2012-02-05 10:36

ポルポト派裁判の最初の判決

  カンボジアのポルポト派の残虐行為を裁く国際裁判の最初の判決が確定した。

元収容所長に対する判決で、終身刑である

 

 

最初に裁判結果を伝える朝日新聞の報道,

何故朝日新聞か?、朝日新聞はポルポト報道に関しては重大な誤報を起こした事が有る。

そこで現在はどう報道するのか興味が有るためだ。

  

<以下引用>

 

 最高裁、元収容所長に終身刑=一審禁錮35年を破棄―ポト派裁判

2012年2月3日22時51分

         

 【バンコク時事】カンボジアで1970年代にあった旧ポル・ポト政権による大量虐殺を裁く特別法廷の最高裁は3日、人道に対する罪などに問われたトゥールスレン政治犯収容所の元所長カン・ケ・イウ被告(69)に対し、一審の禁錮35年を破棄し、終身刑を言い渡した。

 

 「20世紀でもっとも残虐な政権の一つ」とされたポル・ポト政権下の拷問や虐殺に関する判決が初めて確定した。一方、ポト派ナンバー2のヌオン・チア元人民代表議会議長(85)らの裁判は長期化が懸念されている。

 

 同法廷は二審制で、終身刑が最高刑。上訴審では日本の野口元郎氏が裁判官を務めた。判決で最高裁は被告が少なくとも1万2000人の死亡に関与したと認定。「被告の行為は極めて残虐であり、最高刑で処断するのが相当」と結論付けた。

 

 カン・ケ・イウ被告は一審の法廷で、罪を認めた上で被害者や遺族らに謝罪の言葉を繰り返した。捜査にも協力的だったことから、検察側は終身刑を回避し、禁錮40年を求刑した。

 

 しかし、一審の最終段階で突然、自らに対する裁判は不当だと述べて釈放を要求。上訴審でも、特別法廷が対象とする最高幹部ではないなどとして無罪を求めた。 

 

[時事通信社]

 

http://www.asahi.com/international/jiji/JJT201202030072.html

 

<引用終り>

 

 

 

あっさりした報道である。

朝日新聞はこの件は記者を派遣せず、時事通信の配信した物をそのまま流している。

 

これは裁判風景:裁判長に向かってカンボジア式の挨拶をするカン・ケ・イウ被告

 

この挨拶、タイ語では「ワイ」というのだが、クメール語では何というか寡聞にして私には知識が無い。

この一見平凡な年寄りに見える人物が大虐殺の加担していたのである。

 

 

 

冒頭述べたように、朝日新聞はポルポト派に関しては重大な誤報をした。

それがどんなものかと言うと

和田俊

「粛正の危険は薄い? カンボジア解放側 アジア的優しさもつ」

朝日新聞1975年4月19日夕刊2面

朝日新聞はポルポト派のプノンペン侵攻の2日後、こんな記事を載せている。

詳細は以下参照ください。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/8442/research/cambodia/wada750419.html

 

この大誤報から3年8ヵ月と20日の間に、170万から220万人、カンボジア国民の4人に1人といわれる数の人々が命を落としたという事実、朝日新聞はこの事に何かの責任感を感じているのだろうか。

 

 

 

今回判決の出た元収容所長、この収容所で少なくとも1万2千人以上の人が拷問され、死亡しているのである。

 

 

 

そしてポルポト派と日本とは意外な所に接点が有る。

現在裁判が行なわれているポルポト派幹部の1人イエン・シリトと日本の菅直人前首相、こんな所で繋がっている。

 

<以下引用>

 

 

市民の党“機関紙” 菅首相、30年前から寄稿 よど号犯やポル・ポト派幹部

2011.7.17 22:09 (2/3ページ)

 

・・・前段省略・・・

 市民の党は今年4月の東京都三鷹市議選で、田宮元リーダーの長男を擁立したが、落選している。長男の母親は、55年に石岡亨さん=拉致当時(22)=と松木薫さん=同(26)=を欧州から北朝鮮に拉致したとして、結婚目的誘拐容疑で国際手配されている森順子(よりこ)容疑者(58)。森容疑者は北朝鮮にとどまっているとされる。

 

 同紙は世界の共産主義勢力と親密な関係を構築していたとみられ、58年にはカンボジアポル・ポト派幹部のイエン・チリト元社会問題相からもメッセージを受け取っていた。イエン氏は、今年6月に始まったポル・ポト派の大量虐殺を裁くカンボジア特別法廷に被告として出廷している。

 

・・・以下略・・・

詳細は下記参照ください

http://sankei.jp.msn.com/affairs/photos/110717/crm11071722180012-p1.htm

 

現在のイエン・シリト

 

昨年8月、訴訟能力公開審査に臨むイエン・シリト

 

 

これは1996年頃のイエン・シリト(中央)、右は夫のイエン・サリ

なぜこんな写真を持ち出したかと言うと、この写真はタイとの国境に近いパイリンで撮影された。

彼らはそこでは軍隊も持っていて、このあたり特産の宝石(ルビー)などで資金を得ていた。

病気になればタイの病院に入院できた、そんな暮らしをしていたのだ。

 

 

今裁判中なのがイエン・シリトの他に、イエン・サリ、キュー・サムファン、ヌオン・チアだがいずれも高齢である。

特にイエン・シリトは認知症と見られており、裁判が行なえるかどうか分からない。

 

 

 

そして一番厄介なのがカンボジアの現首相フン・センをはじめ元ポルポト派が政権内部に沢山居る、

この為変な証拠が出てくると現政権にまで影響が及ぶ、だから現政権はこの裁判に協力的でない。

こんな厄介な話が有る。

 

 

そして丁度中国文化大革命(1966年ー1976年)の時期、このポルポト派の大虐殺には中国が深く関わっている、だからこの裁判には中国も非協力的。

 

そして朝日新聞はこの裁判に関しての日本の役割を野口元郎氏が裁判官を努めたとしか報道していない。

しかし日本は裁判費用の国連分担金5600万ドルの内約39%の2160万ドルを負担しているのである。

 

 

遠く離れた東南アジアの一角で三十数年前に起こった悲劇。

しかし此処には今の日本にも関係の有る、そして見逃し出来ない事実があるのだ。

 

この空き缶の中にも悪いものが詰まっていた様である。

 

  1. カンボジア
  2. TB(0)
  3. CM(3)

コメント

No title

短足おじさんへ・・・

100年前のアジアは、日本以外はほとんどが、欧米列強の植民地でした。ご指摘のカンボジアもフランスの植民地でした。その後日本が日露戦争で欧米最強の軍隊を撃破した事で独立機運が高まったり、日本軍が太平洋戦争で欧米の軍隊を蹴散らした事でフィリピンインドネシア、マレシア、ビルマ、ベトナムなどが独立国になりましたが、問題がありました。それは国の国体が弱かったり、希薄だったりした事でした。カンボジアはシーアヌク国王が共産主義に近寄ったり、傾いたりしてベトナム戦争では北ベトナムの協力者として米国の爆撃でメチャクチャになってシーアヌク国王は遁走して後はご指摘のポルポトと言う極左政権が出来て人口の半分が虐殺されたらしいですね。このことは英国映画「キリリング・フィルド」に描かれています。
ちなみに朝日新聞社の本多勝一氏と井川一久氏はこの映画は誤報だと言ってました。このキリリング・フィルドという映画はアカデミー賞も3賞受賞してます。

これはまあ、ネットの中で調べるか、週刊新潮の高山正之氏が人気コラム「変見自在」で何十回も書かれている事でもわかりますが、なぜかテレビ放送や大手の新聞からはこの手の話題も解説も1ミリも記事も放送もしません。

それが、証拠に民主党という北朝鮮のシン・ガンスという拉致工作員が韓国に逮捕されたいたのを国外に釈放する証明した鳩山や管が政権に就いた事すら報道してません。
  1. 2012-02-05 18:13
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・

書ききれなかったので駄文で失礼ですが続けます。

簡単にアジア諸国の100年前から現在までを暴力的に俯瞰すれば、短足おじさんにはお分かりになると思います。

そう、欧米列強の植民地から脱却しても中国は未だに共産主義の地獄を続けているのです。また、フィリピンインドネシアなども共産ゲリラが今も活動しているのです。

ポルポト政権は終わりましたが、その源流の中国共産党の横暴は未だに続いているのです。中国では年間10万件の暴動が起きて、6000人が死刑になっていますが、法律でなく人治によって裁くのです。

米国は日本を戦争で潰してアジアの混乱を自らは自国の国益にしか利用しません。そう言う意味で「アジアの戦後混乱」は日本を含めて今も続いているのでしょうね。
  1. 2012-02-05 19:41
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>短足おじさんへ・・・
>
>書ききれなかったので駄文で失礼ですが続けます。
>
>簡単にアジア諸国の100年前から現在までを暴力的に俯瞰すれば、短足おじさんにはお分かりになると思います。
>
>そう、欧米列強の植民地から脱却しても中国は未だに共産主義の地獄を続けているのです。また、フィリピンインドネシアなども共産ゲリラが今も活動しているのです。
>
>ポルポト政権は終わりましたが、その源流の中国共産党の横暴は未だに続いているのです。中国では年間10万件の暴動が起きて、6000人が死刑になっていますが、法律でなく人治によって裁くのです。
>
>米国は日本を戦争で潰してアジアの混乱を自らは自国の国益にしか利用しません。そう言う意味で「アジアの戦後混乱」は日本を含めて今も続いているのでしょうね。


私の言いたいことを良くご存知、何も付け加える事は有りません。
しかし日本国内では、悪辣マスゴミのおかげで何も知らない情報弱者が幅を利かせてます。
そんな時には下手な理屈は通用しません、事実これだけです。
淡々と事実を伝えていけば、真実はおのずと浮かび上がってくるモノ
そう思っています。

一つだけ、これは証拠の有る話ではないのですが・・・
日本はカンボジアに有形無形の援助をしてきました。
明石さんが行って何とかおさめていた時、残念ながら2名の日本人の方が命を落としました。
そんな苦労をしてきたのですが、そこに入り込んできたのが韓国です。
今ではカンボジアは韓国の植民地化しています。
そのカゲにポルポト派と北朝鮮の人脈が有った、私はそう見ています。
その一つの証拠としてカンボジアでの朝鮮語ブームが有ります。
朝鮮語(韓国語)を勉強する連中の本音、朝鮮語(韓国語)を覚えれば北朝鮮で稼ぐことが出来る、給料はカンボジアの3倍から4倍になるそうです。
韓国北朝鮮と裏では繋がっている。世の中分からない物です。
  1. 2012-02-05 20:36
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する