2009-08-11 17:21

高速道路無料化の愚

高速道路を無料化せよと叫ぶ人たちがいる。まさにばら撒き政策の典型だがこんなことで良いのだろうか?

無料化の根拠は欧米諸国が殆ど無料だと言うこと、それと東名や名神は元々償還が終われば無料化するということで建設した筈ではないかということ。

そして現在の高速道路の借金・・・旧道路公団が残した40兆円近い借金・・・は国債で肩代わりし60年(!)かけて返済する等ととんでもないことを言っている。

 

我々が使ってしまったものを孫か曾孫の世代に先送りする・・

こんな事をしたら我々の孫や曾孫は「ご先祖様はとんでもないことをしてくれた、おかげで私らは食うや食わずだ」と恨むだろう、我々の位牌は神社の松の木に五寸釘で打ちつけられ、我々の霊は盆になっても帰るところも無く地獄をさまよう事になる。

 

 

さて欧米諸国で出来て日本では出来なかった高速道路の無料化、その原因を考えて見たい。

 

なんと言っても第一番の理由、それは日本と言う国土である。

少々古いがこんなデータを見て欲しい。

 

○ 世界各国における可住地面積の比較
 人    口
(1994年)
国土面積
(万ha)
可住地面積
(万ha)
可住地/国土面積
(%)
可住地1万 ha当たり人口
(千人)
日本1億2,491万3,77880921.4150
アメリカ2億6,085万91,66046,17050.45
イギリス5,809万2,4482,19089.526
フランス5,775万5,4703,38962.016
注1:日本の国土面積等は昭和62年「国土利用白書」、外国は外務省調べで1979年~1985年の数値を使用
注2:「可住地」は、日本は農用地、道路、宅地を合計した数値、外国は国土面積から内水面、森林、荒れ地等を除いた数値を使用





 






 

 

 

 

 

MiaikoroさんのHPより借用)

 

日本の場合、昔学生時代に日本の平地面積は16%くらいと聞いた記憶がある。このデータで可住地としてみると21%となっているが、平地が増えたとは思えず、主に傾斜地や山なども可住地にしてしまったのだろうか。

アメリカが国土が広いのは誰でも知っている、しかし日本より人口がはるかに少ないイギリスフランスでも可住地としてみると日本よりはるかに多い。

その結果がどうなるかと言えば

 

これはアメリカのインターステート・・無料の高速道路 (Wikiより)

 

 

これはユーロスターの車窓から見たフランスの農村。ひたすら平地。 (MiaikoroさんのHpより)

こんな土地では高速道路など簡単にできる。

 

 

さて、では日本はどうか。

 

今第二東名高速道路が建設されている、その道路はと言うと

第二東名の構造物比率:橋梁:32.4%、トンネル:29.4%
 (参考:東名の現状:橋梁:14.9%、トンネル:3.0%です)
つまり東名を通すようなところにはもはや平地が残っていない!
欧米並みの道路をつくろうとしたら橋とトンネルでつなぐ以外に方法が無いのです。

 

これが日本の現状で、だから建設コストはべらぼうに高い。

では発展途上国はどうかというと

 

 

これはタイで最近開港したスワンナプーム国際空港近くの自動車道路(モーターウェイ)

タイでは高速道路も原則無料だが、バンコク周辺だけに例外的に有る有料の高速道路、従来片側2車線だったが開港にあわせ片側4車線に拡幅。制限速度120キロ。

このようにアメリカなどと同じで平原にまっすぐな道路を作っている。これでは安いのが当たり前。

これは日本人の間で言われていることだが、タイは日本の1.4倍の国土があるが自動車用のトンネルはどうもひとつも無いらしい(否ひとつだけあるという人も・・)

道路をつくるのはこの国ではいとも簡単なのだ。

 

 

 

このように日本と言う国土に住むと言うことはこんなハンディキャップを背負わねばならないもの。そして我々の世代でつくり利用しているものは我々が責任を持つのが当たり前ではないか。

 

高速道路の無料化の第一の愚は自分たちの住んでいる国がどんな所か?それを無視した考え方だと言うことだ。

 

第二・第三の愚は次回に。

  1. 高速道路
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

No title

短足おじさんさんは、きちんと具体的数字を挙げておられて、ぱっと納得しやすいですね。可住地面積当たり人口密度の欧米との違いは大変なものですね。同じ島国のイギリスも旅行すると平だなあと山だらけの我が国との違いを感じますが、こうして数字で見ればなるほどそうかと思いますね。こういう国土で如何に暮らしていくか、民主党マニフェスト的いい加減な行き方ではやっていけません。
  1. 2009-08-12 05:57
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ドイツを旅行した時、汽車に6時間乗って、トンネルも高架線も一度もなく、小さな鉄橋が幾つかあるだけでした。 延々と畑と牧場の中を走るだけで、山も川も人口密集地も無いのだから当然です。 
 北海道でさへこんな路線はありません。

 これなら道路の建設費が安いのも当然です。 以前猪瀬直樹が「ドイツの道路建設費は日本の3分の1」と言っていましたが、この地形なら3分の1でも結構無駄遣いが多いのでは思ってしまいました。

 一緒に考える方が無理なのです。
  1. 2009-08-12 09:26
  2. URL
  3. よもぎねこ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺様

>短足おじさんさんは、きちんと具体的数字を挙げておられて、ぱっと納得しやすいですね。可住地面積当たり人口密度の欧米との違いは大変なものですね。同じ島国のイギリスも旅行すると平だなあと山だらけの我が国との違いを感じますが、こうして数字で見ればなるほどそうかと思いますね。こういう国土で如何に暮らしていくか、民主党マニフェスト的いい加減な行き方ではやっていけません。

そうなんです。そして次回書こうと思っていますが、欧米の何倍ものコストをかけて建設した高速道路が世界の趨勢から見ると時代遅れになりつつある、これが現実です。
しかもそれを孫子の代に先送りする、子どもと食事をしてその親の食べた分の代金まで年端も行かない子どもに払わせる、いや払えないから子どもの借金にする、こんなむごい事をしようとしているのです。
  1. 2009-08-12 10:21
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこさん

> ドイツを旅行した時、汽車に6時間乗って、トンネルも高架線も一度もなく、小さな鉄橋が幾つかあるだけでした。 延々と畑と牧場の中を走るだけで、山も川も人口密集地も無いのだから当然です。 
> 北海道でさへこんな路線はありません。
>
> これなら道路の建設費が安いのも当然です。 以前猪瀬直樹が「ドイツの道路建設費は日本の3分の1」と言っていましたが、この地形なら3分の1でも結構無駄遣いが多いのでは思ってしまいました。
>

ドイツには今も大勢の日本人観光客が行っています、でも何人がよもぎねこさんのような問題意識を持ち帰るのでしょうか。

> 一緒に考える方が無理なのです。

その通りなのですが、残念ながらそのハンディを背負った上で世界と同じ土俵でコスト競争をせねばならない、それが課題です。
  1. 2009-08-12 10:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>その通りなのですが、残念ながらそのハンディを背負った上で世界と同じ土俵でコスト競争をせねばならない、それが課題です。
ほんとに仰るとおりですね。大変だなあ。年金生活者は現役の方々のおかげで、何とか食っていけている。これは直接関係のない話ですけれど、私は、江戸時代末期、明治初年の人口3千万が日本の適正人口だと思っています。しかし現実は現実、何とか頑張っていかないとしようがありませんね。現役の皆さんのご活躍を祈ります。
  1. 2009-08-12 11:58
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺様

>>その通りなのですが、残念ながらそのハンディを背負った上で世界と同じ土俵でコスト競争をせねばならない、それが課題です。
>ほんとに仰るとおりですね。大変だなあ。年金生活者は現役の方々のおかげで、何とか食っていけている。これは直接関係のない話ですけれど、私は、江戸時代末期、明治初年の人口3千万が日本の適正人口だと思っています。しかし現実は現実、何とか頑張っていかないとしようがありませんね。現役の皆さんのご活躍を祈ります。

私が海外に出て行くとき考えたコンセプトは「これからの日本では国内だけで食っていけるのは人口の半分だけだろう、後の半分は海外に打って出てそこで生きてゆかねばならない」こう考えました。
そして海外でリタイアーし帰国しました。そんな危機感でブログを書いているわけです。
これからも色々ご教示お願いします。
  1. 2009-08-12 17:42
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

高速道路の建設費が高いのはその通りなのですが、それを日々の高速
料金や物流コストとして負担し続けるか、税金で負担するかの違いな
ので、税金で負担するという選択もありだと思います。
税金で負担すれば、料金徴収のコストや、その組織へ天下る役人の人
件費などがなくなりますから、負担額は安くなるはずです。
しかし、今はそういった議論はなく、票とりのばら撒きに使われてい
るのは問題だと思います。

> 国債で肩代わりし60年(!)かけて返済する等
本当に必要なインフラなら、次の世代も使うものですから、費用負担
が次世代にまで続いても良いと思いますが、60年かけて払うために
目先の負担が見えにくいことを良いことに、必要もない道路まで作り
借金を増やし続けていくことが問題だと思います。
次世代に借金を残すことより、借金に見合ったインフラを残せたかの
方が問題です。ろくに交通量もない地方の高速道路を借金付で残され
ても次世代は迷惑でしょうし、その一方で大動脈の東名高速道路はあ
まりに貧弱です。
  1. 2009-08-13 13:49
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん

いらっしゃいませ、コメント有難うございます。

>高速道路の建設費が高いのはその通りなのですが、それを日々の高速
>料金や物流コストとして負担し続けるか、税金で負担するかの違いな
>ので、税金で負担するという選択もありだと思います。
>税金で負担すれば、料金徴収のコストや、その組織へ天下る役人の人
>件費などがなくなりますから、負担額は安くなるはずです。


確かに税金で負担する案は有ります、特に料金徴収コストと料金所設置の為のインターチェンジのコストダウンは大きいでしょう。
でもその為の国民的コンセンサスはどうなのでしょうか、今の民主の連中では無理と思います。例えば第二東名クラスの道路がもっと沢山必要なのですが、左巻き連中が納得するとは思えないのが現実です。


>> 国債で肩代わりし60年(!)かけて返済する等
>本当に必要なインフラなら、次の世代も使うものですから、費用負担
>が次世代にまで続いても良いと思いますが、60年かけて払うために
>目先の負担が見えにくいことを良いことに、必要もない道路まで作り
>借金を増やし続けていくことが問題だと思います。
>次世代に借金を残すことより、借金に見合ったインフラを残せたかの
>方が問題です。ろくに交通量もない地方の高速道路を借金付で残され
>ても次世代は迷惑でしょうし、その一方で大動脈の東名高速道路はあ
>まりに貧弱です。

私は日本の道路は大きく立ち遅れており、もっと整備が必要と見ています。
特に東名などはご指摘の通り貧弱そのもの、こんな所を次回以降で述べてみたいと思っていますのでよろしくお願いします。
  1. 2009-08-14 10:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

馬淵国土交通副大臣、高速道路無料化に伴う影響調査を指示
ということで、10月6日の記者会見にて
高速道路の無料化では、否定する世論があることを「認識している」とした上で「マニフェストに無料化とある以上、これを実施する」とし、鉄道や海運、バス業界への経営圧迫、二酸化炭素排出量の増大など、マイナスの影響が生じたとしても、影響を受ける業界へ配慮しつつ「無料化する」と強調した。

まだ、何も分かってないようです。
海外でドライブした経験が無いのでしょうね。
  1. 2009-10-08 11:42
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん

いらっしゃいませ、コメント有難うございます。

>馬淵国土交通副大臣、高速道路無料化に伴う影響調査を指示
>
>

>まだ、何も分かってないようです。
>海外でドライブした経験が無いのでしょうね。
>
正にその通り、何も分かっていない。
海外に行ったとしても、全部お任せのツアー旅行なんかでは事実は見えてこないでしょう。
第一無料化に伴う影響調査をした上で、無料化の方針を出すのが当たり前。まず方針を出して、それから調査では本末転倒そのもの。
そんな馬鹿がまかり通っていることを、先ず明るみに出さねばならないと思っています。
  1. 2009-10-08 18:40
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

政策評価って分かる?
「~をやります」という政策ができなかったときに、それができなかった原因を特定するのはいいが、その原因の存在は不可能の理由にはならない。
その原因の存在を予見できなかったという政策評価は可能だが、だからといって政策が実現できなかったことを正当化はできない。
低学歴はこのあたりを混同するんだよな。
しかも内心で混同するだけならまだしも、それを堂々と世界中に向けて発信するところが低学歴の低学歴たるゆえん。
  1. 2015-04-02 13:39
  2. URL
  3. #-
  4. 編集

Re: タイトルなし

> 政策評価って分かる?
> 「~をやります」という政策ができなかったときに、それができなかった原因を特定するのはいいが、その原因の存在は不可能の理由にはならない。
> その原因の存在を予見できなかったという政策評価は可能だが、だからといって政策が実現できなかったことを正当化はできない。
> 低学歴はこのあたりを混同するんだよな。
> しかも内心で混同するだけならまだしも、それを堂々と世界中に向けて発信するところが低学歴の低学歴たるゆえん。


いらっしゃいませ、コメント有難うございます。
  1. 2015-04-02 17:00
  2. URL
  3. 短足おじさん二世 #-
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する