2012-12-05 16:53

民主党の政権政策に警報・注意報??

  今日夕方から荒れ模様の天気で、明日には日本海で爆弾低気圧並に低気圧が発達すると予報されている。

 

所で気象協会のHPでそんな所をチェックしていたら・・・

何と警報・注意報が民主党の政権政策にも出ている???

 

 

こんなモノですが・・・

 

http://bousai.tenki.jp/bousai/warn/

 

 

 

この民主党政権政策2012を開いてみると

 

 

 

何が何だか全く分かりませんが、多分天の神様が日本人に「こいつらには二度と騙されるなよ」と警告を発してくれているような・・・。

 

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

短足おじさん今晩は・・・

少し、突飛な話ですが、この野田佳彦いう奴は確か松下政権塾出身ですね。
先の中国での官製暴動で松下政経塾の母体のパナソニックの中国現地工場が破壊されましたが、この野田は中国政府にこの官製暴動の抗議も一言も言ってませんね。

この民主党政権下の日本政府の態度は、日本人の生命も財産も護る意思無しという事を全世界に公言してるようなものですが。これまた日本のマスコミは沈黙ですね。

キツイ言い方ですが、故松下幸之助氏は政治家の養成の為の松下政経塾中国政府に要請されて作った中国の松下電器の工場の二つは間違いだったと思います。

既に生きてる偉人の松下翁に意見する人も当時無かったのでしょうね。

松下電器は、松下政権塾と中国の松下工場を清算して無くすべきですね。もはや日本の為にはならず、実害でしかないと思います。所詮韓国中国は敵国です。その認識がアメリカ人と違って無く、日本人は甘すぎます。

放置すれば、いずれ松下電器本体に天罰が・・・と思いますけど、史上空前の大赤字など、松下電器のトップの決断次第で10年後も存在してるかどうかでしょう。
  1. 2012-12-06 01:35
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>短足おじさん今晩は・・・
>
>少し、突飛な話ですが、この野田佳彦いう奴は確か松下政権塾出身ですね。
>先の中国での官製暴動で松下政経塾の母体のパナソニックの中国現地工場が破壊されましたが、この野田は中国政府にこの官製暴動の抗議も一言も言ってませんね。
>
>この民主党政権下の日本政府の態度は、日本人の生命も財産も護る意思無しという事を全世界に公言してるようなものですが。これまた日本のマスコミは沈黙ですね。
>
>キツイ言い方ですが、故松下幸之助氏は政治家の養成の為の松下政経塾中国政府に要請されて作った中国の松下電器の工場の二つは間違いだったと思います。
>
>既に生きてる偉人の松下翁に意見する人も当時無かったのでしょうね。
>
>松下電器は、松下政権塾と中国の松下工場を清算して無くすべきですね。もはや日本の為にはならず、実害でしかないと思います。所詮韓国中国は敵国です。その認識がアメリカ人と違って無く、日本人は甘すぎます。
>
>放置すれば、いずれ松下電器本体に天罰が・・・と思いますけど、史上空前の大赤字など、松下電器のトップの決断次第で10年後も存在してるかどうかでしょう。


私もそう思います。政経塾など廃止すべきでしょう。
これは単なる憶測ですが、多分松下電器時代から内部に相当のウジ虫が巣食っていた、そいつがアチコチで要職についてきた、そう見ています。
有名な例ですが倒産した山一證券、アソコなどはウジ虫が太鼓持ちをやって幹部の中に入り込み、結局社長にまで上り詰めた。

日本社会には多数のウジ虫が巣食っています。
今回の選挙でたくさんの変な政党が出来たのもその証拠、
恐らく5年10年かかる戦いが始まります。敵は身中のウジ虫。
パナソニックはそれを意識して決断すべきでしょうね。
  1. 2012-12-06 07:23
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

時々思うのですが、システムや制度といったものは予め設計できるものじゃあないと思ってます。政経塾は政治家養成のシステムだったわけですが、これはかつての政治家秘書とか官僚からの転身といった政治家養成のシステムに対する松下氏のアンチテーゼだったのでしょう。

しかし、このシステムは結局失敗だったとしか言えないのでしょう。国家の指導とは一種の天才の作用だと思ってます。努力で身につくものじゃあないところがあります。かつて角栄が竹下に「県議出身の総理なぞはかつていないのだ!(だからお前に総理の目はない)」と一喝した話がありますがこれは政治家養成のシステムが県議以下と少し違うことの現れでありましょう。

天才は養成できないのです。ただ、意志あるものを集めそれの修行をさせ才能を見出すしかないんでしょう。それも地方政治家と違った養成をしなきゃあいけない。難しいところでしょうね。世襲させるというのはある意味合理性がるとも言えるんでしょう。

そういえば竹下も野田も消費税絡みですね。このへん暗示的です。
  1. 2012-12-06 13:16
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>時々思うのですが、システムや制度といったものは予め設計できるものじゃあないと思ってます。政経塾は政治家養成のシステムだったわけですが、これはかつての政治家秘書とか官僚からの転身といった政治家養成のシステムに対する松下氏のアンチテーゼだったのでしょう。
>
>しかし、このシステムは結局失敗だったとしか言えないのでしょう。国家の指導とは一種の天才の作用だと思ってます。努力で身につくものじゃあないところがあります。かつて角栄が竹下に「県議出身の総理なぞはかつていないのだ!(だからお前に総理の目はない)」と一喝した話がありますがこれは政治家養成のシステムが県議以下と少し違うことの現れでありましょう。
>
>天才は養成できないのです。ただ、意志あるものを集めそれの修行をさせ才能を見出すしかないんでしょう。それも地方政治家と違った養成をしなきゃあいけない。難しいところでしょうね。世襲させるというのはある意味合理性がるとも言えるんでしょう。
>
>そういえば竹下も野田も消費税絡みですね。このへん暗示的です。


昔の指導者の育成方法は見習うべきものが有ります。
幼い子供の頃からその子の素質を見て人の上に立つことを教える。
勿論文武両道も教える。
そんな事をやってきたので若くして指導者・殿様になれた。
若し途中で素質が無い、或いは他の方がむいていると分かれば方向転換させる。
そんな風でした。

日本もエリートを作ることをもっと真剣に考えないといけないと思います。
そんな意味で学校教育は思い切った変革が必要でしょう。
飛び級などどんどんやるべきですね。

そんな意味で県議出身の総理などいないと言う角栄の話は大いに納得できます。
  1. 2012-12-06 16:31
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する