2012-07-17 07:17

自動車産業支援を表明<フランスの話です

 日本ではあまり大きく報道されていないが、フランスの大手自動車メーカー「プジョー・シトロエングループ」が人員削減や工場閉鎖など経営再建策を発表し、それに対しフランス政府が支援に乗り出すという報道がある。

 

実は個人的にプジョー・シトロエンと言う車は好きな車である。

(但し買ったことはない・・・)

特に昔のシトロエンなどは実に独特のデザイン、メカもよく言えば独特、悪く言えば独善的で実に面白い。

 

これは10年前にベトナム・ハノイの街角で見かけたシトロエン・トラクシオンアバ

(トラクシオンアバン=前輪駆動)

 

 

 

さて、思い出話はここまで、本題は

 

<以下WSJより引用> 

 

25日に自動車産業支援策発表=仏財務相

2012年 7月 16日  12:19 JST

 

 【パリ】フランスのモスコビシ財務相は15日、ニュース専門テレビ局i-Teleなどとのインタビューで、同国政府が25日に自動車販売促進策など仏自動車産業に対する支援計画を発表すると表明した。

  

 オランド大統領は14日、同国自動車大手プジョー・シトロエン・グループ (PSA)が12日に8000人の人員削減とパリ郊外のオルネー工場の閉鎖などからなる経営再建計画を発表したことについて、「受け入れられず、再交渉すべきだ」と強く批判した。

 

 モスコビシ氏は、プジョーは民間会社ではあるが、政府は同社経営陣に対し再建計画を修正するよう迫る手段を持っていると述べた。ただ、政府がプジョーの株式取得を検討しているのかどうかなど、それ以上の詳細については明らかにしなかった。

 

 プジョーの発表は、フランス中に衝撃を与え、仏産業が全体的に競争力の低下や欧州の債務危機で打撃を被り、困難に直面していることを浮き彫りにした。

 

 モスコビシ氏はまた、フランス政府の見通しでは今年の成長率は0.3%となっていることを指摘し、今年リセッション(景気後退)に突入するとは思わないと述べた。さらに、「フランス経済は強固であり、今後もそうだろう」と強調した。

 

http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_478447?mod=WSJ3items

 

<引用終り>

 

 自動車は全世界で熾烈な生存競争をしている。

これは昨年の自動車世界販売台数。

世界新車販売台数ランキング2011
順位(昨年)自動車メーカー国籍販売台数
1(2)GM米国903 万台
2(3)VW独国816 万台
3(1)トヨタ自動車日本795 万台
4(4)日産・ルノー日仏739 万台
5(5)現代自動車韓国660 万台
6(6)フォード米国570 万台
7(7)フィアット・クライスラー伊米389 万台
8(8)プジョー・シトロエン仏国355 万台
9(9)ホンダ日本310 万台
10(10)スズキ日本250 万台

※日経新聞(2012年2月4日7面)

 

 

世界ランキング第8位のプジョー・シトロエングループと言えども生き残りは簡単ではない。

 

そしてこれからが言いたいこと、

世界規模で競争している自動車、この企業のかじ取りは政治家などが横槍を入れて立て直し出来るほど簡単なものではない。

ましてや左翼政権は雇用の確保のために横槍を入れるのだが、クルマメーカーにとって最大の課題は世界のユーザーに受け入れられる「安くて良い車を作ること」。

雇用の確保を優先すれば、この大前提が崩れる。

 

プジョー・シトロエングループの問題はこれからEU全体の大問題に発展する可能性がある。

今後とも注意深く見守っていきたい。

 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

どうすんですかねえ…

欧州はこれからがデフレ本番でしょうに…
これからとんでもない地獄が待ってるわけで、これは日本の不況と異なりどこかの国の好景気に引っ張られるというような消極的な解決策はないわけで(それで万事解決というわけでもなかったんだが)長引くでしょうねえ…

世界的な大競争とかなんとかの前に足元がグラグラなんだからそちらの対応が先でしょう。本当はEUを強いグループと弱いグループに分けて、為替で調整が付くようにして強いグループは内需拡大をして自力更生をはかり、弱いグループはデフォルトさせて整理するしか方法はないはずです。

まあ、外国人だから言える簡単なことなんでしょうがねえ。
結局、EUも強者の独仏同盟が基調であった時期が過ぎてダメに成ったということでしょう。

いきなり3億人の経済圏は無理だったということでしょうね。
  1. 2012-07-17 10:57
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>どうすんですかねえ…
>
>欧州はこれからがデフレ本番でしょうに…
>これからとんでもない地獄が待ってるわけで、これは日本の不況と異なりどこかの国の好景気に引っ張られるというような消極的な解決策はないわけで(それで万事解決というわけでもなかったんだが)長引くでしょうねえ…
>
>世界的な大競争とかなんとかの前に足元がグラグラなんだからそちらの対応が先でしょう。本当はEUを強いグループと弱いグループに分けて、為替で調整が付くようにして強いグループは内需拡大をして自力更生をはかり、弱いグループはデフォルトさせて整理するしか方法はないはずです。
>
>まあ、外国人だから言える簡単なことなんでしょうがねえ。
>結局、EUも強者の独仏同盟が基調であった時期が過ぎてダメに成ったということでしょう。
>
>いきなり3億人の経済圏は無理だったということでしょうね。


外国だから言えることではありますが、EUは早期解体すべき。
長引くほど後の影響が大きくなる。
しかし目先の痛みが耐えられないので今は対症療法中。

私はEUは第二・第三のギリシャが出てくるとみています。
早ければ年内にもパンク。
自動車産業問題もその引き金の一つになりかねない、
ドイツフランスがこんな事で利害が対立するかもしれない、
そんな危惧をしています。

そしてそんな時日本に援助を求めてきそう、
麻生さんくらいしっかりしたことの言える政治家でないと、
この危機は乗り切れないでしょう。
大変な時代になったものです。
  1. 2012-07-17 11:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

プジョーシトロエンですら大変なんですね。

確かにプジョーもシトロエンも個性的な車作ってますよね。

昔のDSなんか今見ても先進的に見えますし。

技術的な部分は最近ハイドロの採用車も減ってきて普通の車に近づいている感が否めませんが、デザインは90年代頃の没個性的なデザインから脱して、最近なかなかいいデザイン出しているなと思っていたんですが。

是非プジョーもシトロエンも立ち直って、ドイツ的な堅苦しさともイタリー的な暑苦しいほどのエネルギッシュさ(といっても個人的にドイツ車もイタリア車も好きなんですがね)とも違うさらっとしたハイセンスぶりを発揮していってもらいたいです。

しかしオランドくん…左翼政治家はどいつもこいつも。
  1. 2012-07-17 22:34
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>プジョーシトロエンですら大変なんですね。
>
>確かにプジョーもシトロエンも個性的な車作ってますよね。
>
>昔のDSなんか今見ても先進的に見えますし。
>
>技術的な部分は最近ハイドロの採用車も減ってきて普通の車に近づいている感が否めませんが、デザインは90年代頃の没個性的なデザインから脱して、最近なかなかいいデザイン出しているなと思っていたんですが。
>
>是非プジョーもシトロエンも立ち直って、ドイツ的な堅苦しさともイタリー的な暑苦しいほどのエネルギッシュさ(といっても個人的にドイツ車もイタリア車も好きなんですがね)とも違うさらっとしたハイセンスぶりを発揮していってもらいたいです。
>


昔のDS! 懐かしい名前です。
もう何十年も前、シトロエン愛好家の方にDSに乗せていただいたことがあります。
正に宇宙船を思わせる外観、浮世離れした乗り心地、
これぞ車の革命だと思ったものです。
本当に夢のある車でした。


>しかしオランドくん…左翼政治家はどいつもこいつも。

今回のこの報道に接して、私の率直な感想。
オランド氏の事は何一つ知りませんが、矢張り左巻きはダメ。
理由は世界規模での競争をしている企業に対しフランス国内事情を押し付けている、失敗は火を見るより明らかです。
でも労働組合は一安心でしょう。
自動車版ギリシャの誕生です。
  1. 2012-07-18 06:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する