2012-08-14 11:50

エルニーニョ現象が発生、食料価格さらに上昇の恐れ

  オリンピック報道の陰に隠れているが、10日気象庁は「エルニーニョ現象が発生しているとみられる」と発表している。

 

 

<以下ロイターより引用>

 

エルニーニョ現象が発生、食料価格さらに上昇の恐れ

2012年 08月 12日 08:24 JST

 

[東京 10日 ロイター] 気象庁は10日、南米ペルー沖の太平洋中部の赤道付近で海面温度が上昇する「エルニーニョ現象」が2年ぶりに発生したとみられると発表した。世界的に食料供給への不安が高まる中、オーストラリアからインドまでの広い地域で、農産物生産が打撃を受ける恐れが出てきた。

 

米国では、穀倉地帯が半世紀ぶりの大規模な干ばつに見舞われたため、過去2カ月でトウモロコシ相場が60%以上高騰。南米の干ばつの影響で大豆の需給もひっ迫している。

 

世界の食料事情に関しては、国連食糧農業機関FAO)が9日、穀物相場の上昇により、2007─08年の食料危機が再来する可能性があるとの懸念を示したばかり。

 

気象庁はウェブサイトなどを通じ、「エルニーニョ現象が発生したとみられる。冬まで持続する可能性が高い」としているが、その程度や期間は不確定要素が大きい。もしエルニーニョ現象が強ければ、オーストラリアやアフリカの一部、東南アジア、インドが干ばつに見舞われる可能性がある一方、世界の他の地域では降雨が見込まれる。

 

そうなれば、南米ではトウモロコシと大豆の生産量増加につながる一方、オーストラリアでは小麦の収穫が打撃を受ける恐れが出てくる。また、東南アジアではコメが不作になる可能性もある。

 

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87A00X20120811/

 

<引用終り>

 

 

気象庁エルニーニョ監視速報では以下のようになっている

 

この図で赤い範囲に入っているのがエルニーニョ現象の発生を示す。

詳細は以下参照ください。

 

http://www.jma.go.jp/jma/press/1208/10a/c_kanshi_joho.pdf

 

 

日本ではオリンピックボケでこんなニュースはどこかに忘れ去られてしまった。

しかしアメリカの大旱魃などで穀物価格が急上昇しており、世界の大きな不安定要因だ。

この穀物価格の動向、当分監視していく必要がある。

 

 

所で本題からは外れるが、昨年9月に

気象庁の天気予報がおかしい<報道しない自由か

と言うエントリーをした。

台風の進路予報やエルニーニョラニーニャ発生情報で肝心なことが報道されていないことを指摘した内容だった。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2447439/

 

 

所がこのエントリーに今年の3月にこんなコメントをいただいた。

 

Commented by tak33 さん

短足おじさん様、始めまして。将来気象に関わる仕事に就きたいと考える、若干20ソコソコのしがない学生です。昨年の台風について調べ物をしていたら偶然たどり着きました。半年も前のエントリーをほじくり返して申し訳ありませんが、この記事において管理人様が大きな誤解をなさっているようで、気象業界を志す身として少し悲しい気持ちになってしまいました。そこで大変恐縮ながらこの若輩者よりご指摘させていただきたく存じます。

 

ak33さんのコメントは長文なので詳細はリンク先参照ください。

 

ak33さんは多分このコメントを書くためIZAに登録された方の様で、その後ブログなどはないので私も詳細は分からない。

本人の話では気象の仕事を目指す若い方の様だ、そして気象庁内部でどのように台風進路予報やエルニーニョ監視速報が出されるのか詳細に説明していただいた。

 

今回のエルニーニョ監視速報の内容を見ると前回の失敗の反省が取り入れられており、大変良い事だと思う。

ak33さん、あなたと議論したことがキチンと次の監視速報に反映されているので大変良い事だと思いますよ。

感謝します。

 

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

 短足おじさんさんのブログは、科学情報が豊富でいつも楽しみにしています。
 昨日盆提灯を軒下に下げたら突然の雷雨でぼろぼろです。長崎の地元ではお盆は天候が良い年が多かったのですが、台湾を訪問したとき体験したスコールみたいでした。ザーと一気に降って一気にやみました。今年の天候は確かにおかしいですね。
  1. 2012-08-14 19:12
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> 短足おじさんさんのブログは、科学情報が豊富でいつも楽しみにしています。

有難うございます。

> 昨日盆提灯を軒下に下げたら突然の雷雨でぼろぼろです。長崎の地元ではお盆は天候が良い年が多かったのですが、台湾を訪問したとき体験したスコールみたいでした。ザーと一気に降って一気にやみました。今年の天候は確かにおかしいですね。


今は地球が150年続いた温暖化から寒冷化に向かう時期、
こんな時期は異常気象が頻発します。
まだまだこれからも異常気象は起こるとみています。
治にいて乱を忘れず、そんな心構えで生活したいものです。
  1. 2012-08-14 20:16
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

エルニーニョの発生はいかなる結果をもたらすのでしょうか。
その機序はよくわかりませんが、赤道付近の海流の変化が必ず先行すると言われますよね。

海流の変化は通常風の流れの変化が引き起こすものでありましょう。最近偏西風の蛇行ということがよく言われます。これがエルニーニョを引き起こすものではないかという気がしてなりません。

偏西風の蛇行の原因がどこにあるかはわかりませんが。北半球の特定地域に都市という発熱体が存在することが影響を与えていないわけはないと昔から睨んでいます。こんな事はおそらく証明はできないでしょう。

まあ、その前に太陽活動の変化によって世界の気候はめちゃくちゃになるでしょう。人間の営みの小ささを考えさせるものです。
  1. 2012-08-16 00:11
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>エルニーニョの発生はいかなる結果をもたらすのでしょうか。
>その機序はよくわかりませんが、赤道付近の海流の変化が必ず先行すると言われますよね。
>
>海流の変化は通常風の流れの変化が引き起こすものでありましょう。最近偏西風の蛇行ということがよく言われます。これがエルニーニョを引き起こすものではないかという気がしてなりません。
>
>偏西風の蛇行の原因がどこにあるかはわかりませんが。北半球の特定地域に都市という発熱体が存在することが影響を与えていないわけはないと昔から睨んでいます。こんな事はおそらく証明はできないでしょう。
>
>まあ、その前に太陽活動の変化によって世界の気候はめちゃくちゃになるでしょう。人間の営みの小ささを考えさせるものです。



エルニーニョはまだ良く分からないことが多すぎです。
だからこれから何が起こるのか予断を許さないものがある、
一部の研究者は太陽活動が原因の一つだと言い始めていますが、
研究はこれからの様です。

仰るようにその前に太陽活動が原因の寒冷化が始まるでしょう。
最近の異常気象の多さはその一つの証拠ではないか、
今は目が離せない状況としか言えないですね。

その前に穀物価格の暴騰がアチコチに大変な影響を与えそうです。
幸いコメだけはその騒ぎの外にいられそうですが、油断できません。
  1. 2012-08-16 15:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する