2012-09-06 21:28

いつの間にか季節は秋

   毎日真夏日だ! 熱帯夜だ! 猛暑日だ! などと言っている間に、いつの間にか季節は秋になってきました。

 

早くも稲刈りが始まっています。

 

子どもだけは元気で虫など追っかけています。

 

 

今年はどうやら稲はまずまずの出来と言ってよさそうです。

 

昨年もコメだけはまずまずでした。

未曾有の大震災、空き缶主犯の原発事故、出鱈目政府の無茶苦茶政治・・・

それでもコメだけはまずまず。

アメリカが未曾有の大旱魃にあえいでいる中、日本にとっては良いニュースです。

神様はまだ見捨てていないという事でしょうか。

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

昭和一桁の老母はいつも米を心配しています。手元に10㎏袋がないとかなり不安なようです。国情と貧乏で米が買えない生活が長かったので、米が自由に買える今も、米をそれなりの量手元に置いておかないと不安なのが習性になっているようです。
不作で多少高くなっても、不自由なく国内産米が手に入る事はありがたいことです。
  1. 2012-09-07 12:07
  2. URL
  3. koguma #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kogumaさん
>昭和一桁の老母はいつも米を心配しています。手元に10㎏袋がないとかなり不安なようです。国情と貧乏で米が買えない生活が長かったので、米が自由に買える今も、米をそれなりの量手元に置いておかないと不安なのが習性になっているようです。
>不作で多少高くなっても、不自由なく国内産米が手に入る事はありがたいことです。


当たり前においしいものが食べられる、これは素晴らしい事です。
母上様は戦中戦後の食糧難の時代を経験されたので、米については格別の思いがあると思います。

私には20年前の平成のコメ騒動が忘れられません。
大枚を緊急輸入したのですが、それが食用にはできないくず米。
それを一般米の中に混ぜ込んで売ろうとした細川政権。
その頃から現在に至るまで左翼政権は日本人に敵。

幸いにも今年もコメはまずまずです。
神様はまだ見捨ててはいないようです。
  1. 2012-09-07 15:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する