2012-10-02 12:13

和牛の輸出先トップにカンボジアが急浮上 中国への中継地か

   牛肉の世界のトップブランド「和牛」、この世界で異変が起きているらしい。

和牛の輸出先トップがカンボジア、2位がラオスだと言う。

カンボジア?、ラオス?、どちらもアセアンの中でも最貧国である。

そんな所へ無茶苦茶高価な和牛が輸出される、何とも奇妙な話だ。

(影の声:貧しい短足めには和牛など到底食べられない高嶺の花・・・涙)

 

だがこの話、当然裏がある。

そして日本人の矜持にかかわる話だと思う。

 

最初にその報道から

<以下news-postsevenより引用>

 

 

和牛の輸出先トップにカンボジアが急浮上 中国への中継地か

2012.09.30 16:00

 

 食の不安が巡る日本。その一方で、食肉のトップブランド和牛の世界に波紋が広がっている。(取材・文=ノンフィクションライター神田憲行)

 * * *

「○○牛」と名付けられるブランド和牛が日本にいくつあるのかご存じだろうか。答えは黒毛和種だけて156種類。それぞれが特色を打ち出して、世界的にも有名な「WAGYU」の世界でしのぎを削っている。

 その牛肉輸出で注目すべき「異変」が起きている。これまで日本の牛肉輸出で主要な取引国は、香港、マカオ米国だった。だが昨年、冷凍牛肉でカンボジアがシェア6割超とトップになった。今年4月から7月までの実績でもトップはカンボジアで、二位がラオスになっている(数字はいずれも独立行政法人 農畜産業振興機構のデータから)。日本国内でも高級品と言われる和牛を同国の一部の富裕層をのぞいて庶民がそう多く味わえるとは失礼ながら思えない。急浮上しているのもの謎だ。

 実は以前にも同様のことがあり、2007年から2009年まで同じく冷凍牛肉でベトナムが輸入国のトップになっている。しかもいずれもシェアは9割を超えている。これには日本の大手専門商社がベトナム現地の仲卸業者に赴いて、どういう食べられ方をされているのかヒアリングを試みたところ、驚くべき回答があったそうだ。

ベトナムは日本の肉なんか輸入していないというんですよ(笑)。れっきとした日本の統計資料に出ていると説明しても、見たことがないと首を振るんです。いったんベトナムに入れて、そこから他の国に回った可能性があります」(専門商社関係者)

 その先として推測されているのが、中国だ。中国は食肉市場を開放していない。だから密輸で回っているのでは……と先の関係者は言葉を濁す。

「推測でしかありません。でも私のところには上海の業者から『松阪牛を大量にわけてくれ』とダイレクトな注文電話が毎週のようにかかってくる。もちろんお断りしますけれど」(同)

 昨年はベトナムが輸出相手3位圏外に去り、カンボジアがトップ。今年に入って今まで一度も3位内に入ったことがないラオスが2位に。あくまで想像でしかないが、中国の密輸基地となっていたベトナムルートが何らかの事情で閉じて、代わりにカンボジアとラオスルートが浮上したのではないだろうか。

 そうした動きに日本側が眉をひそめているかというと、実はそうでもない。

「密輸は困りますけれど、正規ルートができれば、どんどん日本の高級和牛を中国に売りたい。食い尽くしてもらうぐらいの勢いで買いに来られても構わない」(同)

 将来、日本人が丹精込めた和牛のほとんどが、中国人富裕層のテーブルにのぼるという時代が来るかも知れない。国内の食肉生産量のうち輸出に回っているのは0.2%に過ぎないが、そこに日本の食卓の未来が占える。

 

http://www.news-postseven.com/archives/20120930_145735.html

 

実はこの報道で色々ググってみると2008年頃は和牛肉の密輸がいろいろ報道されていた。

例えばこんなのとか

http://diamond.jp/articles/-/6326

 

上記記事の中にはこんな話も

 

 上海の西、外国人居住区に立地するある店では、キロ当たり1500元(約2万2500円)で仕入れた和牛が、1日にして100キロはけるという。ここに出入りする闇業者は日本からキロ当たり9000円で買い付けてくるという。1日の取引だけで135万円の利益を上げることができる計算になる。

 

 

 

上記記事は2008年当時のモノ。

だから為替レートは1元=15円で計算されている、現在は12.5円位だが現在はどんな値段で売買されているのだろう。

いずれにしても凄い儲けになる筈だ。

 

上掲のnews-postsevenの記事にベトナムの事が出ている。

この頃のデータはこんなのだ。

なるほど、2008年に突出している。

これではベトナムで消費されるのではなく、更に密輸ルートに乗っていると考えるのが妥当な話だろう。

そしてこんなルートが何らかの理由で変わり、カンボジアとラオスになった、

これは納得できる。

 

 

しかし

>「密輸は困りますけれど、正規ルートができれば、どんどん日本の高級和牛を中国に売りたい。食い尽くしてもらうぐらいの勢いで買いに来られても構わない」

 

この意見は承服しかねる。

何故か、密輸が困ると言いながら「どんどん売りたい」と言っている。

つまり「俺たちは知らないから責任はない、密輸と分からないようにどんどんやってくれ」、こう言っている訳だ。

商売と言うものはそんなモノではない。最終の消費者が誰でどんな所で消費しているのか考えて商売するのが王道の筈。

密輸されてもいい等と言うのは商売道徳に反する話ではないだろうか。

 

 

こんな事が大々的に行われ、そこに莫大な利益が生まれる。

こんな事をしているから中国で反日感情の火種が尽きないのだ。

 

日本人なら正々堂々と日本産の牛肉の安全を主張し、正規のルートで売り込むべきだ。

そんな事の一つ一つが日本が世界に発信すべき日本の誇りなのではないかと思う。

 

密輸でも何でも儲かればいい、こんな考えの商売が成り立たないのは自明の理。

そうでは無いかね、そこのオジサン。

君らがそういう事を声を大にして言うべきなんだよ。

 

  オジサンはなかなか目が覚めないようだが・・・

 

 

 

 

閑話休題、

重い話はこれまでにして、我が家から遠からぬ所にこんなモノが・・・

 

 

中をのぞくと

 

こんにちは、ウシさん、

このウシさんは乳牛、良い天気なのでおいしい牛乳が沢山出ますよ。

 

  1. カンボジア
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

こんばんわ。

政策の下に対策あり、ってことですかね(笑)
和牛なんてブランド、イメージが大切だっていうのに(アイドルみたいなものですね)末端の消費者が誰でもいいなんて、少なくとも生産者がいうことじゃありませんね。

ところで、私がまだ子供の頃、近所の家がブタを飼っていまして。ある日、そこの柵が壊れてブタが町中を大脱走するって珍事がありました(笑)
ウチの庭にも鶏がいたりして、近所のネコが追いかけたりして
のどか、というか大らかなものでした。
  1. 2012-10-02 20:25
  2. URL
  3. pochi-one #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To pochi-oneさん
>こんばんわ。
>
>政策の下に対策あり、ってことですかね(笑)
>和牛なんてブランド、イメージが大切だっていうのに(アイドルみたいなものですね)末端の消費者が誰でもいいなんて、少なくとも生産者がいうことじゃありませんね。
>

全く同感です。
日本の農家は消費者がおいしいと言って食べてくれる姿をイメージして日夜仕事をしている、だからおいしい食品が、世界一の和牛が生まれるのです。
その和牛を密輸と知りながら輸出する、これは商人道に反します。
昔なら即刻手打ち!


>ところで、私がまだ子供の頃、近所の家がブタを飼っていまして。ある日、そこの柵が壊れてブタが町中を大脱走するって珍事がありました(笑)
>ウチの庭にも鶏がいたりして、近所のネコが追いかけたりして
>のどか、というか大らかなものでした。
>


ブタちゃんのトン走事件ですか、なるほど長閑なものですね。
いや田舎のブタの遁走は良いのですが、今の日本は野豚が解散逃れのトン走中。
こればっかりは煮ても焼いても食えないですね。
  1. 2012-10-02 21:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

密輸は残念だが、転売を禁ずる手段はない・・・転売した形跡がある業者とは取引しないように努力している・・・くらいはモラルとして言うべきところだと思いますが(-_-)。


売れればなんでもいい・・・じゃあ売った機械で水爆搭載したミサイル作られてもかまわない、ということですね。


肉の品質はともかく、困った田舎者ですね。
  1. 2012-10-03 07:41
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ブランドを確率したいなら品質基準、価格、ルートの3つが揃い、さらに販売店の基準も必要でしょう。

ルートは需要ですが、日本の盗難車が上手に解体され中古部品として輸出されてから、当地で組み立てられ・・・ノックダウンですな。闇ルートで販売されるルートもありますから。怪しい国は怪しい市場を持つのです。
日本では登録制度がしっかりしているので自動車盗難は少なかった。
規制緩和により自動車盗難が増えたのです。

なお、和牛は国内ではブランドが確立されて、価格も高いが、海外ではどうなっているのかの調査も必要です。
  1. 2012-10-03 09:28
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>密輸は残念だが、転売を禁ずる手段はない・・・転売した形跡がある業者とは取引しないように努力している・・・くらいはモラルとして言うべきところだと思いますが(-_-)。

正論です。こんな事こそ経団連辺りがハッキリ言うべき。

>売れればなんでもいい・・・じゃあ売った機械で水爆搭載したミサイル作られてもかまわない、ということですね。
>

ガンダムさんは軍事に詳しいのでこの話はご存知かもしれませんが、売った機械がとんでもないものに使われ、極めて深刻な事態を招いたケースが有ります。
昭和57年から58年にかけて、静岡にある東芝機械がココムで輸出禁止の5軸加工機を当時のソ連に輸出しました。
勿論虚偽の申告でこの事を秘匿しました。
ソ連はこの機械で潜水艦のスクリューを加工し、従来より大幅にスクリュー音を低減することに成功しました。

結果がどうなったか、アメリカの対ソ戦略の全面見直しが必要になりました。
従来のソ連潜水艦はスクリュー音で直ぐ分ったので問題なかった。
しかしその工作機械で加工したスクリューをつければ、従来の対潜哨戒機などでは発見不可能になってしまったのです。
アメリカが核攻撃される危機に直面したのです。
アメリカの怒った事、怒髪天を衝くとはまさにこの事でした。

お蔭で未だにココム規制は実に厳しい。
それとアメリカの日本に対する信頼感は未だに完全には回復されていないでしょう。
日本がF22を買えない理由も多分この事が尾を引いていると推測しています。
以下にその一端が紹介されています。
http://petapeta.tumblr.com/post/10117465043/62-4-30-1-14

儲かればいいなどと言う商売がいかに深刻な問題を引き起こすか、
これを決して忘れてはなりません。
  1. 2012-10-03 13:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>ブランドを確率したいなら品質基準、価格、ルートの3つが揃い、さらに販売店の基準も必要でしょう。
>
>ルートは需要ですが、日本の盗難車が上手に解体され中古部品として輸出されてから、当地で組み立てられ・・・ノックダウンですな。闇ルートで販売されるルートもありますから。怪しい国は怪しい市場を持つのです。
>日本では登録制度がしっかりしているので自動車盗難は少なかった。
>規制緩和により自動車盗難が増えたのです。
>
>なお、和牛は国内ではブランドが確立されて、価格も高いが、海外ではどうなっているのかの調査も必要です。


売るからには売った先がどのようになっているか、これは売る側の責任できちんと把握するべき。
ちょっと内容が違いますが儲かればいいと言う姿勢で売ったものが極めて深刻な事態を引き起こす事例が有ります。
ガンダムさんへの返事に書きましたので、ご参照ください。
多分アメリカに言わせれば、日本のおかげでキューバ危機の再来だったんだ、そうなるでしょう。

日本は武士道の国ですが、商人道も同じではないかと思います。
今の中国の反日デモを見て、つくづくこの事を反省させられます。
  1. 2012-10-03 13:53
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

東芝によるココム違反事件は有名ですね。

稼動中に水中に雑音を響かせないスキュードスクリューをソビエトが製作できるようになる・・・すなわち第二次報復核戦力の主力を担うミサイル原潜の発見しにくくなり、核戦争時にわがほうが脅かされる、ということに思いをいたせなかった東芝社員は本当に馬鹿ですね。


まあ現実には音響探知の他、音波探知、磁気探知、さらには海上に微妙に影響を与える潜水艦の質量そのものを探知するなど様々他にも潜水艦の探知方法はありますが。

  1. 2012-10-03 20:59
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>東芝によるココム違反事件は有名ですね。
>
>稼動中に水中に雑音を響かせないスキュードスクリューをソビエトが製作できるようになる・・・すなわち第二次報復核戦力の主力を担うミサイル原潜の発見しにくくなり、核戦争時にわがほうが脅かされる、ということに思いをいたせなかった東芝社員は本当に馬鹿ですね。


バカそのものです。
しかし証拠が無いので言いにくいのですが、この話は恐らく日本側は高額の賄賂で籠絡されたのでしょう。
そうでなければ幾らなんでも可笑しいです。
一人や二人ではなく末端まで其れなりの袖の下をばら撒く、
そうしないとおこぼれにあずかれない連中が騒ぎますからね。
これはメーカーだけでなくお役所にもばら撒かれているでしょう。



>まあ現実には音響探知の他、音波探知、磁気探知、さらには海上に微妙に影響を与える潜水艦の質量そのものを探知するなど様々他にも潜水艦の探知方法はありますが。


その通りですが、多分今でも水中聴音の上を行く探知方法はないでしょう。
10年くらい前だったと思いますが、米軍が大西洋で非業の最期を遂げたイー52のスクリュー音を公開したのを聞いたことが有ります。
涙が出ました。
この悔しさは決して忘れてはなりません。
  1. 2012-10-04 07:23
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する