2009-07-27 16:24

こんなことで自国語を失っていく

タイ東北部の一番北、ラオスとの国境にノンカイという町がある。

町の北側をメコン川が流れ、そこが国境となっている。

ここにはオーストラリアの援助で友好橋(フレンドシップ ブリッジ)が出来ており、ここで国境を渡ると25キロほどでラオスの首都ビエンチャンに着く、

 

   <ここがノンカイとラオスの首都ビエンチャン>

 

最近こちらの出身の人からこんな話しを聞いた。

ビエンチャンでは国語は当然ラオス語なのだがタイ語も通じる、否今ではタイ語を使う人が増えてきてラオス語を話すと田舎者と馬鹿にされる、

そのもっとも大きな理由はタイのテレビが自由に見られるのでタイの文化がストレートに入ってくる事、

ノンカイ(タイの一地方都市)が首都ビエンチャンよりはるかに大都会でラオス人はビザ無しで自由に往来できる、だからタイの文化や物が自由に入ってくる為との話であった。

 

そしてこれは詳細は不明だが、ビエンチャンのラオス人の金持ちはノンカイに家を買い、子どもをタイで教育を受けさせると言ったことも行われていると聞いた。

 

 

ノンカイのラオスとの国境のメコン川

このあたりで川幅は200M位、この写真は乾季なので水量が少なくタイ側は遠浅の川(?)で水泳場になっている。

上に見える橋が友好橋(オーストラリアの援助で1994年完成)、今年3月ここを通る鉄道も開通した

尚この時期のメコン川は所によっては歩いて渡れるところもあるらしい。 

  

前回エントリーで日本がその文化や技術を世界に発信し続けている限り、日本語の価値が世界の中で埋没することは無いという私の考えを述べた。

所でこのラオスとタイの事例では、正に言葉が亡びてゆく過程そのものではないか。その原因と背景を考えて見たい。

 

まずはじめにラオスの歴史から、

 

ラオスもタイの広い意味でのタイ族、言葉もタイ語グループである、その歴史はどちらも12世紀頃中国雲南省方面から南下してきたグループ、永年ラオスはタイの属国であったが独立が彼らの悲願、その為1893年フランスの保護国(植民地)となり、1953年ラオス王国として完全独立、1975年共産党政権によるラオス人民民主共和国となり現在に至っている。

 

ラオスの人のタイに対する思いを示すエピソードを2つ、

 

最初はタイ国第一番の国宝であるエメラルド寺院(ワット・プラケオ)に有るエメラルド仏、・・・タイの守り本尊・・・

これは今から230年前ラオスから戦利品として奪い取るまではラオスが約200年間国家の宝としてビエンチャンのワットプラケオに安置していたもの、ラオスは今でも返せといっている。(タイに言わせるとその前はチェンマイにあったもので元々タイのもの、それを取り戻しただけ)

 

次はタイのジャンヌダルクと言われ信仰を集めているタオ・スラナリーの件、・・・タイの三大女傑の1人・・・

1826年侵攻してきたラオス軍をこの女傑が撃退、タイ人なら誰でも知っている武勇伝だが・・・

ラオスから見るとこれは侵略ではなくラオスの独立運動、然し敗走したラオス軍を追ってビエンチャンに攻め込んだタイ軍はビエンチャンの町を完全に焼き払い、多数のラオス人を(五万とも十万とも言われる)連行、強制労働させた。

この為ビエンチャンにはこれより古いものはほとんど無い。

 

こんな事がラオス人のタイに対する国民感情を作っている。

だから共産主義国となってもラオスではタイの影響を極力排除する政策を採ってきたわけだ。

 

 

然し国力の差はいかんともし難い、

国土こそタイの半分弱だが人口はタイ6700万人、ラオス630万人と十分の一、そして一人当たりのGDPはタイ8200ドル、ラオス2200ドル程度だ。

主要産業は農業、外貨獲得は観光と木材輸出、そして水力発電の売電位の物。

これではラオスからタイに発信できるものは何も無いのが分かろうと言うもの。

 

メコン川を渡る送電線の鉄塔(対岸はラオス)

 

 夜のなるとタイ側のノンカイの町は夜景が綺麗だがラオス側は真っ暗、然し昼間よく見ると家が無いわけではない。

そこにラオスの貴重な外貨稼ぎの送電線鉄塔がそびえる。

国民は真っ暗な中で暮らし、タイの美しい夜景はラオスの電気が支える・・・

 

 

このように貧しく、タイに発信できる文化も技術も無い国では、言葉までタイに呑み込まれるのも止むを得ないのかもしれない。

歴史的な国民感情なども現実の前には無力なのであろう。

これが言葉まで呑み込まれそうになっている国の実態である。

 

 

尚私は明日から1週間ほどタイに出張します。

パソコンは持って行きますがブログを見る時間が有るかどうか分かりません。ご意見など有りましたら返事が遅れ失礼するかもしれませんがどうぞご容赦を。

 

 

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

こんばんは。
以前のエントリーを読ませていただいています。
私の会社の同期でペイペットというラオス人がいて途中で辞めてラオスの電電公社みたいなところの職員になりました。タオ・スラナリーの戦いはある程度知ってましたがそこまで完敗してたとは知りませんでした。私は米商社を中心に活動しているロックスレー社とお付き合いしていましたが、そこの部長さんはずいぶんとラオスを見下していたようでした。ラオスと国名を発音したら「もっと汚なく発音していいんだ」と言っていました。まあ体制からいってもいかにも北京の息かかってそうですしタイから見たら気味悪い存在でしょうか?。
  1. 2011-05-24 22:53
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん
>こんばんは。
>以前のエントリーを読ませていただいています。
>私の会社の同期でペイペットというラオス人がいて途中で辞めてラオスの電電公社みたいなところの職員になりました。タオ・スラナリーの戦いはある程度知ってましたがそこまで完敗してたとは知りませんでした。私は米商社を中心に活動しているロックスレー社とお付き合いしていましたが、そこの部長さんはずいぶんとラオスを見下していたようでした。ラオスと国名を発音したら「もっと汚なく発音していいんだ」と言っていました。まあ体制からいってもいかにも北京の息かかってそうですしタイから見たら気味悪い存在でしょうか?。

コメント有難うございます。
歴史を紐解きますと12~13世紀前後、中国雲南省辺りに居たタイ族の一部(ラオ族)がメコン川左岸を南下し、現在のラオスに着き、そこに住みついた。
その後その一部が更に南下を続け現在のタイ東北部(イサーン)に住み着いた。このグループが話す言葉がラオス語であり、タイ東北方言=イサーン語=ラオ語です。
メコン川右岸を南下したグループは大きく分けて2グループ、最初に南下したグループはタイ北部に住み着いたタイ北部方言(チェンマイ語)を話す人たち。
もう一つはタイ北部を越えてさらに南下し、タイ中部に住みついた人たちです。このグループが話す言葉がタイ中部方言で現在のタイ標準語です。

こんな歴史があるのでタイ人から見ると同じ仲間に見える。そういう事です。
なおタイ人から見てラオ族(ラオス人・タイ東北人=イサーン人)は
ウスノロだが尻を叩けば真面目に働く、召使に最適な人種。但し器量は悪い。こんな風です。

なおこの話にタイ共産党が絡み、それが地下水脈になって現在のタクシンがある。
これがタイの難しい所です。
  1. 2011-05-25 07:09
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさん様

詳しいご解説をどうもありがとうございます(^-^)。ラオスはある意味タイのプロトタイプといったところでしょうか?。
私の同期のラオス人も10歳くらい老けて見えてハンサムとはほど遠かったです。もちろん人は顔ではありませんが(^-^)。
しかしタイだともちろん様々な民族の混交国家というのはありましょうが男も女もはっとする美男美女もときおり見かけ、全体的に見てもラオスより柔和な丸い顔の人が多いような印象でラオスとの血縁は実際よりあまり感じませんね。

それにしても支那共産党にネパールがやられ、ビンラディン殺害で亀裂がアメリカとの間に走ったパキスタンにも魔手が伸びる中、インド対支那の対立も深まりそうです。タイ方面でも様々水面下でやらかしているのでしょうね…。私は大の嫌韓ですが支那はもっと共存不能だと思っています。支那の仕事をやらされ共産党の連中の真意に触れて前に勤めていたメーカー辞めましたし。
  1. 2011-05-25 21:47
  2. URL
  3. ガンダム #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ガンダムさん

>詳しいご解説をどうもありがとうございます(^-^)。ラオスはある意味タイのプロトタイプといったところでしょうか?。
>私の同期のラオス人も10歳くらい老けて見えてハンサムとはほど遠かったです。もちろん人は顔ではありませんが(^-^)。
>しかしタイだともちろん様々な民族の混交国家というのはありましょうが男も女もはっとする美男美女もときおり見かけ、全体的に見てもラオスより柔和な丸い顔の人が多いような印象でラオスとの血縁は実際よりあまり感じませんね。
>
>それにしても支那共産党にネパールがやられ、ビンラディン殺害で亀裂がアメリカとの間に走ったパキスタンにも魔手が伸びる中、インド対支那の対立も深まりそうです。タイ方面でも様々水面下でやらかしているのでしょうね…。私は大の嫌韓ですが支那はもっと共存不能だと思っています。支那の仕事をやらされ共産党の連中の真意に触れて前に勤めていたメーカー辞めましたし。


タイの人の顔立ちについては実は私はかなり分かります。
その人はイサーンの人(=ラオス系の人)、あの人はチェンマイ系、大体分かります。
私でも分かるくらいなのでタイ人はほぼ正確に分かる、これが問題を複雑にしています。
つまり顔を見ただけで出自が分かる、難しい話では有ります。

中国の問題は今の世界の不安定要因の一つ。
イスラム問題と並んで不安定要因、ビッグ2でしょう。
ただ中国数千年の歴史は膨れ上がって内部矛盾で崩壊の繰り返し。
漢・唐・宋・元・明・清、みなそうでした。
共産党王朝も間もなく崩壊と見ています。
  1. 2011-05-26 07:18
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する