2012-10-30 15:52

地球温暖化防止、もう手遅れ?<〇カは死ななきゃ治らない、もう手遅れ

 地球温暖化防止、もう手遅れ?

2012/10/30 09:07
 
 地球温暖化の防止は既に手遅れかもしれない-。2人の地球科学者が10月29日までに、こんな大胆な内容の論文を英科学誌ネイチャーの姉妹誌「ネイチャー気候変動」に寄稿し、欧米で物議を醸している。2人は、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出上限を企業に課す「排出量取引(キャップ・アンド・トレード)制度」では温暖化は止められないと警告しており、経済的手法で温暖化を効率的に防げると期待されているこの制度への疑問も噴出しそうだ。
・・・以下略 詳細は下記リンク先参照ください・・・
 
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/602539/
 
<引用終り>
 
いやあ、酷い記事が出たもんです。
幾ら外国からの話でも産経さんにも記事を取捨選択する権利はある筈。
ここまでひどい話は開いた口がふさがりません。
産経さん、あんたどこぞからこんなものでも貰ったのか?
 
 
 
冗談はさておき、未だに炭酸ガス悪者論を騙るお方がいる事、そして其れを唯々諾々と垂れ流すマスゴミ、困ったものだ。
 
しかしまずは此れから見てください。
 
炭酸ガスは人類には、地球には無くてはならないもの。
 
 
これは農業用機器の情報サイトに掲載された炭酸ガス発生装置。
野菜や果物などのエサは炭酸ガス。
炭酸ガスが無ければ野菜や果物は育ちにくい。だから炭酸ガス発生装置が市販されている。
炭酸ガスは地球にとって、人類にとって有用なものなのである。
 
 
 
次に大きく見て地球が他の星と違って湿潤、温暖な気候になっている理由について。
この図は地球が温暖湿潤な気候になるため、炭素循環と言う仕組みが有る。
それで2酸化炭素による強い温室効果の為地球環境が長期にわたって維持されているという説明図。
 
この図は昨年6月、自然科学研究機構のシンポジュームで東京大学大学院の田近英一教授が発表したもの。
 
田近教授は地球の全休凍結を研究しており、その研究成果から地球は過去に3回の全球凍結(スノーボールアース)が有った。
(全球凍結は約22億年前、約7億年前、約6億5千万年前の3回だったとの事)
しかしこの炭素循環、炭酸ガスの温室効果で守られているので温暖湿潤な気候が維持されている、この様に発表している。
 
此処までで私の言いたいこと、炭酸ガス(二酸化炭素)は悪者ではない。
此れが無ければ植物は育たないし、大きく見れば炭酸ガスの温室効果が地球を守っている、こう言う事である。
 
 
 
さて地球温暖化の嘘についてはクライメイトゲート事件以来「温暖化詐欺」として知られてきた。
この国連を巻き込んだ壮大な詐欺話、おかげで日本も莫大な国富を流失してしまった。
 
さてこの温暖化の話、上掲記事の科学者、マスゴミさんはこのグラフをどう説明するだろうか。
この図は過去1100年の気温のグラフ。
右端が現在で「現代温暖期」と言われる時期。
しかしその現代温暖期より中世温暖期の方が気温が高い。日本で言えば平安・鎌倉時代に当たる。
 
こんな頃人間由来の炭酸ガスなど微々たるもの。それがこの温暖化と関係ない事は明白である。
 
 
尚温暖化詐欺については以下参照ください。
 
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2662080/
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2657791/

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

こんにちは。

引用されたizaの記事を読んで「温暖化の前に、二酸化炭素中毒で死んでまう」と思ってしまいましたね(笑)

冗談は置いといて、一度産經新聞でも構いませんけど、温暖化の事を科学的客観的に既存メディアが本当に精査してくれませんかね。当然その時は、放射線の影響も・・・出来ないでしょうけど、本当にそう思います。
  1. 2012-10-30 19:34
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>引用されたizaの記事を読んで「温暖化の前に、二酸化炭素中毒で死んでまう」と思ってしまいましたね(笑)
>
>冗談は置いといて、一度産經新聞でも構いませんけど、温暖化の事を科学的客観的に既存メディアが本当に精査してくれませんかね。当然その時は、放射線の影響も・・・出来ないでしょうけど、本当にそう思います。


本当にバカバカしくてモノも言えないレベル。酷いものです。
こんな事を書く新聞屋のラベル(レベル?)はこんなモノなんでしょうね。

仰るように一度徹底的に地球温暖化も放射線の話も科学者総動員で検証すべきなのですが、今の状態では無理でしょう。
温暖化問題について言えばクライメイトゲート事件が明るみに出た翌年の事、日本学術会議主催でこの件をどう判断するかの会議が開かれました。
その会議に参加した人の話を聞く機会があったのですが、温暖化詐欺の根の深さが分かるものでした。
つまり学者の中の長老クラスが温暖化詐欺の金に目が眩んでいる、だからCO2原因説は日本の学会の公式見解となってしまったのです。
クライメイトゲート事件亜明るみに出た後でのことです。
心ある学者さんの危機感たるや相当のモノでした。

私が引用した東大渡辺教授の「地球温暖化神話/終わりの始まり」と言う本はそんな所が随所に書かれています。
つまり同僚・先輩・上司にもこのサギに加担している人がいる、そんな事が分かる書き方です。

本当に根が深いです。
放射脳も同じです、金が絡んでいるだけに根が深い。
とにかくミンスを処理しない事には何も前に進まないでしょう。
科学が政治に、赤く染まった政治に振り回されています。
  1. 2012-10-30 22:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

http://seetell.jp/28866

 風力発電なども別にあっても良いんじゃないかと思っていましたが、この記事を見て頭にきましたね。間違いなく電気料金を上げている一因ですよ。
  1. 2012-10-31 13:41
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>http://seetell.jp/28866
>
> 風力発電なども別にあっても良いんじゃないかと思っていましたが、この記事を見て頭にきましたね。間違いなく電気料金を上げている一因ですよ。


情報ありがとうございます。
風力発電や太陽光発電は言ってみれば刺身のツマ。
主食のご飯やメインのおかずの刺身や煮物が有って、そのホンの箸休め程度のものです。

自然エネルギーの弱点については以下を参照ください。
http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2867813/

自然エネルギーのまやかしは空き缶とソフトバンクの禿がつるんでたくらんだもの。
困った事です。
  1. 2012-10-31 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

世界中のメガソーラーパネルメーカーが瀕死の状態です。すでに倒産したところが、いくつも出てきています。
日本でも作っているところは京セラと後1社石油会社が少しやっているだけになりました。シャープもパナもやっていません。

韓国中国も火の車。在庫が積みあがっている。それを日本で捌けさせようとしているように見える。
エイズ菌の入った血液製剤を日本で捌けさせた様に。

でも稲盛さん立派ですね。自分の所が作っているのに、太陽光発電は主流にはなれないと言い切りましたから。それに比べて、孫の酷いこと。やっぱり朝鮮クオリティなんでしょう。
  1. 2012-11-01 08:20
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>世界中のメガソーラーパネルメーカーが瀕死の状態です。すでに倒産したところが、いくつも出てきています。
>日本でも作っているところは京セラと後1社石油会社が少しやっているだけになりました。シャープもパナもやっていません。
>
>韓国中国も火の車。在庫が積みあがっている。それを日本で捌けさせようとしているように見える。
>昔エイズ菌の入った血液製剤を日本で捌けさせた様に。
>
>でも稲盛さん立派ですね。自分の所が作っているのに、太陽光発電は主流にはなれないと言い切りましたから。それに比べて、孫の酷いこと。やっぱり朝鮮クオリティなんでしょう。


矢張りメガソーラーなどと言うのはマヤカシモノなんですね。
此れだけ自然エネルギーが騒がれてもモノにならない。
稲盛さんは実業人だけあって事実を見てますね。

私も数年前太陽光発電を強く勧められ検討しました。
25年でやっと初期投資が回収できる、そんな話でした。
バカバカしくて即刻断り、資料も全部捨ててしまいました。

今考えるとその時の資料を持っていれば、いい笑い話のネタだったと反省しております。
  1. 2012-11-01 16:49
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する