2011-12-31 09:55

来年に向けて考える事

 大晦日になりました、。

今年一年拙いブログにお付き合い頂き有難うございました。

 

 

本年最後のブログ(多分)は、先回の私のエントリーに対し、「企業の海外進出は間違っていないか、安物を世界にばら撒くのは経済大国日本の採るべき道とは違うのではないか」、こんなご意見を頂きました。

 

そこで丁度いいテーマなので、来年に向けて考えるネタとして取り上げました。

 

その方のご意見は一つは低価格品を世界にばら撒くのは間違い、日本は高価な高付加価値品を目指すべき。

もう一つは他国(特に発展途上国)を搾取してはならない。

こんなご意見でした。

 

 

そこで先ずこんな表から見ていただきたい。

日本の経済構造は貿易大国と言う人が(アホ経済評論家やマスゴミ)いますが、本当かどうか。

 

 

日本の貿易依存度です。

GDPに対する輸出・輸入額合計との対比です。

 

日本はアメリカを除けば貿易依存度が極めて少ない国で有ることが分かります。

それも80年代、90年代を見ても同じなのです。

日本は確かに石油・鉄鉱石など主要な資源が有りません、

だから昔から資源小国と言われている、これは事実なのですが貿易立国ではありませんアメリカに次ぐ内需大国なのです。

 

 

次にこのグラフ、日本は貿易黒字の国なのですが、何処かが黒字なら何処かが赤字(当然では有りますが)。

だから発展途上国をこき使って搾取しているのではないか、そんな事が気になるのですが・・

 

 

これは貿易収支や貿易外収支を含めた経常収支(国際収支)額が対GDP比でどうなっているかの比較表。

 

 

日本は経常収支は絶えず対GDP比で2~3%の黒字です。

外貨を溜め込んでいる、そんな状態ですが・・・

一方アメリカを見ると・・・

何ともう20年くらい赤字です。しかも最近は対GDP比4~5%の赤字。

おいおい! こんな赤字を続けたら国家倒産だろうが! アメリカ大丈夫か。

 

 

実は此処に貿易・通貨政策の難しい所が有ります。

アメリカの貿易赤字は全てドル建て、だからアメリカは赤字になったら輪転機を回してドルを刷ればいい。

赤字などビクともしないのです。

こんな理由でアメリカインフレ政策を採っています。

 

 

 

若し日本が搾取云々と言いたいのであれば、「日本はアメリカを搾取している!」こうなってしまうのですが、こんな事を言う人はいませんよねえ。 

(注:昔日米自動車摩擦当時、日本はアメリカに不況と失業を輸出していると言われました。この当時ならそうだったのでしょう)

 

この辺り詳しく書きたいのですが先を急ぎます。

 

 

 

これは日本の経常収支(国際収支)の中身のグラフです。

 

 

 

貿易収支・貿易外収支を合わせた経常収支は4項目に分類されます。

この内大きいのが貿易収支と所得収支。

所得収支とはあまり言われない言葉ですが、海外子会社からの配当や技術指導料などです

 

21世紀に入ってからこの所得収支がドンドン増えていることを理解してください。

 

潮目が変ったのは2001年、そしてそれが顕著になったのが2005年です。

 

直近はこうなっています。

 

 

これが世界を驚かせたグラフです。

先進国を襲ったM9の大地震、1000年に一度の大津波、原発事故。

それでも日本の経常収支は赤字にならない、黒字幅は減少したものの黒字。

 

 

勿論経済活動の大幅停滞で貿易収支は赤字。

しかしそれより大きいのが所得収支だったのです。

 

この結果、為替は円高基調のまま、格付け会社が幾ら格付けを引き下げようとも日本はビクともしない・・・

アメリカの賢明な投資家は日本への投資は変わらないと言っています。

 

コレはその投資家の1人、バフェット氏。

 

 

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2516752/

 

 

コレからが私の言いたいこと。

自動車や家電などの海外進出で国内空洞化と言われます。

しかしこれは国内の工場が海外にもできたと言う事。

だから作る製品も日本と同じ品質、同じ販売ルートで販売します。

決して粗悪な安物を売りつけるわけではない。

そして収益が上がれば、それは出資元に還元してきます。

これが所得収支の実態。

但し海外ですので、当然現地出資者、従業員にも還元されます。

 

日系企業の現地従業員は他より数段良い待遇を受けているのはこんな理由です。

決して現地企業を搾取しているわけでは有りません。

 

 

そして日本で働く方々には分かりにくい話ですが、海外子会社からの送金額が年間十数兆円にもなる。

コレが有るから日本で働く人の給料・ボーナスとして還元できる。

こうなっています。

 

 

先日私の仲間の経理責任者がしみじみ言ってました。

「短足さん、タイなどの海外子会社ががんばってくれて本当に有り難い。今日本はガタガタで若し本社だけだったらボーナスなど到底出せなかっただろう。有難う。」

これが日本の会社の何処でも言えることだと思います。

 

 

 

アレだけ未曾有の大震災でも日本の企業がそれなりに元気なのは、こんな所が原因です。

 

 

そしてコレが誰も知らない1.8個分の日本なのです。

http://tansoku159.iza.ne.jp/blog/entry/2467087/

 

 

最後に、では一人一人は如何するか。

数日前カミさんが古い知り合いにあったとき興味深い話を聞きました。

その人の息子さん(今27歳)は私の息子と幼なじみ、その息子さんが最近結婚したのだそうです。

その理由で曰く、

「息子は仕事の都合で近い内に海外勤務になりそう、そんな話だ。

それなら単身赴任より嫁さんも一緒のほうがいい、だから結婚を急いだ。息子がそう言っている」

こんな話だった。

 

私は家族とは「この息子さんは立派、大きな会社のトレンドを理解したうえで自分の生活設計が出来ている。こうでなくちゃあイカン。」

こんな話をしました。

 

この自分は如何するか、それは来年の課題として一人一人が考えねばならないことと思います。

 

 

新しい年に何か考え、動き出す為の叩き台として何か参考になれば幸いです。

 

最後に考える機会を与えていただいたthe-prayerさん、有難うございました。

いつかは纏めねばと思っていたテーマ、

丁度良かったです。

 

では皆様、良い年をお迎えください。

  1. 経済
  2. TB(0)
  3. CM(23)

コメント

No title

おはようございます。

立派な記事にまとめていただいたこと感謝もうしあげます。

日本国が経済収支で黒字をだしているのは、表で明らかです。
わたくしが、いいたかったのは、日本国も米国並みに経常収支を赤字にしないといけないということです。
日本国には、その経済的な力があります。
EU各国の経常収支は、日本国でいえば、本州と北海道の違いだと思います。あるいは、沖縄県とかの超赤字県。これは、国内の経済政策で収支を整える話と同等ということです。
搾取というのは、新興国のかたたちを人的に搾取しているということをいいたかったのではありません。
世界の中で、日本国が黒字を続ける体質をどこかで変えないと、円高も変わりませんし、国内の民間人の給与もあがりません。
これは、経済学者が議論しても堂々めぐりです。
海外進出にともなって、日本人(worker)がどんどんと雇用をもとめてでていくというのは、無理があります。海外拠点を造って現地の雇用を増やすか、外国から移民を受け入れるかだと思います。
移民政策の実現は、まず無理だと思います。
だとしますと、企業の海外進出もやるけれど、それ一方ではない方法でGDPも増やす手段が必要だといいたいのです。
ですから、日本国内では、高付加価値品(あるいはサービス)をうみだす経営努力が必要だと考えているわけです。
牛丼、一杯、280円は異常だといいたいのです。
  1. 2011-12-31 10:30
  2. URL
  3. the-prayer #79D/WHSg
  4. 編集

No title

the-prayerさん

経常収支の赤を認めろというのですか?
アメリカは基軸通貨国ですから国際収支全体の赤でも困ることはありません。お札すればいいだけですから。
ただ、基軸通貨国でない日本は経常収支の赤が続けば国家は破綻します。
まあ、日本も基軸通貨国になるべしというのならわからないではありませんが当分無理でしょう。
国際収支の中で赤のほうが良いとされるのは一般に資本収支のみです。これは国外に対する投資が活発に行われてることを示す指標ですからね。

日本はブログ主様のような活躍で経常収支が黒となってます。これはまさに海外に工場を作りそこで生産したものを別な外国に売るというスタイルで投資先にも利益をもたらした上で所得収支の形で日本に外貨をもたらします。
たとえ貿易収支が赤であろうとこの所得収支の黒があれば必要なエネルギー食料の輸入は問題なく出来ます。

円高の問題は今日現在の話に限れば、完全に日本国内の事情です。アメリカがあれだけ大規模な金融緩和を実施したのに、日銀が全くの無策だからです。日本円が足りないという状況なのですよ。今年の貿易統計だけを見るならおそらく収支は赤でしょう。最終四半期は黒になる可能性がありますがね。
本来この形なら円安に振れるはずです。かつてはそうでした。日本の所得収支の赤を貿易収支で補い均衡を保つという形だったからです。それでも円安に触れない。所得収支の黒が補ってるからです。

国内の民間給与が上がらない。これも日本の場合はほぼ完全に国内問題です。日本国のGDPに占める純輸出の割合は今でも15%ないはずです。これは世界3位の低さです。問題は日本国の内需が伸びないこと、これにつきてます。
  1. 2011-12-31 12:54
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

「経常収支の赤を認めろというのですか?」

そういうことです。毎年の累積黒字は、日本国の膨大なストック(死に金)になっています。
世界への貢献として、需要をつくる責務が日本国にはあるのだということを理解する必要があります。
需要を喚起する方法は、各種あります。建設国債の大増発がよいと思います。それで、海外の企業にも参入を促進し、巡りめぐって、国内にお金が廻ります。省人化投資減税はもうやめないといけない。企業は自分で自分の首を絞めているのです。
これが理解できないのであれば、議論できません。
  1. 2011-12-31 13:22
  2. URL
  3. the-prayer #79D/WHSg
  4. 編集

No title

制限がきそうなので別にコメントします。

問題は内需が伸びず10年以上のデフレ状態にあることこれが問題のほぼ全てです。牛丼240円(280円より安い所があります)が異常ということは、原材料、エネルギーのかなりは輸入に頼ってるのですから人件費が異常に安く抑えられてることを示します。これは国民の所得が伸びずにいることの証左でしょう。それが原因となりまた結果となって需要をしぼめていきます。
国内でどんなに高付加価値製品を作っても、需要がなければ売れません。例えばカットだけで1000円の床屋が増えてますがこれは国民が所得の減少に耐えかねてることの現れでしか有りません。

これは全てバブル崩壊の後遺症です。加えて言うならば、中途半端な経済回復の途上で行われた間違った政策による失政です。この結果国内の消費マインドが落ち込んだ結果の10年不況です。(バブル崩壊は89年末ですが、本格的な悪化は97年の橋本行革からです)

この事態では民間主導の景気回復は望めません。規制を緩和しても一部の連中しか投資しないのですよ。ケータイ電話屋や一部の業界は潤ってますがそれだけでは全然足りません。そもそも国民が消費しようとしないんだもん、需要がない所で供給を増やしても何もなりません。対策は明白、政府による大規模な公共投資です。他の連中が銭使わないのです。これしか有りません。

ところが世間は公共投資=悪、というプロパガンダに侵されまともの投資さえ行われない。日本の公共事業費は80年代と変わらないという恐ろしい事情さえあります。
この上に増税ということをやろうとする。民主党などは基地外売国集団というしか有りません。国を壊そうとしてるのだ、まで言っていいと思います。小生は赤字国債の増発で構わないと思ってます。
後200兆円くらい増発しても経済に極端な悪影響はないはずです。GDPの増加が5%以上が確実になってからでも増税は遅く有りません。

そうなればおそらく国内の供給だけでは足りないとなり、輸入の増加が見込めます。その場合でも所得収支の黒は変わりませんから輸入の悪影響はない、おそらく米国あたりが日本に本当に望まなくてはいけないのはこれなのです。



  1. 2011-12-31 13:22
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

何だ分かってらっしゃるじゃあないですか。
ただ、経常収支の赤は基軸通貨国以外の赤は最終的に問題を起こします。輸入ができなくなりますからね。
仰りたいのは日本に投資を呼び込み資本収支が黒になるようにしろということなのでしょうか?
これはこれで正解でしょう。ただ、まさにそのくらいの内需があることが前提です。これがないことが大問題。
そして国内の金が死に金になってる、この余剰貯蓄こそが大問題です。今年は震災があり、本来有効需要が30兆ほど発生しています。これがあるのにまともな投資をしない。それこそが大問題です。

おそらく、仰りたいことは人減らしをするような政策はやめろということでありましょう。難しい所でありますが、やはり有効需要の増加で新規の産業を生み出すしかないでしょう。それで景気の回復を図り求人を増やす。簡単な方法ではありませんがね。

この手の議論はこちらのブログ主様とは話し合ったことあります。
小生は200兆円までの公共投資を考えろと申し上げてことがあります。10年20兆ずつで200兆、これから先、どのような新技術が芽を吹くかわかりません。このような場合の戦略的なんたらは全く不要。下手な鉄砲も、で網羅的にやるしか有りません。おそらくそのような国態度が国民の意識を変えるのであります。

まあ、おそらくそれが達成されればまた新たな輸出産業となり防衛来収支がまた黒になるかもしれませんがね。


  1. 2011-12-31 13:41
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

失礼 防衛来収支→貿易収支でした。
  1. 2011-12-31 13:50
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

私も以前にthe-prayerさんの意見に類似した疑問をブログ主様に問うたことがありました。
即ち、企業が海外に「脱出」すれば、国内の雇用が損なわれ、失業問題が生じて誰もハッピーでないと。
いまkazkさんはそれを国内(政策の)問題はと言われ、ブログ主様も同種のお答えでした(企業努力)。

【ケース1】
不適正な為替相場(円高) → 企業の海外移転 → 国内雇用の悪化 → しかし所得収支の増加

【ケース2】
適正な為替相場 → 海外移転せず → 雇用の安定 → 国内所得の増加

経済活動は動的・有機的ですから、その都度の「処方」しかありません。私の一方的な論旨にしても「適正・不適正な為替相場」なんて、太陽から降ってくる紫外線のようにコントロール出来るものでないと心得るべきでしょうか。

私は金融論がホントに分りません。
1年間生きた企業活動をご教示下さり有難うございました。来年も宜しくお願い致します。ご家族の皆様、良いお年をお迎え下さい。
  1. 2011-12-31 14:12
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

経済活動は一流なのに政治は三流以下、いつまでこんな状況でよいはずはありません。安全保障と政治は対米従属で国は経済に専念するという吉田ドクトリンを解消する、そんな年を迎えることを祈願してもう久しいのであります。来年こそはきっと回天の一年でありますように。どうかよいお年をお迎えください♪
  1. 2011-12-31 15:09
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title


「牛丼、一杯、280円は異常だといいたいのです。」

これは、比喩的な言葉です。企業の進むべき道が違いませんかといいたいのです。
企業だけを責めてもだめで、政府、財界、労組が日本国の建て直しをするには、内需拡大施策が必要なこと。それには、省人化投資は過大にしてはならないという理解が進むこと。人件費をむやみにさげてはいけないということ。企業の内部留保を新規ビジネス投資にむかわせることと、あるいは、所得配分を上げるか、配当を増やしてもいいのです。
国内への投資減税は別の形で行う(省人化投資ではなくて、新規産業)ことが肝要です。

「小生は200兆円までの公共投資を考えろと申し上げてことがあります。10年20兆ずつで200兆、これから先、どのような新技術が芽を吹くかわかりません。このような場合の戦略的なんたらは全く不要。下手な鉄砲も、で網羅的にやるしか有りません。おそらくそのような国態度が国民の意識を変えるのであります。」

この案は一見無理があるやにみえますが、起業というのは、もともとこういうものです。大賛成です。

「まあ、おそらくそれが達成されればまた新たな輸出産業となり貿易収支がまた黒になるかもしれませんがね。」

それは、そうなんです。しかし、いまは何かしないと何も変わらないといいたかったのです。それも、国内でできれば新興国ではできない産業をおこしてもらいたいと考えています。

貿易収支は、十年ぐらい赤字でよいではないかと思います。為替介入などという姑息なことはしてはならないと思います。








  1. 2011-12-31 15:15
  2. URL
  3. the-prayer #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 the-prayerさん
円高は決して悪くはないと思います。これは結果に過ぎませんし環境の変数に過ぎません。とにかく安くものを輸入できることは間違いなく有利です。この立場を生かし早く経済を常道に戻さねばなりません。
 貿易収支も日本のような国ではもはや結果です。目的とする必要もない。エネルギー資源と食糧その他の原材料の輸入が出来る程度でも良いのでしょう。この国の八割(内需)を何とかしなくてはなりません。東北の被災者が多い中で誤解を受けかねないのを承知で言いますが、これは天与の機会といってもいいと思ってます。もっと強靭な国を作り上げなければなりません。
 内外の情勢を見ればもはや日本が自力でデフレから抜けださなければ世界はおそらく救いがないでありましょう。
2012年はそれが試されるときであろうと思っております。



  1. 2011-12-31 16:32
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

相模さん

 現在の円高相場が不適正と言われるのでしょうがこれは日本の金融政策の怠慢です。アメリカが基地外じみた金融緩和をやってるのに日本では全然やらない、これじゃあ円高ですよ。円がそもそも足んないんですから。

 ただ、おそらく為替相場が他国の政策で見出されす、適正であったとしてもその状態で、貿易黒字を続けてしまえば早晩海外に進出して生産をせねば成らなくなったはずです。これは一人勝ちしすぎた麻雀と一緒で相手に点棒がなければ払えないからです。だから成熟した債権国では所得収支の増加は必須なのですよ。

 問題は国内の需要不足による国民所得の目減りです。国民の多くは現在第3次産業従事者となってますが、この所得が全く増えていません。これは本来製造業とは異なり輸入が聞かないシロモノですから金回りが悪ければ伸びませんよね。ブログ主様はこのような状況でも所得収支の黒で補えました、とおっしゃってるのです。ただこれでは所得が偏在化しますから、貧富の差が拡大することを招きかねないのです。最近の税法の改正はそれに拍車をかけています。
これも所詮は日本国内の問題でしかありえません

なんか日本はギリシャのようになるなどと馬鹿抜かすカスどもが多いですが、そういうふうにしたいのかと思ってしまします。どうしたらそうなるのか小生には全く理解できません。
 我が国が理想国家でない以上、成長し変革し続けなければなりません。その力の源泉は国家が成長することしかないと思ってます。
国民の一部にあるもはや成長できないとか、成長はいらないなどと抜かすトンマ共は排除しなければなりません。ならばそういう連中には福祉なし、というのが正解でありましょう。

ブログ主様
 長々コメントしましたが本年はずいぶんとご迷惑をかけました。また来年も宜しくお願いします。
  1. 2011-12-31 16:33
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To the-prayerさん

興味深いコメント有難うございます。
まとめて返事させていただきます。

私の言いたいことは殆どkazk さんがコメントされてますので、一つ一つはコメントしませんが、ちょっと私の意見を。

経常収支の赤字云々の話ですが、多分資本収支と勘違いされて居ると思います。
経常収支の赤字が続けば北朝鮮と同じ。国民が食うことも出来ません。

the-prayerさんが心配されている日本国内の仕事の確保の話ですが、私が海外に進出する為に何度も逡巡した話です。
海外に仕事を持って行けば国内が困る、それはそうなのです。
残念ながら日本国内の高コスト体質では、日本で仕事をしても海外のライバルメーカーとの競争には勝てません。
最大の癌はお役所や銀行のように規制に守られた業界、此処のコストが高すぎるのです。

海外で儲けて、儲けを日本に持ち帰る、口で言うほど簡単では有りません。
海外事業が軌道に乗るのには5年や6年かかるのです。
今やっとそれが実を結んだのですが、沢山血をしました。
一番大変だったのは家族です。
奥さんがノイローゼになった、子どもが不登校になった、残念ながら奥さんと離婚した・・・
こんな話は枚挙に暇が有りません。
私も母は私の帰国を待っていたかのように、帰国後2週間で息を引き取りました。

日本は残念ながら日本人皆に分け与えるような仕事が有りません。
国境を越えて思う存分活躍する、
いまこそこれが日本人に求められています。
  1. 2011-12-31 21:21
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん

私の言いたいことをみんな言っていただきました。
有難うございます。

こんな議論こそ今の日本に必要な事、
こんな議論の上に一人一人が自分のやることを考えていけばいいと思っています。

多分日本は昔の日本列島改造論ではないのですが、思い切った改造が必要。
もっと議論の輪を広げ、2012年は日本再生元年にしたいですね。

今年は色々有難うございました。
来年も宜しくお願いいたします。
  1. 2011-12-31 21:29
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん

相模さんの疑問は当然だと思います。
日本国内でものづくりが出来ればこんな良い事は無い、
その通りです。

でもコレは日本の我儘、世界はコレを許しません。
此処に苦労の原点が有るのです。

そして国内に仕事が無い、コレは先進国全体に共通する悩み。
海外に行ってみれば分かりますが、いろんな国から仕事を求めて発展途上国に人が来ています。
難しい時代ですが、耐えて生き抜かねばなりません。

今年も色々有難うございました。
来年も宜しくお願いいたします。
  1. 2011-12-31 21:41
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん
>経済活動は一流なのに政治は三流以下、いつまでこんな状況でよいはずはありません。安全保障と政治は対米従属で国は経済に専念するという吉田ドクトリンを解消する、そんな年を迎えることを祈願してもう久しいのであります。来年こそはきっと回天の一年でありますように。どうかよいお年をお迎えください♪


矢張り2012年は世界の大変動の年であるのは間違いないと思います。
是非とも新しい世界を日本の力・価値観で開いていきたい。
今それが出来そうな国はドイツと日本しか無いように思えるのです。
ドイツとは今度こそイタ公抜きでがんばろうと言いたいですね。

今年は色々有難うございました。
来年も宜しくお願いいたします。
  1. 2011-12-31 21:46
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>「企業の海外進出は間違っていないか、安物を世界にばら撒くのは経済大国日本の採るべき道とは違うのではないか」

何故日本が経済大国になったのか?
その前段から考えませんとね。
この議論に加わる気は有りませんが僕の結論から行けば
短足おじさん、そしてkazkさんの考え方が正しいに近い。
別に日本は世界に貢献するのが目的では無い。
そんな国家はどこにも存在しません。
何を持って貢献かはだれも定義は出来はしないのですから。

すでに経済大国になった日本をスタート時点にするとアンポンタン評論家や
唯物史観崩れのマヌケ学者、そして脳天気な放蕩息子風なマスコミの見方になります。要するに創業の苦労を知らない三代目的現状認識ですね。

貧しきものに施しをしても何も残らない、
貧しきものを安い賃金でも働かせてやればそれはやがて血と成り肉と成り
やがては豊かさへの道を作れる。
発展途上国とは先進国国相手にそう言う道筋を歩いている国々です。
しかし、苦労をしらないバカ息子は親に向かってそれは「搾取」だ「施しをせよ」と非難する。

但し、私も何度も強調して来ましたが日本に大切な事は「内需の拡大」その為の「公共投資」なんです。これ一本で起爆します。





  1. 2012-01-01 04:53
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

明けましておめでとうございます。
昨年中は 本文&コメントで貴重なご意見を有り難うございました。
ゴミコメばかりで ご迷惑をおかけすると思いますが
本年も よろしくお願いいたします。
  1. 2012-01-01 10:32
  2. URL
  3. 謎のいねむり(見た目はインド人) #79D/WHSg
  4. 編集

No title

なかなか難しい議論をされているようですが、うーんよく分かんない。

さて、短足おじさん様あけましておめでとうございます。

去年の年が終わりそうな頃に初めてコメントを寄せました。

でもタイで物作りをしていた方ならではの独自の視点は、本当に貴重でもっと以前からこのブログの存在に気づいていればよかったのにと思います。

本年もよろしくお願いいたします。
  1. 2012-01-01 15:16
  2. URL
  3. tom-h #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>>「企業の海外進出は間違っていないか、安物を世界にばら撒くのは経済大国日本の採るべき道とは違うのではないか」
>
>何故日本が経済大国になったのか?
>その前段から考えませんとね。
>この議論に加わる気は有りませんが僕の結論から行けば
>短足おじさん、そしてkazkさんの考え方が正しいに近い。
>別に日本は世界に貢献するのが目的では無い。
>そんな国家はどこにも存在しません。
>何を持って貢献かはだれも定義は出来はしないのですから。
>
>すでに経済大国になった日本をスタート時点にするとアンポンタン評論家や
>唯物史観崩れのマヌケ学者、そして脳天気な放蕩息子風なマスコミの見方になります。要するに創業の苦労を知らない三代目的現状認識ですね。
>
>貧しきものに施しをしても何も残らない、
>貧しきものを安い賃金でも働かせてやればそれはやがて血と成り肉と成り
>やがては豊かさへの道を作れる。
>発展途上国とは先進国国相手にそう言う道筋を歩いている国々です。
>しかし、苦労をしらないバカ息子は親に向かってそれは「搾取」だ「施しをせよ」と非難する。
>
>但し、私も何度も強調して来ましたが日本に大切な事は「内需の拡大」その為の「公共投資」なんです。これ一本で起爆します。



明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします。

アンポンタン評論家、マヌケ学者、放蕩息子マスゴミ
こんな連中の書き散らす物しか情報源の無い方には非常に分かりにくい議論。
でもこんな方にも事実を一つずつ説明し、味方になってもらわないと日本再生は難しい。
がんばりたいと思います。
  1. 2012-01-01 15:45
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 謎のいねむり(見た目はインド人)さん
>明けましておめでとうございます。
>昨年中は 本文&コメントで貴重なご意見を有り難うございました。
>ゴミコメばかりで ご迷惑をおかけすると思いますが
>本年も よろしくお願いいたします。
>


明けましておめでとうございます。
自由な議論、話し合いこそ活力の原点。
私も時々見当はずれの事を言いますが、失敗もまた良し。
大いに話し合いましょう。
今年も宜しくお願いいたします。
  1. 2012-01-01 15:50
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To tom-hさん
>なかなか難しい議論をされているようですが、うーんよく分かんない。
>
>さて、短足おじさん様あけましておめでとうございます。
>
>去年の年が終わりそうな頃に初めてコメントを寄せました。
>
>でもタイで物作りをしていた方ならではの独自の視点は、本当に貴重でもっと以前からこのブログの存在に気づいていればよかったのにと思います。
>
>本年もよろしくお願いいたします。


明けましておめでとうございます。
私も時々tom-hさんのブログを訪問させていただいています。
本年も宜しくお願いいたします。
  1. 2012-01-01 16:07
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

私が小学生の頃の話です。
遠い親戚に智恵遅れの男の人と、聾唖者の女の人がいました。
男の人は馬の世話を任されていて、いつも馬は肥えていて毛艶が良かった。
女の人は田植えの時、私の家に手伝いに来て、健常者に負けない勢いで苗を植えていた。
二人とも40代で亡くなった。
昔はどこも百姓だったので何も問題がなかった。

今こういう人はどう食い扶持を得ていくのでしょう。何から何まで福祉では国がもたないと思います。
欧米はどうして居るのでしょう。
  1. 2012-01-01 19:52
  2. URL
  3. 八目山人 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 八目山人さん
>私が小学生の頃の話です。
>遠い親戚に智恵遅れの男の人と、聾唖者の女の人がいました。
>男の人は馬の世話を任されていて、いつも馬は肥えていて毛艶が良かった。
>女の人は田植えの時、私の家に手伝いに来て、健常者に負けない勢いで苗を植えていた。
>二人とも40代で亡くなった。
>昔はどこも百姓だったので何も問題がなかった。
>
>今こういう人はどう食い扶持を得ていくのでしょう。何から何まで福祉では国がもたないと思います。
>欧米はどうして居るのでしょう。



明けましておめでとうございます。
公共事業を無茶苦茶にしてしまったので、仰るような方を雇用する所がなくなってしまった。
雪国では中小土建屋を潰してしまったので、除雪すら大変です。
欧米の事情は分かりませんが、働く気持ちの有る人にカネを与えて働かなくさせるような政策が間違っているのは事実です。
  1. 2012-01-01 22:36
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する