2011-11-21 22:14

日本を応援してくれる人

 この所鬱陶しい話が続く、そこで少し心温まる話を。

WSJにこんな記事があった。

 

 

<以下引用>

 

日本に対する投資見通しは不変、欧州への投資計画はなし=バフェット氏


2011年 11月 21日  17:32 JST


.【福島県いわき市】米著名投資家ウォーレン・バフェット氏(81)は21日、3月11日の東日本大震災と津波の発生でも、日本に対する自身の投資見通しは変わっていないと表明した。一方、債務危機が続く欧州については、直接投資の計画はないと述べた。

 

 投資会社バークシャー・ハザウェイの会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるバフェット氏は初来日での記者会見で、「津波の発生を受けても、日本人や日本の企業は変わっていない」と発言

 

 
福島県いわき市のタンガロイ本社を訪れたバフェット氏。左から2番目はタンガロイの上原好人社長

 

 

   バフェット氏はさらに、オリンパスをめぐる最近のスキャンダルでも、日本に対する自身の投資見通しは変化していないとし、こうしたスキャンダルが「優良企業に影響することはない」との見方を示した。オリンパスは数十年に及ぶ巨額の投資損失隠しを認めている。

 

 同氏は、2008年にオランダのIMCインターナショナル・メタルワーキング・カンパニーズの完全子会社となった福島県いわき市に本社を置く、超硬工具・素材製造のタンガロイの工場を視察した。バークシャーはIMCに出資している。

 

 バフェット氏は当初、3月22日に同工場の視察を計画していたが、東日本大震災のため取り止めた。

 

 バフェット氏は同工場にヘリで到着し、工場の約400人の従業員やいわき市の市長、福島県の副知事などから温かい歓迎を受けた。バフェット氏は同工場で短い演説を行った。この工場は福島第1原発から約40キロ離れた場所にある。

 

 日本以外の市場に関しては、債務危機が続く欧州について、直接投資の計画はないと述べた。バフェット氏のこの発言を受けて、ユーロは対ドルで1.3516ドルから1.3471ドルまで下落した。

 

同氏は、米国経済の見通しは明るいとの見方を示し、米国市場での投資を続けたいとした。

 

http://jp.wsj.com/Finance-Markets/node_347876

 

<引用終り>
 

 

最近欧米のニュースを見ているとアレッと思うことが有る。

東日本大震災から大分経っているのだが、欧米のメディアの日本に対する好意的な報道が有るのだ。

 

例えばこの写真、これは最近のイギリスBBCから

 

 

 http://www.bbc.co.uk/news/in-pictures-15789694

 

 

これは少々古いが津波から3ヵ月後の復興状況、DAILYMAILから

 

http://www.dailymail.co.uk/news/article-2001984/Japan-tsunami-earthquake-Pictures-recovery-3-months-later.html

 

 

世界は未曾有(”みぞうゆう”でも構いません)の大震災からの日本の復興を見守っている。

その暖かい気持ちがこんな写真になっていると思う。

 

そして冒頭挙げたWSJの記事、書いたのは日本人記者という事を割り引いても有りがたい記事である。

 

日本の政治はガタガタなのだが・・・

それでも日本を暖かく見てくれている。

感謝!!

  1. 社会一般iza
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

多分欧米は気づき始めてるのでしょう、日本は先を言ってるのだということに。
欧州や米国がこれから被る荒波は基本的に日本が20年にわたり浴び続けてるものです。
その上での震災、ところがファンダメンタルはビクともしてない。
指導者はどうみても変なやつばかり出てくる。ところがそれでも国は持ってる。
これは国民がよほどしっかりしていて指導者に何にも期待していない国である証拠だ、ということに。
だからここに希望があるのだということに。

まあ、指導者が馬鹿だと周りは苦労するんだが…

少なくとも自民党は足をひっぱる真似はしませんでしたから殆どいてもいなくても…だったはずですが、売国左翼はいたら困る存在です。馬鹿には本当にはた迷惑な馬鹿がいるのだということに改めて気付かされましたね。

それはともかく
もはや世界に手本はないのだということです。だから世界は見ているのだと思うのです。
  1. 2011-11-22 03:23
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日本の三分の一が壊滅したにも拘わらず、日本を信頼する投資家、マスコミがあるとは、日本はどんな国なのか日本人自身学びなおす必要がありそうです。
加えてブータンの王様のように、国会で日本人を鼓舞し、海に立って祈ってくれる方もおられたのです。
  1. 2011-11-22 06:30
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>多分欧米は気づき始めてるのでしょう、日本は先を言ってるのだということに。
>欧州や米国がこれから被る荒波は基本的に日本が20年にわたり浴び続けてるものです。
>その上での震災、ところがファンダメンタルはビクともしてない。
>指導者はどうみても変なやつばかり出てくる。ところがそれでも国は持ってる。
>これは国民がよほどしっかりしていて指導者に何にも期待していない国である証拠だ、ということに。
>だからここに希望があるのだということに。


イギリスから盛んにこんな報道が聞こえてくる、多分8月のロンドン初め各地で発生した大暴動との対比を見ているのでしょう。


>まあ、指導者が馬鹿だと周りは苦労するんだが…

江戸時代に馬鹿殿をいただいた武士、町民、百姓が如何したか・・・

>少なくとも自民党は足をひっぱる真似はしませんでしたから殆どいてもいなくても…だったはずですが、売国左翼はいたら困る存在です。馬鹿には本当にはた迷惑な馬鹿がいるのだということに改めて気付かされましたね。
>
>それはともかく
>もはや世界に手本はないのだということです。だから世界は見ているのだと思うのです。


そうですね、
日本はお手本の無い世界に、海図の無い海に出てきたのです。
気がつくと後に日本の行きかたを注目している人たちがいる。
苦しいですが、自分たちの行き方が手本になっている事に気がつくべき時です。
  1. 2011-11-22 07:23
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>日本の三分の一が壊滅したにも拘わらず、日本を信頼する投資家、マスコミがあるとは、日本はどんな国なのか日本人自身学びなおす必要がありそうです。
>加えてブータンの王様のように、国会で日本人を鼓舞し、海に立って祈ってくれる方もおられたのです。


外国でビジネスなどしてみると、日本がどんな国か良く分かると思います。
3.11以来世界の潮流は大きく変わった。
但し変らないアホが永田町あたりに一杯ですが・・・
  1. 2011-11-22 07:30
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

欧米の優秀な人達は日本の持つファンダメンタルに強い信頼感を抱いてます。
これは我々が、短足おじさんも含めて長い戦後を通じて世界の中で示して来た「実績」への信頼なんです。
目先の金への信頼など脆くも壊れます。
しかし、「人格」への信頼は一度確立すると簡単には壊れません。
我々日本人が持ってる「奥深い」能力を我々自身が大切にしして世界へ答えていかなければなりません。
しかし、それをなし崩しにしようとするのが日本のマスコミ人と云う人種です。
自分の国の価値も自分の民族の人格も、そして何より世界と云うものが何も理解する能力もない癖に貧相な知識で「ミスリード」を繰り返す。
今回の産経の古森さん達の様な記者を見てもなんと云う「脆弱」な人達なのだろう?
そう感じます。
しかし、それにもかかわらず世界の日本への信頼は非常に厚く熱い事だけは自信を持って行きましょう。

良いエントリを上げて戴いて感謝です。
僕も熱くなりました。
  1. 2011-11-22 10:55
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>世界は未曾有(”みぞうゆう”でも構いません)の大震災からの日本の復>興を見守っている。
>その暖かい気持ちがこんな写真になっていると思う。

外国で仕事をしたこともないので、正直世界からの目はわからないのですが
IZAにお邪魔するようになってから日々皆さまから教えられます。
短足おじさんのこのお言葉通りなんでしょうね。

先日来日されたブータン国王の国会でのお話にも胸を打たれました。
日本を鼓舞する声が各国から聞こえてくるようです。

「日本は、過去においても現代においても世界のリーダーであり続けます」
(ブータン国王のテレビでカットされた演説一部)

このお言葉を私たち国民も重く受け止め、強く有らねば!
そう思わせて頂いたエントリーでした。
  1. 2011-11-22 13:07
  2. URL
  3. cocoro-ol1203 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>欧米の優秀な人達は日本の持つファンダメンタルに強い信頼感を抱いてます。
>これは我々が、短足おじさんも含めて長い戦後を通じて世界の中で示して来た「実績」への信頼なんです。
>目先の金への信頼など脆くも壊れます。
>しかし、「人格」への信頼は一度確立すると簡単には壊れません。
>我々日本人が持ってる「奥深い」能力を我々自身が大切にしして世界へ答えていかなければなりません。
>しかし、それをなし崩しにしようとするのが日本のマスコミ人と云う人種です。
>自分の国の価値も自分の民族の人格も、そして何より世界と云うものが何も理解する能力もない癖に貧相な知識で「ミスリード」を繰り返す。
>今回の産経の古森さん達の様な記者を見てもなんと云う「脆弱」な人達なのだろう?
>そう感じます。
>しかし、それにもかかわらず世界の日本への信頼は非常に厚く熱い事だけは自信を持って行きましょう。
>
>良いエントリを上げて戴いて感謝です。
>僕も熱くなりました。


私はsonoさんの様に親・子・孫3代に渡って世界を股にかけて来た方とは比較にならない乏しい経験ですが、それでも世界の日本を見る目は分かります。

>世界の日本への信頼は非常に厚く熱い!!!
いい言葉です。

その信頼にこたえるには一人一人の行動有るのみ、
毎日毎日の、一分一分の行動こそ大事だとsonoさんの言葉から感じました。
来月私はタイに飛ぶことになりそうですが、その言葉を胸に刻んで頑張って来ようと思います。
  1. 2011-11-22 17:47
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To cocoro-ol1203さん
>>世界は未曾有(”みぞうゆう”でも構いません)の大震災からの日本の復>興を見守っている。
>>その暖かい気持ちがこんな写真になっていると思う。
>
>外国で仕事をしたこともないので、正直世界からの目はわからないのですが
>IZAにお邪魔するようになってから日々皆さまから教えられます。
>短足おじさんのこのお言葉通りなんでしょうね。
>
>先日来日されたブータン国王の国会でのお話にも胸を打たれました。
>日本を鼓舞する声が各国から聞こえてくるようです。
>
>「日本は、過去においても現代においても世界のリーダーであり続けます」
>(ブータン国王のテレビでカットされた演説一部)
>
>このお言葉を私たち国民も重く受け止め、強く有らねば!
>そう思わせて頂いたエントリーでした。


ブータンの国王陛下の話はとても感動的でした。
あの素晴らしいお言葉を報道できないのが今のマスゴミ。

所でそのマスゴミの悪さの元凶、電通のなりすまし日本人成田豊が死にました。
成田豊 本名:成・田豊(ソン・ヂョンブン)、在日朝鮮人(wikiによる、在日韓国人とは書いてない)
これからマスゴミのウジ虫つぶしを初めねばいけませんね。
  1. 2011-11-22 18:13
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する