報が信頼できなくなると間違いなく戦いには負けます。
そんな意味で現在の中国を見れば「いつ内乱が怒ってもおかしくない」、
現執行部は間違いなく誤った情報で進路を誤る、そう思っています。
  1. 2012-12-11 20:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する