2012-04-05 15:52

サイトウ・キネン・オーケストラ

 古いビデオテープを整理していたら、小沢征爾のサイトウ・キネン・オーケストラのビデオテープが見つかった。

1993年、長野県松本市でのコンサートの裏話のドキュメントだった。

 

 

サイトウ・キネン・オーケストラ

 

この動画はサイトウ・キネン・オーケストラのヨーロッパ演奏ツアーのときの物なので、多分1987年の時のもの、小沢征爾が若いですね。

 

 

 

 

ところで私の見つけたビデオテープは1993年の松本での物だったが、民放(テレビ朝日)が放送したもの。

 

テレビ朝日(この地区ではメーテレ)など殆ど見ないのだが、このビデオを見て気がついたことがある。

19年前はCMも物静かな物言い、今の民放などはしゃべくり漫才かと思うような調子で全く違う。

 

最近はNHKでも同じような喋り方。

日本のテレビは何時頃からあんなアホ番組になってしまったのか。

 

19年前のテレビ番組を見てつくづく思った、

なるほど昔は多少はマトモだった所が最近無茶苦茶、

テレビ一つ見ても変わりようが酷い。

矢張りテレビ(地上波)は見ないに限る。

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

みんな若いなあ。

この時のメンツは小沢が言うとおり、その当時も今も日本のクラシック界の精鋭たちです。堤、安永、今井、潮田、安芸、店村、宮本なんて名前は知ってる人も多いはずです。当時とすればオールジャパンに匹敵するものだったはずです。
 
しかし、やっぱり斉藤先生は弦楽器の人だったんだなあと思います。弦だけなら間違いなくこの当時でも欧州のどのオケにも負けなかったはずです。メンツから考えてもこの時が最強かなという気がします。それにしても弦楽器の人材は多いなあ。弦楽器こそ御オーケストラの要なんですが改めてそう思いますね。

それにもましてNHKだけど落ち着きがあるなあ。今ならもっと説教臭くするか、素人連れてきて訳の分からぬ番組にするかでしょうがこの半端さがいいですね。

でもN饗と小沢の喧嘩騒ぎを知ってる、最後の世代から見ればNHKから見れば複雑だったのかもしれません。こうしてみると自分たちの子飼いは井の中の蛙に見えてしまうでしょうからね。

  1. 2012-04-06 02:59
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>みんな若いなあ。
>
>この時のメンツは小沢が言うとおり、その当時も今も日本のクラシック界の精鋭たちです。堤、安永、今井、潮田、安芸、店村、宮本なんて名前は知ってる人も多いはずです。当時とすればオールジャパンに匹敵するものだったはずです。
> 
>しかし、やっぱり斉藤先生は弦楽器の人だったんだなあと思います。弦だけなら間違いなくこの当時でも欧州のどのオケにも負けなかったはずです。メンツから考えてもこの時が最強かなという気がします。それにしても弦楽器の人材は多いなあ。弦楽器こそ御オーケストラの要なんですが改めてそう思いますね。
>
>それにもましてNHKだけど落ち着きがあるなあ。今ならもっと説教臭くするか、素人連れてきて訳の分からぬ番組にするかでしょうがこの半端さがいいですね。
>
>でもN饗と小沢の喧嘩騒ぎを知ってる、最後の世代から見ればNHKから見れば複雑だったのかもしれません。こうしてみると自分たちの子飼いは井の中の蛙に見えてしまうでしょうからね。


多分この時こそオールJAPANでしょう。
小沢のあの個性では”おんば日傘”のN饗では異端者そのものだった、
そう思います。

それにしても
>素人連れてきて訳の分からぬ番組にするか
この手の番組が今は多すぎます。

音楽にせよ科学にせよ素人の意見を撒き散らす、
もっとも今の政治そのものが小学校の学芸会レベルですので、
これ以上望むのは無理かもしれません。

今思うとヒットラーがヒットラー・ユーゲントを組織した理由が良く分かります。
バカは死ななきゃ治らない、だから若者を鍛えるんだと・・・
  1. 2012-04-06 07:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

自分もkazkさんの仰せの通りと思います。当初の数年の演奏には感激したものです。結成から20年ほどたった現在では、指揮者も直弟子も当然年があがり、斉藤秀夫を直接知らない孫弟子ひ孫弟子も増えてきました。レベルはともかく、当初の方向から変化しているようにも思います。年月の経過は致し方がありません。
この頃からNHKは小澤征爾をテレビ放送で取り上げるようになりました。FM放送ではそれより前から取り上げてはいましたが。N響騒動のせいもあり日本を離れて世界のオザワになった訳ですが、追い出した側が取り上げるようになったということに、年月の経過を感じました。過去のいきさつから大々的に騒ぐわけにもいかず、かといって上から目線というわけにもいかず淡々とした放送になったと思います。今もそんな微妙な感じがあります。

話がずれますが、過日小澤征爾指揮のウィーンフィルニューイヤーコンサート2002のDVDを見ました。生中継を感激しながら見て、売り出されたときに欲しかったのですが、当時DVD機器を持っていなかったので結局買わず、今頃になってアマゾンで買いました。10年余後の今見てもやっぱり感激します。演奏の善し悪し以前に「味噌汁が好きな日本人」が初めて振っているからです。

ユーロ統合の年だったんですね。
  1. 2012-04-07 22:38
  2. URL
  3. koguma #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kogumaさん
>自分もkazkさんの仰せの通りと思います。当初の数年の演奏には感激したものです。結成から20年ほどたった現在では、指揮者も直弟子も当然年があがり、斉藤秀夫を直接知らない孫弟子ひ孫弟子も増えてきました。レベルはともかく、当初の方向から変化しているようにも思います。年月の経過は致し方がありません。
>この頃からNHKは小澤征爾をテレビ放送で取り上げるようになりました。FM放送ではそれより前から取り上げてはいましたが。N響騒動のせいもあり日本を離れて世界のオザワになった訳ですが、追い出した側が取り上げるようになったということに、年月の経過を感じました。過去のいきさつから大々的に騒ぐわけにもいかず、かといって上から目線というわけにもいかず淡々とした放送になったと思います。今もそんな微妙な感じがあります。
>
>話がずれますが、過日小澤征爾指揮のウィーンフィルニューイヤーコンサート2002のDVDを見ました。生中継を感激しながら見て、売り出されたときに欲しかったのですが、当時DVD機器を持っていなかったので結局買わず、今頃になってアマゾンで買いました。10年余後の今見てもやっぱり感激します。演奏の善し悪し以前に「味噌汁が好きな日本人」が初めて振っているからです。
>
>ユーロ統合の年だったんですね。


サイトウ・キネン・オーケストラは矢張り初期のものがベストですね。
演奏者そのもののレベルが高いですが、同窓会の気心の知れた仲間、
これがいい演奏に繋がっていると思います。

小沢は世界でアレだけ活躍できたので、例えばベルリンフィルの安永徹のような人が出てくるようになった。
「味噌汁の好きな日本人」が世界でこれだけ活躍する。素晴らしい事です。

それにしても小沢征爾、あんな高齢で未だに音楽に対する情熱が凄い、
ただただ感心するばかり、爪の垢でも貰って煎じて飲まなければ・・・

同じ小沢でも小沢政治、コイツは箸にも棒にもかかりませんがね。

  1. 2012-04-08 06:51
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する