2009-06-30 14:37

GMタイ・・貧すれば鈍すとは正にこのことか?

GMが連邦破産法11条を申請して1ヶ月たったが、タイの子会社GMタイランドのHPにこんな写真が掲載されている。

私はアニメの世界はよく分からないが、人気アニメ「トランスフォーマー」に登場するものとのこと。

 

もはや何の頼りになるものとて無く、アニメ頼りと言ったところか、

 

昔の人は貧すれば鈍すといったが、正にその通りだろう。

でも鬱陶しい梅雨空には一服の清涼剤か??

 

 

 

はるか宇宙からシボレーが世界を救いに戻って来てくれる??

 

 

 

この車はシボレー オプトラ

韓国のGM大宇が開発設計、GMタイで組立

 

 

この車はシボレー アヴェオ(AVEO)・・日本ではなじみが無いが・・・

GM大宇で生産 韓国名ジェントラ

 

 

 

とうとうGMも落ちるところまで落ち、小型車は韓国・中国で開発生産するようだ。

しかしこれでは「あの国のあの法則」ズバリではないか!

 

国にしろ企業にしろ韓国・朝鮮と組んで勝ったことは、歴史上そして今日に至るまで皆無なのだと言う。

 

以下人気ブログ「ご隠居さん」の「こりあうおっちんぐ」から引用

 

あの国のあの法則

 

  《絶対法則》

第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。

第二法則 第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。

第三法則 第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。

第四法則 第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。

第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。

第六法則 第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。

 

 

 なおこの法則、詳しいことは以下のところを参照ください。

 http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/housoku.html

 

GM救済劇は労働貴族UAWの言いたい放題をオバマがのんでしまって幕、

その結果がとうとうアニメ頼りの小型車開発となったようだ。

第二の倒産劇までのカウントダウンはすでに始まっている。 

 

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

あの国のあの法則
面白いですねえ!!!
  1. 2009-07-25 14:30
  2. URL
  3. お絵かき爺 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To お絵かき爺様

>あの国のあの法則
>面白いですねえ!!!

よくここまで調べたと感心します。
でもGMについては笑ってばかりもいられない、そろそろとばっちりが来そうな気がします、剣呑剣呑。
  1. 2009-07-25 23:34
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する