2009-08-27 22:55

新幹線が鉄道発祥の地イギリスへ<続>

新幹線型の高速列車が今年の暮からイギリスで走り出すことになった。

走るのはCTRL線(Channel Tunnel Rail Link:ドーバー海峡トンネル連絡線)と言うイギリス初の高速鉄道専用線である。

ここをロンドンーパリ間を結ぶユーロスターと一緒にイギリス国内用として走ることとなった。

 

新幹線と言っても、イギリスの規格や欧州高速鉄道相互乗り入れ規格をクリヤーする為、日本ののぞみ型新幹線ほど大きくない。秋田新幹線並みの大きさだ。

注) ユーロスターは車体幅:2814mm、のぞみは車体幅:3360mmと50cm以上大きい

 

2007年11月のCTRL線開業式典での日本製高速列車

 

左はユーロスター(フランスのTGVベース)、右が日本製高速列車(Class395、愛称:ジャベリン)・・これは試運転中のプロトタイプ車

 

鉄道発祥の地イギリスへの輸出がどんな意義が有るか?

第一は

 高速鉄道が世界で注目され新規採用国が増えている。

その中で新幹線とライバルのTGV(ユーロスター)が同じ線を走る。新幹線の良さを全世界にアピールできるチャンス。

新幹線の輸出にとってこれ以上のものは無い。

 

しかしもう一つの側面、

それは日本の鉄道技術史上最大の失敗、狭軌の採用に関することだ。

日本の鉄道黎明期・・1870年頃(明治の初め頃)日本はイギリスの指導で鉄道建設した。この時推奨されたのが狭軌だった。

注)狭軌:1067mm、標準軌(広軌):1435mm 

イギリスフランスドイツアメリカなどは標準軌、

この狭軌採用がその後鉄道関係者を苦しめることになる。

だから鉄道関係者にとっては130年以上前、イギリスの指導で狭軌を採用し散々苦労してきた。然しその苦労が新幹線と言う形で今イギリスに貢献できる。これは素晴らしいことだ。これが第二の側面と思う。

 

 

 

これは私の個人的な話、

私が若い頃に死んだ私の父は土木関係の技術者で、鉄道(私鉄だが)の敷設の仕事をしていた。

その父がこの狭軌の件では随分苦労したのだろう、小学生だった私に狭軌とはどんなもの、どうして採用してしまったのかその失敗の経緯、そしてその後明治の終り頃当時の鉄道省が標準軌への切替をしようと決めた、しかし政治家の長期的な見通しの無さで失敗した経緯、こんな事を繰り返し繰り返し話したことを、今でもありありと思い出す。

 

<余談だが政治家が目先のことだけ考えた政策を取ると、将来どんな結果をもたらすか、その良い事例と考える>

 

鉄道関係者(特に技術者)にとってはこの話、多分誰でも知っている話だと思う。

しかし鉄道関係者からはこの過去の話が出てこない、多分鉄道発祥国のプライドを捨て、日本製を採用してくれたイギリスへの配慮が有るのかもしれない。

鉄道産業発祥国だが、そのイギリスには今では鉄道車両製造メーカーは無い!、そんな現状があるとしても、フェアーに良いものは良いとして日本製を選択したイギリスに感謝すべきだと思う。

 

 

ユーロスターのベースになったTGVは現在最高速度320キロで運行している。新幹線が山陽新幹線がやっと300キロ運転しているのに比べると大きな差がある様に感じる。

実はTGVは新幹線を意識し、最高速度競争をしているのだ。確かに最高速度が速いほうが優れているように見える・・・・。

だが最高速度320キロのTGVより最高速度270キロの新幹線の方が平均速度は速い!、

例えば、東海道新幹線:東京大阪間552,6キロを最新型のぞみは2時間25分で走る=平均速度228キロ/h、

最初に営業開始したTGV線:パリリヨン間427キロを最新型TGVは1時間57分で走る=平均速度219キロ/h、

地味だがスタンドプレーでないところ、これが新幹線の持ち味なのだろう、

 

勿論開業以来40数年大事故を起こしていない安全性、

5分刻みで運行できる定時運行システムも重要だ。

 

イギリスに新しい時代を開く高速鉄道、そこに日本の技術が花開くことに期待したい。

  1. 鉄道
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

No title

交通関係の情報よくご存じですね!!写真の車両、私の感じでは、右がTGVのように見えますが、間違っているでしょうか?
そうですね!!!平均速度では、加速、減速性能の優れている新幹線の絶対勝ちですね。イギリスのインターシティ特急は全く時刻表通りの運行無し。密度の高い定時運行をこなす新幹線のシステム。まだ新幹線のない頃、イギリス人が駅名のアナウンスの英語があるか、心配していたので「時刻通り着くから心配いらん」といっても信じませんでした。システムをトータルとして受け入れて欲しいものですね。アメリカカリフォルニア州は、インフラと車両は別々で入札とか。分からないのですね。ブラジルもどうなるか。ブラジルは山脈があってトンネルが多く、新幹線の売り込みにはプラスのようですが。頑張って欲しいものです。
  1. 2009-08-29 10:25
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

車両の写真、仰るとおりでいいようですね。ちょっとwebを検索してみましたら、日本語のblogもかなりありますね。関係各社、頑張って欲しいものです。
  1. 2009-08-29 14:06
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺様

コメント有難うございます。私は鉄道マニアではありませんが、本文に書いたように私の父が鉄道関係の仕事をしていた、だから鉄道には興味が有ります。

このCTRL線の高速列車、開業してうまく行けばイギリス人には想像もつかない定時性と高速性で大人気になるでしょう。

ただ一つだけ心配していることが有ります。それは加減速性能が大きく劣るTGVが中に入ることです。
今はほぼ30分に1便走っているだけなので何の問題も有りません、しかしそこに日本製高速列車が入ると実は面倒な問題がある。つまりTGVが「亀さん」状態になることです。
東海道新幹線が運行本数を増やす為、各駅停車のこだままで全部のぞみ型の車両を投入したのはこの「亀さん」対策です。
この辺のノウハウまできちんと伝えてくれる事を期待しています。

  1. 2009-08-29 17:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する