2012-04-20 16:01

寒冷化の噂

 読売新聞に人生案内という読者の相談欄がある。

普段そんな所は見ないのだが、先日たまたまそれをチラッと見た。

 

テレビなどでニュースと称するバラエティー番組で最近地球は寒冷化する、如何しよう、心配だ、こんな話が蔓延している。

それを心配しての相談だった。

 

 

 

<以下4月17日付読売新聞より引用>

 

5歳娘の未来が心配

 20代主婦。5歳の娘がいます。最近、テレビで「いつ氷河期が来てもおかしくない」と言っているのを見て、娘のことを思って目の前が真っ暗になりました。

・・・中略、相談全文は下記リンク先参照ください・・・

 

(東京・M子)

 

 このご相談が20年くらい前に届いたものなら、「氷河期なんて来るわけないでしょ。心配しすぎです」とばっさり切り捨てたでしょうが、このところの日本、あなたの心配性も全くナンセンスとは言えないようで……。そう、このお手紙への回答は、日本人全体の感じている不安に答えるという側面もあり、簡単ではありません。

・・・以下略、回答全文は下記リンク先参照ください・・・

 

http://www.yomiuri.co.jp/jinsei/shinshin/20120417-OYT8T00148.htm

 

<引用終り>

 

日本ではつい昨日まで「温暖化で大変だ」といっていたマスゴミ、急に宗旨替えし「寒冷化で大変だ」と言い出した。

温暖化が大変なら寒冷化で良かったじゃないか、白熊だって喜んでるだろ、そう言いたいのだが・・・

 

 

この質問者の方のような疑問は多くの方が持っていると思う。

そこで現在分かっている事を簡単に纏めてみた。

 

・ 最初に何十万年という長いスパンで見てみると

これは東工大の丸山茂徳教授の説

 

このグラフは現在から40万年ほど遡って気温がどう変化したかのグラフ。

単位は1000年、(100千年=10万年)

縦軸は現在の気温を基準にしてその差を表す。

 

ポコンポコンと約10万年間隔で高い所があり、其処から急激に下がっている。

この気温の低い部分が氷河期、高くなっているところが間氷期、現在は間氷期である。

此処でいえること、現在は長期で見れば10万年に一度の暖かい時期で、これから先は(1000年先とか1万年先とかの話だが)寒冷化する。

(注:このグラフから読み取れる事は間違いなく寒冷化する、しかしそれが何時からかは全く読み取れないのだと言う。だから研究が必要なのだとか。)

 

では最近の気温について

これは1100年前からの気温推移

 

これは渡辺正氏の「地球温暖化神話より引用。

 

現在太陽黒点の異常がはっきりしてきたが、この異常はマウンダー極小期(1645-1715)並みではないかと言われている。

 

寒冷化するといわれているのはこの頃の気温になるのではないかと言う事。

現在より約2度ほど平均気温が下がる

赤穂浪士の討ち入り(1702年)頃の気温と言えば分かりやすいかと思う。

 

赤穂浪士討ち入り(戦前の写真)

 

影響が大きいのは農業などである。

特に稲作などは現在北海道が日本の穀倉地帯になってきたが、このあたりの影響が大と思う。

農業関係者の方、是非対策を急いでいただきたいと思う。(国策で取り組むべきことと思います)

 

 

尚この時期を小氷期というがこれはヨーロッパでアルプスの氷河の状態からつけられた名前で、日本で氷河がアチコチに出現するわけではない。

 

また氷河期というと映画「ザ・ディ・アフター・トゥモロー」のような極端な寒冷化を連想する人がいる。

この映画は今から1万年以上前に起こったヤンガードリアス期寒冷化をベースにしているが、この様な海洋循環の異常が今すぐ起こるわけではない。

 

ヤンガードリアス期は以下参照

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%B9

 

 

 

海洋循環については以下エントリー参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1345778/

 

 

 

なおそれでも心配な人の為に、

 

海洋循環の異常は影響が大きいことは事実、

その為アメリカ(NASA)とイギリスが共同で海洋循環の調査をしています。

 

この調査から異常がハッキリすれば当然発表されるので、まあそれまでは心配しなくてもいいでしょう。

 

余談ですが、この様な長期的な調査活動はアメリカイギリスそして日本が主にやっています。

海洋の観測や太陽の観測、特に太陽の観測では日本の人工衛星「ひので」が大きな成果を上げています。

(つけくわえればそれにドイツフランスだけ)

この様なことをキチンと続けることが先進国の証、

日本が世界に貢献している証拠で有ります。

(日本では報道されないのが残念です)

 

 

最後にいい加減な事を煽るマスゴミに騙される事なく、必要な対策・訓練をキチンとして、普通どおりの生活をすることが大切だと思っています。

ただし国としてはやるべきことが山積、でも野豚政権では全く分からないだろうなあ・・・

 

 

 

 

なおこの話は裏の桜さんのこのエントリーを参考にしました。

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2661356/

 

この中で相模さんが読売新聞の人生案内について言及しています。

このエントリーはお二方の話への私なりの回答でも有ります。

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(12)

コメント

No title

>この子には10年後がないかもしれないと思うと、涙が止まらなくなります。

ちょっと現実感覚が無さ過ぎではありませんか?
こんな人、居るんですかね。
これは旦那に問題ありだわ。

東京ではここ10年間は雪掻きをしたことないけど、
その前までは雪の正月が普通だし、
子供と一緒に校庭で雪だるまを作って遊んだ記憶があります。
昭和20年代はさらに寒くて子供の手はアカギレ、膝は霜焼けでしたね。
  1. 2012-04-20 16:55
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>>この子には10年後がないかもしれないと思うと、涙が止まらなくなります。
>
>ちょっと現実感覚が無さ過ぎではありませんか?
>こんな人、居るんですかね。
>これは旦那に問題ありだわ。
>
>東京ではここ10年間は雪掻きをしたことないけど、
>その前までは雪の正月が普通だし、
>子供と一緒に校庭で雪だるまを作って遊んだ記憶があります。
>昭和20年代はさらに寒くて子供の手はアカギレ、膝は霜焼けでしたね。


そう思いますよねえ、
でもこんな人が今の民主党の支持者に一杯いるんだと思います。
だから放射能と言えば怖い怖いの一点張り。

東京の方は世田谷の民家の床下放射能騒ぎで、大分実態が分かってきたかと思います。
でも関西圏は違う。
原発が立地している福井県が再稼動OKといっているのに、
その電気を使う大阪や京都がいやだとゴネている。

多分こんな人はこの相談者と同じ感覚だと思います。

幽霊の 正体見たり 枯れ尾花・・・ですね。
  1. 2012-04-20 17:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

4月20日付「読売」夕刊一面に、「太陽磁場5月反転か、地球温暖化抑制の可能性」という記事が出ました。
国立天文台の発表を受けて、「約300年前に地球が寒冷化した時期と太陽活動の特徴が一致しており、温暖化の一時的な抑制につながる可能性もある」と書いています。マウンダー極小期を示唆しています。

これらの結論を得たのは太陽観測衛星「ひので」の功績。いま太陽は磁場が4つ(N極2つ、S極2つ)が出来ており、17~18世紀の寒冷期と同じ構造と推定されるそうです。この時期、英国のテームズ川が凍った絵が残されていますが、日本はどうでしょう。当時隅田川は結氷しなかったと思いますが。

遂に地球温暖化の流れに「反転」の記事が出ました。
  1. 2012-04-21 09:32
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは。

分かりやすいエントリでした。

やはり問題はマスゴミなんですよね。マスゴミがセンセーショナルに伝え過ぎなんですよ。比較的科学的に客観的に伝えようとするテレビ番組もありますが、その様な番組は多くの方は観ませんからね。

今のマスゴミ報道を観てますと「ガイウス・ユリウス・カエサル」の言葉を思いまします。

人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない
  1. 2012-04-21 11:15
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>4月20日付「読売」夕刊一面に、「太陽磁場5月反転か、地球温暖化抑制の可能性」という記事が出ました。
>国立天文台の発表を受けて、「約300年前に地球が寒冷化した時期と太陽活動の特徴が一致しており、温暖化の一時的な抑制につながる可能性もある」と書いています。マウンダー極小期を示唆しています。
>
>これらの結論を得たのは太陽観測衛星「ひので」の功績。いま太陽は磁場が4つ(N極2つ、S極2つ)が出来ており、17~18世紀の寒冷期と同じ構造と推定されるそうです。この時期、英国のテームズ川が凍った絵が残されていますが、日本はどうでしょう。当時隅田川は結氷しなかったと思いますが。
>
>遂に地球温暖化の流れに「反転」の記事が出ました。


情報有難うございます。
確かに今の太陽活動はマウンダー極小期と似ています。
似ているのは黒点数と通常11年と言われる太陽活動周期が伸びている事。
屋久杉の年輪の中のC14調査から、マウンダー極小期の始まる前から太陽活動周期が伸びてきている事が分かった、そんな事で今の太陽活動がマウンダー極小期並みと分かったようです。

江戸時代には隅田川の結氷はどうも一部有ったらしいのですが、詳しくは私も知識が有りません。
しかし世界的の寒冷化が始まったらしく、イギリスからは来月(5月)は百年来はじめての寒い5月になると言って騒ぎ出しています。

来月日本の人工衛星「しずく」が打ち上げられますが、コレが海面温度を0.5度単位で測定できるので、一刻も早い稼動が期待されます。

尚「しずく」と一緒にK国の衛星も打ち上げられるので、変な法則が発動されない事を祈っています。
  1. 2012-04-21 18:37
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>分かりやすいエントリでした。
>
>やはり問題はマスゴミなんですよね。マスゴミがセンセーショナルに伝え過ぎなんですよ。比較的科学的に客観的に伝えようとするテレビ番組もありますが、その様な番組は多くの方は観ませんからね。
>
>今のマスゴミ報道を観てますと「ガイウス・ユリウス・カエサル」の言葉を思いまします。
>
>人間ならば誰にでも、現実のすべてが見えるわけではない。多くの人は、見たいと欲する現実しか見ていない


そうですね。マスゴミが一番の問題。
今回の「ひので」の成果も国立天文台はかなり前からアチコチでアナウンスしていた事ですが、いよいよ満を持して発表したと言った所です。
国立天文台としては寒冷化とハッキリ言えるだけの自信がある、そんな所のようです。
また海外にも公表しているので、影響は大きいでしょう。

この太陽の磁気異常は昨年8月頃から始まってました。
裏の桜さんの9月1日のエントリー「地球寒冷化の兆し」で紹介いただいたものが第一報でした。
それにしても裏の桜さんは早耳ですね。

それからマスゴミのタイヘンダ病、コイツはホントに始末が悪い。
日本の癌です。
  1. 2012-04-21 18:57
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

馬鹿ですねえ。
明治時代の気候を調べてみるといい。
初雪は11月に降ってます。
1883年には46センチなんて積雪記録がある。

今こんな事あったら、マスゴミ何て言うでしょうか。
別に天明の飢饉でも大震災でも人がみな死んでしまったわけじゃあなし。
温暖化で縄文人が死に絶えたのでないことと一緒でしょう。

まあこういう人に必要なのは精神科なんでしょうが…


それにつけても4月は寒いです。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/tenkou/alltable/tem00.html

データ見れば一発です。ゴミどもが騒がないのが不思議です。
  1. 2012-04-22 14:08
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>馬鹿ですねえ。
>明治時代の気候を調べてみるといい。
>初雪は11月に降ってます。
>1883年には46センチなんて積雪記録がある。
>
>今こんな事あったら、マスゴミ何て言うでしょうか。
>別に天明の飢饉でも大震災でも人がみな死んでしまったわけじゃあなし。
>温暖化で縄文人が死に絶えたのでないことと一緒でしょう。
>
>まあこういう人に必要なのは精神科なんでしょうが…
>
>
>それにつけても4月は寒いです。
>http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/tenkou/alltable/tem00.html
>
>データ見れば一発です。ゴミどもが騒がないのが不思議です。


情報有難うございます。
確かに今年の4月は寒いですね、何時まで続くのでしょうか。

明治時代も寒かった、
最近の研究で江戸時代の終りから20世紀一杯、約150年続く温暖化は小氷期からの回復。
そして再び小氷期に戻る傾向にある、こう解釈するのが正しいようです。
つまり地球のスケールでは寒冷化が当たり前で、ホンのちょっと温暖化があるだけ。
こんな事のほうが正しいらしい、人間のスケールなど小さな物のようです。
  1. 2012-04-22 18:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

私の記憶では、1960年代から70年代にかけては「氷河期が来る」が主流だったような。「氷河期が来る」と「温暖化」を交互に叫んで、ご苦労なことです。

気候が変動するのは当たり前でしょうが、どっちに転んでも、原油が輸入でき、電力を確保できる状況を作っておけば、日本はほとんどの問題を解決できるんじゃかと楽観視しているんですけどね。民主党みたいな人非人の集団に政権を持たせると楽観できなくなっちゃいますけど。
  1. 2012-04-23 10:33
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>私の記憶では、1960年代から70年代にかけては「氷河期が来る」が主流だったような。「氷河期が来る」と「温暖化」を交互に叫んで、ご苦労なことです。
>
>気候が変動するのは当たり前でしょうが、どっちに転んでも、原油が輸入でき、電力を確保できる状況を作っておけば、日本はほとんどの問題を解決できるんじゃかと楽観視しているんですけどね。民主党みたいな人非人の集団に政権を持たせると楽観できなくなっちゃいますけど。


そうなんです。
60年から80年頃にかけて気温は僅かに低下傾向。
その頃著名な気象学者は氷河期が来ると騒いでました。
それがその直後から温暖化したので、温暖化詐欺話が出てきた。

問題は仰るように気候は変動するものだと言う事を忘れて騒ぐ事。
日常生活はキチンと準備しておれば心配は要りません。
でも農業などは大問題です。
コレなどは国としての長期ビジョンに基づいた対策が必要です。
田中角栄のような大風呂敷が求められています。
  1. 2012-04-23 14:01
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんばんは。
懲りずに書き込ませていただきます^^;

>私は「こんな世界に産んでしまってごめんね」と後悔するばかりです

自分の不勉強を棚に上げて被害者面をする様は、最近になって「民主党に騙された!」と言う人々と共通している気がします。

ネットにより自ら有意な情報を得られる社会になっても、マスゴミに踊らされ続ける人はいなくはならないんでしょうね・・・。
  1. 2012-04-23 21:57
  2. URL
  3. shin-zu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To shin-zuさん
>こんばんは。
>懲りずに書き込ませていただきます^^;
>
>>私は「こんな世界に産んでしまってごめんね」と後悔するばかりです
>
>自分の不勉強を棚に上げて被害者面をする様は、最近になって「民主党に騙された!」と言う人々と共通している気がします。
>
>ネットにより自ら有意な情報を得られる社会になっても、マスゴミに踊らされ続ける人はいなくはならないんでしょうね・・・。


今の私の同年代の友人たちにはネットの使える人は殆どいません。
そんな連中の場合情報源はテレビと新聞、そして週刊誌です。
こんな情報源しかないと間違いなくだまされます。
だからこんな人に以下に正しい情報を伝えるかが問題です

根気よく事実を伝えていくしかありません。
あきらめず、根気よくです。
  1. 2012-04-25 07:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する