2012-04-23 15:00

われら愛す

 今日朝食を食べているときカミさんが妙な事を・・

 

こんな歌知ってる? 昔良く歌ったんだけど、題名知らない?

そんなことを言ってちょっと口ずさみだした。

♪♪♪ われら愛す

   胸せまる あつきおもいに

   この国を われら愛す

   ・・・

 

私は知らない歌だったが、ちょっと調べるとこんな歌

 

 

 如何して急にそんなことをと聞いてみると新聞の一面を指して、

トキを野生に返したのから雛が誕生したでしょう。

トキはニッポニア・ニッポンでしょう、いい事なのでこの歌を思い出した、そんな事だった。

 

 

なるほど、無理も無い。

いったん絶滅してしまったトキ、それを何とか復活させようと、関係者の方が永年苦労してきた、

それがやっと難関を一つ越えた、そう言う事である。

 

 

 

しかし私にはもう一つトキにはこんな話が印象に残っている。

来年は伊勢神宮の式年遷宮の年、

伊勢神宮では建物だけでなく全てのものを新しくする。

その中には現在は手に入りにくいものもある、その一つがトキの羽根。

式年遷宮にはトキの羽根が2枚いるのだという。

 

 

トキの羽根はこんなものに使っている

須賀利の御太刀

 

詳細は以下参照ください

http://eco.nikkeibp.co.jp/article/column/20090108/100431/?ST=print

 

20年に一度の式年遷宮を62回も続けている国は他には無い。ニッポンの素晴らしい伝統だ。

そして新しく生まれたトキの雛、元気に育って欲しいものだ。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

昨日の朝、ラジオで、すでに190羽以上のトキが生まれ70羽以上が放鳥され、40羽くらいが生き残っているというニュースを聞いてびっくり。トキコウノトリも、田んぼに適応しすぎたことが絶滅につながった印象が強いんですが、生存環境の田んぼの環境が相当に改善されてきたんでしょうか。この調子で、順調に増えてほしいものです。

伊勢は外宮の外をふらふらしたことしかありませんが、「なにごとのおはしますかは知らねども・・・」の世界そのまんまでした。大台ヶ原もそうでしたが、伊勢には、絶対に、何かがいらっしゃいますよね。
  1. 2012-04-24 05:25
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>昨日の朝、ラジオで、すでに190羽以上のトキが生まれ70羽以上が放鳥され、40羽くらいが生き残っているというニュースを聞いてびっくり。トキコウノトリも、田んぼに適応しすぎたことが絶滅につながった印象が強いんですが、生存環境の田んぼの環境が相当に改善されてきたんでしょうか。この調子で、順調に増えてほしいものです。
>
>伊勢は外宮の外をふらふらしたことしかありませんが、「なにごとのおはしますかは知らねども・・・」の世界そのまんまでした。大台ヶ原もそうでしたが、伊勢には、絶対に、何かがいらっしゃいますよね。


伊勢神宮は良くぞあれだけのものが残った、そう思います。
でも式年遷宮の歴史を見ると何度も危機がある、
それを乗り越えてきていますから、日本人はすごいと思います。
  1. 2012-04-25 07:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

トキ

きのうでしたか、「読売」のUSO放送は傑作でした。

トリ違い
  メデタイ   トキ
  おメデタイ  鳩

日本人のユーモア感覚は凄くいいです。
  1. 2012-04-25 12:17
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>トキ
>
>きのうでしたか、「読売」のUSO放送は傑作でした。
>
>トリ違い
>  メデタイ   トキ
>  おメデタイ  鳩
>
>日本人のユーモア感覚は凄くいいです。


情報ありがとうございます。
笑いました。
全く言葉の力はすごいですね。
  1. 2012-04-25 15:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

「われら愛す」って今は名高い売国企業のサントリーが公募した曲ですよね。この頃確かブームで日教組が国民歌の募集してたっけ。「緑の山河」とか言いましたっけ。

この手の国民歌は日本に根付くはずがありません。単純明快。要らないからです。サントリーがこの曲を公募した時に、どうも英国の「威風堂々」や「ルール・ブリタニア」を念頭に置いたようですね。国民皆が歌える歌をと言うことだったらしい。

基本的に馬鹿です。何も分かってない。国民歌とは国民国家の統合として歌を用いるということです。逆に言えば国民国家の統合が弱いから歌を使って統合しようという発想になるのです。

考えてみれば明白、英国はいわゆる連合王国です。ブリテン島が一つの統合国家なのは、アングロサクソンがスコットランドやウェールズをなどを征服したからです。そもそも異民族を抱えているわけで、そんな連中を統合しなければならなかったわけです。ここに各種の国民歌が作られる要因があるのです。他の国家も殆ど同様。各国の国家と言われるものがほとんど軍歌と同じということはそのあたりを示唆してるのですよ。軍に団結は絶対必要ですからね。

翻って日本はどうでしょう。国家国民の統合なぞは微塵も疑わなくて済むという稀有の国家です。統合のための歌なぞ必要ないのです。統合のための歌、一例を上げましょう。各県に県民歌なるものがありますが、これを歌えるという県民はほとんど例外でしょうね。所が長野県の「信濃の国」は完全に別格です。地域の住民が皆歌えるというのは長野県歌と森鴎外作詞の横浜市歌くらいでしょう。長野県歌は実際この歌で県の分裂を阻止したという歴史があるんですが、これは必要だったということでしょう。

だから国家の統合が真に信じられるなら国民歌は必要ないのです。


(ここで送ります)
  1. 2012-04-25 18:51
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

かつて、英国人の留学生に日本にはこの手の国民歌がないのだ、と説明して不思議がられたことがありました。今ならこのことを外国人に説明してやれるのですが、若かったですね。

しかし、面白いやつでした。日本の歌一般を調べたらしい。そいつが言うには日本の軍歌はおかしい、歌詞を見るととても軍歌と思えないものがあると言うんですね。後どう見ても軍歌と思えないメロディーまである。これは何だという訳です。

更に言うには、明治の小学唱歌とは一体何なんだ。どの世代の人間に聞いてもみんな知ってるという。これは明治になってから政府が作ったものだろう、これ国民歌と言わずになんというんだ。と言うんですね。

小生ここで初めてわかりました。これが国民歌だったんですね。彼が言うにはお前は知らないかもしれないが、国家がが日本のように継投立ててだって音楽教育をやる国はけっして多くないのだ。そこでこれだけの歌を作り国民に歌わせてるというのは国民歌と言わずしてなんというんだ。というのです。

これだけでいろんなことが分った気がしました。文春新書に「唱歌」という奇跡 という本がありますがこれは大変面白い本ですが奇跡は更に続くのです。この唱歌が隠れた国民歌であるという事実に日本人自体が気づいてません。

翌々考えてみるとこの国はとんでもない歴史的財産をあちこちに抱えてるとてつもない国なんだということが年取ってから分かるようになりました。難しいもんです。



  1. 2012-04-25 19:12
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>「われら愛す」って今は名高い売国企業のサントリーが公募した曲ですよね。この頃確かブームで日教組が国民歌の募集してたっけ。「緑の山河」とか言いましたっけ。
>
>この手の国民歌は日本に根付くはずがありません。単純明快。要らないからです。サントリーがこの曲を公募した時に、どうも英国の「威風堂々」や「ルール・ブリタニア」を念頭に置いたようですね。国民皆が歌える歌をと言うことだったらしい。
>
>基本的に馬鹿です。何も分かってない。国民歌とは国民国家の統合として歌を用いるということです。逆に言えば国民国家の統合が弱いから歌を使って統合しようという発想になるのです。
>
>考えてみれば明白、英国はいわゆる連合王国です。ブリテン島が一つの統合国家なのは、アングロサクソンがスコットランドやウェールズをなどを征服したからです。そもそも異民族を抱えているわけで、そんな連中を統合しなければならなかったわけです。ここに各種の国民歌が作られる要因があるのです。他の国家も殆ど同様。各国の国家と言われるものがほとんど軍歌と同じということはそのあたりを示唆してるのですよ。軍に団結は絶対必要ですからね。
>
>翻って日本はどうでしょう。国家国民の統合なぞは微塵も疑わなくて済むという稀有の国家です。統合のための歌なぞ必要ないのです。統合のための歌、一例を上げましょう。各県に県民歌なるものがありますが、これを歌えるという県民はほとんど例外でしょうね。所が長野県の「信濃の国」は完全に別格です。地域の住民が皆歌えるというのは長野県歌と森鴎外作詞の横浜市歌くらいでしょう。長野県歌は実際この歌で県の分裂を阻止したという歴史があるんですが、これは必要だったということでしょう。
>
>だから国家の統合が真に信じられるなら国民歌は必要ないのです。
>
>
>(ここで送ります)


確かにそうですね、イギリスなんか未だにスコットランドですら独立話がある。
でも日本だって大阪民国独立を画策している奴がいますからね。
油断できません。
  1. 2012-04-25 21:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>かつて、英国人の留学生に日本にはこの手の国民歌がないのだ、と説明して不思議がられたことがありました。今ならこのことを外国人に説明してやれるのですが、若かったですね。
>
>しかし、面白いやつでした。日本の歌一般を調べたらしい。そいつが言うには日本の軍歌はおかしい、歌詞を見るととても軍歌と思えないものがあると言うんですね。後どう見ても軍歌と思えないメロディーまである。これは何だという訳です。
>
>更に言うには、明治の小学唱歌とは一体何なんだ。どの世代の人間に聞いてもみんな知ってるという。これは明治になってから政府が作ったものだろう、これ国民歌と言わずになんというんだ。と言うんですね。
>
>小生ここで初めてわかりました。これが国民歌だったんですね。彼が言うにはお前は知らないかもしれないが、国家がが日本のように継投立ててだって音楽教育をやる国はけっして多くないのだ。そこでこれだけの歌を作り国民に歌わせてるというのは国民歌と言わずしてなんというんだ。というのです。
>
>これだけでいろんなことが分った気がしました。文春新書に「唱歌」という奇跡 という本がありますがこれは大変面白い本ですが奇跡は更に続くのです。この唱歌が隠れた国民歌であるという事実に日本人自体が気づいてません。
>
>翌々考えてみるとこの国はとんでもない歴史的財産をあちこちに抱えてるとてつもない国なんだということが年取ってから分かるようになりました。難しいもんです。


全く同感です。
私がこんなことを痛感するようになったのは海外で仕事をするようになってから、
海外から日本を見たときの、宇宙飛行士が地球は青かったというのに似た感慨を覚えてからです。

日本人はうぬぼれる必要はありませんが、世界に貢献すること大。
それは昔々からの長い歴史がそうさせていることを忘れてはいけません。
そしてその日本に寄生虫が入り込んでいる、これを一刻も早く駆除しなければ・・・
  1. 2012-04-25 21:51
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する