2012-09-10 16:32

エネルギー問題をもっと考えませんか

  昨日JR東海葛西会長のエネルギー問題についての危機感あふれる話をエントリーしました。

その話の関係でいろいろ調べている内、大変興味深いHPを見つけました。

エネルギー問題について非常に良く分かる内容ですが、何せ量が膨大です。

しかし是非皆さんにも知っていただきたいのでご紹介します。

 

 

中には私もビックリの内容も沢山あります。

最初にHPの紹介から。

 

 

引用元:http://www.nexyzbb.ne.jp/~omnika/index.html

 

このHPは個人の開設したものだそうです。

こういったものには信憑性が疑問なものが有るのですが、このHPはソースを全て公開していまして、読者が検証できるようになっています。

最初のグラフはエネルギートータルでどれくらい使用できるか、それをまとめています。現在がほぼピーク、此れから利用できるエネルギーはどんどん減っていくことを表しています。

 

 

詳しく見てみます。

まず最初に衝撃的なのはこのグラフ。

 

 

世界の産油量のグラフです。

HPではピーク・オイルは2005年だった、こう言っています。

と言いながらこのグラフでは2008年に小さなピークが有るので、このグラフによればピークは2008年となるのですが、各種集計では2005年がピークだった、こんな事です。

 

実は先月「エネルギー問題」をエントリーしました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2806421/

 

此処では石油の生産見通しはピークが2017年と書きましたが、これは今後の新しい油田などの予測分を加算した数字。

今の所、産出量は2005年~2008年でピークだった、どうもそんな事のようです。

 

株屋さんの世界でも株価のピークや底値も、後になって「あぁ、あれがピークだったんだ」と分かるそうですが、正にそれでしょう。

今がピークと言うのはそれほど分かり難いという事だと思います。

 

もう随分前からピーク・オイルと言われ、それが何時なんだと言われたものですが、こんな事が事実の様です。

私も固い頭を打ちのめされた感じです・・・(泣・泣・泣・・・トホホ)

 

 

そしてさらに衝撃的、

先日「これから原発16基を作る国」をエントリーしました。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2835771/

 

世界最大の油田を持つ国、サウジアラビアが原発16基を作る。

これはサウジアラビアの石油が先が見えた筈だと書いたんですが、そんな事も載っています。

何とサウジアラビアの石油埋蔵量が言われている量より40%も少ない可能性がある、それをウィキリークスがすっぱ抜いた、そんな話です。

この件は次回エントリーします。

 

そしてもう一つ衝撃的な話。

エネルギーが先細りの中で人口が増えてゆく。

一人あたりのエネルギーの使用可能量は2050年には現在の半分になる、

そんな話です。

 

上のグラフの説明にはこう書いてあります。

世界人口が増加する一方で、世界のエネルギー供給量は減少するので、一人あたりのエネルギーの割当は、現在の1.7 toe/人・年(toeは石油換算トンのこと)から、2050年では0.9 toe/人・年となり、現在の半分になる。(訳者註2008年の主要国の年間の一人当たりエネルギー消費量は、石油換算トン(toe/人・年)で、日本3.88、カナダ8.0、アメリカ7.50ロシア4.8、韓国4.7、フランス4.16、ドイツ4.08イギリス3.40中国1.6である。出典は電気事業連合会の原子力・エネルギー図面集など。現在が一人あたりエネルギーのピークであり、2015年あたりから急激に下がり出す。)

 

日本は今反原発狂騒曲で騒いでいるが、事はそんな生易しいものではないようだ。

 

そんな事でこの件、私なりにもう少し考えてみたいと思う。

 

皆さんも是非上記HP覗いてみてください。

 

 

 

 

 

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(9)

コメント

No title

http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2011_01/jspf2011_01-36.pdf

 メタンガスも燃料電池のエネルギー元として使えるようですね。メタンハイドレードが本当に採掘できれば日本のエネルギーの足しになるかもしれません。

 逆に言えば支那や朝鮮があんな岩の島に固執する動機の一つにそれが有るのは間違いないでしょう。
  1. 2012-09-10 17:18
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2011_01/jspf2011_01-36.pdf
>
> メタンガスも燃料電池のエネルギー元として使えるようですね。メタンハイドレードが本当に採掘できれば日本のエネルギーの足しになるかもしれません。
>
> 逆に言えば支那や朝鮮があんな岩の島に固執する動機の一つにそれが有るのは間違いないでしょう。


情報ありがとうございます。
仰るように資源が狙いであることは間違いありません。
ただコリアにとっては竹島は唯一コリアが強奪した島。
その為コリアの存在を示す唯一のものらしいです。
それが竹島騒動の根底にある。
国際裁判所で決着をつけるしかないでしょう。

メタンハイドレードは日本にとっては明るいニュースですね。
大いに期待しています。
ただ燃料電池は昔から注目して研究させてきた身としては、難しいとしか言いようがありません。
トンデモナイ技術革新が出てくるのを待つしかない、そう思っています。
  1. 2012-09-10 18:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日本は兎も角、後進国、発展途上国で燃料資源のあまりない国は、原発導入が増えて行くでしょうね。
それも、先進国で使われてるような半分プロトタイプ的な物では無くて、オールインワンパッケージで、中身はブラックボックスだけど、メンテナンスフリーに近く、レンタルの形で設置し、耐用年数が来たらコア部分だけ回収していく。

今、放射性物質は土中埋設が一般的ですが、日本みたいな地震の可能性がある国は案外露天の方が良いかもしれません。
万が一、大水や津波で水にさらわれても、プカプカ浮くだけの浮力があって、ビーコンなどで後日回収が容易な。
何か起きたときのメンテナンスも土中より楽ですし、どうなんでしょうかね。
  1. 2012-09-10 19:55
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>日本は兎も角、後進国、発展途上国で燃料資源のあまりない国は、原発導入が増えて行くでしょうね。
>それも、先進国で使われてるような半分プロトタイプ的な物では無くて、オールインワンパッケージで、中身はブラックボックスだけど、メンテナンスフリーに近く、レンタルの形で設置し、耐用年数が来たらコア部分だけ回収していく。
>
>今、放射性物質は土中埋設が一般的ですが、日本みたいな地震の可能性がある国は案外露天の方が良いかもしれません。
>万が一、大水や津波で水にさらわれても、プカプカ浮くだけの浮力があって、ビーコンなどで後日回収が容易な。
>何か起きたときのメンテナンスも土中より楽ですし、どうなんでしょうかね。
>


凄い慧眼です。こんな事を言う方がいること、初めて知りました。
正にその通りだと思っています。
発展途上国の人に難しい原発など管理できません。
第一文字もろくに読めない連中です、どうやってこんな連中にキチンと管理させるのか、考えただけで頭が痛くなります。

実際やってみれば分かります。
マニュアルを読ませること、それだけで何年かかるでしょうか。
ターンキー原発、これが必要でしょうね。
必要なメンテは何年かに一回日本から行けばいいのです。
  1. 2012-09-10 20:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

2005年がピークオイル。やっぱりね・・という感じです。
2006:新・国家エネルギー戦略を策定
2006:次世代自動車用電池の将来に向けた提言
2007:新世代自動車の本格普及に向けた提言

この文書、当時は何故、こんなに急ぐの??
無理でんがなと思いながら読んだものです。

さらに2005年というのが原子力ルネッサンスのエポックとなる年。
こちらも、急に手の平を返して推進とは何で???と思ってました。

自動車技術会の講演も聞きにいきましたが、皆さん、CO2削減のため・・と嘘付くので、わからんかったです。

あの時がピークだったんですね。
  1. 2012-09-10 22:01
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>2005年がピークオイル。やっぱりね・・という感じです。
>2006:新・国家エネルギー戦略を策定
>2006:次世代自動車用電池の将来に向けた提言
>2007:新世代自動車の本格普及に向けた提言
>
>この文書、当時は何故、こんなに急ぐの??
>無理でんがなと思いながら読んだものです。
>
>さらに2005年というのが原子力ルネッサンスのエポックとなる年。
>こちらも、急に手の平を返して推進とは何で???と思ってました。
>
>自動車技術会の講演も聞きにいきましたが、皆さん、CO2削減のため・・と嘘付くので、わからんかったです。
>
>あの時がピークだったんですね。


実業の世界の人は感覚で分かるんですね、
この時から異常なCO2削減話が急加速したこと。
車も同じです。

しかし残念ながらこの話はマスゴミには分かりませんでした。その結果が今の異常な反原発騒ぎ。
しかしどうも9月に入ってから空気が変わったように感じるのですが如何なんでしょうか。
  1. 2012-09-10 22:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

これ状況はもっと悪いはずです。
中途半端な経済も成長で発展途上国の人口は増大の一途ですし、ダルトン以来の寒冷化は確実なはず。これでアイスランドあたりで噴火でもあったひには飢饉となるでありましょう。こんなところで脱原子力などという戯言を言ってるヒマはなくなるはずです。

小生、石油は無機合成説を信じるものですが、おそらく取り出せないくらい深いところにあるものでありましょう。尖閣や日本海の油田といったものはこの類の話であって期待はしても当てにしてはならぬものです。燃料電池にしたところで現状化石燃料ベースに変わりはないのですから問題の解決にはなりません。

だからここは資源のベースを増やす意味で原子力は外せないし、トリウムの燃料活用は真剣に考えねばいけないのです。原子力も軽水炉は考え直さねばなりません。熱効率1/3では問題がありすぎです。

本当のブレークスルーは核融合の実用化なのでしょうがヘリカルにしろトカマクにしろ現状のままでは難しいでありましょう。ほんとうにブレークスルーが必要なんですがそれを分かってんでしょうかねえ。
これは単なる予感でしかありませんが常温核融合のような技術で突破できなければどうしようもないでしょう。

小生、かつて先端技術研究に年間20兆をかけすべしといったことがありますが、それくらいしなければどうしようもないでしょう。成長否定論者や基地外環境論者の相手をしてられるほど世の中は甘くないのです。これが大変な贅沢だったんだ時がつくのはそう遠い日じゃないはずです。

まあ、その時になり一番騒ぐのは又今騒いでる連中でしょう。物を考えられない奴には、迷惑だから下手な人権を認めるな、というのは言いすぎでしょうか。
  1. 2012-09-11 01:18
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>これ状況はもっと悪いはずです。
>中途半端な経済も成長で発展途上国の人口は増大の一途ですし、ダルトン以来の寒冷化は確実なはず。これでアイスランドあたりで噴火でもあったひには飢饉となるでありましょう。こんなところで脱原子力などという戯言を言ってるヒマはなくなるはずです。


同感です。
発展途上国の人口爆発に産業革命以来初めての寒冷化が加わりますので、とんでもない事が起こるのは間違いないでしょう。
私はタイで急速な経済発展が何をもたらすか、それを見てきました。
人の民度の進歩より格段に速い速度で経済が発展し、貧しいながら幸せな暮らしをしていた連中が、金の亡者になって浪費癖を身に着ける。
これは実に恐ろしいです。
唯一の救いは宗教ですが、宗教者自身がカネにまみれ、マネの味をしめてしまえば何ともなりません。
その典型がチャイナであり、コリアですね。


>小生、石油は無機合成説を信じるものですが、おそらく取り出せないくらい深いところにあるものでありましょう。尖閣や日本海の油田といったものはこの類の話であって期待はしても当てにしてはならぬものです。燃料電池にしたところで現状化石燃料ベースに変わりはないのですから問題の解決にはなりません。
>

石油の無機合成説は私もその通りだと思います。
最近の石油埋蔵量関係のニュースがさっぱり見えなくなったのが不気味ですね。
もっと深刻な話が多分あると思います。
ウィキリークスにもっと頑張ってもらわねば・・(笑)


長くなるので一旦ここで送ります。
  1. 2012-09-11 07:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
<続きます>
>
>だからここは資源のベースを増やす意味で原子力は外せないし、トリウムの燃料活用は真剣に考えねばいけないのです。原子力も軽水炉は考え直さねばなりません。熱効率1/3では問題がありすぎです。
>
>本当のブレークスルーは核融合の実用化なのでしょうがヘリカルにしろトカマクにしろ現状のままでは難しいでありましょう。ほんとうにブレークスルーが必要なんですがそれを分かってんでしょうかねえ。
>これは単なる予感でしかありませんが常温核融合のような技術で突破できなければどうしようもないでしょう。
>

原子力は多分あと50年位は今のウラン由来のもの。
その後如何するかは研究の成果次第、そうだと思います。
可能性があるのはトリウム炉、それとも核融合。
核融合についてはアインシュタイン先生にお伺いを立てないといけないと思っています。
彼はこれは神の世界の話で人間が踏み込んではいけない、こんな思想を持っていたらしいのですが、核融合こそその世界。
何が出てくるか、そこが問題です。
若し成功したら哲学者とか宗教者も巻き込んだ大論争が必要ではないでしょうか。


>小生、かつて先端技術研究に年間20兆をかけすべしといったことがありますが、それくらいしなければどうしようもないでしょう。成長否定論者や基地外環境論者の相手をしてられるほど世の中は甘くないのです。これが大変な贅沢だったんだ時がつくのはそう遠い日じゃないはずです。
>

これが日本がこれからとるべき道だと思います。
多分民主党は近いうちに退場するでしょう。
退場したらみんなでこんな議論を喧々囂々、侃侃諤々やりたいですね。


>まあ、その時になり一番騒ぐのは又今騒いでる連中でしょう。物を考えられない奴には、迷惑だから下手な人権を認めるな、というのは言いすぎでしょうか。


この話は近日中にアップしたいと思っています。
職業に貴賤はないと言うものの日本の何十年も先までの未来についての話をゴーゴーダンサー、ストリッパーが総理大臣と対等で話す。
これが基地外国でなくて何でありましょう。
  1. 2012-09-11 07:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する