2012-11-19 20:23

国連気候変動枠組み条約・COP18の展望<今年はIPCCは招待されていない

 国連気候変動枠組み条約COP18の展望

 
毎日新聞 2012年11月19日 東京朝刊
 
 先進国に温室効果ガス削減を義務づけた「京都議定書」後の温暖化対策の新たな枠組みを話し合う、国連気候変動枠組み条約第18回締約国会議COP18)が26日〜12月7日、カタール・ドーハで開かれる。資金・技術援助などを巡って、先進国と新興国・途上国の対立は根強く、交渉難航は必至だ。衆院解散で、政権交代の可能性もある日本は、国際公約をどうするかも決まらず、主導権を握れそうにない。
 
・・・以下略・・・
 
http://mainichi.jp/feature/news/20121119ddm016040003000c.html
 
詳細は上記リンク先参照ください。
 
<引用終り>
 
 
 
国連気候変動枠組み条約第18回締約国会議(COP18)が来週から始まる。
今回の会議、もうこんな温室効果ガス削減などと言う嘘っぱちはやめたらどうかと思うのだが今年も開催される。
 
 
所でこんな話も・・・、温室効果ガス云々の本家本元IPCCCOP18に招待されていないことが分かったと言うのである。
http://www.gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=544308&version=1&template_id=36&parent_id=16
 
 
良い事である。
これでIPCCの嘘っぱちが世界中に認知されたという事だ。
しかし日本ではなぜか報道されていない。
まあ今は続報を待つべき時期、詳細が判明したら続編を書きたいと思います。
 
 
 
所でこの国連気候変動枠組み条約締約国会議、これが開催されると天の神様がお怒りになるのか、猛烈な寒波が襲うのが恒例となっている。
地球温暖化? 何をアホ言ってるんだ、神様はお見通しだぞという事らしい。
 
 
しかしその寒波、実は半端ではない。
これはCOP15の時の寒波
 
 
この時はフランスの誇りユーロスターが英仏海峡トンネル内で立ち往生してしまった。その為何日も鉄道がストップ、甚大な被害が出た。
 
 
これはCOP16の時の寒波。
 
イギリスの道路はマヒ状態
 
これはロンドン/ヒースロー空港、大混雑である。
 
 
この混雑の中を寒波で凍結した道路で事故に巻き込まれた人が帰ってきたのだが、その人は今どうしているのだろうか・・・。
 
 
今年のCOP18、さてどんな寒波がやって来るのだろう。
日本は今年は北日本は今の所いやに暖かい、西日本は寒冷な秋だが今後はどうなるのか。
気になるところではある。

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

地球温暖化とは関係なく、石油の消費を抑えるためにこんな事をやっているのではないでしょうか。

こんな事を思うのも、短足おじさんにいろいろ教えてもらったからですが。

最近テレビ新聞でシェールオイルシェールガスの事がいやに取り上げられています。
2日前に会った、テレビ新聞からしか情報を得ていない高齢女性の方も、私が振る前に向こうから、シェールオイルが取れるから心配ないといわれてハハ~ンと思いました。
  1. 2012-11-20 10:00
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>地球温暖化とは関係なく、石油の消費を抑えるためにこんな事をやっているのではないでしょうか。
>
>こんな事を思うのも、短足おじさんにいろいろ教えてもらったからですが。
>
>最近テレビ新聞でシェールオイルシェールガスの事がいやに取り上げられています。
>2日前に会った、テレビ新聞からしか情報を得ていない高齢女性の方も、私が振る前に向こうから、シェールオイルが取れるから心配ないといわれてハハ~ンと思いました。


新聞・テレビはシェールオイルシェールガスでホルホル/マンセー状態ですね。
シェールオイルシェールガスも有望ではあります。しかし此奴は危険な副作用も持っている。油断できません。

ご指摘のように石油の消費を抑える、これがこれからの大命題になるでしょう。

私は来年ミンスが没落してまともな政府が出来た時、真っ先に取り組む重要案件の一つがエネルギー問題。
10年20年先を考えた時、エネルギーを如何するか。
エネルギー消費国としての日本ではなく、エネルギー問題全体の技術革新の中心国家としての日本のやるべき道を探ってゆく。
そこに日本の価値があると見ています。

何だか抽象的ですが、いわゆる省エネ・・・エネルギーの節約ではなく、少エネ・・つまりいかに少ないインプットで最大の仕事をするか、そんな事をいろんな分野でやっていくべきだと思います。
例えば火力発電、日本の最高の火力発電の効率は60%です。こんなモノを世界に普及させるだけで石油や天然ガスの消費量を大幅に削減できる。
此れが日本が果たすべき道だと思っています。
  1. 2012-11-20 18:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する