2012-12-06 22:34

トヨタ豊田社長「私は“しんがり”役」…米公聴会を振り返る

 トヨタの豊田社長が2010年のアメリカ議会公聴会に出席したときの心境を語っている。

リーダー論として大変面白い。

 

<以下レスポンスより引用>

 

 

トヨタ豊田社長「私は“しんがり”役」…米公聴会を振り返る

2012年12月6日(木) 21時07分

           

 トヨタ自動車の豊田章男社長は12月6日、米国セールスフォース・ドットコムが主催する「クラウドフォースジャパン2012 」の特別セッション(セールスフォース・ドットコムCEOのマーク・ベニオフ氏、元米国務長官コリン・パウエル氏との鼎談)において、リーダー論とともに自らの体験を述べた。

 

2010年にリコール問題で米公聴会に出席したことについて豊田社長は、「少なくとも自分自身は社長ではいられなくなると覚悟した」としながらも、「初めて会社のために役に立てる。光栄に思った」と、当時の心境を語った。

 

豊田社長は「公聴会に呼ばれた時、私はまだ社長になりたてで、会社も赤字で大変な状態だった。少なくとも自分自身は社長ではいられなくなるなというのは覚悟はした。(社長就任後)1年ももたなかったというのは、正直ちょっと残念だったなという気持ちでアメリカに行った」と振り返った。

 

その一方で「戦国時代に自軍を安全な場所に逃がすまで最後まで先頭に立って戦う人を殿(しんがり)役と言った。私自身、トヨタの中で創業家というレッテルがずっとついてしまうが、そういう中でも初めて会社のために役に立てる。殿役に任命されたことは大変自分自身、光栄に思った。これでトヨタの社長では無くなっても、会社というものが残ればそれで良いじゃないかという気持ちで行った」とも語った。

 

さらに「その時に自分自身に決めたルールは、誰のせいにもしないということと、対応が遅いとか、のろまという責めは甘んじて受けよう。だけど嘘つきとか、ごまかしてるということに対しては徹底的に戦おうということを会社の中に示せたと思うし、全世界のお客様にも示せたと思っている」と述べた。

 

 

http://response.jp/article/2012/12/06/186536.html

 

<引用終り>

 

まだ記憶に新しいトヨタバッシング。

 

だが肝心な事を忘れてはいけない、アメリカが政府・議会総力を挙げて外国の一企業を叩きに来たのである。

幾ら日本ではトップに企業と言えども相手は空母も核兵器も持っている、そんな巨大な国が総力で叩きに来ていたのだ。

 

しかし当時は自民党政権から民主党政権に交代したばかり。

時の 鳩山内閣の経済産業大臣直嶋正行はトヨタ本体の出身、本来なら日本政府も総力で自国の産業を応援しても当たり前ではないだろうか。

 

だが残念ながらトヨタは政府から頭を叩かれこそすれ、何の援助もなかったのだ。

 

こんな事を念頭にこの話を見るとリーダーが苦境に立った時どうすべきか良く分かる。

大変すばらしい事例だと思う。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

あの時報道ステーションで、ブレーキの不具合について、大きな発泡スチロールのよく分からない模型を使って説明していて、此れは変だぞと思いました。
前原なぞ、トヨタは大きくなりすぎておごっているからこんな事になるのだという様な事を言って、トヨタ叩きをしていました。
絶対に忘れません。
  1. 2012-12-07 10:02
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>あの時報道ステーションで、ブレーキの不具合について、大きな発泡スチロールのよく分からない模型を使って説明していて、此れは変だぞと思いました。
>前原なぞ、トヨタは大きくなりすぎておごっているからこんな事になるのだという様な事を言って、トヨタ叩きをしていました。
>絶対に忘れません。


本当にそう思います。「おごっているから」と言うのならトヨタより数段給料が多い日産経営者を叩くべきでしょう。

例えば日産のゴーン社長一人の年収が9億8700万円、トヨタの役員27名の総報酬額が9億7200万円、何と27人分がゴーン一人分に満たない。
トヨタの役員で年収1億円以上は張富士夫会長(1億4400万円)と豊田章男社長(1億3600万円)の2人だけ。
これに対して日産はゴーン社長を筆頭に、志賀俊之COO(1億5300万円)ら取締役9人のうち、6人が“1億円プレーヤー”です。

こんな現実を知るものとしてはいかに今のミンス連中が狂っているか。
このトヨタたたきの件は日本人として何年たっても決して忘れてはならない、そう思っています。

大野伴睦が「猿は木から落ちても猿だが、代議士は選挙に落ちればタダの人」なる名言を残しましたが、ミンスの売国奴連中は選挙で落とし「ただの人からブタ箱の人に」せねばならないですね。
  1. 2012-12-07 13:22
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する