2012-02-07 15:26

アンコールの衰退を考える

  数ある世界遺産のうちでもピカイチ、それはアンコール・ワットでは無いだろうか。

(注:ワットは寺なのでアンコール・ワットはアンコールの寺、アンコールと言うとアンコールワットだけでなく全体を指すので、以下アンコールといいます)

 

さてアンコールがいかに素晴らしいか、先ずはこれをご覧ください。

これはアンコール・ワット

 

実に素晴らしい、世界遺産のピカイチだ。

このアンコール・ワットが出来た時代、アンコール王朝の絶頂期だった。

 

アンコールの衰退の歴史については以前のエントリーで取り上げた。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2343344/

 

今回取り上げたいのは前回のエントリーと重複する部分が有るが、現在の日本を考える上で非常に参考になることが有るので再度取り上げた次第。

 

分かりやすくする為、各年代で日本史の出来事を並べて見たので参考にしてください。

 

 

最初にアンコール朝の最大版図はこうなっている。

 

 

(西はタイのバンコクより更に西、)

(北は後のタイ最初の王都スコータイの更に先、或いは現在のラオスの首都ビエンチャンまで、)

(東はベトナム南部まで、)

この青い線は所謂王道、此処には要所要所に宿泊施設があり、診療所まで有った。

 

この最大版図がジャヤヴァルマン七世(1181-1220)の時代、

1181年といえば日本では平清盛が死んだ年、頼朝・義経が兵を挙げる直前の頃。

1220年はその前年(1219)源実朝が暗殺された頃。

そして隣国タイはまだ統一国家は無く、スコータイ朝(1238-1448)が出来るのはこれより18年も後のこと。

 

そしてアンコール朝の繁栄ぶりは1296年にこの地を訪れた中国人使節・周達観の真臘風土記に記されている。

(1296年は元寇・文永の役(1274)、公安の役(1281)の少し後)

 

真臘風土記によれば、カンボジア人は天文学に通じ、日食・月食を予測する事が出来た。

或いは市場には食料品が豊富にあったなど事細かく記載されている。この当時のにぎやかな様子を記載している。

 

 

最近の研究ではこの当時のアンコールの人口は75万人程度であったという。

 

そしてこの人口を支える為灌漑など治水工事も盛んに行なわれている。

 

これはその一つ、西バライという貯水池である。

 

 

巨大な貯水池である、長方形で東西8キロ、南北2.1キロにもなる。(西バライは現在でも使われている)

 

アンコールはこの様な巨大な物を作る財力・労働力・技術力を備えた国だったのだ。

 

 

この頃、後にアンコール朝を滅ぼすことになる隣国タイのアユタヤ朝はまだ出来ていない。アユタヤ朝は1351-1767である。

 

そしてこの後百数十年後の1431年、アンコールは侵攻してきたアユタヤ軍に敗北し、カンボジア南部の小国家になってしまった。

(1431年は日本では南北朝の統一(1392)の40年後)

 

 

簡単に言うと、1300年頃まではインドシナ半島で並ぶものの無い大国家。

それが百年そこそこの1431年には新興国アユタヤに滅ぼされるまでに衰退した。

こういう事である。

 

恐らく人口が激減していたのであろう。

そして最近分かった旱魃の存在、1362年ー1392年と1415年ー1440年は深刻な旱魃だった。

 

そこで参考になるのが30012001年3月、日本の上智大学調査チームによるアンコール遺跡発掘調査で見つかったもの。

バンテアイ・クデイ寺院で見つかった土中に埋められた仏像である 。

 

 

首を切られたりしているが、手厚く埋められた仏像が二百数十体。

これを見つけたカンボジア人研修生は思わず手を合わせたという。

 

 

私はこの話を発見直後の2001年8月に現地の通訳から聞いた。

 

 

これが通訳の子、可愛い子でしょう、でもこの子のお祖父さんはポルポトに殺されたとか・・・

 

 

話は仏像の話、この子は「つい最近有る寺院の境内から仏像が多数発見された」と一生懸命説明してくれた。

残念ながらこの当時私にはこんな知識は無く、何か凄い事だと一生懸命説明してくれているなあ、そんな認識しかなかった。

今にして思えばもっとシッカリ聞いておくべきだった・・・ 

 

 

この破壊された仏像が物語る事。

アンコール朝は従来ヒンズー教を信仰していた、しかし最大版図を築いたジャヤヴァルマン七世は大乗仏教を信仰、大乗仏教の寺や仏像を沢山作った。

しかしアンコール朝は王位継承のルールが無く、王位は政権争いで勝ち取るもの

そして新政権は前政権のやったことを全否定して、自分の存在を民衆に知らしめたのではないか。

 

次のジャヤヴァルマン八世がヒンズー教を信仰し、そこで前政権が信仰した仏教を否定、廃仏運動を起こし、仏像が破壊されたのではないか。

昨日まで信仰していた仏像を壊して埋めろ、民衆はそんな指示を出され涙ながらに埋めたのがこの仏像だった、そう思えるのだ。

 

 

この時寺には教師や官僚・技術者・職人などが所属していたので、この様なテクノラートが廃仏運動で僧侶と共にアンコールを去って行っのではないか。

そんな所に旱魃がやってきても、灌漑設備を調整したりして旱魃と戦う力が残っていなかった、そのように思える。

 

 

政権が変ったとき、前政権のやったことを全否定する・・・

これは現在の日本で起こっている

ジミンガー、ジミンガーの大合唱だ。

その一つが沖縄の普天間基地問題、アメリカなどは愛想をつかしている。

原発問題もそうだ、原発を3基も爆発させた空き缶より作ったジミンガー悪い。

 

そんな時国民は如何するか、

アンコールの人たちがやったように、国内には住める、仕事の出来る環境が無い、仕方なく外国に新天地を求めざるを得ないだろう。

 

国を作るのはたいへんな労力が要る、しかし滅ぼすのは簡単だ。

技術者や官僚等テクノラートを追い出せばよい

今日本で官僚叩きや技術者叩きが頻発している。

原発など今から勉強して技術者を目指そうなどという若者がいるだろうか、

 

50年も先の人口統計などを心配するヒマがあったら、もっと目の前の問題をしっかり見て欲しいと思っている。

少なくとも未来を託す若者に今何をしたらいいか、それを指し示すのは現在の世代の責任だと思う。

 

アンコールの衰退の歴史を見て、そんな思いを強くした次第。

  1. カンボジア
  2. TB(0)
  3. CM(18)

コメント

No title

 クメール帝国の滅亡には随分謎が多いようですね。 ワタシは以前、通信大学で東南アジア史をとってクメール帝国とその近隣諸国の興亡を習ったのですが・・・・。

 しかしこの技術者と官僚の抹殺で思い出すのが、ポルポト政権の虐殺です。

 あの時彼等がやったのがまさにそれで、知識階級を全部殺して、貨幣経済も破壊して、完全に新しい社会を作ろうとしたのです。

 それで技術者も全部殺してから、灌漑工事などをしようとしたようですが、素人が出鱈目に作った用水路は何の役にも立たなかったと聞きます。

>この時寺には教師や官僚・技術者・職人などが所属していたので、この様なテクノラートが廃仏運動で僧侶と共にアンコールを去って行ったのではないか。

 これと同じではありませんか?
  1. 2012-02-07 17:54
  2. URL
  3. よもぎねこ♪ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To よもぎねこ♪さん
> クメール帝国の滅亡には随分謎が多いようですね。 ワタシは以前、通信大学で東南アジア史をとってクメール帝国とその近隣諸国の興亡を習ったのですが・・・・。


そうなんです、何せ資料が少ない。
滅亡した文明には残そうという人が居ませんのでね。


> しかしこの技術者と官僚の抹殺で思い出すのが、ポルポト政権の虐殺です。
>
> あの時彼等がやったのがまさにそれで、知識階級を全部殺して、貨幣経済も破壊して、完全に新しい社会を作ろうとしたのです。
>
> それで技術者も全部殺してから、灌漑工事などをしようとしたようですが、素人が出鱈目に作った用水路は何の役にも立たなかったと聞きます。
>
>>この時寺には教師や官僚・技術者・職人などが所属していたので、この様なテクノラートが廃仏運動で僧侶と共にアンコールを去って行ったのではないか。
>
> これと同じではありませんか?


ポルポト水路の話ですね、良くご存知ですね。
実は素人では何も出来ませんので、本職の技術者に設計させて作ったんです。
しかし直ぐにその技術者を殺してしまったので、図面も計算書も何も残っていないそうです。
日本の会社が現地で残っている水路を測量して、それがどういう意図で設計された物か、そんなことから調査しているとの事。
何せ資料皆無なので大変な作業のようです。

そんな事をしないと、どのように使って良いかすら分からない。
しかも現地は浮稲といって水中深くから茎を伸ばす稲に適した所なのですが、ポルポトはこれを怠け者の稲と呼んで栽培を禁止、
普通の稲を植えさせようとした、そのための水路なのですが、
いかんせん農業技術者が居なくては何も出来なかったようです。

兎に角テクノラートが居なくなったらその国家はオシマイ、
それが良く分かる事例です。
  1. 2012-02-07 18:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

あー難しい。僕は歴史大の苦手なんですよね。このエントリ読んでも分かったような分からないような。

ところで、短足さんの以前のアンコールに関するエントリも読んでみたのですが、コメント欄に菅原文太が云々と書いてあったのでなんのことだろう?と思ったんですが、産経紙における発言内容知ってビックリ。

産経はいつから共産主義者にインタビューして乗っけるようになったのか?と思いました。

赤旗や朝日、ドンが隠れ共産主義者の読売ならともかく。
  1. 2012-02-07 20:36
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>あー難しい。僕は歴史大の苦手なんですよね。このエントリ読んでも分かったような分からないような。
>
>ところで、短足さんの以前のアンコールに関するエントリも読んでみたのですが、コメント欄に菅原文太が云々と書いてあったのでなんのことだろう?と思ったんですが、産経紙における発言内容知ってビックリ。
>
>産経はいつから共産主義者にインタビューして乗っけるようになったのか?と思いました。
>
>赤旗や朝日、ドンが隠れ共産主義者の読売ならともかく。


そうなんですよね、
私なんか最初読んだとき、体が震えるほどの怒りを覚えました。
問題は菅原文太では有りません、
あんな河原コジキなんかどうでもいい、
問題はあんなことを誘導して喋らせ記事にしたマスゴミです。
こんな体質こそ糾弾されるべき、
正に万死に値する悪辣な体質、それがマスゴミです。
  1. 2012-02-07 22:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

今、原子力業界を目指した若者は、ライバルが少なくて、20年後にはまったく仕事に困らない可能性のほうが高いような気がするんですけどね。今から外科医を目指すより仕事がありそうな気がします。
なにせ、津波で電源が壊れたのはGEが半世紀前に作った原発だけで、他は全部、M9の地震にも1000年に一度の津波にも耐えたんですから、この先エネルギー事情の逼迫や寒冷化が進めば、嫌でも「稼働させろ」の声が高くなると思うんですよね。現に、国連の原子力専門家も「国連が支援するから日本は早く原発を稼働させるように」といったことを言ってますから。
  1. 2012-02-08 01:18
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>今、原子力業界を目指した若者は、ライバルが少なくて、20年後にはまったく仕事に困らない可能性のほうが高いような気がするんですけどね。今から外科医を目指すより仕事がありそうな気がします。
>なにせ、津波で電源が壊れたのはGEが半世紀前に作った原発だけで、他は全部、M9の地震にも1000年に一度の津波にも耐えたんですから、この先エネルギー事情の逼迫や寒冷化が進めば、嫌でも「稼働させろ」の声が高くなると思うんですよね。現に、国連の原子力専門家も「国連が支援するから日本は早く原発を稼働させるように」といったことを言ってますから。


私が一番心配しているのは正にそこなんです。
世界中が日本のやることを見ている、
そこに何にも知らない馬鹿のいうことだけ聞いて、何にもしなかったら間違いなく衰退です。

出刃包丁は料理には無くてはならないものですが、出刃包丁で死んだ、殺された人が何人いるか、でもそれだから出刃包丁禁止とは誰も言いませんよねえ。
原発もそこなんです。狂人に刃物は禁物ですが、産業・国民生活にはエネルギーはどうしても必要。
マスゴミがそんな事をキチンと報道してこそ存在意義が有る、
しかしこんなことすら分からないアホが牛耳っています。
  1. 2012-02-08 06:51
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

前の政権を全否定し、新たな社会を構築することを古代中国では「易姓革命」と飾った表現で正当化させました。前の政体を全否定する事件は世界中で行われた。まさしく「革命」です。

民主党政権はその意味で「革命政権」です。我々は気づいていませんが、日本は連続した政体の中にはないと思います。
歴史は他国の事象を観察し「他山の石」として自国を磨く眼で見なければ、鳩や菅や野田如きの「うつけ者」の天下になろうというものです。
  1. 2012-02-08 09:50
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん
>To kamosukeさん
>>今、原子力業界を目指した若者は、ライバルが少なくて、20年後にはまったく仕事に困らない可能性のほうが高いような気がするんですけどね。

http://newtou.info/entry/6038/
http://www.youtube.com/watch?v=acQMWPlszS8
http://www.nifs.ac.jp/index-j.html
私は本当に有望な次の時代のエネルギー源は核融合炉だと思います。核分裂のように長期間放射性廃棄物質に悩まされることもなく、燃料の重水素は海水から抽出出来るのでウラニウムのように輸入しなくて済む。ただ残念なことに実用化にはまだ二、三十年かかるそうです。核というだけで目を三角にする山本太郎の様な情弱はほっときましょう。
つなぎのエネルギーとして核分裂の原子炉を稼働するのはやむおえないと思います。
  1. 2012-02-08 12:32
  2. URL
  3. taigen #79D/WHSg
  4. 編集

No title

少子高齢化も国の借金も年金も高齢者の医療も介護も、問題ないと思っています。
真実を明らかにして、少しずつみんなで負担すればよいのです。日本は昔のように貧乏な国ではありません。世界でもまれに見るお金が有る国ですから。

それよりも、大学や高校を卒業しても就職が出来ないことを何とかせねば。
私の甥も32になりますが、大学を出て就職したのですが、その会社が変な会社で13人入って全員やめてしまったそうです。わざと会社がそうしているそうです。
その後例によってフリーターです。正社員になろうと頑張ってるようですが、何とか成りそうな、もう少しというところで不況になって採用取り消しだそうです。
やはり国内の経済成長を重要視する政党が必要です。
  1. 2012-02-08 14:44
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>前の政権を全否定し、新たな社会を構築することを古代中国では「易姓革命」と飾った表現で正当化させました。前の政体を全否定する事件は世界中で行われた。まさしく「革命」です。
>
>民主党政権はその意味で「革命政権」です。我々は気づいていませんが、日本は連続した政体の中にはないと思います。
>歴史は他国の事象を観察し「他山の石」として自国を磨く眼で見なければ、鳩や菅や野田如きの「うつけ者」の天下になろうというものです。


うつけ者ですか、確かにその通り。
日本は徳川幕府から明治政府に変るとき確かに前の政権を全否定したように見えます。
しかし幕府が外国と結んだ条約は誠実に守ろうとしました。
そのため大変な苦労をしました。

ですが民主党うつけ者政権はその約束すら反古にしました。
土鳩・空き缶・野豚、確かに「うつけ者」、その通りです。
  1. 2012-02-08 17:49
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>To 短足おじさんさん
>>To kamosukeさん
>>>今、原子力業界を目指した若者は、ライバルが少なくて、20年後にはまったく仕事に困らない可能性のほうが高いような気がするんですけどね。
>
>http://newtou.info/entry/6038/
>http://www.youtube.com/watch?v=acQMWPlszS8
>http://www.nifs.ac.jp/index-j.html
>私は本当に有望な次の時代のエネルギー源は核融合炉だと思います。核分裂のように長期間放射性廃棄物質に悩まされることもなく、燃料の重水素は海水から抽出出来るのでウラニウムのように輸入しなくて済む。ただ残念なことに実用化にはまだ二、三十年かかるそうです。核というだけで目を三角にする山本太郎の様な情弱はほっときましょう。
>つなぎのエネルギーとして核分裂の原子炉を稼働するのはやむおえないと思います。


興味深い情報有難うございます。
早速見てみました。
私は昔から核融合には興味があり、究極のエネルギーだと思っています。
昨年6月、名古屋でシンポジュームが有り、私も参加したのですが、その中に核融合の話もありました。
国立の核融合科学研究所の発表もありまして、内容を聞いてきました。
海水18リットルから取り出した重水素0.6グラムでポリタンク250本分の石油相当のエネルギーが取り出せる。
そんな話です。
現在ヘリカル型核融合原型炉の詳細設計と原型炉製作に必要な工学研究をしているそうです。

ただ核融合には既に50年の歴史があり、まだ実際に核融合に成功したわけでは無いので、まだまだ道は遠い、
2,30年かかるというのは確かだと思います。
でもこんな話は頑張る価値のある話、
日本の研究者には大いに頑張って欲しいですね。
  1. 2012-02-08 18:23
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>少子高齢化も国の借金も年金も高齢者の医療も介護も、問題ないと思っています。
>真実を明らかにして、少しずつみんなで負担すればよいのです。日本は昔のように貧乏な国ではありません。世界でもまれに見るお金が有る国ですから。
>
>それよりも、大学や高校を卒業しても就職が出来ないことを何とかせねば。
>私の甥も32になりますが、大学を出て就職したのですが、その会社が変な会社で13人入って全員やめてしまったそうです。わざと会社がそうしているそうです。
>その後例によってフリーターです。正社員になろうと頑張ってるようですが、何とか成りそうな、もう少しというところで不況になって採用取り消しだそうです。
>やはり国内の経済成長を重要視する政党が必要です。


大変腹の据わったコメント有難うございます。
今の若い人が思うような就職先が無い、これが将来を暗くする一番の問題ですね。
八目山人さんの甥御さんの様に、働く意思があって体力も有る若い方にはドンドン仕事をしてもらうのが一番。
何といっても20代、30代の頭が柔軟で気力・体力の有る時、
ここで新しいことが生まれるわけですのでね。

相模さんが仰るように早くうつけ者を放り出して、やる気の有る政権にしたいです。
  1. 2012-02-08 18:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>国を作るのはたいへんな労力が要る、しかし滅ぼすのは簡単だ。
>技術者や官僚等テクノラートを追い出せばよい。
>今日本で官僚叩きや技術者叩きが頻発している。

これらを総合したものが「麻生叩き」だった分けですね。
日本の「価値」そのものへの否定キャンペーンの象徴に麻生太郎は使われた分けです。
日本の失ったものは大きいと思います。

TBさせて戴きます。


  1. 2012-02-09 06:53
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>>国を作るのはたいへんな労力が要る、しかし滅ぼすのは簡単だ。
>>技術者や官僚等テクノラートを追い出せばよい。
>>今日本で官僚叩きや技術者叩きが頻発している。
>
>これらを総合したものが「麻生叩き」だった分けですね。
>日本の「価値」そのものへの否定キャンペーンの象徴に麻生太郎は使われた分けです。
>日本の失ったものは大きいと思います。


全く同感です、
日本が失った物の大きさ、我々は後世の世代に言い訳できません。

>
>TBさせて戴きます。
>

有難うございます。
私の考えをコメントさせていただきます。
  1. 2012-02-09 09:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To taigenさん
>To 短足おじさんさん
>>To kamosukeさん
>>>今、原子力業界を目指した若者は、ライバルが少なくて、20年後にはまったく仕事に困らない可能性のほうが高いような気がするんですけどね。
>

東大原子力工学科ですら、システム量子工学科なんて訳の分からない名前に変更するくらいですから、原子力がどれだけ人気がないんだ、と思います。地震前には日本の原発産業は世界最高でもてはやされていたはずなんですが。

核融合は確かに究極のエネルギーかも知れませんが、50年後にようやく実用化の検証が始まるというものを、今からあてにするわけにはいきませんよね。taigenさん引用のサイトの中で、核融合科学研究所自体が、50年計画だと言っています。
http://safety-info.nifs.ac.jp/mailQA/m-Ae03.html
(核融合炉の開発が50年計画ということは、多くの研究者にとって、自分が生きている内に実現できそうにないものに夢をかけているんですね。これはこれですごいことだと思います)

今はやはり核分裂でしょう。安全性の問題が出たのは古い炉なのに、新しいものも含めて原子力そのものをやめてしまえ、と言う今の風潮は極端すぎます。
現行のものの安全性に不安で、再稼動反対や廃炉にしろ、というのは分かりますが、代わりに最新のものを作ろうという議論はなく、すべてやめてしまえ、ですからね。
東芝の4Sなんて良いと思います。こういうのをつぶしちゃいけません。
東京に天然ガスの発電所を作ろう、なんて話がありましたが、いっそのこと、4Sの原発を東京に作ったらどうでしょう。極論かな。
  1. 2012-02-09 15:41
  2. URL
  3. takaca #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To takacaさん
>To taigenさん
>>To 短足おじさんさん
>>>To kamosukeさん
>>>>今、原子力業界を目指した若者は、ライバルが少なくて、20年後にはまったく仕事に困らない可能性のほうが高いような気がするんですけどね。
>>
>
>東大原子力工学科ですら、システム量子工学科なんて訳の分からない名前に変更するくらいですから、原子力がどれだけ人気がないんだ、と思います。地震前には日本の原発産業は世界最高でもてはやされていたはずなんですが。
>
>核融合は確かに究極のエネルギーかも知れませんが、50年後にようやく実用化の検証が始まるというものを、今からあてにするわけにはいきませんよね。taigenさん引用のサイトの中で、核融合科学研究所自体が、50年計画だと言っています。
>http://safety-info.nifs.ac.jp/mailQA/m-Ae03.html
>(核融合炉の開発が50年計画ということは、多くの研究者にとって、自分が生きている内に実現できそうにないものに夢をかけているんですね。これはこれですごいことだと思います)
>
>今はやはり核分裂でしょう。安全性の問題が出たのは古い炉なのに、新しいものも含めて原子力そのものをやめてしまえ、と言う今の風潮は極端すぎます。
>現行のものの安全性に不安で、再稼動反対や廃炉にしろ、というのは分かりますが、代わりに最新のものを作ろうという議論はなく、すべてやめてしまえ、ですからね。
>東芝の4Sなんて良いと思います。こういうのをつぶしちゃいけません。
>東京に天然ガスの発電所を作ろう、なんて話がありましたが、いっそのこと、4Sの原発を東京に作ったらどうでしょう。極論かな。


確かに4Sはいいでしょうね。
ビル・ゲイツが投資しようとしているのも、これだったのではないでしょうか。
核融合は核融合科学研究所だけでも研究者+技術者で170人、
それに各大学と提携してそれが研究者2千人以上、
これだけの人員を投入しても簡単ではない。
でも負けるわけには行かないので頑張って欲しいですね。

それより今のマスゴミの反原子力キャンペーンのほうが問題。
やはりレッドパージでも始めねばいけない時期だと思っています。
  1. 2012-02-09 18:12
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 なんか話が原子力に移ってますが、小生は原子力を含めての新エネルギー開発に賛成しますが、誰が考えても今のままの原子力では駄目でしょうね。
 基本50年以上も前のシステムですし、あまりに複雑になりすぎです。核融合もおそらく例のトカマク型というのは駄目でしょう。下手したらエネルギー収支が負になりそうな予感さえします。

 山本寛という御仁がいます。昔ヤマハで技術部長までやられら方ですが、水素核融合反応が地震の本当の原因であり、常温核融合は本物であることを主張されています。
 おそらく次のエネルギー革命は、このような一見奇抜な着想から
しか生まれないような気がします
  1. 2012-02-10 01:10
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> なんか話が原子力に移ってますが、小生は原子力を含めての新エネルギー開発に賛成しますが、誰が考えても今のままの原子力では駄目でしょうね。
> 基本50年以上も前のシステムですし、あまりに複雑になりすぎです。核融合もおそらく例のトカマク型というのは駄目でしょう。下手したらエネルギー収支が負になりそうな予感さえします。
>
> 山本寛という御仁がいます。昔ヤマハで技術部長までやられら方ですが、水素核融合反応が地震の本当の原因であり、常温核融合は本物であることを主張されています。
> おそらく次のエネルギー革命は、このような一見奇抜な着想から
>しか生まれないような気がします


今の原子力発電は元々原爆を作るためのプルトニューム生産装置、
これが物凄い熱を出す為その副産物利用で発電した物が起源。
それに対し核融合は水爆でその反応の物凄さは実証済みですが、
反応をコントロールした実績はありません。
ですので核融合を実証したとして、それを利用可能なところまで制御するのに何十年単位の時間がかかると思います。

アインシュタインは晩年自分は神の領域に踏み込んでしまったと言っていたそうですが、私も同感で原子力には科学と哲学、その両立が求められるのではないかと思っています。
  1. 2012-02-10 07:32
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する