2012-08-20 16:31

20日の新聞社説が面白い

  8月20日の新聞各社の原発についての社説が大変面白い。

そこで読売と東京新聞の社説を並べてみた。

読んでいくと無茶苦茶腹が立つがこれが現実である。

まあ ご一読を。

 

 

<以下引用>

 

最初にこれは読売新聞

 

原発ゼロ発言 無責任な楽観論を振りまくな(8月20日付・読売社説)

 

 成長戦略として原子力発電所の輸出を推進する担当閣僚が自ら、早期の「原発ゼロ」を主張するのは、あまりに無責任と言えよう。

 

 枝野経済産業相が、日本メーカーによる原発建設が内定しているベトナムを訪れ、原発の新規導入に必要な制度作りなどに協力することで合意した。

 

 枝野氏は記者団に、日本は原子力の安全技術で国際貢献する責任がある、などと強調した。

 

 ところが、ベトナム訪問前には、日本の原発比率を「できるだけ早くゼロにした方がいいと思う」と発言していた。原発を他国には売るが、自国は早くゼロにするというのだろうか。これでは国際的な信用は得られまい。

 

 日本が脱原発を決めれば原子力の技術者は育たず、ベトナムなどへの安全面の貢献も続かない。枝野氏は矛盾だらけの「原発ゼロ発言」を撤回すべきである。

 

 政府は2030年の原発比率について「0%」「15%」「20~25%」という三つの選択肢を示している。このうち、「0%」が最も非現実的なのは明らかだ。

 

 政府の試算によると、国内総生産が約50兆円減少するなど、日本経済への打撃は甚大だ。

 

 民間の見通しも厳しい。経団連は、失業者が200万人も増えると警告している。電力多消費産業の鉄鋼業界は、電気料金が最大で約2倍に上がることから、「廃業勧告に等しい」と訴えた。

 

 野田首相は「0%」とした場合の課題やその克服策の検討を関係閣僚に指示している。原発ゼロを正当化する“理論武装”が狙いとすれば、看過できない。

 

 懸念されるのは、経済界の悲痛な声をよそに、原発ゼロでも何とかなるとする安易な考えが、政権内に出ていることである。

 

 特に、電力安定供給と産業振興に責任を負う枝野氏が、楽観論を振りまいているのは問題だ。

 

 枝野氏は「0%」を実現可能な選択肢としたうえで、「やり方を間違えなければ、むしろ経済にプラスだと思う」などと述べた。原発の代わりに再生可能エネルギーを導入すれば、内需拡大につながるはず、というのだ。

 

 現実はそれほど甘くはない。再生エネで先行したドイツでは電気料金の上昇で家計負担が急増し、太陽光パネルのメーカーが安い中国製に押されて倒産するなど、悪影響が顕在化している。

 

 国の浮沈にかかわるエネルギー戦略を、不確実な期待を根拠に決めるのは、極めて危険である。

 

(2012年8月20日01時32分  読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120819-OYT1T01006.htm

 

 

 

 

これは東京新聞

 

【社説】 夏の節電 見据えよう「原発ゼロ    

2012年8月20日

 

 東京電力の原発事故から二度目の夏。節電が定着し、ピーク需要が事故以前に比べ一千万キロワットも下がっている。関西電力以外の原発はすべて止まったままだ。原発ゼロ社会を見据える好機としたい。

 

 事故の前年、二〇一〇年夏の東電のピークは五千九百九十九万キロワットに達した。今夏は七月二十七日の五千三十八万キロワットが最大で、五千万キロワットを超えたのはこの一日だけだ。それ以外は猛暑日でも四千九百万キロワット前後と、供給能力の八~九割に収まっている。

 

 電力消費は企業活動が本格化する九月に向かって増える傾向にあり、楽観は禁物だが、昨夏から続く一千万キロワット規模の節電は揺らいでいない。工場や商店、家庭を問わず、エアコン、冷蔵庫の設定温度を調整して冷やしすぎに気をつける。こまめに消灯する。地道な省エネの積み重ねが、原発十基分にも相当する節電を支えている。

 

 東電の供給地域は首都圏を中心に一都八県。事故直後には計画停電が実施された。放射性物質が飛び散り、除染作業を強いられた地域も少なくない。こうした体験が節電文化を育んだというべきだ。

 現在、日本の原発は再稼働した関電の大飯原発を除き、すべて止まっている。管内にトヨタ自動車を抱える中部電力は、需要に対する供給余力を示す予備率が一時7%前後にまで下がったが、なお余裕を残している。原発ゼロ社会に等しい今の日本の姿であり、原発に頼らない社会に向けた実験の真っただ中にあるようにさえ映る。

 

 経済界は危機感を募らせているのだろう。経団連米倉弘昌会長は、三〇年の原発依存度として政府が示した「0%」「15%」「20~25%」の選択肢を牽制(けんせい)した。依存度を下げれば代替する天然ガスなどの調達費がかさんで電気料金が高くなり、企業の海外進出、雇用悪化を招くとの批判だ。

 

 コストばかりに目を奪われる経営者の域を出ていない高放射線量によって十六万人もの福島県民が故郷を追われた「人間の被害」の視点も抜け落ちている。燃料が高いのなら、電力業界や商社とともに中東、マレーシアなどよりも三~四割安い米国シェールガスの輸入を実現する。それをリードするのが経団連の役割だ。

 

 今、求められるのは長崎市長が訴えた「放射能に脅かされない社会」ではないのか。限りなく原発ゼロの今を直視しながら、国民一人一人がエネルギーの将来をじっくり考える。残りの夏をその機会に充ててみてはどうだろう。

 

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012082002000129.html

 

<引用終り>

 

 

無責任な楽観論を振りまくな、

 

これは読売の社説では枝野の事を指摘しているように見えるが、全政治家そしてマスゴミすべてが対象である。

 

今世間この夏が乗り切れるのだから原発はいらないなどと言った妄想がまかり通っている。

その妄想の最たるものが東京新聞の社説。

こんなのは小学生の作文以下なのだが、そんな事が全く分かっていないのだ。

 

その反論の一例。

コストばかりに目を奪われる経営者の域を出ていない

これこそ世の中の仕組みを知らない妄想の最たるものである。

 

確かにコスト以外にも企業が留意することはたくさんある。

製造業ならお客さんに満足してもらえる商品作りとか、環境に配慮とか、働く人の健康問題とか、株主への配当であるとか、幾らでもある。

 

だが企業活動全ての根源は「儲かっている事」、つまり「コストで優位に立っている事」。この一言に尽きる。

企業は儲からなければ存続できない、従業員に給料も払えないし、良いものなど造りようがない。これが企業経営の大前提である。

 

今名門企業シャープが苦しんでいる。

原因は?  簡単である、コストで競争力を失ったのだ。

 

この社説士はいかにももっともらしい事を言っているが、こんなシングルイシューで人を騙す、どこかの新興宗教と何ら変わりない

こんなのが社説を書く新聞、日本のマスゴミも困った存在に落ちぶれたものである。

尾羽打ち枯らした新聞の戯言、そうではないだろうか。

 

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(20)

コメント

No title

これだけの節電を強いていて、それでもピークで9割にも達している訳ですよね。それって、何か歯車が狂ったら、停電もあったって事ですよね?
しかも、それに平行して温暖化ガス排出の削減も強力に進めるとか発表ありましたね。もう少ししたら税金も導入されますし。

今現在、放射能でどれだけの人が亡くなり、どれだけの人が健康被害で苦しんでるのかは知りませんが、電力供給の悪化で、国力が低下し、更に膨大な燃料費と買い取り義務によるさらなる出費で、電気料金が相当に上がるわけです。
その内、電気代払えなくなる人も出るんじゃないでしょうか。
景気も悪化し、失業率も増えるでしょうからね。
つまり、どれだけ暑くとも、クーラー掛ける金も無い人が出てくると言うことです。
しかも、世代を経るほどこのまま行くと日本の貧困化は進んでいく。これはほほ間違いなく、逃げられない現実ですよ。
そうやって、景気のさらなる低迷や電力事情の悪化で、死んでいく人の人数と、どちらが多いんでしょうか、どちらの方が苦しむ人が少ないんでしょうか。

そろそろ真剣に考えないと、目の前に現実が来てますから。
中東だって焦臭くなってますからね。
  1. 2012-08-20 17:51
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

2005年を過ぎてから米国が原子力政策を大きく転換したのは、石油資源の枯渇が見えてきたからだと思いました。
この時期から原油価格は信じられないような値上で、リーマンで一度、落ちたが再びもとに戻りました。
バレル8ドル程度に時代があったのが嘘のような、バレル100ドルの時代。
もう、石油は涸れるので、使わんといて・・・という事ではないのか。
欧州も、自然エネルギーの失敗が明確になり、英国などは原子力へと舵を切りました。今後、他の国もその方向に行くのでしょう。
発展途上国は、さらに明確に原発にシフトしてます。
ちょっと心配ですが石油も天然ガスも高くて買えないからです。

このような時代に日本のやってる事は正気の沙汰ではありません。
日本の経済力を落すために、やっているとしか思えませんね。

国内の製造業は死ねということです。
  1. 2012-08-20 18:27
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんばんは

不謹慎と言わずに・・・

原発は必要です。これからも、維持発展させるべきです。
確かに事故の恐怖は有ります。狭い国土ですから。
しかし

中韓の風下にある日本は、黄砂の被害宜しく、原子の被害は
回避できません。もし日本が原発をやめても、
安全ではないです。それに、周りは基地外の北や
危険な大陸も控えています。原発止めただけで
安全なんて、本当に花畑だと思います。

むしろ「コスモクリナー」的、技術を発展させて欲しいです。
それが、技術立国の(死語?)生きる術だと思います。

原発反対の皆さん、先ずは自身が、縄文時代の生活に戻り
実践してくれ。言いがかりとか言うんじゃない!
それぐらいの意志がなければ、簡単にできることじゃないんだよ。

あのブラ姉ちゃんと同じで
  1. 2012-08-20 18:44
  2. URL
  3. とろ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>これだけの節電を強いていて、それでもピークで9割にも達している訳ですよね。それって、何か歯車が狂ったら、停電もあったって事ですよね?
>しかも、それに平行して温暖化ガス排出の削減も強力に進めるとか発表ありましたね。もう少ししたら税金も導入されますし。
>
>今現在、放射能でどれだけの人が亡くなり、どれだけの人が健康被害で苦しんでるのかは知りませんが、電力供給の悪化で、国力が低下し、更に膨大な燃料費と買い取り義務によるさらなる出費で、電気料金が相当に上がるわけです。
>その内、電気代払えなくなる人も出るんじゃないでしょうか。
>景気も悪化し、失業率も増えるでしょうからね。
>つまり、どれだけ暑くとも、クーラー掛ける金も無い人が出てくると言うことです。
>しかも、世代を経るほどこのまま行くと日本の貧困化は進んでいく。これはほほ間違いなく、逃げられない現実ですよ。
>そうやって、景気のさらなる低迷や電力事情の悪化で、死んでいく人の人数と、どちらが多いんでしょうか、どちらの方が苦しむ人が少ないんでしょうか。
>
>そろそろ真剣に考えないと、目の前に現実が来てますから。
>中東だって焦臭くなってますからね。
>


仰ること、まことに正論です。
しかし東京新聞(=中日新聞)の社説を見てもわかるように、
日本はシングルイシュー至上主義のアホがマスゴミの中に一杯います。これを何とかしないといけない。
何せ電力余裕率90%超えと聞いても、まだ10%も余っているじゃないか、何が問題なんだ。こんな事をいう連中です。

火力発電所が老骨にムチ打って動いている、いつダウンするか分からない、電力会社の人が夜昼なく必死でメンテして何とかしているのは”当たり前”。こんなヤツにはホントつける薬がありません。
  1. 2012-08-20 18:55
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>2005年を過ぎてから米国が原子力政策を大きく転換したのは、石油資源の枯渇が見えてきたからだと思いました。
>この時期から原油価格は信じられないような値上で、リーマンで一度、落ちたが再びもとに戻りました。
>バレル8ドル程度に時代があったのが嘘のような、バレル100ドルの時代。
>もう、石油は涸れるので、使わんといて・・・という事ではないのか。
>欧州も、自然エネルギーの失敗が明確になり、英国などは原子力へと舵を切りました。今後、他の国もその方向に行くのでしょう。
>発展途上国は、さらに明確に原発にシフトしてます。
>ちょっと心配ですが石油も天然ガスも高くて買えないからです。
>
>このような時代に日本のやってる事は正気の沙汰ではありません。
>日本の経済力を落すために、やっているとしか思えませんね。
>
>国内の製造業は死ねということです。


同感です。
製造業の人はもっと声を上げるべきだと思います。

それとyuyuuさんご指摘の原油バレル100ドルの話、
アメリカは決して声を出して言いませんが、アラブ諸国=イスラム諸国にカネが集まる仕組みは未来にわたっての不安定要因です。
イスラム教が良いかどうかではないのですが、これを何とかするのが第1次石油ショック以来の世界の基本的合意だった筈。
それを忘れてアホを言う反原発、基地外としか言いようがありません。
  1. 2012-08-20 19:04
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To とろさん
>こんばんは
>
>不謹慎と言わずに・・・
>
>原発は必要です。これからも、維持発展させるべきです。
>確かに事故の恐怖は有ります。狭い国土ですから。
>しかし
>
>中韓の風下にある日本は、黄砂の被害宜しく、原子の被害は
>回避できません。もし日本が原発をやめても、
>安全ではないです。それに、周りは基地外の北や
>危険な大陸も控えています。原発止めただけで
>安全なんて、本当に花畑だと思います。
>
>むしろ「コスモクリナー」的、技術を発展させて欲しいです。
>それが、技術立国の(死語?)生きる術だと思います。
>
>原発反対の皆さん、先ずは自身が、縄文時代の生活に戻り
>実践してくれ。言いがかりとか言うんじゃない!
>それぐらいの意志がなければ、簡単にできることじゃないんだよ。
>
>あのブラ姉ちゃんと同じで


縄文時代と言わず、裸電球1個で暮らした時代を考えるべき。
あんな暮らし今の時代にできる訳が無いのです。
そして最大の問題、
今の反原発がまかり通る世の中なら間違いなく企業は海外に逃げます。
いやもう逃げ出しを加速中と言って良いでしょう。
愛知県で言えば、あの巨大な新日鉄が逃げ出そうとしているのです。
私は家族が東海市で仕事をしていましたので、東海市が第二の釜石になるんだよ、信じられないかもしれないが事実だよ、そんな話をしています。
この流れを断ち切らねばいけない今、基地外中日新聞などは企業追い出し作戦遂行中、
自分のいるところに爆弾を仕掛けてどうするんだよ、そんな思いです。
  1. 2012-08-20 20:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 反原発派を見ているとどうも反原発だけが目的ではないようです。 一見反原発だけを唱えていますが、何とかこれを梃に日本社会を壊したいとか、革命を起こしたいとか言う夢を見ているようです。

 だから奇妙な事に反原発派の団体の多くが実は民主党の支持団体だったりしています。

 そんなに原発が危険なら何で民主党の鳩山イニシアチブなんか支持したの?

 と聞いてもブチ切れるだけです。
 そもそも鳩山由紀夫本人が反原発集会に出て大歓迎されるぐらいだから、最初から反原発なんか問題ではないのです。

 ソ連崩壊後、共産主義の幻想が消えて「左翼」の定義があいまいになったけれど、反原発運動を見ていると凄く簡単に定義できると思いました。

 つまり左翼とは、国家や社会に責任を持つ意思のない人々、現在の社会に意味不明の不満や恨みを持つ人々です。

 だから彼等に幾ら合理的な説明をしても意味はないのです。
  1. 2012-08-20 21:00
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> 反原発派を見ているとどうも反原発だけが目的ではないようです。 一見反原発だけを唱えていますが、何とかこれを梃に日本社会を壊したいとか、革命を起こしたいとか言う夢を見ているようです。
>
> だから奇妙な事に反原発派の団体の多くが実は民主党の支持団体だったりしています。
>
> そんなに原発が危険なら何で民主党の鳩山イニシアチブなんか支持したの?
>
> と聞いてもブチ切れるだけです。
> そもそも鳩山由紀夫本人が反原発集会に出て大歓迎されるぐらいだから、最初から反原発なんか問題ではないのです。
>
> ソ連崩壊後、共産主義の幻想が消えて「左翼」の定義があいまいになったけれど、反原発運動を見ていると凄く簡単に定義できると思いました。
>
> つまり左翼とは、国家や社会に責任を持つ意思のない人々、現在の社会に意味不明の不満や恨みを持つ人々です。
>
> だから彼等に幾ら合理的な説明をしても意味はないのです。


日本社会を壊したい、その通りだと思います。
私に言わせれば「蟻とキリギリスのキリギリス」、
働く気はないのです、しかし美味しいものはたらふく食べたい。

働く気はない=「人間は能力に応じて働く=俺は能力が無いから働かなくてもいい」
美味しいものをたらふく=「必要に応じて受け取る=俺は腹が減っている、だから旨いものを食う権利がある」

こう考えるとマルクス主義の原則にぴったり合うと思いませんか。
奴らの理論はこうだと思います。
  1. 2012-08-20 21:10
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 もう東京新聞に送電するのやめたら・・。太陽光発電でも風力でも、あるいは徹底した節電でなんとかするでしょ、彼らなら。
  1. 2012-08-20 21:57
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

東京新聞が一番先にお手本見せて欲しいですね~ww
全部 自然エネルギーで賄えば 真似するところも出てきますよね。
コストを無視した経営なんぞできるわけがね~だろと言いたいですね。
役所じゃないんだから 儲けて株主や従業員に配当していくのが
企業というものですよねww
  1. 2012-08-20 22:07
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 今日本屋で立ち読みしたSAPIOの中で小林よしのりが漫画で「関東の原発が全部停止しても電力不足に成ってないぞ。」と書いていました。
 関東という地域での原発というと、私の知る限り茨城県東海村の物だけですよね。福島だって地域区分でいうなら東北ですし。
 東海村の原発も東日本大震災前に確か止まっていたと思いますが。
  1. 2012-08-20 22:44
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

しばらく前の原油価格はべつにしてもそう遠からざる将来オイルピークが来るという事は多く喧伝されてます。実は小生こんな事信じてませんが、これで確実に儲ける奴はいるんだろうということだけは分かります。

石油がなくなったとしても文明の維持のためには液体燃料の確保は必須です。何らかの手段を見つけるに決まってます。要は電気エネルギーとなる部分をいかに確保するかという問題でしょう。これはそう遠くない将来ブレークスルーはあると睨んでます。形を変えた原子力利用に違いありません。

そんな時にこんな愚かな議論をしていてどうするんでしょうか。マスゴミ人どもは文明に対するサボタージュをやってるんでしょう。あtq間の良い馬鹿はほんとうに多いものだなあと感心させられます。
  1. 2012-08-21 01:42
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

連投スマソ

kazkさんの投稿見て ついでに一言 言いたくなりましてw
多分 後何十年以内にピークオイルが訪れ 石油は減産方向に向かうかも
知れません。

この新聞記者や反原発派は、火力に切り替えれば良いとか言ってますが
現在の生活で石油化学製品が無くて生活できないことに、気づいている人が
意外と少ないのに驚いてます。
年老いた母親とキッチンで 身の回りを見ながら 検分してみましたw
石油=エネルギーとしか考えられないのでしょうが、今の生活で石油が
無くなると身の回りの90%位の品物が消えていきそうですw
注射器もプラスチック製ですから 治療もできなくなると言うと
「あーそうか」ってやっと納得してくれました。

自然エネルギーが悪いとは言いませんが、効率とコストがかかりすぎます。
実用化は、まだまだですよね~
原発や新技術を利用して 石油の延命を計ることを考えるべきですよね?
多分 ここの諸先輩方は 気づいていると思います。
  1. 2012-08-21 04:04
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん
> もう東京新聞に送電するのやめたら・・。太陽光発電でも風力でも、あるいは徹底した節電でなんとかするでしょ、彼らなら。


電力会社の人たちの中には今の反原発連中、特に新聞・テレビ連中には一度電気を止めてやりたいと思っている人たちがいるでしょう。
皆さん歯ぎしりして悔しい思いをしていると思います。
俺たちがこんなに苦労してやっと何とか停電を防いでいるのに、なんちゅう事をいっとるんだ・・・
  1. 2012-08-21 06:16
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To zuka1123さん
>こんにちは
>
>東京新聞が一番先にお手本見せて欲しいですね~ww
>全部 自然エネルギーで賄えば 真似するところも出てきますよね。
>コストを無視した経営なんぞできるわけがね~だろと言いたいですね。
>役所じゃないんだから 儲けて株主や従業員に配当していくのが
>企業というものですよねww


東京新聞は中日新聞です。
中日新聞はトヨタのお膝元、愛知県が地盤なのですがアメリカのトヨタバッシングの時には民死党の尻馬に乗ってトヨタを叩いていました。
自分たちの生きている基盤を壊しても平気な連中が経営の中枢にいるのです。

バカは死ななきゃ治らない、アホマスゴミは倒産しても治らない。
とにかく不買運動が一番です。
  1. 2012-08-21 06:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> 今日本屋で立ち読みしたSAPIOの中で小林よしのりが漫画で「関東の原発が全部停止しても電力不足に成ってないぞ。」と書いていました。
> 関東という地域での原発というと、私の知る限り茨城県東海村の物だけですよね。福島だって地域区分でいうなら東北ですし。
> 東海村の原発も東日本大震災前に確か止まっていたと思いますが。


こんな連中は反原発と唱えればすべてが解決する、そう信じています。
オーム真理教と何ら変わるところにないカルト狂団、
ですからよもぎねこさんが指摘しているように何を言っても、どんな理屈・理論を言っても聞く耳が無い。

こんな連中に対しては思いっきり痛い目に合わせないとダメなのですが、さてどんな手があるでしょうか。
この手が見つかれば日本は再生します。
  1. 2012-08-21 06:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>しばらく前の原油価格はべつにしてもそう遠からざる将来オイルピークが来るという事は多く喧伝されてます。実は小生こんな事信じてませんが、これで確実に儲ける奴はいるんだろうということだけは分かります。
>
>石油がなくなったとしても文明の維持のためには液体燃料の確保は必須です。何らかの手段を見つけるに決まってます。要は電気エネルギーとなる部分をいかに確保するかという問題でしょう。これはそう遠くない将来ブレークスルーはあると睨んでます。形を変えた原子力利用に違いありません。
>
>そんな時にこんな愚かな議論をしていてどうするんでしょうか。マスゴミ人どもは文明に対するサボタージュをやってるんでしょう。あtq間の良い馬鹿はほんとうに多いものだなあと感心させられます。


文明に対するサボタージュ、うまい表現ですね、その通りだと思います。
石油についてはもう枯渇する日が目に見えています。
その典型がイギリス、北海油田があんなに早く枯渇を始めるとは想像もできなかったと思います。

そして石油枯渇の前にもっと問題が・・・
石油が無茶苦茶な価格になったので産油国に金が溜まりすぎた。
特にイスラム教国のアラブ諸国が国民が全部働かなくてもいいくらいカネをため込んだ、これがこれからの世界の不安定要因です。

こんな話はアホマスゴミには出来ないですね。
  1. 2012-08-21 07:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To zuka1123さん
>連投スマソ
>
>kazkさんの投稿見て ついでに一言 言いたくなりましてw
>多分 後何十年以内にピークオイルが訪れ 石油は減産方向に向かうかも
>知れません。
>
>この新聞記者や反原発派は、火力に切り替えれば良いとか言ってますが
>現在の生活で石油化学製品が無くて生活できないことに、気づいている人が
>意外と少ないのに驚いてます。
>年老いた母親とキッチンで 身の回りを見ながら 検分してみましたw
>石油=エネルギーとしか考えられないのでしょうが、今の生活で石油が
>無くなると身の回りの90%位の品物が消えていきそうですw
>注射器もプラスチック製ですから 治療もできなくなると言うと
>「あーそうか」ってやっと納得してくれました。
>
>自然エネルギーが悪いとは言いませんが、効率とコストがかかりすぎます。
>実用化は、まだまだですよね~
>原発や新技術を利用して 石油の延命を計ることを考えるべきですよね?
>多分 ここの諸先輩方は 気づいていると思います。
>


その通りです。
そして残念ながら石油の枯渇は始まっています。
今は無理やり石油を掘り出している状態、
そのいい例が北海油田。
1975年から生産を始め、1985年に第一次のピーク、その後新しい油井の開発もあって順調に増えてきたが2000年に完全なピーク。
今は減少の真っただ中です。
だからイギリスは石油枯渇の恐ろしさを身に染みてわかっているのです。
地球温暖化詐欺の原因の奥に潜む真の原因です。
嘘であろうと何であろうと構わない、石油依存を減らさねば未来はないと。
  1. 2012-08-21 07:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

低線量の放射線は全く問題ないという事は知っていましたので驚きませんでしたが、ch桜の討論会で元三井物産の小野章昌さんの説明にはビックリ。

太陽光発電や風力がダメなのは分かっていましたが、スペインはバックアップ電源を2倍以上取っている。日本がそのようにするなら、数十兆円から100兆円以上必要になる、というのはその金額の大きさにオドロキです。

また在来型の原油生産は、今(2013年頃)がピーク。2050年には、深海や非在来型をいれても、今の50%に減る。
アメリカが、安くて大量にあるといっているシェールガスは、高くてあんまり無い、ですから。
http://www.youtube.com/watch?v=bSjp4zF6IdY&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=7&feature=plcp
  1. 2012-08-21 07:23
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>低線量の放射線は全く問題ないという事は知っていましたので驚きませんでしたが、ch桜の討論会で元三井物産の小野章昌さんの説明にはビックリ。
>
>太陽光発電や風力がダメなのは分かっていましたが、スペインはバックアップ電源を2倍以上取っている。日本がそのようにするなら、数十兆円から100兆円以上必要になる、というのはその金額の大きさにオドロキです。
>
>また在来型の原油生産は、今(2013年頃)がピーク。2050年には、深海や非在来型をいれても、今の50%に減る。
>アメリカが、安くて大量にあるといっているシェールガスは、高くてあんまり無い、ですから。
>http://www.youtube.com/watch?v=bSjp4zF6IdY&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=7&feature=plcp


貴重な情報ありがとうございます。
特に石油資源のピークが2017年との話、私も驚きを通り越して由々しきことだと思っています。
理由は油田開発にしろ発電所建設にしろ、4年や5年ではできない事ばかりなのです。
今すぐ今日手を打っても間に合わないかもしれない、そんな話です。
更に困った事。
こんな事がある程度知れ渡れば国際間の紛争の種になること間違いなし。

そんな事でこのチャンネル桜の内容は私もエントリーしました。
重ねてお礼申し上げます。
  1. 2012-08-21 10:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する