2012-02-18 17:56

ゆとり教育世代が社会に出てくる

 ゆとり教育がどうのこうの、こんな話をこの頃聞かなくなった。

しかしゆとり教育世代は実はこれから社会に出てくるので有る。

 

 

ゆとり教育の問題、これについてはsonoさんのブログ、バカ国民のお勉強に是非と言うことで2点追加して欲しいとお願いしたが、その内の一つである。

 

先ずゆとり教育と言っても変遷が有るのでそれから説明。

 

ゆとり教育の変遷

1) 学習指導要領  1980年度施行

2)   〃        1992年度施行

3)   〃        2002年度施行

 

 

この3段階が有る、

そして終焉は2011年度施行の新学習指導要領である。

(但し新しい教育が1980年以前と同じかと言うとそうではないようだが私も詳細は分からない)

 

 

この内特に2002年度施行のものが極めて評判が悪く、一般的にゆとり教育といえばこれを指すことが多い。

しかしその前からゆとり教育は始まっている。

 

そして新学習指導要領による教育は

小学校・・・2011年度から

中学校・・・2012年度から

高校  ・・・2014年度から(数学・理科は2013年度から)

 

こんな風になっている。

 

 

ゆとり教育と脱ゆとり教育でどれ位変ったか、

それを授業時間で見ると

 

ゆとり教育と移行措置と脱ゆとり教育の学年別総授業時数の変化[7]
学年ゆとり教育移行期間脱ゆとり教育
小学1年生782(23)816(24)850(25)
小学2年生840(24)875(25)910(26)
小学3年生910(26)945(27)945(27)
小学4年生945(27)980(28)980(28)
小学5年生945(27)980(28)980(28)
小学6年生945(27)980(28)980(28)
中学1年生980(28)980(28)1015(29)
中学2年生980(28)980(28)1015(29)
中学3年生980(28)980(28)1015(29)

  • ()内は週時間あたりの授業時数

 

 

その主な変化内容は

  • 円周率を「目的に応じて3を用いて処理」から「円周率は3.14とする」に変更された。
  • 中学校において二次方程式の解の公式が登場する。
  • 中学校でイオンについて習う。
  • 教科書が増量となった。

 

詳しくは以下参照ください

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B1%E3%82%86%E3%81%A8%E3%82%8A%E6%95%99%E8%82%B2

 

ゆとり教育には他にも学校週休2日制やハッピーマンデー制度など色々有るが省略。

 

 

さてこんな教育、今始まったばかりで、この3月に卒業する若者は古いゆとり教育を受けてきた訳だ。

その若者達を受け入れる社会人の方たちに是非お願いしたい事が有る。

 

一言、「この若者達は不幸にもシッカリした教育を受けられなかった。だから社会の中でシッカリ教育して欲しい。学問もだが人間としての生き方もキチンと教えてほしい。」

 

 

何故こんな事を言うか。

私がタイ時代にタイの子ども達の学校の時間割を手に入れたことが有る。

これは私の家内が小学校の教師なので是非その参考にして欲しいと持ってきたもの。

やや古いが是非見て欲しい。

発展途上国でもこんなに努力している、日本がボンヤリしている訳にはいかないのだ。

 

 

 

 

これが 私が手に入れた時間割の原本

 

これは中3の時間割

 

 

これは小6の時間割 (英語で書いて有る)

これは小3の時間割 タイ語なので中3のお兄ちゃんが英語を追記してくれた

 

 

次はこの時間割から日本の学校の授業時間を比較したもの

(2008年のデータです)

  
   タイ 日本新学習指導要領

日本  
教科区分教科6 選択科目配分
  1215       
基礎教科国語6647536.7533
     *245*175*105*235*175*105*105
 算数数学6555544.34.334
     *175*175*140*150*150*105*140
 英語276 14  34
    1       
    (chinese) *35*140  *105*140
応用教科理科2362.63422.72.33.3
     *90*105*140*70*95*80*115
 社会23323422.92.43.4
     *70*105*140*70*100*85*120
 生活家庭112 1.61 1.611
      *55*35 *55*35*35
 コンピュータ111       
            
技能教科体育 5+11 32.632.62.62.62.6
  activity         
  scout11*105*90*105*90*90*90*90
 音楽 111.71.411.71.411
     *60*50*35*60*50*35*35
 図工美術11 1.71.411.71.411
     *60*50*35*60*50*35*35
その道徳  1+11111111
    buddhism       
    christianity*35*35*35*35*35*35*35
 特別活動1  1111111
     *35*35*35*35*35*35*35
 総合的学習1 1+11+122233.1      2-3.72.7
  healthhealthhealth       
   physical      1physical     2*70*70*70*105*110*70-130*95
 その11+11    選択教科 3-4.7 
  guidanceguidanceguidance       
   free      *105-165 
合計 30353527282926272828
     *945*980*1015*910*945*980*980
特記事項授業時間505050454545454550 
            
 時間帯8:30ー8:30ー8:30ー       
  15:3015:4015:40       
  時限時限時限       

 

 

この表はタイの会社のスタッフの子どもが丁度中3と聞いたので、

その子どもの学校での時間割の小3、小6、中3の分を手に入れたもの。

日本はやっと小学校でも英語を教えるようになったが(それも週1時間)、

タイでは小3から英語教育をはじめ、小6では週7時間!、

英語だけでなく全体の時間数も日本より多い。

(年間の授業週数は日本⇒35週、これもタイの方が多いようだ)

 

詳細は以下のエントリーを参照ください 

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/851439/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/853927/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/855063/

 

 

何やら見にくいエントリーになってしまったがご容赦を。

  1. 教育
  2. TB(0)
  3. CM(6)

コメント

No title

そんなに心配することはありません。小生84年から94年まで塾教師をしてました。

まさに1980、92年度の学習指導要領の改正の波をかぶったものであります。yuyuuさんが仰るところの例の完全な「指示待ち世代」、物を考える能力も意思も欠如しつつ、マニュアルに書かれたことだけはなんの疑問も持たす行うという恐怖の連中につきったのですから…

まあ、不思議な連中でしたね。ものを考えるには知識がいるのに、そして少し上の世代なら知らぬのは恥という風潮がまだありましたが、そんなの全然関係ねえ、と言う連中です。

人間は嫌なものでどんな馬鹿でも、自分が不利益を受けるということは本能的に分かるのです。こういう連中はまた不思議で、何かをやったら個人差が出るということがわからないのです。類は友を呼びますから、昔と異なり付き合いの範囲に異質なものが少なくなってます。同じ事をやれば同じ結果が出ていいはずだと信じる連中です。ところがこういう時の自己責任は全力を上げて拒否します。指導した側の問題だという。

だから仕方がありません。こちらはできうる限り最善のマニュアルを用意するしかありません。個人に対する対応なんてもはや無理です。マニュアルを押し付け行動させるだけ、ある意味簡単ですがこれをするまでが一苦労という連中です。

こうなればもはや損得問題にするしかない。これやっときゃあ得ジャン、の世界です。だからこうなると規範幼稚園児とさして差はありません。小生たちはこういう連中にはトレーニングさせるといったものです。調教するでは親の手前問題がありますから。

70年生まれの連中あたりが今年42歳前後、小中学生の親どもでしょう。「ゆとり」の子供ですが、一部は親が反省してますから別格の品質があるものがあります。それは最初から一般の世に出ませんから問題がありません。その他多数ですが、質の問題はもはや親世代と質自体変わりませんから大丈夫

それよりも受け入れる社会の側が親世代よりはるかに厳しいですから最小限のことはやれるようになるはずです。70年組の93年くらいの御時世と、95年組18年の時代では後者のほうが圧倒的に冷たいことだけは確実でしょう。そうなれば、人間必ず何かの補償行為をします。ですからそんなに差がないと思うのです。
  1. 2012-02-19 04:27
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

TB戴きありがとうございました。
私自身ちんぷんかんぷんなんですが、
円周率を3で割れなんて何でこんなバカな事を教師が教えるのか
全く理解不能ですが、長じてそんなバカは通用しないと云う事を体験して
学校教育への不審感が生じれば逆に良い事かも知れませんね。
kazkさんのコメントを読ませて戴くと世代間の断層が生じている様な気がしますね。親世代も似た様なものだとなると、僕より少し上の世代の団塊などが彼等からボロクソに云われる理由が分かった様な気がします。
新入社員教育のカリキュラムなど考え直す必要があるかも知れません。


  1. 2012-02-19 07:31
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>そんなに心配することはありません。小生84年から94年まで塾教師をしてました。
>
>まさに1980、92年度の学習指導要領の改正の波をかぶったものであります。yuyuuさんが仰るところの例の完全な「指示待ち世代」、物を考える能力も意思も欠如しつつ、マニュアルに書かれたことだけはなんの疑問も持たす行うという恐怖の連中につきったのですから…
>
・・・中略・・・
>
>それよりも受け入れる社会の側が親世代よりはるかに厳しいですから最小限のことはやれるようになるはずです。70年組の93年くらいの御時世と、95年組18年の時代では後者のほうが圧倒的に冷たいことだけは確実でしょう。そうなれば、人間必ず何かの補償行為をします。ですからそんなに差がないと思うのです。
>


そうですか、約10年若者の指導に当たっていた、貴重な経験ですね。
私の場合は社員の教育・指導の経験しか無いわけですが、私の家内は小中の教師でしたし、現在は娘が中学の教師をしています。
ですから色んな事例を知っています。

そして海外に出てから発展途上国の若者の向上心、そして教育についても知る機会が有り、それが今の危機感に繋がっているわけです。
はっきり言って発展途上国の人の90%の人のレベル、これは大した事有りません。しかし残り10%の人のレベルは侮れない。

これは私の意見ですが、日本人と発展途上国の人と能力を比べる云々、
この考え方が出てくることがそもそも間違い。
日本は彼らとは圧倒的に違うレベルの国なのです、国民なのです。
発展途上国の人にとって日本とは、日本人とは、
日本・日本人は彼らの偉大な兄貴であり目標、
に言えば「坂の上の雲」なのです。

そんな自覚の上で我々は努力せねばいけない、そう思っています。
  1. 2012-02-19 09:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>TB戴きありがとうございました。
>私自身ちんぷんかんぷんなんですが、
>円周率を3で割れなんて何でこんなバカな事を教師が教えるのか
>全く理解不能ですが、長じてそんなバカは通用しないと云う事を体験して
>学校教育への不審感が生じれば逆に良い事かも知れませんね。
>kazkさんのコメントを読ませて戴くと世代間の断層が生じている様な気がしますね。親世代も似た様なものだとなると、僕より少し上の世代の団塊などが彼等からボロクソに云われる理由が分かった様な気がします。
>新入社員教育のカリキュラムなど考え直す必要があるかも知れません。


第一次のゆとり教育が始まって既に30年以上、
その時期に教育を受けた人が今子どもの親であり教師です。
会社では中堅どころに来ています。

最近教師の間で評判なのが昭和50年代前半の教科書の復刻版。
これが大変な人気だそうです。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110606/edc11060609010000-n1.htm

多分SONOさんが学んだのもこの範疇のものだったのではないか。
心ある教師には新鮮な驚きだったようです。

そして今社会では自分らとは全く違う教育を受けた人が入ってくる、
そんな目で仕事の教育訓練をして欲しい、そう思っています。
  1. 2012-02-19 09:52
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

>最近教師の間で評判なのが昭和50年代前半の教科書の復刻版。
>これが大変な人気だそうです。
>http://sankei.jp.msn.com/life/news/110606/edc11060609010000-n1.htm

いえいえ、これ以前のものはこれよりもっと難しいです。小生らが使ったのはこの辺りのはずですが、お前らこれはずいぶん易しくなったんだよ、と教師には言われました。

この時にたしか三角関数が中学から消えたのです。

>心ある教師には新鮮な驚きだったようです。
>
こんなので驚かれては困ります。物理化学なんて
我々の頃は易しくなったと何回言われたか。これでも内容は精選されたとされたものだったはずです。
これで驚くなら少しは先輩教師に尊敬の念を持て、というのは言いすぎでしょうか。

>そして今社会では自分らとは全く違う教育を受けた人が入ってくる、
>そんな目で仕事の教育訓練をして欲しい、そう思っています。

団塊の世代と言われる連中とは、やってる内容が少し違いますが、その後60年生まれあたりまではそんなに差がありません。

問題はその下です。環境が決定的に変わりました。育ち方が変わりました。

精神科医の和田秀樹氏がこの連中のことをよく述べてます。
あまりにパターン化し過ぎるきらいはありますがひとつの例証かもしれません。ご参考までに。
http://challenge5.blog110.fc2.com/blog-entry-184.html

  1. 2012-02-19 23:06
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>>最近教師の間で評判なのが昭和50年代前半の教科書の復刻版。
>>これが大変な人気だそうです。
>>http://sankei.jp.msn.com/life/news/110606/edc11060609010000-n1.htm
>
>いえいえ、これ以前のものはこれよりもっと難しいです。小生らが使ったのはこの辺りのはずですが、お前らこれはずいぶん易しくなったんだよ、と教師には言われました。
>
>この時にたしか三角関数が中学から消えたのです。
>
>>心ある教師には新鮮な驚きだったようです。
>>
>こんなので驚かれては困ります。物理化学なんて
>我々の頃は易しくなったと何回言われたか。これでも内容は精選されたとされたものだったはずです。
>これで驚くなら少しは先輩教師に尊敬の念を持て、というのは言いすぎでしょうか。
>
>>そして今社会では自分らとは全く違う教育を受けた人が入ってくる、
>>そんな目で仕事の教育訓練をして欲しい、そう思っています。
>
>団塊の世代と言われる連中とは、やってる内容が少し違いますが、その後60年生まれあたりまではそんなに差がありません。
>
>問題はその下です。環境が決定的に変わりました。育ち方が変わりました。
>
>精神科医の和田秀樹氏がこの連中のことをよく述べてます。
>あまりにパターン化し過ぎるきらいはありますがひとつの例証かもしれません。ご参考までに。
>http://challenge5.blog110.fc2.com/blog-entry-184.html


なるほどね、情報有難うございます。
子どもは鍛えれば伸びる、そう思います。
だから英才教育が必要。
例えば数学などはその差がはっきり出るもの、
頑張る子は2,3年先の教科書でも物足りない位。
そういう子をドンドン伸ばす工夫が必要です。

今は本当に悪平等の時代、
飛び級などはドンドン取り入れてやる気の有る子を育てるべきです。
私がタイで使っていたスタッフに飛び級、飛び級で普通より2年早く大学を出てきたヤツがいました。
エリート意識の塊のような人間でしたが、仕事を頑張ることも半端じゃない。
使い方は難しかったですが、大変重宝な人間でした。
  1. 2012-02-20 07:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する