2012-08-21 10:33

エネルギー問題

  昨日のエントリー「20日の新聞社説が面白い」に八目山人さんから貴重な情報をいただいた。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2805578/allcmt/#C2630173

 

チャンネル桜でエネルギー問題を討論しているのだが大変有意義な内容。

私もびっくりなので、それを紹介したい。

八目山人さん、どうもありがとうございました。

 

最初に動画はこれ。

 

 

http://www.youtube.com/watch?v=bSjp4zF6IdY&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=7&feature=plcp

 

詳細は上掲動画を見ていただきたいのだが、ここで最初に元三井物産の小野章昌氏が説明している石油の産出量のピークが2017年と言うのは衝撃的である。

 

 

ピークオイルと言う話は随分前からいろいろ言われているが、このデータは出所も含め大変衝撃的。

オイオイ! 2017年と言えば5年先だぞ、

子どもたちの未来なんてもんじゃない話ではないか。

 

そう言うとアメリカの天然ガスがあるだろうという話だが、小野氏はこんなデータを示している。

 

 

アメリカに潤沢にシェールガスがあるような報道がされているが、真相はシェールガス以外の天然ガスは2009年をピークに減少している、それを何とかシェールガスで補っているのが実情だという。

 

 

更に政府は三つの選択肢を提示して原発の将来比率をどうこう言っているが、此れも正しくアホダラ教、それを小野氏も指摘している。

 

 

此処で再生可能電力30%~35%を前提としているが、これは全く不可能。

夢物語である。

それをドイツスペインが証明している。

 

 

どんな無理な数字かはこれを見れば分かるだろう。

 

それからコジェネ15%も無茶苦茶だが、最後の省エネで1割、節約で1割の合計2割など無茶苦茶の限りである。

現在でも日本の省エネは世界一、これ以上省エネ、節約せよとは工場の稼働を止めろ、新しい仕事をさせるわけにはいかんという事だ。

勿論企業が無くなれば雇用もなくなる。

日本人はどこかに出ていけ、それがこの話の根底だ

 

尚この話はyuyuuさんも取り上げている。

http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/2805798/

 

 

 

最後にこの石油産出のピークが近いという話の良い実例がイギリスにある。

北海油田だ。

 

イギリスは苦労して北海油田を開発した。

(多くの犠牲者も出している)

やっと軌道に乗ったと思ったらあれよあれよと言う間に生産量激減。

いまや枯渇への道まっしぐらである。

 

少々古いが産油量のデータはこんなモノ

 

イギリス京都議定書当時は北海油田からの石油で正に日の昇る国だった。

しかし2000年がピーク、その後は坂道を転がり落ちるがごとく産油量は減り続けている。

悲惨な話である。

 

もう一つ、これは今回のエントリーには余談だがイギリスが温暖化詐欺に加担し、未だにあいまいな態度をとり続けている原因がこの北海油田枯渇問題が根底にある。

 

嘘でも何でもいい、とにかく石油依存を減らさないといけない。

そう言う事である。

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

早速取り上げていただき、ありがとうございます。
この小野章昌氏は元三井物産原子燃料部長という人で、嘘やはったりを言っている様には見えません。

本当の所はどうなんでしょう。
またこのグラフの海底油田には、尖閣は入っているのでしょうか。
日本海のメタンハイドレートは。

アメリカ中国もこれらの資源は喉から手が出るほど欲しいでしょう。
私がアメリカなら尖閣は絶対に中国には渡しません。日本と共同で掘ります。
M.H.については、竹島を利用して、韓国と日本どちらにもアメリカを頼らざるを得ないようにして、どちらからも(出来れば日本から)M.H.を獲ることを考えます。


  1. 2012-08-21 14:18
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>早速取り上げていただき、ありがとうございます。
>この小野章昌氏は元三井物産原子燃料部長という人で、嘘やはったりを言っている様には見えません。
>
>本当の所はどうなんでしょう。
>またこのグラフの海底油田には、尖閣は入っているのでしょうか。
>日本海のメタンハイドレートは。
>
>アメリカ中国もこれらの資源は喉から手が出るほど欲しいでしょう。
>私がアメリカなら尖閣は絶対に中国には渡しません。日本と共同で掘ります。
>M.H.については、竹島を利用して、韓国と日本どちらにもアメリカを頼らざるを得ないようにして、どちらからも(出来れば日本から)M.H.を獲ることを考えます。

 
こちらこそ、大変いい情報を教えていただき感謝感謝です。

こういう資料ですから不確定要素がたくさん入っています。
特に石油の埋蔵量などの詳細は戦略上の機密、データが公表されていても信用できません。
そんなことも考えると別の調査なら別のデータが出るでしょう。
またメタンハイドレードは技術的に解決していないことが多く、難しいですね。

しかし私にはオーストラリア政府の発表であるところに意義があるとみています。
大英帝国の一員ですから情報の重要性は知り尽くしている、そう思うからです。

エネルギーはどんなモノにせよ最低でも10年単位で時間がかかります。エネルギーを制する者が世界を制する、日本はこれを何度も何度も実感してきました。
日本の電力が原発・石炭・LNGと上手く分散し、LNG火力発電などは効率60%などと言うレベルにまで達しているのもこの危機感が根底にあります。

私ももっとエネルギーを勉強しないといけないなあ、そしてこれを若い人にもぜひ教えねば・・・
なにせあと数年でピークを迎えるのですから。
  1. 2012-08-21 16:47
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 日曜日のガッチリマンデーというTV番組でDENSOが藻を使って石油に似た可燃物質を作り出す研究をしているというのが有りました。似たような話のオーランチオキトリウムは何故か表舞台から消えてしまった印象ですが、今回はDENSOという大手企業がマジでやっていますので、期待出来るのではと思っています。
  1. 2012-08-21 17:35
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> 日曜日のガッチリマンデーというTV番組でDENSOが藻を使って石油に似た可燃物質を作り出す研究をしているというのが有りました。似たような話のオーランチオキトリウムは何故か表舞台から消えてしまった印象ですが、今回はDENSOという大手企業がマジでやっていますので、期待出来るのではと思っています。


情報ありがとうございます。

私もチラッと聞いたことがあるなあと言う程度でして、こんなモノの様です。
>シュードコリシスチス(pseudo choricystis ellipsoidea、緑藻類): デンソーが設置した藻の培養施設(愛知県西尾市)で約350平方メートルの敷地に計3万3000リットルの培養プールがある。

http://www.k2.dion.ne.jp/~yohane/00%200%20oil%20energy.htm


こういうものは色んなアイデアがあって、様々な発見があって、何回か新聞の一面を飾るような大発見や新技術があって初めてモノになると思います。

リンク先の記事にあるように問題はコスト、これが最後まで問題と思います。
でも楽しみな技術、長い目で見てジックリ育てたいですね。
コストさえ何とかなればDENSOの事です。
すぐにでもモノにするでしょう。
  1. 2012-08-21 18:20
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

石油生産のピークの話は急に出なくなりました。世界エネルギー機構の年次報告でも書いてありません。それで「石油のピークはいつか?」という質問を良く受けるものですから、調べてはいるんですけど・・実は今がピークだったりして。
北海油田だけでなく中国の油田も掘りつくしたようです。新しい油田も、あることはあるが、そんなに長く持たないかもしれませんね。東シベリア油田、尖閣油田・・どうなんでしょう。
メタンハイドレードの話も、どうも変ですね。既得権益を持つ業界が開発を邪魔してると言う話。あらゆる業界に既得権益はあるが、本当に有望で商売になるなら、瞬く間に資金が集まり事業がスタートしてますよ。そういうの何回も見て来ましたから。あれだけ時間が掛かるのは何か理由があると思います。

以上を考えても、今ある原発を稼動させ、稼働率を上げて、利益を出して、それにより原発の高度化を計ることが必要と思います。
  1. 2012-08-21 19:15
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>石油生産のピークの話は急に出なくなりました。世界エネルギー機構の年次報告でも書いてありません。それで「石油のピークはいつか?」という質問を良く受けるものですから、調べてはいるんですけど・・実は今がピークだったりして。
>北海油田だけでなく中国の油田も掘りつくしたようです。新しい油田も、あることはあるが、そんなに長く持たないかもしれませんね。東シベリア油田、尖閣油田・・どうなんでしょう。
>メタンハイドレードの話も、どうも変ですね。既得権益を持つ業界が開発を邪魔してると言う話。あらゆる業界に既得権益はあるが、本当に有望で商売になるなら、瞬く間に資金が集まり事業がスタートしてますよ。そういうの何回も見て来ましたから。あれだけ時間が掛かるのは何か理由があると思います。
>
>以上を考えても、今ある原発を稼動させ、稼働率を上げて、利益を出して、それにより原発の高度化を計ることが必要と思います。


石油のピークはもう目と鼻の先とは思っていましたが、具体的に2017年と指摘した資料は私も初めて見ました。
オーストラリアが出どころですのである程度信頼してもいいかと。
但しこれは国家機密なので、実は今がピークとの恐れも否定できません。
そんな意味でピークが何時なのか分からない、これは意図的に伏せていると解釈した方がいいでしょう。
もう世界はその後に向かって走り出している筈。
日本だけでしょうね、ノンビリしてるのは。
  1. 2012-08-21 21:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

TBありがとうございました。

いま現政府与党や野党、マスゴミがよく使う「政治的言葉」で「戦略」という言葉があります。ところがいまでは「食糧とエネルギーは戦略物資である」という言葉が政治からもマスゴミからも消えてしまいました。

多分「食糧とエネルギーが戦争を齎す」という事を知らない方が多いのではないか、と感じております。
  1. 2012-08-22 15:56
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>TBありがとうございました。
>
>いま現政府与党や野党、マスゴミがよく使う「政治的言葉」で「戦略」という言葉があります。ところがいまでは「食糧とエネルギーは戦略物資である」という言葉が政治からもマスゴミからも消えてしまいました。
>
>多分「食糧とエネルギーが戦争を齎す」という事を知らない方が多いのではないか、と感じております。


全く同感です。
エネルギーが無くなったらどうなるのか、食料が無くなったらどうなるのか、全く意に介さないですね。
コメにしても平成のコメ騒動なんか全く忘れているのでしょう。
奴らはコリアと同じです。理屈では話し合えないのです。
どんなに理屈で説明しても火病を起こすだけ、
火病を起こしてち〇こ神輿に乗るだけです。

そういえば今日首相官邸で野豚と市民グループの話し合いがありいました。市民グループのど真ん中に座っていたのがMisao Redwolfでした。
  1. 2012-08-22 22:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する