2012-03-17 23:27

ホロヴィッツ・イン・ウィーン

 今日古いビデオテープを整理していたら、アメリカのピアニスト、ホロヴィッツの演奏ビデオが出てきた。

ホロヴィッツ・イン・ウィーン 1987年の演奏だった。

 

 

これがその時の演奏

この時ホロヴィッツ、84歳

 

ウィーンのムジーク・フェラインザール(ウィーン楽友協会大ホール)での演奏。

 

 

ホロヴィッツ:下記参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84

 

 

 

ビックリしたのは演奏が終わったら観客総立ち、

ホロヴィッツはアンコール1曲では拍手が鳴り止まず、

結局アンコールを3曲も弾いた。

それでも拍手が鳴り止まず、最後に出てきてピアノの蓋を閉めてしまった・・・

 

いいテープが見つかったので早速DVDにダビング。

 

矢張りたまには戸棚の奥も整理して見るものです。

お宝が見つかる事もある・・・

  1. どうでもいい事
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

1989年に死去ですから、その2年前の貴重な映像ですね。生涯現役のピアニストでした。



  1. 2012-03-18 20:42
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>1989年に死去ですから、その2年前の貴重な映像ですね。生涯現役のピアニストでした。
>


ホントに貴重な映像です。
たまには大掃除せよとの神様のお達しかもしれません。
  1. 2012-03-19 07:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

ホロビッツか、確かこの人はくらい演奏の評価が別れる人は珍しかったんじゃなかろうか。聞いてみると結構ミスタッチがあったりしてアレなんですが、とにかくパフォーマンスの質が高いとしか言えないですねえ。ミスがミスに聞こえないんだよなあ。

巨匠というのはこういう有無を言わせぬ雰囲気を持った人なんでしょうね。確か、一時病気か何かで引退同然だった後、カムバックした時は若いころt全然芸風が変わってたとか色々聞きますが、やはり出来る人は違いますねえ。

トスカニーニもわかってたんですねえ。それでも死んでから23年になるのか。今の若い音楽家は昔に比べるとほんとうに大変になったと思いますね。録音はまだ、技術でごまかしてるんだとか劣化してるから比較が難しいとか言えますが、デジタル情報はそれが言えませんし、ライブとなるとその場の雰囲気がモロに伝わってしまいますので昔の巨匠と対決しなければなりません。

以前、人間国宝だった柳家小さんの息子が画像で残る親父と比較されるのは本当に大変だといってましたが、同じようなものでありましょう。それともお手本がしっかり残ってるからやりやすいと思うんでしょうか。


  1. 2012-03-19 11:58
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>ホロビッツか、確かこの人はくらい演奏の評価が別れる人は珍しかったんじゃなかろうか。聞いてみると結構ミスタッチがあったりしてアレなんですが、とにかくパフォーマンスの質が高いとしか言えないですねえ。ミスがミスに聞こえないんだよなあ。
>
>巨匠というのはこういう有無を言わせぬ雰囲気を持った人なんでしょうね。確か、一時病気か何かで引退同然だった後、カムバックした時は若いころt全然芸風が変わってたとか色々聞きますが、やはり出来る人は違いますねえ。
>
>トスカニーニもわかってたんですねえ。それでも死んでから23年になるのか。今の若い音楽家は昔に比べるとほんとうに大変になったと思いますね。録音はまだ、技術でごまかしてるんだとか劣化してるから比較が難しいとか言えますが、デジタル情報はそれが言えませんし、ライブとなるとその場の雰囲気がモロに伝わってしまいますので昔の巨匠と対決しなければなりません。
>
>以前、人間国宝だった柳家小さんの息子が画像で残る親父と比較されるのは本当に大変だといってましたが、同じようなものでありましょう。それともお手本がしっかり残ってるからやりやすいと思うんでしょうか。


確かにそうですね、今のデジタル技術は素晴らしい。
これは音楽に限らず、例えばもの造りの現場でも同じです。
中途半端な職人芸は要らない、
デジタル技術の上を行く職人芸が求められています。

私はホロヴィッツはもう1本テープを持っているのですが、
これは死去の数ヶ月前の映像、CD用の録音風景でモーツアルトを弾いています。
凄いと感心したのはその録音(2時間)の為に2週間猛練習をした、
解説者がそう言っていました。
矢張り超一流の人はやることが違う、そう思いました。
  1. 2012-03-19 18:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する