2012-06-14 17:21

週刊文春を買いに行く

 6月14日(今日)発売の週刊文春に興味深い記事が載っている。

私は週刊誌など買わないのだが、今日の分は日本の政治の変化の引き金になりそうなので買ってきました。

 

その記事の内容が「頂門の一針」に載っています。

 

 

 

<以下引用>

 

小沢一郎夫人が支援者に「離婚しました」

 

 

和子夫人が支援者に送った手紙の一部

 民主党の小沢一郎元代表(70)の和子夫人(67)が、昨年11月に地元・岩手県の複数の支援者に、「離婚しました」という内容を綴った手紙を送っていたことがわかった。

 

 便箋11枚にも及ぶ長い手紙の中で、和子夫人は、昨年3月の東日本大震災後の小沢元代表の言動について触れ、「このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ち上がらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げだしました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げだした小沢を見て、岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました」と書いている。
 

 手紙では、小沢元代表の愛人や隠し子の存在についても触れている。8年前に隠し子の存在がわかったとき、小沢元代表は和子夫人に謝るどころか、「いつでも離婚してやる」と言い放ち、和子夫人は一時は自殺まで考えたとも記している。

 そして、このように綴っている。

「それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水を差すようなことをしていいのかという思いがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

 

 ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました」

「国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです」

 こうした大震災後の小沢元代表の言動がきっかけとなり、和子夫人は昨年7月に家を出て別居を始めたという。その後も現在まで別居は続いているが、小沢事務所は「離婚の事実はない」としている。

 和子夫人はこうも綴っている。

「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」

 現在、消費税増税法案の採決をめぐって、小沢元代表は造反をちらつかせて野田政権を揺さぶっているが、和子夫人の手紙はそうした政治情勢にも大きな影響を与えそうだ。

文「週刊文春」編集部

 

この記事の掲載号

2012年6月21日号

 

http://chomon-ryojiro.iza.ne.jp/blog/entry/2721913/

 

<引用終わり>

 

 

とまあこんなモノでして、小沢が小心者の悪であることは知っていましたが、遂に長年連れ添った奥様からも見放されてしまった、こう言う事です。

多分文春側も公表するタイミングを見ていたのでしょう。

 

文春の記事は大変興味深い、ここは週刊誌のヨイショをするわけではありませんが、ぜひご一読を。

小沢一郎の悪ぶりがよくわかります。

 

是非とも此れが切っ掛けとなって、小沢一郎周辺での数々の不審事件が解決することを期待します。

  1. 政治iza
  2. TB(0)
  3. CM(14)

コメント

No title

こんばんは
gannrikiさんのとこでも書いたのですが 「ミンス執行部」の内ゲバでは・・
左巻きが 説得に失敗したら 「粛正」か「内ゲバ」しかないでしょう。
ただ 相手を一撃で撃破できなかったら 反撃はえらいことになりますが。
小沢グループが どんな反撃するかをも併記で期待された方が 面白いのではないでしょうか?
  1. 2012-06-14 19:49
  2. URL
  3. 謎のいねむり(見た目はインド人) #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 謎のいねむり(見た目はインド人)さん
>こんばんは
>gannrikiさんのとこでも書いたのですが 「ミンス執行部」の内ゲバでは・・
>左巻きが 説得に失敗したら 「粛正」か「内ゲバ」しかないでしょう。
>ただ 相手を一撃で撃破できなかったら 反撃はえらいことになりますが。
>小沢グループが どんな反撃するかをも併記で期待された方が 面白いのではないでしょうか?
>


確かにミンス執行部はもう今当事者能力なしですね。
どんどん内ゲバで殺しあって下さいというところ。

しかし世界は今非常時です。
この経済の混乱、世界規模での国難でしょう。
これでユーロが崩壊すれば、不毛の20年くらいは覚悟せねばならない。
そんな時に日本の指導者はどうなっているのか、
ホント困ったものです。
  1. 2012-06-14 20:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>To 謎のいねむり(見た目はインド人)さん
>確かにミンス執行部はもう今当事者能力なしですね。
>どんどん内ゲバで殺しあって下さいというところ。
>
>しかし世界は今非常時です。
>この経済の混乱、世界規模での国難でしょう。
>これでユーロが崩壊すれば、不毛の20年くらいは覚悟せねばならない。
>そんな時に日本の指導者はどうなっているのか、
>ホント困ったものです。

「信用増幅の作用と副作用」「社会福祉の作用と副作用」で日本・世界はのたうち回っている様です。そこでも「ずる」と「脅し・すかし」が蔓延し 更なるカオスに至っています。「正直者がバカを見る」間は 日本・世界はダメダメではないでしょうか?本当に困り切っています。なげやりな「面白い」との暴言をお詫びし 加えて今後ともどうかよろしくお願いいたします。
  1. 2012-06-14 22:50
  2. URL
  3. 謎のいねむり(見た目はインド人) #79D/WHSg
  4. 編集

No title

仮に放射能云々が事実じゃなくとも、小沢が震災直後に地元を見捨てたのは事実。

その段階で政治家としてアウトでしょう。
  1. 2012-06-15 00:03
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

小沢は嫌いですが、この記事は捏造クサイと思います凹凸
目下、野田政権への最大の批判勢力は小沢であるゆえのネガテイヴ・キャンペーンではないでせうか?
今必要なことは、まず野田政権を倒すことであって、小沢を批判するのはその後でよい、いやそうすべき、このことであります。
関連記事をTBさせていただきます。
  1. 2012-06-15 04:45
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この情報は週刊誌の広告以上には知りません。隠し子問題も真偽不明と聞いたような記憶があります。
ただ彼が3.11以降、東北に目を背けているのは本当だろうとの気を持ちます。あの「剛腕」を震災地への復興に向けたら、師匠の角栄さん同様、日本列島改造の公共投資になる。なのに「公益」になるのにダンマリです。
放射能が怖いだけではない、他にも何かあるのではないでしょうか。
  1. 2012-06-15 06:00
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 謎のいねむり(見た目はインド人)さん

>「信用増幅の作用と副作用」「社会福祉の作用と副作用」で日本・世界はのたうち回っている様です。そこでも「ずる」と「脅し・すかし」が蔓延し 更なるカオスに至っています。


この話は全く同じ思いです。


「正直者がバカを見る」間は 日本・世界はダメダメではないでしょうか?本当に困り切っています。


正直者が馬鹿を見ない社会、確かにそんな世界が来てほしい、その通りです。
しかし歴史の指し示すところは、それは残念ながら夢の世界。
世界は腹黒い、これが現実です。
その中でいかにして正直者が馬鹿を見ない世の中に近づけるか。
それが世の中なので、諦めず頑張りたいです。
  1. 2012-06-15 10:02
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>仮に放射能云々が事実じゃなくとも、小沢が震災直後に地元を見捨てたのは事実。
>
>その段階で政治家としてアウトでしょう。


同感です。
小沢一郎が自分の地元の被災地を訪問したのは翌年の1月3日。
国民の生活が第一と言っていますが、嘘八百であることがはっきりした行動でした。

全く畑違いの人と比較ですが、トヨタは震災直後から社員は派遣していますが、豊田章男社長本人も同じ月の3月27日には被災地に入っています。

人間の器が違いすぎます。
  1. 2012-06-15 10:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>この情報は週刊誌の広告以上には知りません。隠し子問題も真偽不明と聞いたような記憶があります。
>ただ彼が3.11以降、東北に目を背けているのは本当だろうとの気を持ちます。あの「剛腕」を震災地への復興に向けたら、師匠の角栄さん同様、日本列島改造の公共投資になる。なのに「公益」になるのにダンマリです。
>放射能が怖いだけではない、他にも何かあるのではないでしょうか。


この話は安易に捏造記事に乗ってはまずいと思っていまして、それで普段は買わない週刊誌を買ってきました。
小沢一郎が被災地に初めて入ったのが今年になってから、1月3日です。もし小沢が豪腕なら、震災直後に被災地に入り陣頭指揮しているはず。
小沢の師匠の田中角栄なら無条件でそうしているでしょう。

この話は小沢一郎の後援団体「水和会」が解散というニュースを見ても裏付けられてます。
水和会の解散
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20120418ddlk03010068000c.html
尚水和会とは水沢も水と和子の和で水和会だそうです。
  1. 2012-06-15 10:23
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>小沢は嫌いですが、この記事は捏造クサイと思います凹凸
>目下、野田政権への最大の批判勢力は小沢であるゆえのネガテイヴ・キャンペーンではないでせうか?
>今必要なことは、まず野田政権を倒すことであって、小沢を批判するのはその後でよい、いやそうすべき、このことであります。
>関連記事をTBさせていただきます。


TB有難うございます。さっそく読んでみました。
こんな記事は捏造を疑ってみるのは当然なのですが、今回は本当くさい。
捏造なら間もなくわかるでしょう。
しかし小沢一郎が震災後被災地に入ったのが今年の1月3日、これは事実です。
これで小沢一郎を信用せよというのには無理があると思います。

それより小沢一郎の後援団体として奥さんの名前を冠した水和会(水沢の水、和子の和)が解散する、こんな話を見るとこの文春の記事は捏造ではないと感じます。
この記事を参照ください。
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20120418ddlk03010068000c.html
この記事の記者名を見てください。
「金寿英」です。流石捏造大好きの侮日新聞だけのことはありますが、こんな奴が残念そうに書くところに事の真相が見えませんか。

また和子さんの手紙原文に離婚した理由として「震災後の小沢一郎の行動からみて国を治める器でないことがはっきりした」と書いてありますが、和子さんは田中角栄がこの人ならと見込んで小沢一郎と一緒にさせた人。
私には手紙を見てそんな感じがするのです。

  1. 2012-06-15 10:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この記事本物ですよ、おそらく。
小沢一郎の妻和子は、新潟県の中堅ゼネコン福田組の娘で姉妹の雅子が竹下元総理の腹違いの弟、竹下亘に嫁いでます。
媒酌人は当然あの人ですから、完全な政略婚ではあります。ただ、実家と疎遠になったとか問題が生じたとかの話はありませんでしたので小沢が色々やっていた時も一応最後の絆はあったということでありましょう。できた人だったらしく地元の評判は上々と聞きます。

それがこれですから、ある意味絶縁通告という気味もある話です。週刊文春の記事を全部読みましたが、小沢が京都に国替えを図ってるという話が出てきた時には、正直呆れましたね。

あの文章の中で塩の買い占めという話がありますが、かつて最も放射線被曝が激しい商売はレントゲン技師でした。連中は被爆後ナトリウム摂取を増やし回復を図るということを経験的にやっています。おそらくそのことまで知ってたんでしょう。

まあ、こうなったら最後の御奉公として消費税法案を潰し野豚と心中して解散に追い込んでいただきたいと思います。罪滅しにもなりませんがその程度のことはやっていただきたい。けじめというものでしょう。
  1. 2012-06-16 13:26
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>この記事本物ですよ、おそらく。
>小沢一郎の妻和子は、新潟県の中堅ゼネコン福田組の娘で姉妹の雅子が竹下元総理の腹違いの弟、竹下亘に嫁いでます。
>媒酌人は当然あの人ですから、完全な政略婚ではあります。ただ、実家と疎遠になったとか問題が生じたとかの話はありませんでしたので小沢が色々やっていた時も一応最後の絆はあったということでありましょう。できた人だったらしく地元の評判は上々と聞きます。
>
>それがこれですから、ある意味絶縁通告という気味もある話です。週刊文春の記事を全部読みましたが、小沢が京都に国替えを図ってるという話が出てきた時には、正直呆れましたね。
>
>あの文章の中で塩の買い占めという話がありますが、かつて最も放射線被曝が激しい商売はレントゲン技師でした。連中は被爆後ナトリウム摂取を増やし回復を図るということを経験的にやっています。おそらくそのことまで知ってたんでしょう。
>
>まあ、こうなったら最後の御奉公として消費税法案を潰し野豚と心中して解散に追い込んでいただきたいと思います。罪滅しにもなりませんがその程度のことはやっていただきたい。けじめというものでしょう。


私も当然捏造を疑ったので文春を買ってきたわけです。
この記事が明るみに出て3日、もし捏造なら和子本人が私が書いてもいないものを捏造と告訴するはずです。
11枚もの手紙、もし捏造し私の字と違うと告訴されたら文春の敗北間違いなしです。本物でしょう。
まあ 小沢には最後のご奉公で民死党、土鳩、空き缶、野豚道ずれであの世に行ってほしいものです。
  1. 2012-06-16 13:43
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

本日(6/16)の産経『花田紀凱の週刊誌ウオッチング』を読むと彼は「週刊誌の歴史に残る大スクープ」と文春記事を肯定しています。
元週刊文春編集長、現「WiLL]編集長として本作りをやってきた人の言葉ゆえに「本当だったのか!?」との思いに駆られます。私個人は肯定・否定の感想が持てないまま揺れています。

とはいえ、花田氏が言うには「それにしても小沢氏は、ここまで生きてりゃ、もういつ死んでもいいくらいの覚悟もないのか」と突き放したことには同感です。
本日のyuyuuさんの髭の隊長の時局講演会の話を読むと、東北に対する議員の言葉の情けなさが小沢の顔とも重なって、民主党も終わったかと思わされます。
この尊大かつ傲岸不遜の男には、こういう終わり方がふさわしいのでしょう。
  1. 2012-06-16 15:21
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>本日(6/16)の産経『花田紀凱の週刊誌ウオッチング』を読むと彼は「週刊誌の歴史に残る大スクープ」と文春記事を肯定しています。
>元週刊文春編集長、現「WiLL]編集長として本作りをやってきた人の言葉ゆえに「本当だったのか!?」との思いに駆られます。私個人は肯定・否定の感想が持てないまま揺れています。
>
>とはいえ、花田氏が言うには「それにしても小沢氏は、ここまで生きてりゃ、もういつ死んでもいいくらいの覚悟もないのか」と突き放したことには同感です。
>本日のyuyuuさんの髭の隊長の時局講演会の話を読むと、東北に対する議員の言葉の情けなさが小沢の顔とも重なって、民主党も終わったかと思わされます。
>この尊大かつ傲岸不遜の男には、こういう終わり方がふさわしいのでしょう。


私も真っ先に捏造を疑いまして、それで週刊誌を買いに行ったわけです。
キーポイントは二つ。
一つ目は11ページにも及ぶ手紙の写真を公開したこと。
いくら筆跡を似せてもこれだけの文章を捏造したら間違いなくばれます。和子本人から私が書いたのではないと言われたら、週刊文春は即死。だからこんな事は捏造できません。
前原を陥れた偽メールとはレベルが違いすぎです。

二つ目は和子は田中角栄の信奉者で、角栄の秘蔵っ子。
天下国家を語れる女性です。
離婚理由が隠し子なら捏造もあり得ます。しかし離婚理由が天下国家のため。これは捏造者には考えられません。
流石角栄がこの娘ならと見込んで夫婦にしただけのことはある。

他にもありますが、こんな事でこの件は捏造ではないと考えています。
丸山光三さん、kazkさんなど皆さんへのコメントでもいろいろ書きました。これが私の見方です。

まあ小沢もこれで終わりですね、これから小沢周辺の沢山ある不審事件を追求していってほしいものです。
  1. 2012-06-16 16:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する