2012-07-13 11:29

三菱自動車、1ユーロで1500人の雇用守る…ネッドカー売却<オランダ人の雇用です

  三菱自動車が欧州の生産子会社を1ユーロ(約100円)で叩き売るとの報道があった。

1ユーロ?、幾らなんでも酷い話、工場は92万7千㎡、製造能力は年産約20万台、従業員は現在1500人、れっきとした自動車工場である。

この会社の資産価値は約384億円だという。それを1ユーロで叩き売る、一体何があったのだろう。 

 

 

<以下引用>

 

 三菱自動車、1ユーロで1500人の雇用守る…ネッドカー売却

2012年7月11日(水) 17時19分
             
三菱自動車工業は11日、オランダにある欧州生産子会社のネッドカーを1ユーロで、自動車部品やバスなどの開発・生産を行う同国のVDLグループに譲渡することに基本合意した。
 
2012年中に採算割れのネッドカーでの生産を打ち切るための事業リストラとなる。8月に取締役会で決議し、年内の譲渡を予定している。三菱自動車の益子修社長はかねて、「従業員を引き継いでくれるなら1円でもいい」として工場の譲渡先を探していた。
・・・以下略・・・ 
 
http://response.jp/article/2012/07/11/177709.
  
<引用終り>
 
この会社が生産していたのは三菱コルト、
元々1967年にできたオランダ唯一の自動車工場、三菱は1991年に資本参加、2001年に完全子会社化、そして1年半以上前から撤退をオランダ政府や組合などと協議していた。
私はこの会社の内容に関して全く知識がない、しかし推測する所この会社で造ってもコスト的に採算が合わないのであろう。品質も決してベストでは無かったはず筈だ。
 
 
 
 
 
そしてコルトは日本でも今年6月に生産終了、その後継車は名前が変わって三菱ミラージュ。
新型ミラージュはタイの三菱自動車タイ工場で生産され、タイ国内販売を皮切りに、日本にも輸入される。
 
<以下引用> 
 
三菱自動車、タイ生産「ミラージュ」を日本でも受注開始 燃費リッター27キロ
2012.6.25 15:54
 
 
・・・本文は上記参照ください・・・
 
 
そしてこれは三菱自動車タイ工場でのミラージュ・ラインオフ式の様子。(今年4月)
 
 
この工場はタイの首都バンコクから東南に130キロはなれたレムチャバン工業団地にある。
タイ最大の貿易港レムチャバン港へは2キロ位、輸出には最適の場所。
 
私もタイ時代にこの工場にも何度か打ち合わせなどで行ったことがある。良い工場だ。
 
 
 
さてここからが本題。
三菱自動車は384億円もの損失を出してでもオランダから撤退したい。
そして国内の工場が稼働率が大幅にダウンしても国内生産よりアセアンが良いという。
その理由についてこんな報道がある。
 
 
<以下引用>
 
三菱益子社長「人口減の日本では内需拡大のマジックあり得ない」
2012年4月21日(土) 14時15分
  
三菱自動車の益子修社長はタイで行った小型の世界戦略車『ミラージュ』のラインオフ式後の記者懇談会の席で、日本の人口が大幅に減少するとの将来予測から「日本の人口が2050年までに1億2000万人から9000万人に減ってしまうと、どう考えても内需が拡大するというマジックはあり得ない」と述べた。
 
・・・以下略、詳細はリンク先参照ください・・・
<引用終り>
 
三菱自動車の莫大な損害を伴うオランダ工場撤退には政治がらみの話があり、我々の想像できない話があるのだろう。
その話はちょっと別として・・・
 
 
 
この二つのニュースを日本・日本人はどう受け止めたらいいのか。
 
第一はオランダからの撤退。
オランダが、ヨーロッパモノづくりの拠点としての魅力がないのだろう。
労働者の質とか、いろんなコストのレベルが成長を期待できないと三菱が判断したのだと思う。
莫大な金をどぶに捨ててでもその方が安上がり、ヨーロッパがそこまで来てしまったという事のようだ。
 
第二は日本の工場の低稼働率をさておいてアセアンの工場に投資する。
最後の引用文で三菱の社長が本音を語っていた、「人口減の日本に内需の拡大はあり得ない」という事である。
 
日本の少子・高齢化問題は深刻である。当然内閣には担当大臣もいる。
だが民主党の土鳩、空き缶、野豚内閣、3代2年10か月で大臣は8人変わっている。その中で女性大臣は4人、名前はと言えば福島ミズポ、岡崎トミ子、村田レンホー。小宮山洋子の4人。
これでは対策など出来る筈がない。
民主党内閣には少子高齢化問題など何の問題も無いのだ。
 
 
しかし企業は政治の停滞など待っている余裕はない。
従って今は可能性のあるアセアンに逃げ出す、これが三菱の戦略という事。
 
そしてここには書いてないが日本のエネルギー、特に電力問題。
マスゴミは計画停電だから節電しましょう、こう叫んでいる。
では個人が節電したり、多少の停電を我慢すればいいのだろうか。
電気料金が上がって企業が海外との競争に負け、倒産や廃業。その為一般の人が失業したら・・・ 政府が悪い、企業が悪い、これで良いのだろうか。
 
私はタイで仕事をしてきた。三菱のタイ工場(=一般にはレムチャバン工場と言う)も知っている。
タイとしては大変うれしい話、正にご同慶の至りだ。
しかし日本として本当にいいのだろうか。
 
次にやってくるのは企業が莫大な投資をどぶに捨ててでも日本から逃げ出す。
この最悪のシナリオの前哨戦が今始まろうとしているように思える。
さて如何したものか。

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

No title

三菱はリコール問題以降、転がる石のように失敗が続いていますね。
失敗癖が付くと、撤退ばかり考えるのです。リコール騒動の時に、私のところにも意見を聞きにきましたが、その時点で日本市場からの撤退を考えていました。三菱ブランドが確立しているアジア市場を中心とし、国内工場はエンジンなど輸出部品の生産工場で残すという考えでしょう。
国内ディーラー網があるので、直ぐにというわけにはいきませんが、すでにかなり以前にこの方針は策定されたと思います。

日本市場はこれから成長に転じると思っています。
乗用車の保有台数は減っていないし、トラックが減っていたのは公共投資削減が要因。今後はこれが増加に転じます。
本然3月末にはトラックを含めた総保有台数は増加に転じました。
今後は高齢者向けの超小型車市場が伸びると重います。
多くの課題はあるでしょうが、ニーズはそうとう大きいと思います。
  1. 2012-07-13 15:37
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

自動車は嫌な話ですが2極分化でしょう。本当の街乗りに徹した小型車と、レジャーや仕事も視野に入れた長距離ドライブを前提とする大型車の2つです。

前者は軽でもEVでもよし。最終的にはコモデティでしょうね。どこまで陳腐化するかは知りませんが…

とにかくコモデティ商品を作る限りは底辺への競争でしょう。その意味ではオランダからの撤退は当然でしょう。オランダあたりは人件費高い割に、社会構造の変化から自動車産業従事者の質はむしろ低下気味のはずでコモデティ商品を作る上じゃあ旨みがありません。行くなら東欧のEU圏となるのは当たり前でしょう。

国内市場に関して言えばデフレ克服が全てだと思います。yuyuu様の仰る通りこれから高齢者向けの超小型車市場は有望なはずですし景気の回復により内需はなんぼでも伸びると思ってます。

ただ日本人は賢いから、決してクーペやセダンをかいませんよね。
道行く車を見れば良い商業車とHVを除いて、いわゆる普通車がどれだけ走ってますか。ワンボックスバンが多い。
これは日本人が車を移動、もしくは物の運搬の手段と割り切ってる証拠です。このあたりにどれだけ期待するかの問題だと小生なぞは考えています。

しかし、三菱も1ユーロで売却とは思い切りがいいですねえ。これはおそらくいくらか捨て値を払ってでも処分したいんでしょうが、無料譲渡ではいろいろ問題が生ずるので形式上売却にするための方法でしょうね。

これからの時代、地方は都市への集住化と見ます。このあたりを考えねばいけないはずなんですが…
  1. 2012-07-13 17:32
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>三菱はリコール問題以降、転がる石のように失敗が続いていますね。
>失敗癖が付くと、撤退ばかり考えるのです。リコール騒動の時に、私のところにも意見を聞きにきましたが、その時点で日本市場からの撤退を考えていました。三菱ブランドが確立しているアジア市場を中心とし、国内工場はエンジンなど輸出部品の生産工場で残すという考えでしょう。
>国内ディーラー網があるので、直ぐにというわけにはいきませんが、すでにかなり以前にこの方針は策定されたと思います。
>
>日本市場はこれから成長に転じると思っています。
>乗用車の保有台数は減っていないし、トラックが減っていたのは公共投資削減が要因。今後はこれが増加に転じます。
>本然3月末にはトラックを含めた総保有台数は増加に転じました。
>今後は高齢者向けの超小型車市場が伸びると重います。
>多くの課題はあるでしょうが、ニーズはそうとう大きいと思います。


三菱は2004年にリコール隠し事件、ダイムラークライスラーからの援助打ち切り問題と最低でしたが、2005年からは現体制で立て直しを図っています。
オランダ工場のたたき売りのその一環、普通の会社なら倒産ですが流石三菱です。
矢張り以前の経営陣があの国のあの法則に嵌った、そして失敗続きだったのですね。
この話は日本人全部にとっていい教訓になると思っています。
失敗から何を学ぶか・・・です。
  1. 2012-07-13 18:11
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ネッドカーは、元来Volvoに買収されVolvo銘柄の小型車生産工場だったものを三菱が買い取ったはずです。またそこではメルツエデスのSMARTも生産していました。
1ユーロで売却ということでは、かってBMWが買収したローバーが振るわずやはり1ユーロでフォードに売却したことが耳目に新しいです。しかし、BMWはその際、Miniだけは手放さず売れ筋の一つとして生産を続けています。元は取ったかどうかしりませんが。さて三菱の場合はBMWのように賢い策があるのでせうか?凹凸
  1. 2012-07-13 18:21
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>自動車は嫌な話ですが2極分化でしょう。本当の街乗りに徹した小型車と、レジャーや仕事も視野に入れた長距離ドライブを前提とする大型車の2つです。
>
>前者は軽でもEVでもよし。最終的にはコモデティでしょうね。どこまで陳腐化するかは知りませんが…
>
>とにかくコモデティ商品を作る限りは底辺への競争でしょう。その意味ではオランダからの撤退は当然でしょう。オランダあたりは人件費高い割に、社会構造の変化から自動車産業従事者の質はむしろ低下気味のはずでコモデティ商品を作る上じゃあ旨みがありません。行くなら東欧のEU圏となるのは当たり前でしょう。

>国内市場に関して言えばデフレ克服が全てだと思います。yuyuu様の仰る通りこれから高齢者向けの超小型車市場は有望なはずですし景気の回復により内需はなんぼでも伸びると思ってます。
>
>ただ日本人は賢いから、決してクーペやセダンをかいませんよね。
>道行く車を見れば良い商業車とHVを除いて、いわゆる普通車がどれだけ走ってますか。ワンボックスバンが多い。
>これは日本人が車を移動、もしくは物の運搬の手段と割り切ってる証拠です。このあたりにどれだけ期待するかの問題だと小生なぞは考えています。
>
>しかし、三菱も1ユーロで売却とは思い切りがいいですねえ。これはおそらくいくらか捨て値を払ってでも処分したいんでしょうが、無料譲渡ではいろいろ問題が生ずるので形式上売却にするための方法でしょうね。
>
>これからの時代、地方は都市への集住化と見ます。このあたりを考えねばいけないはずなんですが…

オランダの件は私も詳しくないので書けなかったのですが、ご指摘の通り労働者の質が一番の問題でしょう。
だからあんな大金をどぶに捨ててでも撤退する、高価な手切れ金です。普通なら株主訴訟を食らっても可笑しくないところです。

車の二極分化論、同感ですがもう一極あるのではないか、
それの一例が東京オートサロンの様なカスタム化の動き、それからトヨタ86のような車本来の楽しみの追求ではないでしょうか。
  1. 2012-07-13 18:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>ネッドカーは、元来Volvoに買収されVolvo銘柄の小型車生産工場だったものを三菱が買い取ったはずです。またそこではメルツエデスのSMARTも生産していました。
>1ユーロで売却ということでは、かってBMWが買収したローバーが振るわずやはり1ユーロでフォードに売却したことが耳目に新しいです。しかし、BMWはその際、Miniだけは手放さず売れ筋の一つとして生産を続けています。元は取ったかどうかしりませんが。さて三菱の場合はBMWのように賢い策があるのでせうか?凹凸


ネッドカーを1ユーロで買い取るVDLはそこでMiniを生産する意向のようです。
だから多分BMWは元が取れるのではないでしょうか。
それからネッドカーはスマート(フォーフォー)を2004年ー2006年生産していますが、ダイムラーは撤退しました。

三菱は旧来の経営者が無能だった、結局そんな結論でしょう。
だから三菱は韓国のヒュンダイに技術を教えてしまい、結局軒を貸して母屋を取られた。そんな失敗を続けてきた訳です。

ネッドカーは言ってみれば「下げマン」の会社の典型ではないでしょうか。下世話な表現ですみません。
  1. 2012-07-13 18:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

外国企業が日本の工場を安く買収し、メイドインジャパンの高付加価値商品を然るべき値段で、然るべき客層に売る。

そう言う時代も来るかとは思いますよ。

結局、これだけ消費が冷え込んでるって事は、それだけ潜在的成長余地が拡がっている言うことなのに、その潜在力を活かす政策が麻生政権以降まるで行われてこなかった。民主党演出の失われた十年に更に十年。そして、悪夢の四年間。

それを経た上で、成長の10年と出来るかどうかはその次の政権次第です。維新なんかが大躍進したら失われた半世紀にもなるかも知れませんが、下手すると亡国もあり得るかも。

ただ、今の40代が現役リタイアするまでには何とかしないと、本当に本当にもうどうにもならなくなるかも知れません…。
  1. 2012-07-13 19:58
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>外国企業が日本の工場を安く買収し、メイドインジャパンの高付加価値商品を然るべき値段で、然るべき客層に売る。
>
>そう言う時代も来るかとは思いますよ。


身の毛のよだつ話ではありますが有るかもしれません。
そんな事が起こらねばいいがと祈るばかりです。


>結局、これだけ消費が冷え込んでるって事は、それだけ潜在的成長余地が拡がっている言うことなのに、その潜在力を活かす政策が麻生政権以降まるで行われてこなかった。民主党演出の失われた十年に更に十年。そして、悪夢の四年間。
>
>それを経た上で、成長の10年と出来るかどうかはその次の政権次第です。維新なんかが大躍進したら失われた半世紀にもなるかも知れませんが、下手すると亡国もあり得るかも。
>
>ただ、今の40代が現役リタイアするまでには何とかしないと、本当に本当にもうどうにもならなくなるかも知れません…。


恐ろしい話です。
しかし民主党演出の悪夢の四年(うまい表現です)がそのままでは済まないので、その影響は10年以上続くでしょう。
希望は今の30歳代前半くらいから下の世代、この人たちはマスゴミを信用していませんしテレビも見ません。
その人たちが世の中の中心になる日まで我慢しないといけないかも。

ただ海外から見るとそれでも日本はまだまだ頑張れる余地を残している、そう見られています。
ありがたい話です。
  1. 2012-07-13 21:54
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

ネッドカーは、確か「カリスマ」も生産してたのではないですかね?
地味な車でしたが、乗ると意外と良くて やはり欧州で売ってる車だと
感心したことがあります。
その頃の同クラスの日本車と比べて剛性も高かったですし 足回りが
しっかりしてた記憶があります。
でも 販売面では悲惨なものだったかとww
  1. 2012-07-15 10:21
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To zuka1123さん
>こんにちは
>
>ネッドカーは、確か「カリスマ」も生産してたのではないですかね?
>地味な車でしたが、乗ると意外と良くて やはり欧州で売ってる車だと
>感心したことがあります。
>その頃の同クラスの日本車と比べて剛性も高かったですし 足回りが
>しっかりしてた記憶があります。
>でも 販売面では悲惨なものだったかとww


三菱カリスマは長く作っていましたが2005年に生産終了してます。
実はこの車、この当時提携していたボルボS40とプラットフォームが共通でした。
だからボルボもネッドカーで生産していた訳です。
三菱はせっかくいい車を作ってもそれを発展させようとはしてこなかった、惜しい車でしたね。
ボルボがS40を二代目にモデルチェンジする時、ネッドカーでの生産、そして三菱との提携も終了したようです。

推測ですがネッドカーでの生産がコスト、そして品質的にも満足ではなかったかと思います。
三菱はせっかく良い車を作ってもそれが長続きしない、惜しい話が沢山あるでしょう。
二代目S40が良い車だけに余計そう思います。
  1. 2012-07-15 11:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ネッドカー懐かしいなぁwww。

ありましたね。そうそう、カリスマ作ってましたね。姉妹車のS40もなかなか好きだったんですが、短足さんおっしゃるとおり次の代からはネッドカーでは作ってないんですよね。

ま、確かにネッドカーの存在意義が今イチ不明でしたからね。

何でオランダで作る必要があるの?みたいな。
  1. 2012-07-18 00:13
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>ネッドカー懐かしいなぁwww。
>
>ありましたね。そうそう、カリスマ作ってましたね。姉妹車のS40もなかなか好きだったんですが、短足さんおっしゃるとおり次の代からはネッドカーでは作ってないんですよね。
>
>ま、確かにネッドカーの存在意義が今イチ不明でしたからね。
>
>何でオランダで作る必要があるの?みたいな。


クルマ商売と言うのは理不尽な面がありまして、良い車を作っても売れない、これはしばしばあります。
でも車好きとしてはいい車なのに市場で認められない、残念ですね。
ただ本文でも書きましたが、ネッドカーには(あの従業員なら)品質とかコストで問題があり、小手先の改善では何ともならない。
問題はこれだと思います。
  1. 2012-07-18 06:35
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する