2012-02-25 16:38

学生の学力低下<その一つの処方箋

 今日の新聞各紙は大学生の数学の学力低下が酷い事が報道されている。

新聞によっては技術立国の危機などと書いている。

確かにそうだ。

だがどの報道を見てもゆとり教育が云々とは書いて有るが、では対策は如何するか、そんな事は書いてない。

学校の先生の責任だくらいの感覚である。

 

 

だがちょっと待って欲しい、

ゆとり教育マンセーで日教組の尻馬に乗っていたのは君たちマスゴミだろ、

 

その反省のコメントは無いのか!

 

 

最初に学力がどんなものか、その実例の分かる報道から。

これは読売新聞の物。

 

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120224-OYT1T00931.htm

<以下引用>

 

 

「平均」の意味、大学生の24%が理解せず

 

 大学生の24%が「平均」の意味を正しく理解していないなど、基礎的な数学力、論理力に大きな課題があることが、日本数学会(理事長・宮岡洋一東京大教授)が実施した初の「大学生数学基本調査」で明らかになった。


ゆとり教育の影響のほか、少子化による大学全入時代の到来で入試の難易度が下がったことなどが、理由として指摘されている。

 調査は昨年4月から7月にかけ、国公立大、私立大計48大学で実施。主に入学直後の学生5934人が協力した。調査では小中学校で学ぶ内容を中心に、論理的な文章の読解や記述力、基本的な作図力を問う5問が出題された。

 

 その結果、全問正答した学生は、わずか1・2%だった。「偶数と奇数を足すとなぜ奇数になるか」を論理的に説明させる中3レベルの問題の正答率は19%

小6で学ぶ「平均」についても、求め方は分かるが、「平均より身長が高い生徒と低い生徒は同じ数いる」などの正誤については誤答が目立ち、中堅私大では半数が誤答だった。

(2012年2月24日20時19分  読売新聞)
<引用終り>

 

 

 

 

偶数と奇数を足すと何故奇数なのか正しく説明できる学生が僅か19%、衝撃的な数字である。

 

そしてこれは学生だけ、教師だけの問題ではなく、社会全体の問題として捉えないと解決は難しい。

家庭でも会社でもこの問題を解決する活動、つまり皆で勉強しようと言う活動を今こそやるべき時なのである。

 

この話に丁度良い事例が有る。

先日本屋がなくなったという話をエントリーした。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2595424/

 

此処にyuyuuさんが大変いい話をコメントしてくれた。

この話をそのまま紹介しよう。

 

 

Commented by yuyuu さん

 

親がテレビを見て、新聞読んでるようでは子供は本は読みません。
だから、子供が小さいうちは親もテレビを見ないで本を読むことです。
我家の場合は小学校に入る前から週に数回は妻が子供を図書館に連れて行き一緒に読書。週末は私を含めて図書館で家族で読書。

その結果、本を読む子になりました。
量も尋常ではなく、ダンボール1箱3ヶ月は持ちません。
小学校時代は古本屋でダンボール単位で本を買ってましたね。

本を読んでも体育が゙好きで、2人とも体育会です。
武家の伝統は文武両道なので別に変ではありません。

親や爺や婆が努力すれば、これからの子供も読書好きになります。

<引用終り>

 

こういう話である。

子どもに本を読めというだけではダメ、親が自分で手本を示し、自分も本を読む

これが本を読む子を育てるコツである。

 

学生の学力低下、これは深刻だが、学校の先生がどうのこうの、

こんな事だけでは始まらない。

Yuyuuさんがやった様に親が手本を示し、親も行動する。

これは家庭だけでなく会社などでも同じだと思う。

会社の先輩、上司も行動すべきだと思う。

 

テレビなどは碌な番組をやっていない、

今こそ社会全体で勉強しよう、そういう運動が必要ではないか。

ゆとり教育マンセーをやったマスゴミさん、

せめて罪滅ぼしにこんな運動の音頭とりをやったら如何だね。

  1. 教育
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

ゆとり教育は、詰め込み暗記はいけないから、考える生徒を作ると言うのが趣旨だったように思います。しかし基礎を詰め込まなければ、考える力は湧きません。だから親は塾に行かせます。しかし塾に通ってなおこの程度の教育レベルだと言うのなら、日本人はバカかと言わざるを得ません。
民主党が大量得票する時代ですから、子供ならずとも、大人もバカになったのでしょう。根は深そうです。
  1. 2012-02-25 18:45
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>ゆとり教育は、詰め込み暗記はいけないから、考える生徒を作ると言うのが趣旨だったように思います。しかし基礎を詰め込まなければ、考える力は湧きません。だから親は塾に行かせます。しかし塾に通ってなおこの程度の教育レベルだと言うのなら、日本人はバカかと言わざるを得ません。
>民主党が大量得票する時代ですから、子供ならずとも、大人もバカになったのでしょう。根は深そうです。


仰るとおり、基礎は教える物ではなく教え込む物です。
しっかり基礎を教え込めば後は何とかなる。
最初は否と言おうが教え込むのです。

それと大人も馬鹿になっている、同感です。
実はこのエントリーで書こうか書くまいか迷って書かなかったことが有ります。
それはタイでの経験、
タイ人スタッフやリーダー達に時々学力テストをしていました。
例えば二桁と二桁の掛け算、それを知らん顔して計算してみろといったやらせる。
こんな事をやってました。
偶数と奇数の足し算も問題としてやらせていました。
今の学生の数学能力ならタイ人にも負ける、
残念ですが事実です。
だからこの話、日本の進路の赤信号です。
  1. 2012-02-25 20:10
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

根本的には初等教育の大失敗だと思ってます。
要は小学校が甘すぎるのですよ。理解と定着は別だということが本当にわかってないのです。そこできちんとした詰め込みをやらぬことが問題の根本でしょう。だからあーやったことあるわ、でもわからん、ということになります。
あとは地頭の悪さでしょうか。これは小さいうちにどれだけ手を動かし実際の経験を積んでるかということになります。

塾通いで成績を伸ばすなんてのは本当は遅いのです。勝負はおそらく10歳の時点で決まってます。入れ物の大きさと質はこの頃に決まってます。これは生涯そう変わりません。

副次的なもう一つの問題としては高校入試が選抜としてまともに作用してないことでしょうかね。あれは実力で輪切りにしてるだけですから勉強をやって伸ばすということが出来ません。

この手の問題が起きる本当の原因は小生国立大学教育学部の付属の小学校の問題があると思ってます。文部省あたりは、教育指導要領の作成などでこうした機関で実地にテストをしてるのですが、こういうところの子供がゆとりプログラムでも結構上手く行ってしまうのです。優秀な層でうまくいくことが、全体に有効な訳がありません。この辺りを考えねばいかんのです。この手の連中なら英語3時間とかいう無謀なことやってもそれなりにうまくいくのです。

これを見てゆとり教育有効なんて寝言ほざいてる連中は多いはずです。
これは決して単なる学力問題じゃあないのです。


  1. 2012-02-25 23:51
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

僕も読書しないと・・・w。
  1. 2012-02-26 00:39
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>根本的には初等教育の大失敗だと思ってます。
>要は小学校が甘すぎるのですよ。理解と定着は別だということが本当にわかってないのです。そこできちんとした詰め込みをやらぬことが問題の根本でしょう。だからあーやったことあるわ、でもわからん、ということになります。
>あとは地頭の悪さでしょうか。これは小さいうちにどれだけ手を動かし実際の経験を積んでるかということになります。
>
>塾通いで成績を伸ばすなんてのは本当は遅いのです。勝負はおそらく10歳の時点で決まってます。入れ物の大きさと質はこの頃に決まってます。これは生涯そう変わりません。


全く同感です。そして学問は本当は手で覚える部分が有る。
算盤のうまい人に暗算(特に掛け算割り算)をさせると、指で算盤のタマをはじく格好をしながら計算します。
私はこれだと思うのです。
でも今の小学校は地域によっては通知表も有りません。
そんな学校で育った子が算数などできるはずは有りません。
この話は近い内にエントリーします。

>副次的なもう一つの問題としては高校入試が選抜としてまともに作用してないことでしょうかね。あれは実力で輪切りにしてるだけですから勉強をやって伸ばすということが出来ません。
>
>この手の問題が起きる本当の原因は小生国立大学教育学部の付属の小学校の問題があると思ってます。文部省あたりは、教育指導要領の作成などでこうした機関で実地にテストをしてるのですが、こういうところの子供がゆとりプログラムでも結構上手く行ってしまうのです。優秀な層でうまくいくことが、全体に有効な訳がありません。この辺りを考えねばいかんのです。この手の連中なら英語3時間とかいう無謀なことやってもそれなりにうまくいくのです。
>
>これを見てゆとり教育有効なんて寝言ほざいてる連中は多いはずです。
>これは決して単なる学力問題じゃあないのです。

なるほど、この話は気がつきませんでした。
貴重な情報、有難うございます。
  1. 2012-02-26 07:10
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>僕も読書しないと・・・w。


そうですね、人間幾つになっても勉強だと思います。
私の母親などは80歳くらいになってから「習字の勉強」を始めました。
80の手習いです。
それも何処やらで通信教育を見つけてきてそれをやっていました。
テーマを送ってくるのでそれを書いて送ると先生が朱筆で添削してくれる。
それが嬉しいらしく、返事はまだかと毎日郵便ポストを覗いていました。
  1. 2012-02-26 07:25
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する