2012-10-18 18:58

世界のお金は日本を目指す<岩本沙弓著

  今こんな本を読んでいる。

「世界のお金は日本を目指す」 岩本沙弓著 徳間書店刊

 

経済の特にカネについての本なのだが大変面白い。

 

 

 

序章  世界が評価する日本

第1章 日本人が誤解している「最強の債権国家」の実力

第2章 封印されてきた通貨高のメリット

第3章 末期を迎えつつあるアメリカ

第4章 見えた! ユーロの着地点

第5章 中国バブルが長引いているのはなぜか

第6章 日本経済が最強と言い切れるこれだけの理由

終章  日本の正しい選択

 

 

最初にこんなエピソードを紹介するところから。

ノーベル経済学賞受賞者のクルーグマン教授の話として

[「日本のように我々もなってしまうのか?」と尋ねられたら、「なれるものなら、日本のようになりたいものだ」と私は答えているんだ]

こんな所から話が始まっている。

 

 

詳しい事は大変面白い本なので興味のある方は是非どうぞ。

 

私が特に印象に残ったのは第6章でこんな事を言っている。

 

小見出し「日本人であることを誇らしく思える教育と政治を取り戻す

 

中身は戦後の教育と政治は良くなかった、

特に教育に関して、フーバー研究所の西教授の言を引いて、「日本の戦後教育とはアメリカの敵対国であり敗戦国となった日本を無力化し、二度と立ち上がれなくするためにマッカーサーが敷いた政策。それをいまだに引き摺っているのはおかしい」。こう言っている。

 

今こんな事を反省すべき時に来ていると思う。

 

大変面白い本です。

 

 

 

 

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

昔は経済書は好きでよく読みましたが、読んでみても全然わからないというものが多発していました。当方の基礎知識の無さというのが原因かとも思ったのですが、どうもそうも思われません。

色々考えた結果わかりました。まず学者の本、視点が公平に見えて何のことはない、自分の流派の知識しかないんじゃなかろうか、とんでもないこと言う人が結構います。

いわゆる銀行、証券会社等のエコノミスト系、はっきり言ってポジショントークが多すぎます。まともとはいえません。

いわゆる経済評論家系、独立した地位で物を言うのでポジショントークめいたものは少ないですが、どうも経済の基本がわかってんのかという疑問持つ人がいます。調べるとどっかの紐付きというのが結構います。

2年ほど前いらぬ本を整理しましたが経済書はほとんどとっとく価値はないというのが結論でしたね。言えることは学者は実際を知らない、実務の連中は地位に引きずられるということです。

ですから、難しいですが実務で生きてきた連中で独立した連中、これがはっきり言って一番知識が生きてる気がします。読む価値があるのはこういう連中ですが、世間は怖いものです。現実に売れる評判になるのは最近はみなこの系統です。

この本もそういう人でしょう。今年一気にブレークしてますが、たしかメジャーなデビューは文春新書の「新・マネー敗戦」でしたか。
吉川元忠氏の「マネー敗戦」は玄人筋には受けが良かったのですがこんな人があの後を書くとはまさか思いませんでしたね。なんかこの人も本の書き方が分ったんじゃないかという気がします。

まあ、今なら一押しでしょうね。
  1. 2012-10-19 13:00
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>昔は経済書は好きでよく読みましたが、読んでみても全然わからないというものが多発していました。当方の基礎知識の無さというのが原因かとも思ったのですが、どうもそうも思われません。
>
>色々考えた結果わかりました。まず学者の本、視点が公平に見えて何のことはない、自分の流派の知識しかないんじゃなかろうか、とんでもないこと言う人が結構います。
>
>いわゆる銀行、証券会社等のエコノミスト系、はっきり言ってポジショントークが多すぎます。まともとはいえません。
>
>いわゆる経済評論家系、独立した地位で物を言うのでポジショントークめいたものは少ないですが、どうも経済の基本がわかってんのかという疑問持つ人がいます。調べるとどっかの紐付きというのが結構います。
>
>2年ほど前いらぬ本を整理しましたが経済書はほとんどとっとく価値はないというのが結論でしたね。言えることは学者は実際を知らない、実務の連中は地位に引きずられるということです。
>
>ですから、難しいですが実務で生きてきた連中で独立した連中、これがはっきり言って一番知識が生きてる気がします。読む価値があるのはこういう連中ですが、世間は怖いものです。現実に売れる評判になるのは最近はみなこの系統です。
>
>この本もそういう人でしょう。今年一気にブレークしてますが、たしかメジャーなデビューは文春新書の「新・マネー敗戦」でしたか。
>吉川元忠氏の「マネー敗戦」は玄人筋には受けが良かったのですがこんな人があの後を書くとはまさか思いませんでしたね。なんかこの人も本の書き方が分ったんじゃないかという気がします。
>
>まあ、今なら一押しでしょうね。


経済関係の本は私も色々よんでますが、仰るように大したことはない。
特に刊行して2,3年たったモノはもはや時期外れの賞味期限切れ。
この岩本女史の言っている事は賞味期限が切れても芯の部分が残るのではないかと思っています。
  1. 2012-10-19 15:57
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 私が、いわゆる日本経済「自虐」史観、特におよそ、非現実というか、すでに私が知っているだけで、20数年以上、予想を外し続けている「破綻論」なんかは昔から疑問でした。もちろん、根拠なき「ホルホル」は恥ずかしくて、私だってイヤですが、日本経済が強力である、というのは私なりに根拠があります。

 その理由は難しい理屈ではなく、30年前、子供時代の海外体験と、なんていうか実感として。
 産油国で、もちろんお金持ちの某国にいたんですが、それでも、日本の物質的な豊かさはケタ違いでした。日本では、特に高額製品でも貴重品でもない、ゲーム機やラジコンがあちらでは垂涎のマトでして、現地のガキに何度売ってくれって言われたことか・・。
 
 地理的に近いので、ヨーロッパにも行ったのですが、確かに素晴らしいところも多いのですが、やはり物質的なこととなると、日本の方が遥かに上をいっていることが多いんですよね。売られている商品に「当たり・外れ」がある、なんてこともないですし。30年前でこれです。
 当時も、日本は(オイルショック、経済成長鈍化などなど)で、もうダメダメなんて論調がマスコミでは盛んで、子供ながら「海外はきっと進んでいて素敵なところ」と思っていたら、見事に裏切られた・・てな感じでしたね。

 大体、日本の将来は暗い、暗いなどといいながら、毎年、大型連休には幾人もの人が海外旅行に出かけてるわけですよね。本当に破綻寸前な国なら、海外旅行どころではなくなりますし(例外なく自国通貨は暴落しますし)。
 また、海外の国々からは不法滞在、不法就労を警戒されて、スムーズな入出国は困難となりますし。日本国籍、パスポートはそういう意味では「世界最強」の部類に属します。
  こんなこと、海外に出たことがある人なら、誰でも体験的に知っていることだと思うのですが、どうして現実離れした「破綻論」「将来真っ暗論」が出るのか不思議です。
 そういう、言動の矛盾を日本語では支離滅裂、というのではないでしょうか?

 
 
  1. 2012-10-22 09:01
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
> 私が、いわゆる日本経済「自虐」史観、特におよそ、非現実というか、すでに私が知っているだけで、20数年以上、予想を外し続けている「破綻論」なんかは昔から疑問でした。もちろん、根拠なき「ホルホル」は恥ずかしくて、私だってイヤですが、日本経済が強力である、というのは私なりに根拠があります。
>
> その理由は難しい理屈ではなく、30年前、子供時代の海外体験と、なんていうか実感として。
> 産油国で、もちろんお金持ちの某国にいたんですが、それでも、日本の物質的な豊かさはケタ違いでした。日本では、特に高額製品でも貴重品でもない、ゲーム機やラジコンがあちらでは垂涎のマトでして、現地のガキに何度売ってくれって言われたことか・・。


そういう肌で感じた意見が一番貴重で、現実を捉えています。
 
>
> 大体、日本の将来は暗い、暗いなどといいながら、毎年、大型連休には幾人もの人が海外旅行に出かけてるわけですよね。本当に破綻寸前な国なら、海外旅行どころではなくなりますし(例外なく自国通貨は暴落しますし)。
> また、海外の国々からは不法滞在、不法就労を警戒されて、スムーズな入出国は困難となりますし。日本国籍、パスポートはそういう意味では「世界最強」の部類に属します。
>  こんなこと、海外に出たことがある人なら、誰でも体験的に知っていることだと思うのですが、どうして現実離れした「破綻論」「将来真っ暗論」が出るのか不思議です。
> そういう、言動の矛盾を日本語では支離滅裂、というのではないでしょうか?


そうですよね、日本のパスポートがいかに権威が有るか、
でも団体ツアーではそんな事はなかなかわからない、
そんな事をマスコミがもっとしっかり報道すべき所全く無視。
だからマスゴミなんですね。 
  1. 2012-10-22 17:45
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する