2012-10-17 11:34

カンボジアの可愛い女の子

  カンボジアのシハヌーク前国王の死去の話で昔からの疑問を思い出した。

そんな話を可愛い女の子の思い出とともに・・・

 

 

私にはタイの隣国カンボジアに関してどうしても理解できない事がある。

それは1975年から僅か4年の間に起こったポルポトの大虐殺、

未だ正確な死者数は分からないが170万とも220万ともいわれる人が殺された。

当時のカンボジアの4人に一人とか5人に一人が殺された。

しかも殺されたのは主に学校の先生とか村や町の役人・芸術家など知識人・インテリ層。知識人の大半が殺されたと言う。

 

そこで疑問、

こんな大虐殺をしたポルポト派、その大虐殺の当事者をシハヌーク国王はなぜ支持したのか?

ポルポトがその後も20年近く勢力を保ち、生き延びたのはなぜか?

なぜ国民は怒らないのか?

 

 

そんな疑問をカンボジアに行った時などに色々質問してみた。

そこで私なりに考えてみたところを書いてみたい。

 

但し極々断片的な知識なので的外れかもしれないがご容赦を。

 

最初にこんな子から話を聞いた。

 

 

これはタイのカンボジアとの国境の町アランヤプラテートにある国境市場。

そこで通訳として雇ったカンボジアの女の子。

 

このアランヤプラテートのカンボジア側がポルポト派の牙城で長らく内戦をしていた。

1996年末にポルポト派No.2のイエン・サリ投降、1998年にポルポト死亡、同年末にポルポト派本体投降。こんな歴史だ。

 

そしてこの写真は2000年8月に撮ったもの。

まだポルポト派がいなくなって間の無いころだった。

そしてこの写真の女の子、不思議な事に日本語をかなり流暢に話せる。

聞いてみると平和になったけれど学校に先生もいない、そこで日本からNPOで先生が来てくれた。その先生に同じ年頃の子供がいて仲良くなり、毎日その家に入りびたり。そこで日本語を覚えたのだと言う。

 

ポルポトの虐殺の件を聞いてみると「おじいさんが殺された」と言う。

しかしそれ以上は聞いても自分の感想は言わなかった。

 

次に聞いたのがこの子。

 

 

この子は2001年8月にアンコールワットに行ったときの通訳の子。

旧ポルポト派支配地区の出身で同地区にあるバッタンバン(カンボジア第2の都市)の高校を出、成績優秀だったので日本語を覚え通訳になったと言っていた。

 

そしてポルポトの虐殺について聞いてみると、矢張りこの子もおじいさんを殺されたと言う。

虐殺に関してのいろんな記念のモノなども有ると言っていたが、残念ながら見に行く時間が取れなかった。

 

さてこの女の子の虐殺に関しての話が面白かった。

「あまりにも悲しい話なので、誰もその話には触れたがらない」のだと言う。

 

 

その後も機会あるごとに聞いてみるのだが良く分からない。

それでも最近こんな事が当たっているのかなあ、そんな私なりの解釈を。

 

第一にポルポトの虐殺は戦争で戦った敵を殺したのではない、一般国民の内、特に知識人・インテリ層を狙って虐殺したものだった。

そして虐殺したのはポルポト派(クメール・ルージュ)軍隊の中心にいた少年兵だった。

こんな事情がある。

 

 

この大虐殺については以下参照ください。

http://members.jcom.home.ne.jp/invader/works/works_8_d.html

 

 

此処にその大虐殺から約20年後、ポルポト派ナンバー2のイエン・サリ派の兵士の写真がある。

 

 

これは1996年にイエン・サリの本拠地パイリンに行った人がいて、その折撮影されたもの。

この年の暮れ、イエン・サリは自分の手勢約5千の兵士とともに政府に投降した。

イエン・サリの兵士はすべてカンボジア軍に配属されたと言う。

 

私には大虐殺時代の少年兵の20年後のように見えるのだが如何だろう。

 

 

此処からは全くの私の推測だが・・・

カンボジアの大虐殺はポルポト派の若い兵士が自分らの親・先生などの世代を虐殺したもの。

だから虐殺を命令したのはポルポト派幹部だが、実際に手を下したのは若い兵士、少年兵たち・・・つまり子どもが親の世代を殺したのだった

 

 

 

この事が未だにポルポトの虐殺についてカンボジアの人々が話したがらない理由ではないか。

 

しかし知識人の大半を殺してしまえば、残るのは言葉は悪いが馬鹿ばかり。

今のカンボジアの若者はこんなレベルなのだと思う。

そして社会の中枢を担うべき人たちは大虐殺を実際に行った人たち。

(1975年に13歳という事は、今50歳くらい・・・)

 

カンボジアだけは他のアセアン諸国とは全く違う事情を抱えている。

そんな一端の話、根が深い・・・

 

  1. カンボジア
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

テクノクラートの殺戮というと、中国でも朝鮮半島でも大規模に行われ、空前規模の自国民の大殺戮劇が起き、結果民族としての著しい劣化が起きてますね。中国も、朝鮮半島もご存じの通りの有様です。

朝鮮半島は1945年から、1950年までの間に、600万人近い人達が粛正に遭い、実際に膨大な遺骨が出てきて、今も野ざらしだとか。
中国でも、古き良き中国は無くなったと、日本に戦前から長く住んでる華僑が嘆くほどの事が起きたとか言われてますが、実際日本にしか残ってない古中国の文献が実に多く存在するとか。

特に半島はそれに巻き込まれて命を落とした日本人も膨大な人数に上ると言われてますが、正式に調査されたという話しはついぞ聞きませんね。
しかも、それら遺骨は全て日本軍の蛮行の証拠だとか言ってるそうな…。
  1. 2012-10-17 16:15
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>テクノクラートの殺戮というと、中国でも朝鮮半島でも大規模に行われ、空前規模の自国民の大殺戮劇が起き、結果民族としての著しい劣化が起きてますね。中国も、朝鮮半島もご存じの通りの有様です。
>
>朝鮮半島は1945年から、1950年までの間に、600万人近い人達が粛正に遭い、実際に膨大な遺骨が出てきて、今も野ざらしだとか。
>中国でも、古き良き中国は無くなったと、日本に戦前から長く住んでる華僑が嘆くほどの事が起きたとか言われてますが、実際日本にしか残ってない古中国の文献が実に多く存在するとか。
>
>特に半島はそれに巻き込まれて命を落とした日本人も膨大な人数に上ると言われてますが、正式に調査されたという話しはついぞ聞きませんね。
>しかも、それら遺骨は全て日本軍の蛮行の証拠だとか言ってるそうな…。


そうですね、中国文化大革命大躍進運動で約4千万人を殺しました。
半島の実態は私も正確には理解していませんが、600万人ですか、なるほどです。
それだけ虐殺したので多数の朝鮮人が日本に逃げてきて、日本はそれを温かく迎えたのに今になって従軍慰安婦だのと嘘八百を並べている。
アキヒロ君が職を辞したら即逮捕されるのに、それを忘れて可笑しな妄言を口走る。
日本の常識は特亜の非常識そのものですね。
  1. 2012-10-17 16:51
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

現代以外はさておき、比率から考えたらカンボジアはダントツでありましょう。800万の人口で200万死んだのだから概算で25%、スターリン時代のソ連は人口2億として戦争被害と込で大略3000万内外、毛沢東の虐殺は期間や計算にもよるが人口当時7億として4000万内外、半島では一般に200万と言われてますよね。これも当時の人口大略2600万ですから結構なものです。

まあ国家として比率として一番戦没者が多かったのはおそらくポーランドでしょう。概略650万人人口2800万ですからこれも凄い。ただこのうちかなりの部分がユダヤ人です。これだけ見てもユダヤ人600万の虐殺は嘘なんですがね。

ただ国民4人に1人が殺されるなんてことはになると、本来国家の統合なんて出来ないはずです。まあ、30年戦争の時はペストの流行と込で人口1/3まで減ったと言われますからなんとかなるのかもしれませんが…

30年戦争の後あまりの死者にドイツ人が驚き、宗教なんてどうでもいいわ、というウエストファリア条約ができて欧州の近代は始まるんですが、国家の中堅層を軒並み殺すなんてことやったら当分ダメですよね。

嫌な話ですが後50年くらいは支那の食い物のまんまでしょう。
  1. 2012-10-18 12:19
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

カンボジアの悲劇の最たるところは知識人・テクノラートを集中的に殺したことでしょう。
単に4人に一人ではなく、指導層がいなくなってしまった。
1枚目の写真の女の子がそう言っています。
平和になったので学校を始めようとしたが先生がいない。
そこで日本から先生が来てくれた、それで日本語を覚えた。
そんな事を言っていました。
日本人は良い事をしているモノだとつくづく思います。

カンボジアは仰るようにあと50年とか100年とか復興にかかるでしょう。
若者がいても馬鹿ばかり、仕事をさせても怠け者ばかりだそうです。
こんな事を我々は反面教師にして頑張らねばと思います。
  1. 2012-10-18 14:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

少年兵に罪はない

カンボジアのポルポト政権下の少年兵は被害者ではないが無罪
なぜか?ヒトラーユーゲントも国民突撃隊も被害者ではないが無罪だからだ
それを犯罪者のように扱うということは児童虐待をされた子どもを犯罪者扱いすることと同じ
そいつらは小児性愛者やそこらへんの犯罪者より危ない
  1. 2017-06-05 00:05
  2. URL
  3. 芋田治虫 #-
  4. 編集

Re: 少年兵に罪はない

> カンボジアのポルポト政権下の少年兵は被害者ではないが無罪
> なぜか?ヒトラーユーゲントも国民突撃隊も被害者ではないが無罪だからだ
> それを犯罪者のように扱うということは児童虐待をされた子どもを犯罪者扱いすることと同じ
> そいつらは小児性愛者やそこらへんの犯罪者より危ない



初めまして、以前のエントリーですがコメントいただき有難う御座います。
私が言いたいのはこんな大虐殺の時代を生きた子供たちが大人になってその心の傷が無くなっている筈がない。そんな事を気にしている訳です。
カンボジアの現状を見ていただくと分かりますが、表面的には他の国と似たような感じですが、たくさん問題を抱えています。
カンボジアはほかにも色々エントリーしていますので、見ていただければ幸いです。
  1. 2017-06-05 17:12
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する