2009-08-15 11:31

高速道路無料化の愚 <続々>

大型コンテナトレーラーと言うのをご存知だろうか。

最近国際的な貨物輸送はコンテナ化が進み、長さ20フィート(6.1メーター)、40フィート(12.2メーター)のコンテナを使うことが当たり前になってきた。

特にその中でも40フィートコンテナが主流になっている。

そのコンテナを運搬するのがこのコンテナトレーラーだ。

 

これが40フィートコンテナーとそれを牽引するトレーラー

 

 

 

これは東京あたりの人なら「環七をよく走っているデッカイやつね、知ってるよ」と言うか、それとも「首都高速を毎日走っているが見たことは無いよ」、どちらかではないか。

実はこの大型トレーラー道路交通法の限度の大きさ(長さ12M、重量20トン)を大きく超え、重量などはコンテナだけで約30トンも有る、従って道路管理者の許可を得て運送している。

 

許可を得て運送している為当然走るルートは限定される。特に首都高速などは湾岸線など一部の路線以外は通行できない。

これは首都高速を建設した時点でこの様な大型で重量のある車両を想定していなかった為道路が耐えられないのだ。

従って東京港辺りで陸揚げされたこのコンテナを北関東方面などに運ぶには主に環七などが利用される。

 

一言で言えば日本の高速道路は現代の物流の基本である大型コンテナなどに対応できていない、時代遅れなのだ。

その時代遅れの証拠がこんなデータ。

 

 

コンテナ取扱量を見るとアジア諸国の主要港の中では、27年前は日本が断然トップ、

然し2007年のデータではシンガポール、上海、香港に抜かれ、日本の主要5港合計が釜山・高雄に迫られている・・・ これが現状なのだ。

無論この最大の原因は日本の港の問題だが、それを取り巻く交通インフラも大きな障害となっている。こんな現実、どうしてマスコミ連中は報道しないのだろうか?

 

前々回エントリーで発展途上国でも高速道路などのインフラが整備されている実態の片鱗を紹介した。

タイなど発展途上国でも高速道路などのインフラ整備は最重点なのだ。

 

世界の趨勢は高速道路は無料、或いは安い料金で通行できる、そのことは重々承知の上で、然し日本ではその国土条件などから有料でも止むを得ないから、一刻も早く世界と競合できる様な道路網の再整備が急務、そう考えている。

 

次回は無料でお手軽に作った高速道路がどんな結果をもたらしたか紹介する。

 

  1. 高速道路
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

お邪魔します。コンテナーのことよく知らなかったので、webを検索してみました。40フィートコンテナーの問題は、道路の平面設計に影響する長さよりも主として重量と高さのようですね。国土交通省の地方整備局とやらの言うところでは、橋梁などの補強をやっているとありました。いかがでしょうか。
先日、テレビで新幹線のアメリカ、ブラジルへの売り込みの話がありましたが、アメリカの状況としては、線路、信号、車両一体型の日本は、入札を別々にするカリフォルニャ州に受け入れられない見込みとか。あいかわらず世の中は欧米中心で動いていることを痛切に感じました。
日本という國はほんとに綱渡りの國ですね。
  1. 2009-08-18 04:58
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺様

いつもコメント有難うございます。

>お邪魔します。コンテナーのことよく知らなかったので、webを検索してみました。40フィートコンテナーの問題は、道路の平面設計に影響する長さよりも主として重量と高さのようですね。国土交通省の地方整備局とやらの言うところでは、橋梁などの補強をやっているとありました。いかがでしょうか。

その通りだと思います。日本のコンテナ輸送用トレーラーは構造を小細工して高さを下げているようです、それにしても重量はなんともならず、結果走れる道が制限され、挙句の果て走る時間帯まで行政指導で制限されているらしい、困ったことです。
それから諸外国の事情ですが、たぶん諸外国の高速道路は有事の際軍用車両(特に戦車)を通せる様にしてある、だからこの程度の重量など問題ない、こういう事情があるのだと思っています。
(タイの道路事情を見てもそうなっています)


>先日、テレビで新幹線のアメリカ、ブラジルへの売り込みの話がありましたが、アメリカの状況としては、線路、信号、車両一体型の日本は、入札を別々にするカリフォルニャ州に受け入れられない見込みとか。あいかわらず世の中は欧米中心で動いていることを痛切に感じました。
>日本という國はほんとに綱渡りの國ですね。

新幹線はTGVに比べ値段が高い、売り込みは大変だと思います。
ただ私はJRが抱える「負の遺産への永年の戦い」を今こそ発揮すべきと思っています。
それは鉄道の黎明期・・明治時代です・・、日本はイギリスに騙されて狭軌を採用した、これが旧国鉄時代から今に続く最大の問題点。
戦前の満鉄や国内の弾丸列車構想などはこれの回答、そして戦後新幹線で一つの結果を出した、この間蓄積した永年のノウハウを今こそぶつけるべき、
(例えばレール一つにしても世界で最もまっすぐなレールだとかetc)
鉄道関係者の頑張りに期待しています。
  1. 2009-08-18 09:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

そうでしたか。日本では軍事用を考えなかった、あり得る話ですね。
  1. 2009-08-18 13:34
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺様

>そうでしたか。日本では軍事用を考えなかった、あり得る話ですね。

アメリカのインターステートなどは軍事用だけでなく、災害時には全車線を一方通行にして避難出来るようになっているそうです。
道路のような基礎的なインフラは一度造ってしまうとやり直しが難しい、
世界のお手本になるようなものを今こそ作るべきなのですが・・・
  1. 2009-08-18 17:43
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する