2012-10-14 18:08

潰すべきは潰す

  教育の改革が叫ばれている。

特に深刻なのが教師や監督する立場の部署の中にさまざまな害毒を流す連中が混じっている事。

 

そんな事の一環に堀越学園の話が合った。

 

<以下引用>

 

 

堀越学園 学生ら不安広がる 文部科学省解散命令検討で

産経新聞 10月13日(土)22時22分配信

 

 

 群馬県高崎市の学校法人「堀越学園」に対し、文部科学省は12日、大学設置・学校法人審議会解散命令を出す方針について検討するよう諮問した。非公開で行われた会議では、学園が示した再建計画の実効性や、学園が経営する創造学園大などの学生約500人の処遇について議論したとみられる。この日は結論に至らなかったが、月内にも再度会合を開き、答申を出す見通しだ。文科省による解散命令は秒読み段階に入った。

 

・・・中略・・・

 

 文科省は9月、学園に対し

(1)学校運営に必要な施設や設備、さらに資金や財産がない

(2)政令に基づく登記をしていない

(3)欠員監事の補充がない

(4)適正な財産目録が未作成

(5)教職員の賃金が支払われていない

-の5項目で私立学校法、労働基準法違反を指摘。「再三にわたる指導に改善がみられない」と処分の判断理由を通知している。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121013-00000564-san-soci

 

詳細は上記リンク先参照ください。

<引用終り>

 

 

私はこの堀越学園については全く知識が無い。

だから報道を信じるしかない立場だがこの件は重要な事だと思う。

 

日本が高度成長をする中で終身雇用制というトンデモナイ制度を作り上げてしまった。

何故トンデモナイか?、

人を雇用する為にはその企業なり法人なりが継続して存続することが前提である。

しかし企業は潰れる事もある、作っている商品なりサービスも未来永劫続く訳ではない。

 

だから企業も、作っている商品やサービスも絶えず変化・進歩することが必要だ。

当たり前の事である。

そしてそれに成功した企業だけが生き残れる、それがこの社会のルールである。

勿論、人も同様に変化・進歩が要求される。当たり前である。

 

 

本題に戻りたい。

学校法人や教師なども時代の要求に対応していかねばならない

教師の中には昭和20年代の思想を未だに持っている連中が結構いる、こんなのが日本を悪くしている。

未だに自虐史観で韓国に謝罪修学旅行をさせているアホもいるのが実態だ。

 

また放漫経営の学校法人や個人としてやる気をなくした教師などは消えて行ってもらわねばならない。

是非ともそうすべきだと思う。

 

 

今回のケースのように

 

(1)学校運営に必要な施設や設備、さらに資金や財産がない

(2)政令に基づく登記をしていない

(3)欠員監事の補充がない

(4)適正な財産目録が未作成

(5)教職員の賃金が支払われていない

 

この様にきちんとルールを決め、それに合わない所には静かに消えて行ってもらう。

これが重要だと思う。

 

 

 

現在学校教育の現場では日教組が猛威を振るっている所がある。

そんな所もきちんとした退場処分のルールを作り、それに抵触したら退場にすべきだと思う。

サッカーのイエローカード、レッドカードが良いのではないか。

これこれをしたらイエローカード、イエローカードが3枚になったらレッドカードで退場・・・つまりクビ。これで良いと思う。

 

 

 

 

  1. 教育
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

堀越学園堀越高等学校は芸能人を在籍させることで名を知られていましたが、堀越学園はその系列かと思ったら無関係と知りました。
WIKIによると後者の堀越学園は前者の堀越学園の名を騙り、学校債を売ったこともあるようです。こうなっては教育機関の名が落ちる。

気の毒なのは学生です。こういう場合、学校が潰れたら学生は選択を誤った「自己責任」で処置されるのか。払った月謝(多くの場合、親の負担でしょう)、かかった年月の補償はあるのか。あったとしても「学士」の資格は得られません。
誰もが不幸になる学校などとは笑えません。
  1. 2012-10-15 06:45
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>堀越学園堀越高等学校は芸能人を在籍させることで名を知られていましたが、堀越学園はその系列かと思ったら無関係と知りました。
>WIKIによると後者の堀越学園は前者の堀越学園の名を騙り、学校債を売ったこともあるようです。こうなっては教育機関の名が落ちる。
>
>気の毒なのは学生です。こういう場合、学校が潰れたら学生は選択を誤った「自己責任」で処置されるのか。払った月謝(多くの場合、親の負担でしょう)、かかった年月の補償はあるのか。あったとしても「学士」の資格は得られません。
>誰もが不幸になる学校などとは笑えません。


確かに一番の被害者は学生です。
だから何らかの救済策は必要でしょう、是非そうして欲しい。
しかしだからと言って、「学生が可哀そうだから学校を潰すべきでない」、こんな議論は論外です。
これでは将来に禍根を残すだけ。

破産した自治体などでも、或いは無能な教師や公務員などでも同様の議論が有ります。
曰く可哀そうだと。
生活保護でも同じですね。

残念ですがそんな事を踏まえて将来の方向を作らねばいけない。
そうではないでしょうか。
  1. 2012-10-15 07:22
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121015/dms1210151443010-n1.htm
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/15/kiji/K20121015004331810.html
http://www.j-cast.com/tv/2012/10/15149998.html
http://www.tokuteishimasuta.com/archives/6678167.html

iPS細胞の移植手術に成功したと主張していた森口という人の嘘が明らかになってきて、肩書とか研究も誤魔化しがあると一気にマスメディアに叩かれ始めましたが、研究内容を精査せず報じたマスメディアの責任も大きいですね。
http://wired.jp/m2w/
 名門MIT(マサチューセッツ工科大学)の授業内容などもインターネットで閲覧できるようになってきているようです。
 本当に大切なのは虚栄心を満足する為の肩書なのか、きっちり学び取った学識なのかを学生の皆さんは真剣に考えて欲しいです。
  1. 2012-10-15 15:41
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20121015/dms1210151443010-n1.htm
>http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/15/kiji/K20121015004331810.html
>http://www.j-cast.com/tv/2012/10/15149998.html
>http://www.tokuteishimasuta.com/archives/6678167.html
>
> iPS細胞の移植手術に成功したと主張していた森口という人の嘘が明らかになってきて、肩書とか研究も誤魔化しがあると一気にマスメディアに叩かれ始めましたが、研究内容を精査せず報じたマスメディアの責任も大きいですね。
>http://wired.jp/m2w/
> 名門MIT(マサチューセッツ工科大学)の授業内容などもインターネットで閲覧できるようになってきているようです。
> 本当に大切なのは虚栄心を満足する為の肩書なのか、きっちり学び取った学識なのかを学生の皆さんは真剣に考えて欲しいです。
>


情報ありがとうございます。
これからの日本の方向を考える意味で今回の不祥事は良い反省材料ではなかったか、そんな気がしています。
何でも特ダネに飛びつくマスゴミとそれを支持する視聴者・読者。
将来を考えず、目の前の事に一喜一憂。
そんな事を反省していくことから日本再生が始まる。

それにしても先ずミンスを引きずりおろさねば。
  1. 2012-10-15 18:44
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんばんは。

>文科省による解散命令は秒読み段階に入った。

むかし仕事で、今も全国に展開する、とある学校法人グループの内紛に関連して調査をしておりました。
その法人グループの長が文部省(当時)の事務次官と癒着していて…という状況だったのですが、地方への新規の学校法人設立に際して、その設立申請書の理事予定者に『文部省ご退官予定者』との記載がありました。
たとえ、経営状態を含めて、どのようなレヴェルの学校法人であっても、所詮は自分たちの再就職先(金蔓)ですから、このような言い草が何処まで真実なのか疑念が残ります。
相模さんが言われるように、在学生の自己責任は理解できますが、取り敢えずの肩書という思いで入学した学生さんは気の毒な気もしますね。

  1. 2012-10-15 22:27
  2. URL
  3. pochimaru #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To pochimaruさん
>こんばんは。
>
>>文科省による解散命令は秒読み段階に入った。
>
>むかし仕事で、今も全国に展開する、とある学校法人グループの内紛に関連して調査をしておりました。
>その法人グループの長が文部省(当時)の事務次官と癒着していて…という状況だったのですが、地方への新規の学校法人設立に際して、その設立申請書の理事予定者に『文部省ご退官予定者』との記載がありました。
>たとえ、経営状態を含めて、どのようなレヴェルの学校法人であっても、所詮は自分たちの再就職先(金蔓)ですから、このような言い草が何処まで真実なのか疑念が残ります。
>相模さんが言われるように、在学生の自己責任は理解できますが、取り敢えずの肩書という思いで入学した学生さんは気の毒な気もしますね。
>


本当に学生さんは気の毒です。
がしかし、それでこの学校法人を潰すなと言うのは筋違い。
気の毒な学生さんは他のどこかの学校に救済してもらえばいいのです。
とにかく腐った連中がつぶす以外に方法が無い。

一般企業はみんなこれでやってきました。
最悪のケースでは自殺者が出たりしますが、それでも改革はやめられない。
苦しいですが、これが生き物の世界全部に通じるルールだと思っています。
  1. 2012-10-16 06:44
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する