2012-09-12 22:14

富士山の初冠雪

  12日朝、富士山が初冠雪だそうだ。

初冠雪の平年値は9月30日、今年はそれより18日早いのだと言う。

裏の桜さんが初冠雪と一緒に今年は猛暑なのに在所の方では熱帯夜が無い、なぜだろう。

こんな話をしている。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2852885/

 

先ずは初冠雪のこんな写真をご覧ください。

 

 

富士山はいつ見ても美しい山ですねえ。

そして黄金色に実った稲穂。

これこそ日本と言う景色です。

 

 

所で今年は如何も世界的に異常気象である。

その心配事の一つが北極海の海氷が以上異常に少なくなっていることがあげられる。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2814730/

 

 

私は異常気象は最初に高い山から現れると思っているのだが、この初冠雪もそんな事かもしれない。

もう少し注意して見守りたい。

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

おはようございます。

北極海の氷床が増えると海や湖からの蒸発する水が減少し砂漠化が進むというのを以前本で読んだことがありますが、今年は北極海の氷が減っているのに干ばつのニュースが飛び交っているのは、やはりどこかおかしいのか?と思います。
本当にどうなるんでしょうね。
寒冷化にしても温暖化にしてもこれからエネルギーの使用には大きな変化があると予想されるのに政治家の人にははっきりとした指針を出してもらいたいんですけどね……

ところで、私は愛知の出身なんですが、実家のことをこのエントリを読んで在所と呼んでいたなと思い出しました。関東在住の今は「在所に行ってきた」なんて言うと「どこ?」と聞き返されるでしょうが(笑)
今は、遠くにありて思うものになってしまっている場所ですが。
  1. 2012-09-13 09:02
  2. URL
  3. pochi-one #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To pochi-oneさん
>おはようございます。
>
>北極海の氷床が増えると海や湖からの蒸発する水が減少し砂漠化が進むというのを以前本で読んだことがありますが、今年は北極海の氷が減っているのに干ばつのニュースが飛び交っているのは、やはりどこかおかしいのか?と思います。
>本当にどうなるんでしょうね。
>寒冷化にしても温暖化にしてもこれからエネルギーの使用には大きな変化があると予想されるのに政治家の人にははっきりとした指針を出してもらいたいんですけどね……
>

政治家に大いに期待したい所なのですが、今の政治家にはそんな知識も見識も気概も何にもありません。
有るのはカネに対する執着心位、それでこれからの大変動の時代を乗りきる・・・ カチカチ山の泥船に乗った心境です。


>ところで、私は愛知の出身なんですが、実家のことをこのエントリを読んで在所と呼んでいたなと思い出しました。関東在住の今は「在所に行ってきた」なんて言うと「どこ?」と聞き返されるでしょうが(笑)
>今は、遠くにありて思うものになってしまっている場所ですが。


そうですね、東京言葉は「いなか」でしょうか。
でも愛知はいい所だと思っていたんですが、ミンスの巣窟状態から未だ抜け出していないのが悲しい・・・
  1. 2012-09-13 09:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

海氷面積の減少はどうやら北極に居座る低気圧の影響のようですね。面積の減少自体がそう驚いてません。3月くらいの時期でも原潜が浮上できる程度の氷しかないことは多いわけでして、赤祖父博士が喝破されたようにそう一喜一憂するほどのことではないでしょう。とりわけ南極の冬季の氷は増加してるのですから全体としての温暖化などとはいえますまい。

冠雪の早さは基本的に季節の訪れの早さを示しますよね。短い秋の後一気に冬などということにならぬのを祈るばかりです。本当はこのあたりでエネルギー戦略を気候と資源の両睨みで考えなくてはいけないんですが、物事を科学的見地にたって決定できない以上、どうしようもないでしょう。

本当は新エネルギー開発あたりに銭掛け流さなきゃあいけないんですが、そんな根性も気概もないんでしょうねえ。かつて小生の父が大平正芳首相をしょうして最初どうなるかと思ったけど地位が人を作るってのはあるんだな、と言っていたのを思い出しますが、今の政治家で総理になり本当にこれはやれるやつなんだわ、と感心させられた人物っていうのは本当に少ないと思います。

不思議な気がしますが今あらためて振り返るとマスゴミ受けが悪かった小渕首相や麻生首相あたりの方が遥かにまともだった気がします。ほんとうに大事な物事は世間の評価と違うところにあるというのはある意味えらい不幸なことのようです。
  1. 2012-09-13 20:34
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>海氷面積の減少はどうやら北極に居座る低気圧の影響のようですね。面積の減少自体がそう驚いてません。3月くらいの時期でも原潜が浮上できる程度の氷しかないことは多いわけでして、赤祖父博士が喝破されたようにそう一喜一憂するほどのことではないでしょう。とりわけ南極の冬季の氷は増加してるのですから全体としての温暖化などとはいえますまい。
>
>冠雪の早さは基本的に季節の訪れの早さを示しますよね。短い秋の後一気に冬などということにならぬのを祈るばかりです。本当はこのあたりでエネルギー戦略を気候と資源の両睨みで考えなくてはいけないんですが、物事を科学的見地にたって決定できない以上、どうしようもないでしょう。
>

初冠雪を昔から何故観測しているか、これを考えれば分かります。
昔から冬がどうなるか、それが冠雪の時期で分かった、此れでしょう。

>本当は新エネルギー開発あたりに銭掛け流さなきゃあいけないんですが、そんな根性も気概もないんでしょうねえ。かつて小生の父が大平正芳首相をしょうして最初どうなるかと思ったけど地位が人を作るってのはあるんだな、と言っていたのを思い出しますが、今の政治家で総理になり本当にこれはやれるやつなんだわ、と感心させられた人物っていうのは本当に少ないと思います。
>
>不思議な気がしますが今あらためて振り返るとマスゴミ受けが悪かった小渕首相や麻生首相あたりの方が遥かにまともだった気がします。ほんとうに大事な物事は世間の評価と違うところにあるというのはある意味えらい不幸なことのようです。

同感です。
全く分野は違いますが面白い話。自動車の新車開発の話です。
みんなに見せると10人中9人まで反対する車、実はこれこそ空前のヒット車の条件なのです。
最近の例ではトヨタのプリウス。全員反対でした。
初代はともかく2代目になってもそうでした。
だから生産設備が不足し、何か月も何か月もお客さんを待たせることになってしまった。
だからヒットしましたし、ほかのメーカーが追随できなかった。
難しいものです。
  1. 2012-09-13 20:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する