2012-01-15 16:50

NHKが太陽活動の異変を報道し始めた

 今日は日頃犬HKと言っているのを忘れて、NHKさんのコマーシャルから。

(なにっ!! オマイ 何時から宗旨替えしたんだという話はちょっと置いといて・・・)

 

 

NHKのEテレ(旧教育テレビ)でサイエンスゼロという科学番組をやっているが、今週はこんな物が予定されている。

 

 

放送予定はEテレ(旧教育テレビ)1月19日18:55~17:25

 

 

最近本屋などで科学雑誌が太陽特集をやっているのを良く目にする。

太陽活動に異変があり、地球寒冷化になるという話である。

それをNHKも取り上げたというわけだ。

 

 

 私は2009年11月~12月、「太陽が警告している<温暖化、実は寒冷化だった」 こんなエントリーをした。

 

(1)  http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1304917/

(2)  http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1304984/

(3)  http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1309581/

(4)  http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1345778/

(5)  http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/1340882/

 

この頃から太陽活動の異変が顕著になってきた、

既にそれから2年経って、最早座視できない段階に来ているわけだ。

 

丁度この頃クライメイトゲート事件が発覚、地球温暖化等と言うものがトンでもない大嘘だった事がばれた。

科学の死とも言われるこの事件、しかしマスゴミの中には未だに地球温暖化などといっているアホが沢山いる。

しかしデータは地球全体で見ると温暖化のピークは1998年だった。

 

これは人工衛星を使った世界の平均気温データの最新の物。

 

このように1998年がピークでその後温暖化していない。

 

(これに地上観測データを付け加えればもっとハッキリするのだが、クライメイトゲート事件でデータがくちゃくちゃに捏造されてしまったので、いまでは何が信頼できるデータか良く分からない)

 

 


更に昨年6月にもNHKが太陽の異変を取り上げている。(これがコズミックフロントです)

 

(相模さんから指摘され、コズミックフロントの最初の分を追記します)

追記: http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2312381/

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2318393/

 

尚上記エントリーを見ていただきたいのだが、

 

 

20世紀後半は特に太陽活動の異常期=極大期だった。これが地球温暖化詐欺のCO2犯人説の真相。」

私はこんな風に見ている。

 

 

 

 

 

とりあえず本日は番組の紹介ということで、

 

こんな真面目な番組をどんどん作ってくれればNHKにもそれなりの価値が有るのだが・・・

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(10)

コメント

No title

地球の寒冷化。私がそれを知ったのは昨年の9月13日放映のNHK「コズミック・フロント」に於いてです。この番組はシリーズ化されていて非常に勉強になります。

9月13日の放映テーマは「迫りくる太陽の異変」。内容は近い将来地球の温度が下がるかも知れない、太陽の黒点の活動周期が狂い始めていること等についてでした。近代的観測が始まって以来の異常事態だそうです。これらの研究には日本が打ち上げた太陽観測衛星「ひので」が活躍しているともレポートしていました。

NHKはシナ・朝鮮絡み、日本史から外れた番組になると、生き生きとした番組を作ります。次回の「コズミックフロント」は1月17日21時NHKBS「ホーキング博士の宇宙137億年の物語」です。
  1. 2012-01-15 20:00
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>地球の寒冷化。私がそれを知ったのは昨年の9月13日放映のNHK「コズミック・フロント」に於いてです。この番組はシリーズ化されていて非常に勉強になります。
>
>9月13日の放映テーマは「迫りくる太陽の異変」。内容は近い将来地球の温度が下がるかも知れない、太陽の黒点の活動周期が狂い始めていること等についてでした。近代的観測が始まって以来の異常事態だそうです。これらの研究には日本が打ち上げた太陽観測衛星「ひので」が活躍しているともレポートしていました。
>
>NHKはシナ・朝鮮絡み、日本史から外れた番組になると、生き生きとした番組を作ります。次回の「コズミックフロント」は1月17日21時NHKBS「ホーキング博士の宇宙137億年の物語」です。



コズミックフロント、ご覧になりましたか。
いい番組だったですねえ。
ご指摘の通り、純粋に科学的な番組には素晴らしい物が有る。
確かにその通りです。

コズミックフロントでは余り取り上げませんでしたが、太陽活動の異変がマウンダー極小期の特徴とぴったり合う、
研究者はそれに驚いています。
それを発見したのは日本の研究者、東大の宮原ひろ子助教です。
宮原助教は屋久杉の年輪から1年毎のC14の量を調べ、マウンダー極小期の前に太陽の黒点サイクルが通常の11年から13年~14年になることを突き止めました。
つまりマウンダー極小期の前兆現象が分かったという事です。
皮肉な事にその直後から本当にその前兆現象が起こってしまいました。
宮原助教の説では次の太陽活動サイクル(サイクル25)がマウンダー極小期並みになる可能性が有る、
余りにも衝撃的な話なのですが、年平均気温が現在より2度くらい下がる事を覚悟せねばいけないようです。
  1. 2012-01-15 20:51
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・

私は短足おじさんの紹介された、コズミック・フロント「太陽黒点の減少」を見ましたよ。

前に、武田教授がテレビで地球温暖化は恐くない、農作物もよく育つから何の問題も無いと話してましたが、同感です。

反対に小氷河期は農業への打撃は深刻です。日本でも天明の大飢饉など寒冷な気候になれば、食料問題が深刻化します。

これは明治時代の日露戦争と同じくらい民族の存続の大問題になります。

日本は食糧自給率が低く、経済力でカーバしてるだけです。軍事力も無く当たり前ですが、軍事力も無い国だから外交力もゼロに等しい国です。居るのは売国政党の民主党と売国マスコミが溢れる現状です。

国が国難になった時に一つになれた明治時代より、条件が悪いかもしれません。

戦前に小学校に在った二宮金次郎の銅像ですが、その二宮金次郎は天明の大飢饉を救済した功労者です。別に薪を担いで勉強しただけの人物でもありません。

天災は忘れた頃にくるのは大地震だけでもありません。寒冷に伴う食料の飢饉も天災かもしれません。
  1. 2012-01-16 07:30
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>短足おじさんへ・・・
>
>私は短足おじさんの紹介された、コズミック・フロント「太陽黒点の減少」を見ましたよ。
>
>前に、武田教授がテレビで地球温暖化は恐くない、農作物もよく育つから何の問題も無いと話してましたが、同感です。
>
>反対に小氷河期は農業への打撃は深刻です。日本でも天明の大飢饉など寒冷な気候になれば、食料問題が深刻化します。
>
>これは明治時代の日露戦争と同じくらい民族の存続の大問題になります。
>
>日本は食糧自給率が低く、経済力でカーバしてるだけです。軍事力も無く当たり前ですが、軍事力も無い国だから外交力もゼロに等しい国です。居るのは売国政党の民主党と売国マスコミが溢れる現状です。
>
>国が国難になった時に一つになれた明治時代より、条件が悪いかもしれません。
>
>戦前に小学校に在った二宮金次郎の銅像ですが、その二宮金次郎は天明の大飢饉を救済した功労者です。別に薪を担いで勉強しただけの人物でもありません。
>
>天災は忘れた頃にくるのは大地震だけでもありません。寒冷に伴う食料の飢饉も天災かもしれません。


コズミックフロントをご覧になったのでしたら、事の重要性をご理解されていることと思います。

>明治時代の日露戦争と同じくらい民族の存続の大問題
この認識は正しいと思います。
でも日本の政治家はあの大震災でさえ手を拱いているだけ、
ましてや寒冷化など恐らく如何していいやら分からないでしょう。
困ったことであります。

太陽活動に関して言えば研究者の共通した意見、
それは少なくともダルトン極小期(1790年ー1829年)並み、
最悪マウンダー極小期(1645年ー1715年)を覚悟せねばならない。
こんな風です。
そして色んなデータが集まってきて、どうもマウンダー極小期を覚悟せねばならない、そんな意見が強まってきています。
  1. 2012-01-16 11:14
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

太陽本当にどうしちゃったんでしょうか。
太陽黒点の数は順調どころじゃ無い増え方です。
でもフレアが全然出てない。信じられない。

http://www2.nict.go.jp/y/y223/sept/swcenter/sunspot.html
http://www2.nict.go.jp/y/y223/sept/swcenter/max_fl.html

もう黒点数だけなら今回のサイクルの頂点でもおかしくない数値です。
でもそうなら、Xクラスのフレアがバンバン出てるはずなのに…
当然宇宙線量は増加するはずでこれが雲を増加させ、寒冷化を招くはずですよね。
宇宙線量は中々リアルタイムで記録が出ませんがこれは本当に変です。
マウンダー並みの寒冷期が来たらどうなるんでしょう。
気候変動に弱い国が餓死者数を積み上げるだけになりそうで怖いです。
  1. 2012-01-16 16:53
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>太陽本当にどうしちゃったんでしょうか。
>太陽黒点の数は順調どころじゃ無い増え方です。
>でもフレアが全然出てない。信じられない。
>
>http://www2.nict.go.jp/y/y223/sept/swcenter/sunspot.html
>http://www2.nict.go.jp/y/y223/sept/swcenter/max_fl.html
>
>もう黒点数だけなら今回のサイクルの頂点でもおかしくない数値です。
>でもそうなら、Xクラスのフレアがバンバン出てるはずなのに…
>当然宇宙線量は増加するはずでこれが雲を増加させ、寒冷化を招くはずですよね。
>宇宙線量は中々リアルタイムで記録が出ませんがこれは本当に変です。
>マウンダー並みの寒冷期が来たらどうなるんでしょう。
>気候変動に弱い国が餓死者数を積み上げるだけになりそうで怖いです。


情報有難うございます。
面白い纏め方、問題が良く分かります。
太陽活動が弱いとき、地球を守っている太陽磁場が弱くなるので宇宙線が入り込みやすい、そんなメカニズムなのですが、これには太陽の磁場極性も関係している。
一筋縄ではいきませんね。
いずれにしても太陽活動の色んな指標が、これからの活動衰退期を示している。
学者は2020年頃の次の太陽活動サイクルは、ひょっとすると黒点が出ないかもしれない、そんな事を言い出しています。

今こそ寒冷化への備えが必要なのですが、未だに温暖化などといっているアホが政権を取ってますからね。
一刻も早くミンス連中を叩き潰さねばと思います。
  1. 2012-01-16 18:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんお晩です・・・

>学者は2020年頃の次の太陽活動サイクルは、ひょっとすると黒点が出ないかもしれない、そんな事を言い出しています。


その2020年ですが、日本の歴史は大体80年周期で地獄と天国をひと回りしてると言う説をご存知ですか?

つまり、1868年の明治維新を起点として40年後の日露戦争勝利で頂点になり40年後の太平洋戦争の敗戦で国家破産で終点で80年でひと回り

そして1950年を起点として40年後の1989年のバブル経済で頂点に登り詰めて40年後の2030年に最悪の何かが起きる。

その頂点から降り坂の途中に前者は関東大震災があって、後者は昨年の東日本大震災がありました。

寒冷化と言う気候の大変化が2020年から2030年頃に何か大きな災いが起こらないように願いたい気持ちです。それと短足おじさんがご指摘の民主党のような政権がいることは不幸をさらに不幸にしますから、日本国民で排除する警鐘を鳴らすしか大手マスコミが敵だと言う今では肝心ですね。
  1. 2012-01-16 20:35
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>
>>学者は2020年頃の次の太陽活動サイクルは、ひょっとすると黒点が出ないかもしれない、そんな事を言い出しています。
>
>
>その2020年ですが、日本の歴史は大体80年周期で地獄と天国をひと回りしてると言う説をご存知ですか?
>
>つまり、1868年の明治維新を起点として40年後の日露戦争勝利で頂点になり40年後の太平洋戦争の敗戦で国家破産で終点で80年でひと回り
>
>そして1950年を起点として40年後の1989年のバブル経済で頂点に登り詰めて40年後の2030年に最悪の何かが起きる。
>
>その頂点から降り坂の途中に前者は関東大震災があって、後者は昨年の東日本大震災がありました。
>
>寒冷化と言う気候の大変化が2020年から2030年頃に何か大きな災いが起こらないように願いたい気持ちです。それと短足おじさんがご指摘の民主党のような政権がいることは不幸をさらに不幸にしますから、日本国民で排除する警鐘を鳴らすしか大手マスコミが敵だと言う今では肝心ですね。



面白い情報有難うございます。
実はご指摘の80年説は知りませんでしたが、私も全く同じ事を考えています。
私の考えているのは日本もですが、世界の経済・社会は70年(60年~80年)で大変革が必要になる。こんなものです。

日本の場合は明治維新、WWⅡですが、欧米では1873年の大恐慌、次が1929年の大恐慌(これの収束が1945年と見ています)です。

この話は近々エントリーしようと思っています。
その時はsiseinotamikusaさんご指摘の80年説も大いに参考にさせていただきたいと思っています。

それから大手マスゴミが敵、この話は大いに納得できます。
日本があの悲惨な戦争に入ってしまった原因は色々有りますが、
カゲで後押ししていたのが、「鬼畜米英」を叫ぶアカヒ新聞はじめマスゴミである事は忘れてはならないと思っています。
  1. 2012-01-17 07:17
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

siseinotamikusaさんや kazkさんの話を聞いて思ったことは、いま地球の人口が70億人、将来90億ぐらいに向かうという予測があります。こんなに人口が増えては地球環境が持つわけがないだろうと。そのとき、地球の寒冷化は地球救済策になるに違いないのでは?と。

どこかの民族が滅びるのがいい、という発想ではありません。寒冷化によって地球を救う「自然淘汰」のメカニズムが働き始めたのではないかと想像します。地球に意志があるのかと驚きます。
勿論、他の動植物にも影響があるでしょう。地球は進化を続けているのではないか、と想像します。
  1. 2012-01-18 18:05
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>siseinotamikusaさんや kazkさんの話を聞いて思ったことは、いま地球の人口が70億人、将来90億ぐらいに向かうという予測があります。こんなに人口が増えては地球環境が持つわけがないだろうと。そのとき、地球の寒冷化は地球救済策になるに違いないのでは?と。
>
>どこかの民族が滅びるのがいい、という発想ではありません。寒冷化によって地球を救う「自然淘汰」のメカニズムが働き始めたのではないかと想像します。地球に意志があるのかと驚きます。
>勿論、他の動植物にも影響があるでしょう。地球は進化を続けているのではないか、と想像します。


今日のエントリーにも書いたのですが、20世紀後半の温暖な気候は歴史的には極めて珍しい温暖期だった、そんな事が分かってきています。
自然淘汰、確かにそうかもしれません。
それで無ければ地球は持たないと思います。
仰ること、全く同感です。

そんな事になると心配は中国ですね。
中国は大きな気候変動の度に人を吐き出してきた歴史が有る。
その辺りが問題に火種かもしれません。
剣呑なことであります。
  1. 2012-01-18 21:01
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する