2012-01-13 14:28

英「エコノミスト」東京支局記者、「日本国民を裏切ったのは・・・」

 イギリス在住のフリージャーナリスト小林恭子氏が、英誌「エコノミスト」の日本駐在・東京支局記者ケネス・クキエ氏のインタビュー記事を自身のブログに載せている。

大変興味深い記事なので一部紹介。

 

記事は(1)、(2)になっている。

(1):http://ukmedia.exblog.jp/17292175/

 

(2):http://ukmedia.exblog.jp/17295842/

 

今回紹介するのはその(2)の一部 

 

<以下引用>

 

日本のメディア・出版界に聞く(3)-2 英「エコノミスト」東京支局記者、「日本国民を裏切ったのは・・・」

 

20120109 08:24

小林恭子

 

 英ニュース週刊誌「エコノミスト」東京支局記者ケネス・クキエ(Kenneth Cukier)氏に、東京事務所で話を聞いた。今回はその2(最後)である。

 

3月の東日本大震災の発生で、現地に飛んで取材をしたこと、大きな衝撃を受けながら原稿を書いたことを聞きました。その後、東京に戻ってからの報道はどんな感じになりましたか。

 

クキエ記者:東京に戻ってからは、震災の影響がどうなっているのかを書くことになりました。その後、私たちは東北に何度も戻りました。トリックス支局長は破壊された都市のほとんどをたずねました。避難所を全部回り、第一原発から2-3キロのところまで行きました。

 

 今回の震災は、日本の歴史にとって画期的な事件になりましたが、ここで強調しておきたいことがあります。それは、この震災についての最も驚くべきことが、ここ東京で起きていたということです。

 

 この事務所から霞ヶ関まではタクシーで5分ほどです。その霞ヶ関の愚かさ、政治階級の愚劣さ、日本国民のニーズにこたえることができない無能さが、震災を通じて表面化しました。国民を失望させました。メディアも例外ではありません。国民は官僚、政治家、メディアが自分たちを裏切ったことを知っています。現状に適応することができなく、是正することもできませんでした。この震災は、こうした人々をテストする機会でした。

 

 日本の中の変化はゆっくりと起きるので、官僚、政治家、メディアが本当に現状に適応できるようになれるのかどうか、明確ではありません。しかし、官僚、政治家、メディアはかなり非情だったと思います。今後、日本国民の期待にこたえることができないとすれば、深刻な問題に発展すると思います。

 

 また、経済団体はすぐに政治階級に連絡をつけて、エネルギー市場を変えさせないようにするでしょう。独占的状況にあるエネルギー市場は日本国民を裏切っています。日本人は裏切られたことを知っています。若い年代の人たちは、物事を変えたいと思っています。

 

ー日本に良い意味での変化が起きると思いますか?

 

 日本は世界の中でも最も重要で、文明が進んだ国の1つです。芸術、文化、国力、知性、優れた先端技術を持っています。こうしたものは消えません。資産を国民全員が平等に共有することはできなくなるかもしれませんが、日本は依然として地球上の文明化の動きの中心的存在ですよ。

 

・・・以下略

詳細は上記リンク先参照ください。

 

<引用終り>

 

 

私は小林恭子なる人物は全く知らないし、またエコノミストの記者ケネス・クキエ(Kenneth Cukier)も全く知らない。

 

しかしこのインタビュー記事でクキエ氏が言っていることは正に正論。

特に以下の件、

国民は官僚、政治家、メディアが自分たちを裏切ったことを知っています

 

これは正に図星。

そして国民を裏切った連中には鉄槌が下される事を当人達が未だ知ろうともしていない。

 

今日内閣改造が行なわれるが、いよいよミンス崩壊の号砲が鳴ったと見ていいだろう。

だが相変わらずマスゴミは野豚マンセーである。

ミンスと野豚に鉄槌を! 

 

 

 

 

  1. マスコミ
  2. TB(0)
  3. CM(16)

コメント

No title

こんにちは
 最悪なのはマスメディアの急速な劣化現象ですね。戦後教育の悪い面が、現代の若者を蝕んでいるようです。女性の方が男性よりずっと立派に見えますもんね。歴女を始め、農ギャル、山ガール、JAICAでも女性優位でしょう。それなのになんですか。幾ら製作費が下げられるったって、オカマばかりのバラエティー。己の身を削らず、製作費ばかり削るマスコミの行動は、日本人の質的低下を招くばかりです。
  1. 2012-01-13 15:54
  2. URL
  3. yasutaroh #79D/WHSg
  4. 編集

No title

(1)(2)とも読みました。読んでいて背筋が伸びる思いをしました。
本当の知性を持った記者なのでしょう。
一方の我が国のメディアとはいったい何なのか。sonoさんに叩きのめされた
テレビ局クルーのおぞましさはその典型例でしょう。ケネス・クキエ氏は日本の
メディアを「権力者の速記者」「やっているフリをしているだけ」「社会に仕え
ていない」などと指摘しています。「日本国民を裏切っている」とも。
私たちが、日本のメディアに知性と高い精神性を求めるのはもう無理なのでしょ
うか。日本の教育と高学歴社会がもたらした結果は新聞テレビ等のメディアが
さらす惨状とそれに引きずりまわされる国民の無自覚と言わなければならないの
でしょうか。
これらの裏切り者に鉄槌を下す機会が一刻も早く来るよう願ってやみません。

  1. 2012-01-13 17:15
  2. URL
  3. tamakura #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yasutarohさん
>こんにちは
> 最悪なのはマスメディアの急速な劣化現象ですね。戦後教育の悪い面が、現代の若者を蝕んでいるようです。女性の方が男性よりずっと立派に見えますもんね。歴女を始め、農ギャル、山ガール、JAICAでも女性優位でしょう。それなのになんですか。幾ら製作費が下げられるったって、オカマばかりのバラエティー。己の身を削らず、製作費ばかり削るマスコミの行動は、日本人の質的低下を招くばかりです。


確かにその通りだと思います。
その原因として色々有るんでしょうが、これは私の意見。
「各種規制に守られた業界で高禄を食んでいる所」これがイカンと見ています。
テレビなどは電波枠の問題で新規参入不可、
新聞は強固な宅配制度に守られて、矢張り新規参入不可。
従って連中は信じられない高禄を食んでます。
彼らの価値観は給料が高い人=偉い人です。

こんな事で彼らは絶対反省しません。
日本がどうなろうとも自分さえ金が儲かればいい、
こうなってしまいました。

矢張り何処かが倒産するくらいまで、不買運動を続けなければ目が覚めないと思っています。
  1. 2012-01-13 18:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tamakuraさん
>(1)(2)とも読みました。読んでいて背筋が伸びる思いをしました。
>本当の知性を持った記者なのでしょう。
>一方の我が国のメディアとはいったい何なのか。sonoさんに叩きのめされた
>テレビ局クルーのおぞましさはその典型例でしょう。ケネス・クキエ氏は日本の
>メディアを「権力者の速記者」「やっているフリをしているだけ」「社会に仕え
>ていない」などと指摘しています。「日本国民を裏切っている」とも。
>私たちが、日本のメディアに知性と高い精神性を求めるのはもう無理なのでしょ
>うか。日本の教育と高学歴社会がもたらした結果は新聞テレビ等のメディアが
>さらす惨状とそれに引きずりまわされる国民の無自覚と言わなければならないの
>でしょうか。
>これらの裏切り者に鉄槌を下す機会が一刻も早く来るよう願ってやみません。


矢張りtamakuraさんもそうでしたか。
私も最初この記事を読んだとき、凄く嬉しかった。
4流以下の政治家にクチャクチャにされて来ましたが、
流石一流ジャーナリストはしっかり見ていると思います。

日本のマスゴミは韓国に学べだとか、アホを書き散らします。
しかし日本のよい所、何が問題なのか、シッカリ分かってますね。

間もなくユーロが崩壊すると思うのですが、
その時世界の指針となりうるのは日本だと思っています。
そこでどんな役割が有るか分かりませんが、
あの大震災、M9の地震、超特大津波、原発が3基も事故、
これでも屋台骨が揺るがない所は、多分闇夜の灯台、そう思っています。
  1. 2012-01-13 18:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

これが全てですね。

>日本のメディアは日本国民を裏切っているのだと思います。つまり、「自由なメディア」がやることは、権力の監視です。日本のメディアはこれを実行していません。やっているふりをしているだけなのです。自分たちのことを「フリープレス(自由な新聞)」と呼ぶなんて、本末転倒といってよいレベルです、偽りの行為です。権力者の速記者になっているだけなのですから。

こちらに書かれてるように新しい日本が古い日本を超えていかないと我々の幸せはないのでありましょう。
しかし、古い連中てどこまで腐ってんだろう。
  1. 2012-01-13 19:24
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日本人はある階層に属すると、階層から見る世界がこの世と錯覚するような幼稚さがあるやに思えます。「おらが村」から見ればそれが世界、「わが社」からみれば、見えたものがそれが世界。今の政治家は天下国家を論ずる感性を失くし、マスコミは自社の躍進が目先の問題。

東北地方は民主党の選挙地盤です。被災地出身の代議士が沢山いて、大臣もいます。しかし復興のための転回が利かない。ミンスのしがらみがこの世界だからと思います。被災地の住民が代議士になってもその瞬間、無能な代議士に変わるでしょう。
この地獄からの脱出は総選挙。それで変わらねば所詮そこまでと私は絶望視しています。
  1. 2012-01-13 21:43
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんへ・・・・

去年で終わったNHK「坂の上の雲」を見ました。作者やNHKの人物や時代背景に不満がありましたが、或る意味では現在社会の考察にはなります。

そこで、思ったのですが、はたして今の日本国の政治家や公務員や日本国民では、もう一度日露戦争前のような岐路に立たされたなら、国の舵取りを上手く出来るでしょうか?

NHK「坂の上の雲」では放送してませんが、当時の帝政ロシアには北海道と九州を占拠して太平洋に出るロシアのために日本を植民地にする計画があった事は事実です。

今の民主党ではロシアと交渉すら出来ないでしょう。なぜなら後ろ盾のアメリカ合衆国と普天間の件でケンカ状態ですから。ロシアは交渉もなく攻めてくるでしょう。

明治時代の政治家と軍幹部は9万人の戦死者を出して、ようやく引き分けで相手を退けましたが、今の民主党やマスコミの痴態を見れば、比較にならないほど偉大な功績だったと思います。
  1. 2012-01-13 22:47
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>国民は官僚、政治家、メディアが自分たちを裏切ったことを知っています

官僚を最初に上げる所は英国人らしいですが、日本のメディアと政治家が「国」を裏切っている事はこの女史に関わらず多くの外国のメディア関係者も感じている様です。
ただ、彼らは何故日本のメディアは「国」と「国民」に付かないのか理解出来ません。彼らは「愛国者」ですから「ニュートラル」を装う日本のメディアはかえって異常に思えるのです。

昨年欧州へ出張した折りに、パリでルモンドの記者の若い記者とカフェで話しましたが、日本のメディアの「反日」には理解不能の様でした。
僕は日本の敗戦に伴う「東京裁判」からの歴史の書き替えから説き起こして説明して日本のメディアの特殊性を少しは理解した様です。

日本の人も個人レベルでも行く先々でこう言う議論をして欲しいと思います。

  1. 2012-01-14 06:32
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>これが全てですね。
>
>>日本のメディアは日本国民を裏切っているのだと思います。つまり、「自由なメディア」がやることは、権力の監視です。日本のメディアはこれを実行していません。やっているふりをしているだけなのです。自分たちのことを「フリープレス(自由な新聞)」と呼ぶなんて、本末転倒といってよいレベルです、偽りの行為です。権力者の速記者になっているだけなのですから。
>
>こちらに書かれてるように新しい日本が古い日本を超えていかないと我々の幸せはないのでありましょう。
>しかし、古い連中てどこまで腐ってんだろう。


私が頭の中が整理できていない所を鋭く指摘いただきました。
有難うございます。
歴史を見てみるとどうも社会は70年位(60年~80年位)で大変革が必要、そう思います。
例えば明治維新(1868年)からWWⅡまで73年、
WWⅡが終わってから現在まで67年です。

イモムシが脱皮して蝶になるように、今は脱皮が必要な時期。
現体制が問題が有るからといって、旧体制には戻れない。
今こそ新しい枠組が必要だと思っています。
その新しい枠組に必要なのは矢張り若い力。
若い=ヤング アット ハートだと思っています。
  1. 2012-01-14 07:05
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>日本人はある階層に属すると、階層から見る世界がこの世と錯覚するような幼稚さがあるやに思えます。「おらが村」から見ればそれが世界、「わが社」からみれば、見えたものがそれが世界。今の政治家は天下国家を論ずる感性を失くし、マスコミは自社の躍進が目先の問題。
>
>東北地方は民主党の選挙地盤です。被災地出身の代議士が沢山いて、大臣もいます。しかし復興のための転回が利かない。ミンスのしがらみがこの世界だからと思います。被災地の住民が代議士になってもその瞬間、無能な代議士に変わるでしょう。
>この地獄からの脱出は総選挙。それで変わらねば所詮そこまでと私は絶望視しています。


東北については私は詳しい状況は分かりません、
しかし地方自治体関係の選挙結果は、ミンス連中の勢力が未だに残っていると思わざるを得ません。
困った事ですが、本文でクキエ氏が指摘しているように、
日本の中の変化はゆっくり起る。
今が我慢のしどころでは無いでしょうか。
  1. 2012-01-14 07:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>短足おじさんへ・・・・
>
>去年で終わったNHK「坂の上の雲」を見ました。作者やNHKの人物や時代背景に不満がありましたが、或る意味では現在社会の考察にはなります。
>
>そこで、思ったのですが、はたして今の日本国の政治家や公務員や日本国民では、もう一度日露戦争前のような岐路に立たされたなら、国の舵取りを上手く出来るでしょうか?
>
>NHK「坂の上の雲」では放送してませんが、当時の帝政ロシアには北海道と九州を占拠して太平洋に出るロシアのために日本を植民地にする計画があった事は事実です。
>
>今の民主党ではロシアと交渉すら出来ないでしょう。なぜなら後ろ盾のアメリカ合衆国と普天間の件でケンカ状態ですから。ロシアは交渉もなく攻めてくるでしょう。
>
>明治時代の政治家と軍幹部は9万人の戦死者を出して、ようやく引き分けで相手を退けましたが、今の民主党やマスコミの痴態を見れば、比較にならないほど偉大な功績だったと思います。


日露戦争は戦争について知識の有る人は皆さん、正に奇跡の勝利こう捉えています。
それを一番良く知っていたのが日本軍。
ですから乃木将軍の殉死が肯定的に捉えられています。

確かに今のミンス・マスゴミ連中、あんな事が起こったら真っ先に逃げ出すでしょう。
その一番いい証拠が小沢一郎の被災地入り、
自分の地盤のはずの地域にすら9ヵ月後にしか入らない。
そんな連中の集まりです。
  1. 2012-01-14 07:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>>国民は官僚、政治家、メディアが自分たちを裏切ったことを知っています
>
>官僚を最初に上げる所は英国人らしいですが、日本のメディアと政治家が「国」を裏切っている事はこの女史に関わらず多くの外国のメディア関係者も感じている様です。
>ただ、彼らは何故日本のメディアは「国」と「国民」に付かないのか理解出来ません。彼らは「愛国者」ですから「ニュートラル」を装う日本のメディアはかえって異常に思えるのです。
>
>昨年欧州へ出張した折りに、パリでルモンドの記者の若い記者とカフェで話しましたが、日本のメディアの「反日」には理解不能の様でした。
>僕は日本の敗戦に伴う「東京裁判」からの歴史の書き替えから説き起こして説明して日本のメディアの特殊性を少しは理解した様です。


なるほどねえ、具体的な事例有難うございます。


>日本の人も個人レベルでも行く先々でこう言う議論をして欲しいと思います。


100%、賛成です。
マスゴミが当てにならない以上これしか方法は無いでしょう。
道は遠いですが、頑張らねばと思います。
愚公山を動かす、そんな心境です。
  1. 2012-01-14 08:54
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

BLOGOSちょくちょく見ます。
小林恭子さんはあまり読みませんが、この回は読みました。
しかしBLOGOS、本当に左翼が多いですね。田中龍作、凛、天木直人、マガジン9、宮武嶺、内田樹、秋原葉月、他にも一杯います。
それに完全な左翼ではありませんが左翼っぽいの、例えばチクリンとか、60%ぐらいがそうではないでしょうか。
以前は保守派の人で載っていた方も結構いたのですが、最近は少なくなりました。登録していても書かないのか、拾ってもらえないのか。

でもこれが日本の現状を表しているのでしょうね。
  1. 2012-01-14 16:23
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>BLOGOSちょくちょく見ます。
>小林恭子さんはあまり読みませんが、この回は読みました。
>しかしBLOGOS、本当に左翼が多いですね。田中龍作、凛、天木直人、マガジン9、宮武嶺、内田樹、秋原葉月、他にも一杯います。
>それに完全な左翼ではありませんが左翼っぽいの、例えばチクリンとか、60%ぐらいがそうではないでしょうか。
>以前は保守派の人で載っていた方も結構いたのですが、最近は少なくなりました。登録していても書かないのか、拾ってもらえないのか。
>
>でもこれが日本の現状を表しているのでしょうね。



確かにBLOGOS、左翼系の人が多いですね。
私は今回始めてBLOGOSも見てみたのですが、
どうも変な所に裏リンクが張って有るような気がしたので、
何となく薄気味悪い印象です。
(私の使い方が悪いだけかも・・・)
それで小林恭子氏のブログを紹介しました。

八目山人さんご指摘の通り、識者の中に左がかった人が沢山いる、
これが今の日本の問題点です。
  1. 2012-01-14 17:38
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 言っていることはごもっともですが、英国のメディア関係者に言われるのはちょっと・・って気も。英国(に限らず欧州)マスコミの日本報道だって相当にヘンなものが多いだろ!ってことで。

 その事情の一端に触れている本がありますね。
「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)(コリン・ジョイス著)
 この本で注目すべきは英マスコミの「日本関連」の記事が出来上がっていく過程の実態について(著者は「デイリーテレグラフ」の日本特派員という肩書)。詳細は本の方に譲るとして、簡単に要約すると・・。

 一般の英国人の日本に関する関心はほとんど皆無に近く、英国マスコミの日本特派員は如何に自分の記事を本国の読者に読ませるか、非常に苦心しているのが実情。それが、英国マスコミの日本報道の歪みに通じるわけらしいですね。つまり、関心を集めたいがために、ついつい、三面記事的な誇張、ステレオタイプの強調をやってしまう、ということですね。

 日本特派員側で、これではいけない、とマトモな記事を送っても、英国本社の方でステレオタイプ(第二次大戦、ヤクザ、異様に働くサラリーマン・・etc)にそうよう歪曲され、やる気をなくしてしまうこともしばしば。著者はデイリーテレグラフの東京特派員、ですが、採用に当たって面接らしい面接はなく、履歴書だけでほぼOKの状態。この本を執筆している時点で上司に当たる外信部長にまともに会って話したことがない・・・などなど脱力、失笑させられる話が次々から出てきます。

 ちなみにそういう、東日本大震災に関する、海外メディアの日本報道のおかしさを在日外国人の方々が中心になって指摘したサイトがあります。

 http://jpquake.wikispaces.com/Journalist+Wall+of+Shame
  1. 2012-01-14 22:53
  2. URL
  3. prijon #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To prijonさん

> ちなみにそういう、東日本大震災に関する、海外メディアの日本報道のおかしさを在日外国人の方々が中心になって指摘したサイトがあります。
>
> http://jpquake.wikispaces.com/Journalist+Wall+of+Shame


なるほどねえ、情報有難うございます。
私は大震災後海外にはタイしか行っていません。
ですがBBC、CNNはいつも見てまして痛感する事が有ります。
一言でいえば「映像の恐ろしさ」です。
事実をそのまま伝える事も出来るし、捏造する事も出来ます。
日本のマスゴミのように「報道しない自由」を謳歌する事も出来ます。
そんな中で日本へのしがらみの無い人の意見、
非常に貴重だと思うのです。
  1. 2012-01-15 07:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する