2008-10-31 18:11

流言蜚語(飛語)

 

流言蜚語(飛語)とは手元の辞書によれば、流言=根拠の無い噂・デマ・流説、 蜚語(飛語)も根拠の無い噂(本来は蜚語が正しい)。

 

しかしこの流言蜚語、時とすると多くの人がこれに振り回されるばかりでなく、

ある特定の人や会社がターゲットになり、ひどい場合には会社が操業不能になったり、個人の生命さえ危険になったりする。

 

 

ではタイではどんなケースがあるか、私が体験した流言蜚語とその原因を紹介し、海外にいる日本人がどう行動すればよいか考えてみたい。

 

1999年12月、タイ国チョンブリ県(首都バンコクより東南に約100キロ)に有るタイオイル社シラチャ製油所で巨大なオイルタンクが深夜大音響と共に爆発炎上する事故が発生した。

 

この爆発事故、製油所の自動車ガソリン用大型貯蔵タンク(貯蔵量150万リットル)1基が爆発炎上

火災は42時間に渡って燃え続け、タイ国内にあった全ての化学消化剤(同社や他社の製油所・空海軍からも持ってきたが)を使用しても消えず、

シンガポール軍の輸送機で52トンもの消化剤を運び、やっと消し止めた。

この事故による死者は消防士を含め7名となる惨事であった。

 

タイオイル火災事故 

  (爆発から30時間以上経過後撮影したもの)

  (住民はほとんど逃げており、カメラマンなどがいるだけ)

  しかしこんな近くでも別に制止されるわけでもなく、自由に入っていけた。

 

この事故の特徴は、爆発と同時に巨大な低周波音・・つまり人の耳には聞こえない大音響・・が発生したこと。

周辺の民家や工場はこの低周波音の為爆風が無いのに窓ガラスがほとんど全部破壊され、天井のボードも落下した。

被害は非常に広範囲に及び、私が確認した限りでも約7キロ先まで被害がでていた。

 

この低周波による被害、科学的知識の乏しいタイ人には何かとんでもない恐ろしいことが起こっていると受け止められたようである。

 

余談ではあるがタイ人はお化け・妖怪の類い(タイ語でピーと言う)の存在を真剣に信じており、人に悪さをすると思っている。

 

現にこの現場から数キロはなれたところに住んでいたスタッフは

「突然大きな音と共に窓ガラスがびりびり振動し、パラリと割れ落ちた。風も無く物が飛んできたわけでもない。何か恐ろしいことが起こっているようだ」

この様に心底怖そうに説明してくれた。

 

ではこの様な事故でどんな流言蜚語が発生したか<続>

 

 

 

 

  1. タイiza10年以前
  2. TB(0)
  3. CM(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する