2012-09-27 18:42

祝:P-1哨戒機量産型初飛行

  自民党は安倍さんの総裁決定で朝日・中日(東京)新聞などが大騒ぎしている。

所でそんな大騒ぎをよそに安倍新総裁の門出を祝うかのごとく密かに初飛行した飛行機がある。

海上自衛隊の哨戒機P-1だ。

 

 

<以下引用>

 

P1哨戒機の初飛行成功 海自が本年度中に導入予定

2012年9月26日 21時07分

 

初飛行に成功したP1哨戒機=岐阜県各務原市の空自岐阜基地で(川崎重工業提供)

 

 海上自衛隊が本年度中に導入予定のP1哨戒機について、川崎重工業は26日、量産1号機の初飛行に成功したと発表した。本年度中の4機を含め、2015年度までに計8機を納入する予定。

 P1は現行のP3Cの後継機で、機体、エンジンなどすべてを新規開発した純国産。実用機では世界で初めて光ファイバーを導入し、操縦時のデータ通信効率や電磁波への耐性を上げた。08年から量産機の設計、製造を進めていた。

 初飛行は25日昼、岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地で行われ、川重のテストパイロット2人が乗り込んで離陸。約2時間半飛行した。川重広報部は「問題はなかった」としている。

 川重は01年から、空自の次期輸送機「C2」と併せて開発を始めた。大型機の2機同時開発は国内初。部品やシステムを一部共用してコストを削減するためで、両機合わせた総事業費は約3450億円。

 海上幕僚監部広報室によると、本年度納入分は、海自厚木航空基地(神奈川県綾瀬市)に配備される。

(中日新聞)

 

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012092690210755.html

 

<引用終り>

 

 

 

 哨戒機と言ってもピンと来ないかもしれない。

昔は「対潜哨戒機」と言った。潜水艦を空から探すのが主任務である。

しかし最近は任務の多様化で単に哨戒機と言っている。

哨戒とは領海や排他的経済水域での情報収集、監視、警戒任務のこと。

現在の主力哨戒機は日本の自衛隊と米軍が保有するP-3C哨戒機である。

P-1哨戒機はP-3Cの後継機だが機体・エンジンとも純国産で、P-3Cがプロペラ機(ターボプロップ機)に対しジェットエンジン機である。

 

任務の特殊性から飛行性能より搭載する電子機器などの性能が重要で、その点で世界最新鋭の哨戒機である。

尚米軍もP-3Cの後継機P-8を2012年より配備する予定とのことだ。

 

中国が太平洋への野心を最近むき出しにしている。

その中心は潜水艦と空母。

つい最近ロシアのポンコツ空母ワリヤーグを改造し、自国の空母として運用を始めたばかり。

 

その潜水艦への抑止力として大変役立つのがこの哨戒機である。

再生自民党の門出に相応しい初飛行。

大いに活躍してほしいものだ。

 

尚P-1については以下参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/P-X_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

 

 

尚潜水艦については、中国がベトナムに近い海南島三亜に巨大な地下潜水艦基地を作っている。

潜水艦が潜ったまま出入りできると言われるこの潜水艦基地、フィリッピンやベトナムには大変な脅威になっているが、P-1のような高性能な哨戒機が大いに抑止力になるのではないか。

平和のためにはそれなりの力が必要、そんな思いを感じさせる初飛行である。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

No title

 私としては、防衛問題に関しては、ハードウェアの方はあまり心配しておりません。いろいろ問題はあるにせよ、世界的にみれば自衛隊が極めて能力の高い(特に対潜能力は)「軍隊」であることは、軍事に通じている人ならある程度常識だと思いますし。

 問題は、それを「切り札」として使いこなせる外交、情報、諜報能力がまるでダメだったり、国民自体に「お花畑」な人が多すぎたり、対外プロパガンダの能力とか、ソフトウェアの面だと思ってます。

 思えば、「軍事大国」だった戦前も似たようなものだったのでは?(ハードウェアは高スペック、ソフトウェアがまるでダメという点で)。
  1. 2012-09-27 21:06
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

アメリカの方はオライオンの後継機の開発にはずいぶん苦労しているようですね。
民間機からの改造を予算の観点からのみの要求で安易に押し通したのが響いたようです。


そういった事情もあり、集団的自衛権とともに、このP1、太平洋諸国への輸出もできるようになったら中国を抑える具体的な力になってくれると思います。
  1. 2012-09-27 21:31
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
> 私としては、防衛問題に関しては、ハードウェアの方はあまり心配しておりません。いろいろ問題はあるにせよ、世界的にみれば自衛隊が極めて能力の高い(特に対潜能力は)「軍隊」であることは、軍事に通じている人ならある程度常識だと思いますし。
>
> 問題は、それを「切り札」として使いこなせる外交、情報、諜報能力がまるでダメだったり、国民自体に「お花畑」な人が多すぎたり、対外プロパガンダの能力とか、ソフトウェアの面だと思ってます。


日本の自衛隊の能力が実は非常に高い、これは確かですね。
今回ホルムズ海峡で掃海訓練してますが、そこでも能力の高さは実証しているでしょう。
政治が一番問題ですが、安倍総裁が首相になればそこも相当改善されると思います。
勿論簡単ではありません、何年も何年もかかるでしょう。
それでも諦めずにやりぬかねば日本の明日が無い。

愚行山を動かすの例えもありますが、今まさにその時かもしれません。
>
> 思えば、「軍事大国」だった戦前も似たようなものだったのでは?(ハードウェアは高スペック、ソフトウェアがまるでダメという点で)。
  1. 2012-09-27 21:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>アメリカの方はオライオンの後継機の開発にはずいぶん苦労しているようですね。
>民間機からの改造を予算の観点からのみの要求で安易に押し通したのが響いたようです。
>
>
>そういった事情もあり、集団的自衛権とともに、このP1、太平洋諸国への輸出もできるようになったら中国を抑える具体的な力になってくれると思います。


私は軍事は疎いのですが、アメリカのP-8は問題は民間機の転用にあるようですね。
低速飛行の為双発エンジンの片方を止めたりすると実に厄介な事が起こる。
日本が安易な道を選ばず、あえてエンジン・機体とも全くの自主開発にしたのもそこがキーだったんでしょう。

仰るように日本がこの機体を輸出したりすれば・・・
多分中国は発狂するでしょう。
海南島の潜水艦基地の周りをP-1が飛び回って中国の潜水艦の情報を集めれば、中国海軍は裸同然。
いくら原潜でも潜航場所を突き止められれば赤子同然ですからね。

面白い事が起こるでしょうね。
  1. 2012-09-27 22:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>所でそんな大騒ぎをよそに安倍新総裁の門出を祝うかのごとく密かに初飛行した飛行機がある。海上自衛隊の哨戒機P-1だ。

同感です。海上自衛隊の新型哨戒機P-1は東アジアと太平洋の安寧を守る翼です。
日本にとっては、主力戦闘機以上に大変重要な航空機ですね。
英国の長距離哨戒機部隊が縮小削減され、大規模な長距離哨戒機部隊を維持しているのは二大海軍国日米だけになりました。
P-1は中露原潜部隊だけでなく、ロシア艦隊や中共空母を撃破する火力を有しています。現状でも世界最強の対艦攻撃機です(F2戦闘機の2倍の攻撃力)。爆撃専用に改修すれば3倍以上の火力になります(改修自体はそれほど難しくない)。

中共がP-1に関心を持ち、恐れるのも当然です。
  1. 2012-09-28 00:38
  2. URL
  3. 朝日将軍 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

対潜哨戒機はかつては低速で長時間飛べることが重要であり、飛行機自体の性能としてはさして面白くもないことから他用途の飛行機の転用が主体だったはずです。

今回もC-2輸送機の開発かぶらせて行ったのですからこのあたりも合格でしょう。正直な所飛行機自体が高速化したら対潜哨戒機としては不利じゃないかとも思いましたが、エレクトロニクスの発達はこれを克服したようです。

こいつの肝は国産エンジンでしょう。その上そ、の気になれば旅客機への変更はそう造作ないことです。このあたりの共通プラットフォームにすべきなのですよ。きちんとした対艦対地ミサイルを整備できれば爆撃機はこれで十分。

技術の進歩で専用の機体が要らなくなるというのは、少し不思議な気がします。
  1. 2012-09-28 00:58
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 朝日将軍さん
>>所でそんな大騒ぎをよそに安倍新総裁の門出を祝うかのごとく密かに初飛行した飛行機がある。海上自衛隊の哨戒機P-1だ。
>
>同感です。海上自衛隊の新型哨戒機P-1は東アジアと太平洋の安寧を守る翼です。
>日本にとっては、主力戦闘機以上に大変重要な航空機ですね。
>英国の長距離哨戒機部隊が縮小削減され、大規模な長距離哨戒機部隊を維持しているのは二大海軍国日米だけになりました。
>P-1は中露原潜部隊だけでなく、ロシア艦隊や中共空母を撃破する火力を有しています。現状でも世界最強の対艦攻撃機です(F2戦闘機の2倍の攻撃力)。爆撃専用に改修すれば3倍以上の火力になります(改修自体はそれほど難しくない)。
>
>中共がP-1に関心を持ち、恐れるのも当然です。
>


いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
朝日将軍さんのブログ、いつも興味深く拝見しています。

ご承知の通り、対潜水艦作戦は常日頃の情報収集が一番重要、
潜水艦のスクリュー音データなどトップシークレット中のトップシークレット。
だからP-1のような高性能哨戒機が飛んでいるだけで潜水艦は動けません。
下手に動いてスクリュー音を捕まれたら一巻の終わり。

確かに仰る通り中狂の一番の脅威ですね。
いやだからこそ目出度い。
  1. 2012-09-28 06:56
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>対潜哨戒機はかつては低速で長時間飛べることが重要であり、飛行機自体の性能としてはさして面白くもないことから他用途の飛行機の転用が主体だったはずです。
>
>今回もC-2輸送機の開発かぶらせて行ったのですからこのあたりも合格でしょう。正直な所飛行機自体が高速化したら対潜哨戒機としては不利じゃないかとも思いましたが、エレクトロニクスの発達はこれを克服したようです。
>
>こいつの肝は国産エンジンでしょう。その上そ、の気になれば旅客機への変更はそう造作ないことです。このあたりの共通プラットフォームにすべきなのですよ。きちんとした対艦対地ミサイルを整備できれば爆撃機はこれで十分。
>
>技術の進歩で専用の機体が要らなくなるというのは、少し不思議な気がします。


この機体の最大の特徴はエンジンですね。
旅客機用のエンジンは高高度巡航時の燃費が問題、
それに対しP-1は高高度性能を維持したまま低速性能も重視、
おまけに日本独自の理由で騒音対策が十分考えられてる。
これが大きいと思います。
これを旅客機に改造すれば、発展途上国などには大変ありがたい機体になるかもしれません。
  1. 2012-09-28 07:06
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

私の住む所の隣町に厚木基地があります。毎日朝夕P-3Cが「音もなく」飛行しています。着陸態勢を下から見ると圧巻です。

軍事的に独り立ちするためには、武器等の製造が自前で出来ねばなりません。圧倒的に米国に(無理やり)依存する現在は半人前です。

尖閣・竹島・北方諸島の現状を教科書として、早く日本が自前の武器を製造することを願います。ミズホさんはじめ「話し合い」の好きな人は、話し合うために武器が必要だと国民に説いて欲しいです。

それにしても飛行機、戦艦等を日本で全部作ってしまったら、世界はその優秀性を知って日本製のシェアが100%になるかも知れません。米国は第2のハル・ノートを突きつけるでしょう。
  1. 2012-09-28 17:55
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>私の住む所の隣町に厚木基地があります。毎日朝夕P-3Cが「音もなく」飛行しています。着陸態勢を下から見ると圧巻です。
>
>軍事的に独り立ちするためには、武器等の製造が自前で出来ねばなりません。圧倒的に米国に(無理やり)依存する現在は半人前です。
>
>尖閣・竹島・北方諸島の現状を教科書として、早く日本が自前の武器を製造することを願います。ミズホさんはじめ「話し合い」の好きな人は、話し合うために武器が必要だと国民に説いて欲しいです。
>
>それにしても飛行機、戦艦等を日本で全部作ってしまったら、世界はその優秀性を知って日本製のシェアが100%になるかも知れません。米国は第2のハル・ノートを突きつけるでしょう。


ミズポはじめ左巻き連中は日本の兵器は悪、中狂の兵器は善と信じ切っていますから困りものです。
しかし話し合うためには力が要ります。丸腰では喧嘩は出来ません。

仰るように日本製の兵器は優秀ですから、特にアジア諸国は欲しがっていますね。
最近もアセアンのどこかの国が自衛隊の軍艦が退役したら、其れでいいから譲ってくれ、そんな事を言っていました。
潜水艦はトップシークレットなので簡単ではないと思いますが、護衛艦位なら飛びつくでしょう。
例えばアセアン諸国でただ一隻の空母はタイが持っています。
(タイの自慢の種です)
主にヘリ空母として使っていますが、海上自衛隊の護衛艦「ひゅうが」、「いせ」より小さいです。
それでも空母。
日本が輸出するようになったら・・・
多分注文殺到でしょう、日本の不景気などは何処かに飛んで行ってしまうでしょうね。
  1. 2012-09-28 18:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する