2012-06-23 22:32

痛風の話続編<私の失敗

  先週痛風の発作を発症してしまった事をエントリーしました。

今回はこの続編です。

如何して警告されていても対策しなかったのか、言い訳を少々。

 

 

人間ドックなどで血液検査をすると尿酸値が測定され、データが出てくる。

所でその基準値は検査機関で微妙に違う。

 

例えばA検査機関の場合、 男 3.5-7.0mg/dL

                   女 2.5ー6.0mg/dl

しかしB検査機関では       3.0-7.5mg/dL

又C検査機関では          3.6-6.9mg/dL 


だから7.4だ、8.2だ、だから尿酸値が高いぞと言われてもピンと来なかった。

 

しかしこの資料を見て納得した。

https://243sageru.com/toranomaki/purine/1_1/index.html

 

 

尿酸は、体液に難溶性であり、pH、温度などにより溶解度が変化します。

 

尿酸は血液などの体液に難溶性で、温度の低下やpHの低下(酸性化)が起こると尿酸の溶解度が低下し結晶が析出します。

140mM(ミリモル)のナトリウム存在下、37℃の溶液では尿酸は6.8mg/dLで飽和となり、7.0mg/dLを超えるとわずかな誘因でナトリウムと結合し、関節や臓器に尿酸塩が析出しやすくなります

 

<引用終り>

 

普通は基準値が3.5-7.0と言えば、その外側にグレーゾーン(黄信号)があり、さらにその外側にレッドゾーン(赤信号)があると考えるのだが、これだけは違うようだ。

 

男性の場合、基準値の上限7.0というのが危険域ギリギリ。

女性は基準値の上限が6.0なので危険域の7.0まで余裕がある。

つまり男性は尿酸の基準値を少しでも超えたら危ない

女性の場合は少々超えても心配ない、こんな事が言えるようなのだ。(だから女性に痛風患者はほとんどいない)

 

私の場合、古いデータを調べると2005年から尿酸の検査値が7.0を超え始めていた。

(2005年~7.4、06年~8.2、07年~7.5 ・・・・)

7年かかって痛風を発症したわけだ。 ヤレヤレ・・・

 

 

以上が痛い思いをしてやっと分かったこと。

痛い思いをしなければ分からないとは情けない・・・

 

こんな事では言い訳にもなりませんが、参考までに。

  1. 日常の話題iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

おはようございます。痛風発症とのこと、お見舞い申し上げます。お大事にしてください。

私の友人にも痛風患者がいて、平常はビールは控えておりますが、集まりがある時は飲んでいます。

日本では、痛風=ビールのプリン体 と犯人が決まったような言い方をしますが、ドイツチェコなどビール飲みの国民はどうなのかをチェックしましたら、下のような話がありました。ビールのプリン体は犯人ではなく、

>『アルコールの分解によってできる乳酸は、尿酸の排出を抑える作用があるのでますます症状を悪化させます。これが痛風患者はアルコールを控えなさいという本当の理由』
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1442034234

とのことで、痛風は生活習慣病だそうですね。
短足様はビールによって痛風になったのではなく、前のブログで書かれているように、尿酸を減らす薬のせいなのでしょう。無論、尿酸を生成するその前の行為が主犯なんですが。
医者は飲酒を禁じたのでしょうか? 生活習慣病なら「根性で直す」のが一番!
  1. 2012-06-24 06:26
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>おはようございます。痛風発症とのこと、お見舞い申し上げます。お大事にしてください。
>
>私の友人にも痛風患者がいて、平常はビールは控えておりますが、集まりがある時は飲んでいます。
>
>日本では、痛風=ビールのプリン体 と犯人が決まったような言い方をしますが、ドイツチェコなどビール飲みの国民はどうなのかをチェックしましたら、下のような話がありました。ビールのプリン体は犯人ではなく、
>
>>『アルコールの分解によってできる乳酸は、尿酸の排出を抑える作用があるのでますます症状を悪化させます。これが痛風患者はアルコールを控えなさいという本当の理由』
>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1442034234
>
>とのことで、痛風は生活習慣病だそうですね。
>短足様はビールによって痛風になったのではなく、前のブログで書かれているように、尿酸を減らす薬のせいなのでしょう。無論、尿酸を生成するその前の行為が主犯なんですが。
>医者は飲酒を禁じたのでしょうか? 生活習慣病なら「根性で直す」のが一番!


情報ありがとうございます。
医者は実はビール1本位はまあ良いだろう、そう言っています。
ですから私も1本位と言いたいのですが、”♪^ちょっと一杯のつもりで飲んで~^”、これが酒飲みの悲しい性、それで自戒の意味でビールをもう少し制限しています。(と言っても少しは飲んでます)

ヨーロッパ系の連中の飲酒量が半端でないのはよく知っています。
でもこれは遺伝上の問題もある。
モンゴロイドは、特に新モンゴロイドは酒に弱い人が多いのです。それに比べて白人、黒人は酒に強い。
これは遺伝子の問題なので比較できないですね。

生活習慣が一番問題なので、いまは塩分摂取量とかそんなものも含めて改善しようとしていますが、なかなか簡単ではないですね。
  1. 2012-06-24 07:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

痛風ですか、まあ、糖尿じゃなくてよかったですね、というのは慰めにもなりませんか…

以前、相撲診療所の医師をしていた林盈六氏の本を読んだことがあります。20年以上前の話でしたが、当時、栄養過多が進み国民の多くが糖尿になるのではないかという心配に対して、おそらくそうはならないだろうという話が出ておりました。糖尿ではない、痛風が増えるはずだと。

氏によれば力士の食生活というものは一般人の先行指標になってるそうです。つまり力士の病気を見ればある程度未来の日本人の成人病の予想がつくということらしいのです。当時から実は力士の職業病的なものと言われていた糖尿は減少傾向にあり、痛風が増加していたということです。現実にいま見てみると糖尿は一定の増加を見ましたが近年はやや減少傾向にあります。やはりという気がします。

ある意味痛風はいいのです。痛みが出ますので嫌でも注意するようになりますから病気はかえって進行しません。糖尿は気づいた時には遅かった、という場合が多いのです。そういう人間を2人知ってます。

あと生活習慣病といいますが、どうも想像以上にストレスの占める割合が多そうであります。このあたり、単純に生活習慣だけだろうかと大いに疑問を持ってるものです。さもないと30代の痛風患者なんて少し考えられません。

まあ、お大事になさってください。いろんな意味で水分摂取は重要そうです。

  1. 2012-06-24 23:33
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>痛風ですか、まあ、糖尿じゃなくてよかったですね、というのは慰めにもなりませんか…
>
>以前、相撲診療所の医師をしていた林盈六氏の本を読んだことがあります。20年以上前の話でしたが、当時、栄養過多が進み国民の多くが糖尿になるのではないかという心配に対して、おそらくそうはならないだろうという話が出ておりました。糖尿ではない、痛風が増えるはずだと。
>
>氏によれば力士の食生活というものは一般人の先行指標になってるそうです。つまり力士の病気を見ればある程度未来の日本人の成人病の予想がつくということらしいのです。当時から実は力士の職業病的なものと言われていた糖尿は減少傾向にあり、痛風が増加していたということです。現実にいま見てみると糖尿は一定の増加を見ましたが近年はやや減少傾向にあります。やはりという気がします。
>
>ある意味痛風はいいのです。痛みが出ますので嫌でも注意するようになりますから病気はかえって進行しません。糖尿は気づいた時には遅かった、という場合が多いのです。そういう人間を2人知ってます。
>
>あと生活習慣病といいますが、どうも想像以上にストレスの占める割合が多そうであります。このあたり、単純に生活習慣だけだろうかと大いに疑問を持ってるものです。さもないと30代の痛風患者なんて少し考えられません。
>
>まあ、お大事になさってください。いろんな意味で水分摂取は重要そうです。


有難うございます。
幸い私の痛風は痛風発作予防の為尿酸値を下げる薬を服用したことが裏目に出たもの。
まあ言ってみれば通過儀礼なので後3ヶ月もすれば発作はでなくなる見込み。

それから糖尿病は私の従兄弟が両足切断し、その後死んでしまいましたのである程度理解しています。
私は定年退職後も自腹で人間ドックに行っていますので、大体わかっているつもりです。
と言っても今回の痛風発作はちょっと痛風を甘く見た付けがまわってきた。参った参ったです。
  1. 2012-06-25 10:03
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する