2012-05-06 14:38

全原発停止

   遂に来るべきものが来た。

全原発停止、まさかここまで来ようとは・・・
一年前には誰が想像しただろうか。
 
さてWSJがこの原発全停止を伝えているが、その論調が興味深い。
 
 
 日本の全原発が運転停止
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_437797?mod=WSJWhatsNews
 
<以下引用>
 
 
 日本で唯一稼働している北海道電力の泊原子力発電所3号機が5日、定期点検のために運転を停止する。
たった1年前まで世界で最も積極的な原発推進国の1つだった日本で稼働している原発がゼロになるという、
驚くべき大変化が起きている。
 
・・・中略・・・
 
・・・<そして最後の締めくくりの文が興味深い>・・・

 一方、原発停止の余波は電力不足の懸念から電気料金の値上げ、送電網の問題に至るまでありとあらゆる場面に及んでいる。
 
 福島第1原発を保有する東京電力は早い段階から原子炉の運転停止がもたらす危機を実感した。
同社は昨年、急きょ古い火力発電所を再稼働させたり、発電機を借り入れたりして対応した。
このため夏場に急増する電力需要にも対応できると話している。
 
 しかし、そのシステムは脆弱だ。古い火力発電所に故障がないことを確認するためには通常より頻繁に検査を行わなければならない。
東京電力には火力発電所を長期間停止する余裕がないため、
保守担当者は二交代制で作業をしてスピードアップするように努めている。
通常は平日に行われていた一部の修理作業は現在、電力需要が低下する夜間や週末に行われている。
同社は、地方自治体に対して緊急的に設置する電源設備を受け入れてくれるよう要請して回っているという。
 
 緊急の電源設備を設置する地域への説明を担当している東電社員は
緊急措置がどのくらい続くのかとよく質問されるという。
だが、「需給 が見通せないとなかなか説明出来ない、原子力が戻ってこないと」と、語った。
 
<引用終り>
 
 
 私が興味深く感じるのは、保守・メンテ作業を2交代制にするなど苦労して原発停止に対応している東京電力。
だがこんな話は日本のマスゴミは全く報道しない。
東電、関電憎しの報道ばかりである。
 
だがWSJですら東電の古い火力発電の再稼働の苦労を語っている。
現実の火力発電の現場は毎日火の車であろう。
そうでなければ何年も動かしていない発電所の再稼働ができるはずがない。
 
私には今の反原発報道は昭和15年、16年の鬼畜米英をあおったマスゴミの論調と全く同じに思える。
自分たちがこうあるべきと思ったことだけを扇情的にあおる、その結果は戦争したくない軍部の尻を叩き戦争へ突入。
これと全く同じでないだろうか。
WSJは流石アメリカの新聞である、そこの所が分かっていると思う。
 
日本の売国報道に騙されてはいけない、
アメリカの新聞を見てもそんな所が分かるのである。 
 
尚今新聞・テレビは何とかこの夏さえ乗り切れればよい、そんな論調である。
しかし中国はじめ発展途上国とのし烈な経済競争に打ち勝つためには、どうしても安価・安定したエネルギー源がいる。
電力問題はそういう面で考えるべきだ。
 
それから今回は言及しないが、地球温暖化が間違いだったことがはっきりし、地球は寒冷化に向かっていることが分かってきた。
その時一番必要なのがエネルギー源なのである。
もっと幅広くとらえないとエネルギー問題の真相はわからない。
この件は機会を改めてエントリーします。
 
 
 
   <追記> 
なお上記リンク先のWSJ記事は有料会員向けなので読めない方が居ると思う、そこで以下全文を引用する。
少々長いがご参考までに
 
 
<以下WSJ記事・全文>
 
日本の全原発が運転停止
2012年 5月 5日  13:14 JST
 
 【東京】日本で唯一稼働している北海道電力の泊原子力発電所3号機が5日、定期点検のために運転を停止する。
たった1年前まで世界で最も積極的な原発推進国の1つだった日本で稼働している原発がゼロになるという、
驚くべき大変化が起きている。
 
昨年3月に起きた東京電力福島第1原子力発電所の事故によって、国民の信頼性がどれほど大きく揺らいだかがわかる。
 
 原発のない状態がどれだけ続くのか、見通しは立っていない。
日本の原発の多くは定期点検のために運転を停止しているが、点検が終わっても安全性の見直しが行われているため
運転は停止されたままだ。日本は電力供給のおよそ30%を原子力に頼っており、
政府は全ての原発が停止したままでは電力不足が起きかねないとして、
電力需要がピークを迎える夏前に西日本にある原子炉2基を再稼働しようと必死だ。
 
 福島第1原発では、原子炉3基でメルトダウン(炉心溶融)が発生、東北地方の広い範囲に放射性物質が飛散し、
約15万人の住民が強制的に避難させられた。それ以来、日本の国民感情に大きな変化が起きたことは原発推進派も反対派も認めている。
 
 元外交官で国際原子力機関や日本の原子力委員会など原子力関連組織で主要ポストを務めた遠藤哲也氏 は
「はっきりした原子力の政策がない」と言う。「(日本は今、) 転換期にある」と遠藤氏は述べた。
 
 福島第1原発の事故以前、日本政府は新規の原子炉建設向けの資金調達を支援し、
2030年までに発電量に占める原子力エネルギーの割合を40%にまで引き上げるというエネルギー政策を推進していた。
 
 資源エネルギー庁は日本が原子力を必要とする理由として、日本国内にはエネルギー資源が乏しく
電力需要の4%しか供給できないことや、世界では資源を求める激烈な競争が起きていることなど5つを挙げていた。
 
 原発事故後、資源エネルギー庁はこの原子力政策を同庁のウェブサイトから削除した。
政府は今夏、新たな政策を策定したいとしている。与党は原子力エネルギーへの依存度の引き下げを目標にしていると述べている。
 
 古い原子炉や地震による影響が非常に大きいと見られる地域に建設された原子炉のなかには、
再稼働の承認が得られないものも出るかもしれない。一方、原子力の規制当局者や運営者に対する不信感が広がっているため、
最新の原子炉についても再稼働計画が頓挫したり遅れたりする恐れがある。
 
 一部の原子炉が再稼働にこぎつけても、5月5日は終わりの始まりと原発に反対するシライイセコさんは話す。
76歳のシライさんは経済産業省の前に設置されたテントで寝起きして、泊原発が5日に停止するまでハンストを行っている。
 
 日本の原子力発電の起源は1954年にまでさかのぼる。のちに首相や原子力委員会の委員長を務める中曽根康弘氏が中心となり、
日本で初めて2億5000万円の原子力予算が計上された。当時は広島と長崎に原爆が投下されてから10年も経っておらず、
日本の政策立案者は放射能に対する国民の不安と国内のエネルギー供給を求める声の間で難しい舵取りと迫られたと遠藤氏は言う。
 
 だが、1970年代の世界的な石油不足によって、このどっちつかずの状況が変化したと遠藤氏は指摘する。
政策立案者や政治家は原子力エネルギーを高価な輸入化石燃料への依存から日本を解放する手段として考えていた。
 
 原子炉や関連機器を製造する大手製造業日立製作所の川村隆会長は当時について、石油を輸入し続けたら国が潰れると思い、
原発推進を決めたと振り返る。
 
 日本は現在、原発停止によるエネルギー不足を補おうと、天然ガスや原油の購入を拡大している。
2011年の液化天然ガスの輸入額は4兆7000億円で、前年より3分の1多い。
川村氏は、原子炉を再稼働できればこの4兆円を他のことに使える、オイルショックの頃のことを思い出すと涙が出る思いだと述べた。
 
 一方、原発停止の余波は電力不足の懸念から電気料金の値上げ、送電網の問題に至るまでありとあらゆる場面に及んでいる。
 
 福島第1原発を保有する東京電力は早い段階から原子炉の運転停止がもたらす危機を実感した。
同社は昨年、急きょ古い火力発電所を再稼働させたり、発電機を借り入れたりして対応した。
このため夏場に急増する電力需要にも対応できると話している。
 
 しかし、そのシステムは脆弱だ。
古い火力発電所に故障がないことを確認するためには通常より頻繁に検査を行わなければならない。
東京電力には火力発電所を長期間停止する余裕がないため、保守担当者は二交代制で作業をしてスピードアップするように努めている。
通常は平日に行われていた一部の修理作業は現在、電力需要が低下する夜間や週末に行われている。
同社は、地方自治体に対して緊急的に設置する電源設備を受け入れてくれるよう要請して回っているという。
 
 緊急の電源設備を設置する地域への説明を担当している東電社員は緊急措置がどのくらい続くのかとよく質問されるという。
だが、「需給 が見通せないとなかなか説明出来ない、原子力が戻ってこないと」と、語った。
 
記者: Phred Dvorak、Eleanor Warn
 

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(29)

コメント

No title

co2削減、KES(京都議定書)って何だったんでしょう。

co2削減を叫ぶ人は、原子力発電推進派だったのでは?

今、火力発電に移行すると、C02が増えるのですが、エゴC02削減派の人達は、どう考えているのでしょう。

火力発電も止めるべきで、日本は、ランプ時代に戻るという選択ですかね。
  1. 2012-05-06 15:00
  2. URL
  3. izadlo #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

先の戦争と先の衆議院選挙等をならべてみているのですが・・

陸軍暴走 ーーーーーーー 麻生政権に攻撃(ミンス暴走、マスゴミが支援)
日米開戦 ーーーーーーー 民主政権発生(マスゴミの3日天下?)
ミッドウエイ開戦 ーーー 福島原発事故(もみ消し失敗し大惨事)
硫黄島陥落    ーーー 稼働原発0(14ヶ月無策)

次は
B29大空襲  ーーーー 関西計画停電(橋ゲ・マスゴミ暴走、ミンス呆然)
原爆投下    ーーーー 関西大停電 (三者沈黙・うちわもめ)

そして最後に 史実では 玉音放送でしたが 今度は本土決戦でしょうか?
自分の責任認める敗戦受諾より 自暴自棄の本土決戦になりそうです。

マスゴミ、ミンス、維新、および関西住民はどうするのでしょうか?世界中が興味深く見守っていますよ。当然 他山の石とするためにですが・・
 
  1. 2012-05-06 15:57
  2. URL
  3. 謎のいねむり(見た目はインド人) #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izadloさん
>co2削減、KES(京都議定書)って何だったんでしょう。
>
>co2削減を叫ぶ人は、原子力発電推進派だったのでは?
>
>今、火力発電に移行すると、C02が増えるのですが、エゴC02削減派の人達は、どう考えているのでしょう。
>
>火力発電も止めるべきで、日本は、ランプ時代に戻るという選択ですかね。


初めまして、コメントありがとうございます。
京都議定書の時ですら可笑しいという正論はあったのです。
それをマスゴミが押しつぶした。
確かに環境保護という美名に隠れて真実が見えなかったのです。
しかし太陽の異変で何もかも明るみに出ました。

火力発電も止める、面白いですねえ、どうなるのでしょうか。
車も勿論なし、テレビなんか論外、鉱石ラジオだけ。
いや面白そう。

昔私の会社の現場の兄ちゃんで元気のよいのがいました。
毎日30キロ近くある自宅から会社まで自分の足で走って通勤。
雨の日も雪の日も平気でした。
そんな生活なら健康的でいいです。
テレビがなければ後は寝るだけ。
子づくりに励めばいいのです。
少子化問題解決!!
  1. 2012-05-06 17:36
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 謎のいねむり(見た目はインド人) さん

面白いアイディアですね。なるほど、なるほど。
確かにミンスとマスゴミの組み合わせは先の大戦とよく似ています。

そして今が硫黄島陥落くらいですか。
しかし硫黄島守備隊は実によく戦いました、
最近になってアメリカでそんな映画が出来るくらい、アメリカも見直しているのですが、今回の場合どうなんでしょうか。

しかし大空襲と原爆、これまたそっくりですね。
さてそれから、
見立ては本土決戦ですが、これでは大変なのですが、それもありそう。
答えは日本人一人一人の行動にかかっているのでしょうね。
  1. 2012-05-06 18:18
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 謎のいねむり(見た目はインド人) さん

大事な話を書き落としましたので追記します。


>マスゴミ、ミンス、維新、および関西住民はどうするのでしょうか?
>世界中が興味深く見守っていますよ。当然 他山の石とするためにですが・・

これはズバリご指摘の通りです。
ドイツフランスだけでなく、タイのような発展途上国でも日本の取るべき道を見守っています。
いい解決策なら間違いなく世界のお手本、これ間違いなし。

失敗すれば・・・
世界の笑いものだけではすみません。日本滅亡です。
  1. 2012-05-06 18:27
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

以下のブログで藻から液体燃料を作る技術が紹介されています。

http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=248

これを国策として開発すればわが国は産油国なのであります。
田中康夫先生も11/04/29の予算委員会で質問されたようです。

http://www.youtube.com/watch?v=WA9HfRM57UM&feature=relmfu
  1. 2012-05-06 18:42
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>以下のブログで藻から液体燃料を作る技術が紹介されています。
>↓
>http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=248
>
>これを国策として開発すればわが国は産油国なのであります。
>田中康夫先生も11/04/29の予算委員会で質問されたようです。
>↓
>http://www.youtube.com/watch?v=WA9HfRM57UM&feature=relmfu


情報ありがとうございます。
この藻の話は以前から私も注目しています。
ただこう言った技術は有望な話がいくつも積みあがってモノになる技術に成長。そんなモノです。
長い目で見ていきたいと思います。
ただ長期間赤字の事業になるので、政府の力の入れ方が問われますね。どぜうでは無理ですが・・・・
  1. 2012-05-06 20:02
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

丸山さんがご紹介なさっているオーランチキオトリウムは期待したいですね。

ちょっと紹介先のブログがいかにも副島隆彦的なのが気になりますが…w。

あとメタンハイドレートにも期待したいです。

にしても不思議なのはなぜ脱原発とか言いながらこうした新エネルギーに目をつぶるのでしょうかね。脱原発なら余計大事でしょう。

ただ少なくともここ数年いや10年ぐらいは、原発再稼働するしかないでしょう。

そんなすぐLNGの発電所が増設されるはずもないですし…。
  1. 2012-05-06 23:12
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

再稼動しないのであれば、停電を甘受せよということにはなるのですが、それがどういうことを意味するのかが反対派には理解できていないのです。「停電? 電気がなくても生活ぐらいできるよ?」といった鈍感なやつらです。
東電管内の計画停電の有様が、関西の住民には理解できていない。これはマスコミが、計画停電について、その実害についてほとんど報道しなかったからでしょう。国民の連帯を最も妨げているのはマスコミです。マスコミが、国民が共有すべき情報を正確に流さないし、恣意的に捻じ曲げているのです。
  1. 2012-05-06 23:23
  2. URL
  3. coolhorse #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 私はトリウム熔融塩炉こそ解答だと思っています。

 トリウム熔融塩炉の唯一の欠点は核兵器が作れないということだけですから。
  1. 2012-05-07 04:48
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>丸山さんがご紹介なさっているオーランチキオトリウムは期待したいですね。
>
>ちょっと紹介先のブログがいかにも副島隆彦的なのが気になりますが…w。
>
>あとメタンハイドレートにも期待したいです。
>
>にしても不思議なのはなぜ脱原発とか言いながらこうした新エネルギーに目をつぶるのでしょうかね。脱原発なら余計大事でしょう。
>
>ただ少なくともここ数年いや10年ぐらいは、原発再稼働するしかないでしょう。
>
>そんなすぐLNGの発電所が増設されるはずもないですし…。


藻の話は新聞の一面を飾るような大発明がいくつかあってやっと実用化されるとみています。
藻そのものの改良もですが、環境に与える影響とか、大規模プラントの廃棄物問題とか、難問がこれから出てくるはずです。
そんなことを解決するためにはしっかりしたリーダーがいる。
長い目で温かく見守りたいです。

脱原発論者はちょっと我慢すれば云々という。
ちょっと我慢して失業してください。食べるご飯は有りません、
こんな現実が分かってないです。

最終的には原発再稼働しかないでしょう。
その為には責任者は処罰しなくては・・・
少なくとも管と枝野は真っ先に豚箱に入れねばなりません。
最終的には市中引き回しの上獄門さらし首が必要かも。
  1. 2012-05-07 07:02
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To coolhorseさん
>再稼動しないのであれば、停電を甘受せよということにはなるのですが、それがどういうことを意味するのかが反対派には理解できていないのです。「停電? 電気がなくても生活ぐらいできるよ?」といった鈍感なやつらです。
>東電管内の計画停電の有様が、関西の住民には理解できていない。これはマスコミが、計画停電について、その実害についてほとんど報道しなかったからでしょう。国民の連帯を最も妨げているのはマスコミです。マスコミが、国民が共有すべき情報を正確に流さないし、恣意的に捻じ曲げているのです。


おっしゃる通りマスゴミの責任大です。
本文にも書きましたが、私にはどうしても戦前戦中のマスゴミの報道と同じに見える。
今の関西地区の人には自分の蒔いた種がどんな毒花を生み出すのか、それをよく見てほしいです。
矢張り大阪にも原爆が必要だったようです。とても残念で悲しいですが・・・
  1. 2012-05-07 07:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
> 私はトリウム熔融塩炉こそ解答だと思っています。
>
> トリウム熔融塩炉の唯一の欠点は核兵器が作れないということだけですから。


トリウム炉という選択肢は原子力利用の初期段階から何度も浮上しては消えていったと聞いたことがあります。
問題点は原発はもともと原爆用のプルトニウム生産が主目的。
そこで出る大量の排熱を発電に利用しただけ、そんなシステムです。
こんな事を言うと反原発の基地外連中が大喜びしますが、
50年、100年先まで見通したら考えるべきです。
それまでに核融合が実用化されれば別ですが、
恐らくあの世からアインシュタイン先生が顔を出して、
「核融合は神の領域、決してやってはいけない」というような気がします。
  1. 2012-05-07 07:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>福島第1原発の事故以前、日本政府は新規の原子炉建設向けの資金調達を支援し、2030年までに発電量に占める原子力エネルギーの割合を40%にまで引き上げるというエネルギー政策を推進していた。

ワシントンポストの記者の間違いです。

正確な民主党政権の政府文書では・・

電源構成に占めるゼロ・エミッション電源(原子力及び再生可能エネルギ
ー由来)の比率を約70%(2020 年には約50%以上)とする。(現状34%)


過去の自民当時代のエネルギー基本計画では、市場原理の活用が強調されていました。だから、こんなにラジカルではありませんでした。
  1. 2012-05-07 08:43
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>>福島第1原発の事故以前、日本政府は新規の原子炉建設向けの資金調達を支援し、2030年までに発電量に占める原子力エネルギーの割合を40%にまで引き上げるというエネルギー政策を推進していた。
>
>ワシントンポストの記者の間違いです。
>
>正確な民主党政権の政府文書では・・
>
>電源構成に占めるゼロ・エミッション電源(原子力及び再生可能エネルギ
>ー由来)の比率を約70%(2020 年には約50%以上)とする。(現状34%)
>
>
>過去の自民当時代のエネルギー基本計画では、市場原理の活用が強調されていました。だから、こんなにラジカルではありませんでした。



なるほどです。
しかし昨日まで原発推進、今日大反対。
之だけぶれまくっても誰も責任をとりません。

日本はすっかりダメな国になってしまいました。
情けないです。
  1. 2012-05-07 20:20
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

本当に考えさせられることばかりです。
先の大戦と比較するならばもう一つ。

これから先原子力をどうするかは別にして人材の確保をどうするのでしょうか。
原子力推進ならば当然のこと、撤退にしたところで廃炉、廃棄物処理などで人材の確保は絶対必要でしょう。ところが反対派の連中は研究することさえイカンと言いかねないようです。

大戦時に英語を適正国語として禁止したメンタリティで物ができるわけがない。
その上に、足らぬ足らぬは工夫が足らぬ、欲しがりません勝つまでは、ですか…

この時点で負けなのですよ、馬鹿が…

長い間探してた資料がようやく見つかりました。
電力会社の発電設備、需給力とかの詳細な資料です。

http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive08.html

これ見れば大阪あたりの議論なんて完全にパフォーマンスだとわかります。出してる資料の質が違い過ぎます。
だまくらかせれてますね、国民は。

  1. 2012-05-07 20:57
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

あとひとつ。
トリウム炉についてならばこんな研究があります。

個人の研究のようですがこれぐらいの夢がなければ人材は集まらんでしょうね。

http://saveterra.at.webry.info/

  1. 2012-05-07 21:01
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ダイハツは池田工場、京都工場、滋賀工場とも全滅ですな。
九州に2工場作っといてよかったけど、
販売店への供給は足らなくなりそうですな可哀相に。
  1. 2012-05-07 21:01
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>本当に考えさせられることばかりです。
>先の大戦と比較するならばもう一つ。
>
>これから先原子力をどうするかは別にして人材の確保をどうするのでしょうか。
>原子力推進ならば当然のこと、撤退にしたところで廃炉、廃棄物処理などで人材の確保は絶対必要でしょう。ところが反対派の連中は研究することさえイカンと言いかねないようです。
>
>大戦時に英語を適正国語として禁止したメンタリティで物ができるわけがない。
>その上に、足らぬ足らぬは工夫が足らぬ、欲しがりません勝つまでは、ですか…
>
>この時点で負けなのですよ、馬鹿が…
>
>長い間探してた資料がようやく見つかりました。
>電力会社の発電設備、需給力とかの詳細な資料です。
>
>http://www.npu.go.jp/policy/policy09/archive08.html
>
>これ見れば大阪あたりの議論なんて完全にパフォーマンスだとわかります。出してる資料の質が違い過ぎます。
>だまくらかせれてますね、国民は。
>


情報ありがとうございます。
残念ながら今のアホマスゴミにはこんな事は理解不能でしょう。
マスゴミ連中には科学や歴史の基礎知識さえありませんから。

しかし膨大な資料、まだ少ししか読んでいませんが(量が多すぎ)、じっくり読めば全部わかりそうです。
実は今朝コンビニに行きまして新聞各紙を買ってきました。
フランスの大統領選挙などの報道のしかたを比較したいためです。
しかし侮日新聞の1面を見て愕然。
原子力に対する偏見に満ちた記事が1面に踊っています。

矢張り大阪は一度地獄に落ちないとダメですね。
  1. 2012-05-08 06:21
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>あとひとつ。
>トリウム炉についてならばこんな研究があります。
>
>個人の研究のようですがこれぐらいの夢がなければ人材は集まらんでしょうね。
>
>http://saveterra.at.webry.info/
>
>


面白い情報ありがとうございます。
どこかの大学でトリウム炉でも研究している方でしょうか。

最近私も危機感を募らせているのがエネルギー問題。
気候がマウンダー極小期並になったらエネルギーの争奪戦になるでしょう。
そんな時のために地道にこんな研究をする、
これは素晴らしいことです。
  1. 2012-05-08 06:26
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>ダイハツは池田工場、京都工場、滋賀工場とも全滅ですな。
>九州に2工場作っといてよかったけど、
>販売店への供給は足らなくなりそうですな可哀相に。
>


上のKAZKさんへのコメントにも書きましたが、今朝の侮日新聞をみて痛感しました、
やはり大阪は地獄を見なければ目が覚めないのかと。

悲しい話です。
  1. 2012-05-08 06:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・

昨夜のニュースで川口市の鋳物工場の電気代値上げの当惑を特集していた。なんでも年間5千万円の電気代をこの会社は払っている。それは売り上げ5億円の一割を占めるらしい。そこに東電は650万円の値上げを通告してきたとの事。若い社長さんの苦渋の顔が見える。

いずれこの電気代値上げは全国に広がるだろう。

関西電力管内は更に、電力の送電停止が加わる。もし先の鋳物工場の経営者ならそこまでされるなら、もう休業か廃業しますと言いたいだろうと想像出来る。今は仮定の話だが、夏場になれば冷酷な実話にならない保障は無い。


千年に一度の大震災で東北沿岸地帯は壊滅したのは、理解出来る。微妙な言い方だが、突然降りかかる大自然の猛威は人は対処出来ない事は事実。

反対に「千年に一度の大震災」が起こる事を想定して全原発を停止して「千年に一度の大震災以上の経済破綻を起こす事」には、全く理解出来ない。

全原発を停止してその経済破綻による人災的な混乱の責任をマスコミと民主党と橋下市長はどうとるのか。あるいは、責任回避のほったらかしなのか。

これで日本国民もテレビマスコミの口車に乗る事の痛みを自分達で体験する事になるかもしれませんね。
  1. 2012-05-08 07:14
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

国家戦略室需給検証委員会は自分も注視しています。現場担当として今夏の電力状況を予測しなければなりません。今のところデータを出して今夏をどうするという議論はここしかないようです。

大阪市長も関電にデータを出せと言っているのですから、まずこれを読んで大阪の電力需給対応を考えた方が、よほど市長としてふさわしい仕事だと思いますが。無視でしょうかね。
データを出させて原発はなくても何とかなると言いたいのでしょうが、事実(実績値や発電可能出力は事実でしょう。今後の需要、節電予測は希望的観測もあって甘いように感じますが)はいとも簡単に願望を打ち破るもので。
  1. 2012-05-08 12:33
  2. URL
  3. koguma #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>昨夜のニュースで川口市の鋳物工場の電気代値上げの当惑を特集していた。なんでも年間5千万円の電気代をこの会社は払っている。それは売り上げ5億円の一割を占めるらしい。そこに東電は650万円の値上げを通告してきたとの事。若い社長さんの苦渋の顔が見える。
>
>いずれこの電気代値上げは全国に広がるだろう。
>
>関西電力管内は更に、電力の送電停止が加わる。もし先の鋳物工場の経営者ならそこまでされるなら、もう休業か廃業しますと言いたいだろうと想像出来る。今は仮定の話だが、夏場になれば冷酷な実話にならない保障は無い。
>
>
>千年に一度の大震災で東北沿岸地帯は壊滅したのは、理解出来る。微妙な言い方だが、突然降りかかる大自然の猛威は人は対処出来ない事は事実。
>
>反対に「千年に一度の大震災」が起こる事を想定して全原発を停止して「千年に一度の大震災以上の経済破綻を起こす事」には、全く理解出来ない。
>
>全原発を停止してその経済破綻による人災的な混乱の責任をマスコミと民主党と橋下市長はどうとるのか。あるいは、責任回避のほったらかしなのか。
>
>これで日本国民もテレビマスコミの口車に乗る事の痛みを自分達で体験する事になるかもしれませんね。


中小企業にとっては今回の値上げ、本当に大変です。
それでも首都圏には石原新太郎がいる。
しかし関西圏には基地外ポピュリストしかいない。
この違いは大きいです。

この夏、実際に計画停電になってみればその悲惨さが分かる。
残念ですが何人かの犠牲者が出る恐れさえあります。
そうなってから今の連中は何を言いさすのか。

今の現役の方には残念ですが日本脱出を真剣に考えるべきといわねばなりません。
昔々ですが「日本沈没」なるSF小説がありました。
それが無知な連中のおかげで現実のものになろうとしています。
  1. 2012-05-08 13:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kogumaさん
>国家戦略室需給検証委員会は自分も注視しています。現場担当として今夏の電力状況を予測しなければなりません。今のところデータを出して今夏をどうするという議論はここしかないようです。
>
>大阪市長も関電にデータを出せと言っているのですから、まずこれを読んで大阪の電力需給対応を考えた方が、よほど市長としてふさわしい仕事だと思いますが。無視でしょうかね。
>データを出させて原発はなくても何とかなると言いたいのでしょうが、事実(実績値や発電可能出力は事実でしょう。今後の需要、節電予測は希望的観測もあって甘いように感じますが)はいとも簡単に願望を打ち破るもので。
>


真剣に取り組んでいる人たちはみなさんわかっています。
しかし問題は事実より感情が優先する、
ここに問題があります。
もうほとんど時間がない、
残されたホンのわずかな時間、さてどう使うかです。
  1. 2012-05-08 13:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

まさにパンドラの箱を待った無しで開けかけている状態ですね。
パンドラの箱の話のように最後に小さいですが希望という光が
出てきて最後にはその小さな光が大きくなる事を希望として
口で説明してもわからない人達を痛みや不便といった実害で
現在の自らの過ちを理解すべきではないかとも思えます。

私は関西に親戚がたくさんいますので、できれば現実になって
欲しくありませんし関西という地域は私にとっては第2の心の
ふるさとでもある好きな土地ですので、できれば上記の
コメントで予想されるであろう最悪の事態にはなって欲しく
ありませんが、日本人ひとりひとりが現状に疑問を持ち
正しい事は何か?と思い行動がとれなければ、現実になると
思います。

  1. 2012-05-09 12:12
  2. URL
  3. izauniuni #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izauniuniさん
>こんにちは
>
>まさにパンドラの箱を待った無しで開けかけている状態ですね。
>パンドラの箱の話のように最後に小さいですが希望という光が
>出てきて最後にはその小さな光が大きくなる事を希望として
>口で説明してもわからない人達を痛みや不便といった実害で
>現在の自らの過ちを理解すべきではないかとも思えます。
>
>私は関西に親戚がたくさんいますので、できれば現実になって
>欲しくありませんし関西という地域は私にとっては第2の心の
>ふるさとでもある好きな土地ですので、できれば上記の
>コメントで予想されるであろう最悪の事態にはなって欲しく
>ありませんが、日本人ひとりひとりが現状に疑問を持ち
>正しい事は何か?と思い行動がとれなければ、現実になると
>思います。
>


関西はというより京・大阪は日本の原点です。
大戦中原爆のような大量破壊兵器を投下したアメリカですが、
京都・奈良は攻撃しませんでした。
それだけ京・大阪は日本人にとって重要なのです。

しかし残念ながらもはや手遅れに近い、
この夏の停電は避けられないでしょう。
鉄道は間引き運転、工場は長い長い夏休みにせざるを得ない。
そして心配なのは発電能力いっぱいで運転するということは、
突然大停電の危険が高まることです。

今の状態では市民の協力も得られないでしょう。
ましてや他地区からの応援など夢のまた夢。

みなさん異口同音に言うのは大阪・関西から逃げるしかないよ、
これが唯一の手だと思います。

情けない話です・・・
  1. 2012-05-09 14:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

関電としても、もはや非現実的な需給計画(例えば、関電管内の需要は例年の50%程度に抑えられて、原発なしでも10%程度の供給余力がありますよ。といったもの)を出して、実行させてみればいいんじゃないでしょうかね。反原発派はそれで納得するでしょう。何せ、自分たちが日ごろから言ってることですからね。それで地獄を見る以外にないんじゃないでしょうかね…
  1. 2012-05-10 02:02
  2. URL
  3. coolhorse #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To coolhorseさん
>関電としても、もはや非現実的な需給計画(例えば、関電管内の需要は例年の50%程度に抑えられて、原発なしでも10%程度の供給余力がありますよ。といったもの)を出して、実行させてみればいいんじゃないでしょうかね。反原発派はそれで納得するでしょう。何せ、自分たちが日ごろから言ってることですからね。それで地獄を見る以外にないんじゃないでしょうかね…


そうですね、もうそろそろ手遅れに近い。
関電管内は今年の夏は地獄でしょう。
さらに問題なのはオンボロ火力発電をフル稼働させたことによる突発故障の発生。
キャパいっぱいの所で一つ発電所がダウンすれば忽ち連鎖停電。
これはアメリカなどで何度もやって痛い目に合っています。

もう仕方ない状況ですね。
  1. 2012-05-10 14:53
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する