2012-03-25 16:15

銀行はヒマ

 国内の銀行が日本国債の値下がりリスクへの警戒感を強めている・・・のだそうだ。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/552072/

 

 

この話のコメントはsonoさんが的確なことを言っているので此処を見てください。

http://sopnoraone-3.iza.ne.jp/blog/entry/2635650/

 

 

 

私はこの問題の背後に日本の銀行が銀行としての機能を果たしていないことがあると思っている。

 

銀行に行った事のある人は気がついていると思うが、日本の銀行は今ヒマをもてあましている。

お客さんが来ないのだ。

いや、来ても追い返すのでお客さんがいないのだ。

 

 

例えばこんな風。

 

                       注:この写真は拾いです)

こんな鳥が鳴いてます。鳥の名はカッコウ、別名:閑古鳥

     

 余談だがこの鳥、最近の棲み処はお台場周辺らしい、いい事である・・・

 

 

 

こんなに日本の銀行はヒマ。

理由は一般のカネの出し入れなどは全てATM

銀行本来の仕事である企業などへのカネの融資、

これは今銀行はする必要が無い。

(理由は後ほど)

 

 

 

一方これはタイの銀行の窓口の写真

あるショッピングセンターに開いている銀行窓口。

 

 

これは木曜日の午後7時の写真。

銀行はこんな時間でもお客さんで賑わっている。

この銀行のATMは撮影者の直ぐ後ろにある、だからこのお客さんはATMで済むような事で来ているわけではない。

(タイのATMは24時間OK、どの銀行のカードでも受付OK)

 

(注:こんなオープンな銀行で大丈夫かと思うが、警備員が常駐している。

この写真を撮ったとたん警備員が凄い剣幕で飛んできた・・・桑原桑原。)

 

タイの銀行については以下参照ください。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2541864/ 

 

 

さて日本の銀行は仕事をする必要が無い、

理由は超低金利だからである。

銀行に金を預けても金利など無きも同然、

そしてその預かった金で絶対安全な国債を買う。

ただ同然のコストのカネで買う国債

正に何もしなくても儲かるのである。

これでは銀行は何もしなくても儲かる仕組みが出来ているわけだ。

だから一般の人が商売をしようとしても貸す金は無い。

全部国債を買ってしまえば何の苦労も無い。

 

 

最初に見ていただいた閑古鳥の鳴く銀行の風景、

普通ならこんな銀行、直ぐに倒産である。

しかし日本では閑古鳥が鳴くほど儲かる。

 

銀行がデフレ歓迎、不景気歓迎、増税大賛成と言うわけだ。

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

No title

 銀行は預金を集めて国債を買って、その金利の4分の3をピンハネしているのですから極楽商売えす。

 こんな極楽商売を十年もしていたら、もうマトモな仕事ができなくなるかも?

 定期預金にお金を入れるぐらいなら、個人向け国債を買った方が良いのです。
 金利が4倍ぐらいになります。

 それに解約に手間がかかるので、振り込め詐欺除けにもなります。
 
  1. 2012-03-25 18:26
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> 銀行は預金を集めて国債を買って、その金利の4分の3をピンハネしているのですから極楽商売えす。
>
> こんな極楽商売を十年もしていたら、もうマトモな仕事ができなくなるかも?
>
> 定期預金にお金を入れるぐらいなら、個人向け国債を買った方が良いのです。
> 金利が4倍ぐらいになります。
>
> それに解約に手間がかかるので、振り込め詐欺除けにもなります。


このカラクリは誰でも分かる簡単な話なのですが全く報道しません。
これだけでも日本のマスゴミはマトモな報道機関ではないことが分かるのです。
このカラクリに気がついたのは私の場合はタイに行ってから、
タイでは銀行は金の借り手を必死に探します。
そして日本より金利は高いですが簡単に金を貸してくれます。
(勿論取り立ても厳しいですが、まあそれは仕方ない所)
ですからちょっとやる気のある連中は簡単に起業します。

ですからカネがうまく廻るようになれば仕事なんか幾らでも出来るんです。
ただしこんな状態が長く続きすぎました。
ですから銀行員は自分が本来やるべきことは何か?
そんな事が分からなくなっています。
矢張りバカは死ななきゃ治らない。
困った事です。
  1. 2012-03-25 20:58
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

岩手銀行という地方銀行があります。国債の他には地元の連中に融資する他に利ざやを稼ぐ方法を知らぬらしく、堅実一方の経営の銀行らしいのですが、これが県下一の優良企業というのですから、お笑いですね。

銀行にしてもマスゴミにしても学校の成績はいい連中が言ったはずのところです。まともな競争がないところが本当にダメになったのだなということだけは本当にによく分かります。

ただ問題はそういう馬鹿共が本当に戦ってる人々の足を引っ張り続けることでありましょう。人間50年以上やってますが、こんなに不思議な光景を見るとは思わなかった気がします。
  1. 2012-03-25 23:44
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

知人が事業を興そうと思い 保証協会に出かけたのですが・・・
銀行経由の融資だった為 銀行に止められて融資が下りず 頓挫しました。
2億以上の不動産担保を入れることにしていたのに 2億が借りれません。

また 別の友人も同じく事業を起こすために 国金に融資を申し込んだのですが
15年払った住宅ローンの返済が 2回1日遅れたことで融資がおりませんでした。
人間なら うっかりということもあるでしょうが、内規でダメなんでしょう。
しかし こんなことじゃ 新規事業を興すのには、無理かもしれませんね。
リスクがある個人事業者に貸すよりも 国債買ってたほうが安全なのは
わかりますが、日本じゃ ジョブスの様な人は生まれないでしょうw
  1. 2012-03-26 03:32
  2. URL
  3. zuka1123 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

2月に放送されたNHKスペシャル「魚の町は守れるか・ある信用金庫の200日」は感動の物語でした。

被災した地元の漁業会社は再建のために金策に走ります。しかしこれまで取引のあった銀行は貸さない。万策尽きて初めて訪れた気仙沼信用金庫は融資額の大きさに呻吟します。しかし「気仙沼ブランドを消すな」の判断のもとに融資に踏み出します。
もとより潤沢な資金がある信金ではありません。様々な手を用いて工面する。見通しが立った直後、成り行きを見ていたメインバンクが信金の担保をもって融資するとの話を持ち出してきます。銀行はまさに雨の日には傘を取り上げ、日差しが出れば傘を貸す。

融資は漁業、造船と町を支えた基幹産業でした。信金は懸命にこれらの企業を支えた。魚の町を守れと。銀行はただそれらの果実を貪っていたのです。
  1. 2012-03-26 06:16
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>岩手銀行という地方銀行があります。国債の他には地元の連中に融資する他に利ざやを稼ぐ方法を知らぬらしく、堅実一方の経営の銀行らしいのですが、これが県下一の優良企業というのですから、お笑いですね。
>
>銀行にしてもマスゴミにしても学校の成績はいい連中が言ったはずのところです。まともな競争がないところが本当にダメになったのだなということだけは本当にによく分かります。
>
>ただ問題はそういう馬鹿共が本当に戦ってる人々の足を引っ張り続けることでありましょう。人間50年以上やってますが、こんなに不思議な光景を見るとは思わなかった気がします。



私も銀行に行く度に不思議に思っています。ガラガラですもんね。
>まともな競争がないところが本当にダメになった・・・
これですよねえ、競争なきところに進歩なし。

今教育の世界も競争を排除してみたらガタガタ。
競争の無いところで「みんな仲良く、オテテつないで」をやってきたら
激烈な国際競争で呆然と立ち尽くすだけ。
でも永田町界隈にはそんな連中がウヨウヨ・・・
  1. 2012-03-26 06:17
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To zuka1123さん
>こんにちは
>
>知人が事業を興そうと思い 保証協会に出かけたのですが・・・
>銀行経由の融資だった為 銀行に止められて融資が下りず 頓挫しました。
>2億以上の不動産担保を入れることにしていたのに 2億が借りれません。
>
>また 別の友人も同じく事業を起こすために 国金に融資を申し込んだのですが
>15年払った住宅ローンの返済が 2回1日遅れたことで融資がおりませんでした。
>人間なら うっかりということもあるでしょうが、内規でダメなんでしょう。
>しかし こんなことじゃ 新規事業を興すのには、無理かもしれませんね。
>リスクがある個人事業者に貸すよりも 国債買ってたほうが安全なのは
>わかりますが、日本じゃ ジョブスの様な人は生まれないでしょうw


今若い人を中心に就職難で困ってますが、問題の根っこはこんな事。
ご友人の方が融資が受けられれば、相当の商売が出来た、そう思います。
何十人か(うまく行けば何百人か)の雇用も創設できた、いい事ずくめです。
ご友人の方の無念さ、良く分かります。

邪魔をしているのが銀行、
彼らには日本を良くしようとか、地域を発展させようとか、そんな発想は薬にしたくとも有りません。
  1. 2012-03-26 06:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>2月に放送されたNHKスペシャル「魚の町は守れるか・ある信用金庫の200日」は感動の物語でした。
>
>被災した地元の漁業会社は再建のために金策に走ります。しかしこれまで取引のあった銀行は貸さない。万策尽きて初めて訪れた気仙沼信用金庫は融資額の大きさに呻吟します。しかし「気仙沼ブランドを消すな」の判断のもとに融資に踏み出します。
>もとより潤沢な資金がある信金ではありません。様々な手を用いて工面する。見通しが立った直後、成り行きを見ていたメインバンクが信金の担保をもって融資するとの話を持ち出してきます。銀行はまさに雨の日には傘を取り上げ、日差しが出れば傘を貸す。
>
>融資は漁業、造船と町を支えた基幹産業でした。信金は懸命にこれらの企業を支えた。魚の町を守れと。銀行はただそれらの果実を貪っていたのです。


なるほど、日頃犬HKと言っている私ですが、いい話ですねえ。
やはり心ある人は何処にもいる。
未曾有の大災害から立ち上がろうとしている人がいる、
それを何とかして手助けしようとする人がいる、
それを全国の報道しようとする人がいる。
いい話を聞きました、有難うございます。

大手銀行がその果実を横取りしようとする、
彼らの論理ではそれこそビジネス、正しい金儲けなんでしょう。

大手銀行屋はアメリカの強欲ビジネスを見てますから、
欠片も悪い事してるとは思って無い、日本の悪い所です。
  1. 2012-03-26 06:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

銀行がこのような事をやっているのは、財務省とか日銀が命令しているからではないでしょうか。
聞いた話ですが、銀行にとってお上の命令は絶対で、少しでも違うことをやると意地悪されるそうです。
昔東海銀行の秋葉原支店で1600億円を使い込んでタイに逃げた行員が居ました。それで支店長を減給かなにかの処分をしたところ、日銀の天下りだったため、お金を引き上げられてしまったという事が有りました。

去年の夏大学生の後輩と飲んだのですが、地銀に就職が決まったと言うので、初任給を訊いたところ、17万なにがしと言うのでビックリしました。
10年以上前に就職したむすめは20万以上だったからです。
まあ銀行は入ってから上がるとは聞いていますが。
  1. 2012-03-26 08:32
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ご紹介戴き感謝です。
日本の銀行はGDPが停滞する中で出る幕が無いのですね。
資金需要が有っても自己資本比率に縛られて貸し出しが出来ない。
従って債権運用だとか証券会社と見まがう商売にシフトして行きます。
日本の証券会社が銀行系に吸収されたのもその所為ですね。

TBさせて戴きます。


  1. 2012-03-26 09:14
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>銀行がこのような事をやっているのは、財務省とか日銀が命令しているからではないでしょうか。
>聞いた話ですが、銀行にとってお上の命令は絶対で、少しでも違うことをやると意地悪されるそうです。
>昔東海銀行の秋葉原支店で1600億円を使い込んでタイに逃げた行員が居ました。それで支店長を減給かなにかの処分をしたところ、日銀の天下りだったため、お金を引き上げられてしまったという事が有りました。
>
>去年の夏大学生の後輩と飲んだのですが、地銀に就職が決まったと言うので、初任給を訊いたところ、17万なにがしと言うのでビックリしました。
>10年以上前に就職したむすめは20万以上だったからです。
>まあ銀行は入ってから上がるとは聞いていますが。


こんにちは、ご無沙汰してます。
確かに仰るとおり日銀・財務省の指導です。
特に国債をナンボ買え、これには簡単には抵抗できないと聞いてます。
そして無理やり買わせた国債で損が出ないように低金利誘導、
こんな構図が今の日本です。

しかしそんな中でも仕事をやる気のあるところにはカネを回すのが銀行の使命のはず、
上掲の相模さん のコメントに
>被災した地元の漁業会社は再建のために金策に走ります。しかしこれまで取引のあった銀行は貸さない。万策尽きて初めて訪れた気仙沼信用金庫は融資額の大きさに呻吟します。しかし「気仙沼ブランドを消すな」の判断のもとに融資に踏み出します。
こんな話があります。

私はこの話、素晴らしいと思います。
再建に命をかける、その会社を助ける為小さな信用金庫も命がけ。
これでなくては未曾有の災害から立ち上がれません。

それから東海銀行、懐かしい名前です。まだ東海銀行があさひ銀行との提携話を進めていた頃、両行の支店長研修会がタイで行なわれ、1日かけて案内した事が有ります。
私の東海銀行に対する不信感はこの頃芽生えました・・・

所で話は変わりますが先日情報をいただいた海底トンネル崩壊事故、遂にセグメントが真っ二つに割れた現物が見つかってますね。
矢張り八目山人さんのご指摘どおりでした。
写真もあるのですが、全く報道されなくなりました。
困った事です。
  1. 2012-03-26 09:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>ご紹介戴き感謝です。
>日本の銀行はGDPが停滞する中で出る幕が無いのですね。
>資金需要が有っても自己資本比率に縛られて貸し出しが出来ない。
>従って債権運用だとか証券会社と見まがう商売にシフトして行きます。
>日本の証券会社が銀行系に吸収されたのもその所為ですね。
>
>TBさせて戴きます。


情報有難うございます。大変良く分かります。
私は日本再建のためには銀行の役割は非常に重要だと考えています。
やる気のある人にはカネを出して仕事をさせる。
これが活性化の第一歩だと思います。

銀行屋さんにはホントは俺達の金で日本再生を進めるんだ!
そんな気概で働いて欲しいです、
そのカネを待っている人が沢山いると思います。
  1. 2012-03-26 10:08
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・

日経新聞のコラム「大機小機」に載っていた話ですが。ある懇親会を100人でホテルで開くとして、その幹事は開催費用100万円を会費として領収書を出さずに、幹事会が払い、金が全く無いので100万円を一人1万円づつ100人から借用書を切って払いました。ではこの借用書は財産だろうか?またこの幹事は次に懇親会を開く時に費用より多めに再度借用書を切って以前に切った借用書を現金で払い戻す事をします。

つまり、これの大掛かりな事が国債だという話です。つまり集団幻想で財産だと多くの国民が信じているので、財産というが、実体は借用書。

このコラム「大機小機」は各界の無名のサラリーマン達が書くそうです。学者や評論家でないから、時々、ビックリするような異論が書いてます。

私はこのコラムの話は面白いと思います。幻想だから、夢から醒めるかもしれません。私は5年以内にそれが訪れるのでないかと思います。

  1. 2012-03-26 12:20
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

なんだかこの様子ですと、銀行が買った国債は海外の投資家の
デマゴーグにより日本の国債が海外に流れる可能性は低いですね。

しかし、日本はいつまでたってもそれぞれの立場がそれぞれの立場
として、働く事を拒む不思議な国ですね(汗。
楽する事しか考えていないように見えます・・・汗。
何でもそうだと思うのですが、やるべき事から逃げ続けていくと、
最終的には滅びしか待ってないような気がするんですけどね。

  1. 2012-03-26 18:02
  2. URL
  3. izauniuni #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん

>私はこのコラムの話は面白いと思います。幻想だから、夢から醒めるかもしれません。私は5年以内にそれが訪れるのでないかと思います。


なるほど面白い話ですね、落語の花見酒現代版と言ったところでしょうか。
この話は良く議論になる話です。
要するに消費してしまったカネは価値が有るのか無いのか、
そこに尽きると思います。
消費してしまったカネで何かを買えばそれは価値が見える。
消費してしまったカネで何かを食べれば・・・(それがこのケース)
それは価値が無いのでしょうか。

このケースで言えば、懇親会で色んな人と話をして沢山の情報を得た人には会費の1万円は安いもの。
しかしただ行っただけ、美味しくも無いものを食べただけ、こんな人には会費の1万円は無駄金となります。

結論、国債とは日本国政府が行政をするために借金をした、その借用書です。
しかし誰がカネを出したか、日本の場合は大部分(約95%)が国民の預貯金です。政府の借金=国民の財産です。
言ってみればお父ちゃんが仕事をするためにお母ちゃんのヘソクリを借りている、そんな感じでしょう。
そこで三菱UFJ銀行の調査レポートはお母ちゃんのヘソクリもあと5年で無くなる、「そうなったら地獄だぞえ」 こういって脅しているのが現状です。

この件は私が長々書くよりsonoさんの解説を読んでいただいたほうが早い。
そしてこの借金、チャラにするのは実は簡単なのです。
政府にはカネを印刷する権限がある、その権限をちょっと行使すればいいだけなのです。
問題はそのカネの使い方、まずは公共事業を昔並みにやることです。
大震災から1年経っても何もしない政府ではダメですけどね。
ヤッパリ自民党、麻生さんでしょう、やれる人は。そう思います。
  1. 2012-03-26 18:44
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izauniuniさん
>なんだかこの様子ですと、銀行が買った国債は海外の投資家の
>デマゴーグにより日本の国債が海外に流れる可能性は低いですね。
>
>しかし、日本はいつまでたってもそれぞれの立場がそれぞれの立場
>として、働く事を拒む不思議な国ですね(汗。
>楽する事しか考えていないように見えます・・・汗。
>何でもそうだと思うのですが、やるべき事から逃げ続けていくと、
>最終的には滅びしか待ってないような気がするんですけどね。
>


欧米のカネの亡者から見ると日本は正に不思議の国なんですね。
最大の不思議は東日本大震災。
この震災で流石の日本もくたばった、みんなそう思っていたんです。
手を叩いて喜んだ国もニダアルの約2ヶ国。
所が蓋をあけてみたら貿易収支、貿易外収支を合わせた国際収支は黒字のまま、
格付け会社が幾ら格付けを落としても日本はビクともしない。

それでいよいよ本腰を上げて日本撲滅作戦を展開し始めたのが、アホ民主党政権の間しかないから此処で何とか・・・
それが現在です。
そろそろ日本も立ち上がらねばならない、そう思います。
  1. 2012-03-26 20:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する