2011-11-11 11:51

慰安婦問題<魏志倭人伝を見れば分かる

 韓国ソウル市長選挙が行なわれ、親北・左翼の朴元淳氏が新ソウル市長になった。

そして早速こんなことを言い始めている。

 

だが日本と韓国との違いは別に今始まった事ではない。

何と魏志倭人伝の頃から問題の根が有ったようだ。

 

 

 

魏志倭人伝の話の前に、朴元淳新ソウル市長の言っていること。

 

<以下引用>

 

朴元淳・新ソウル市長が会見 慰安婦問題「過去清算しなければ将来の足かせに


2011/11/09 20:35更新
  【ソウル=加藤達也】先月26日の選挙で左派・革新系の野党統一候補として当選した朴(パク)元淳(ウォンスン)ソウル市長は9日、ソウル外信記者クラブで記者会見し、「従軍慰安婦」を支援する団体が在韓日本大使館前に記念碑建立を計画している問題について「過去を完全に清算しなければ将来も足かせになる」と発言。

日本政府は元慰安婦の女性に補償すべきだとの考えを示した。

 

・・・以下略、詳細は下記参照・・・

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/534550/

 

<引用終り>

 

 

 

不愉快な記事である。

しかしこんな馬鹿がソウル市長になったので、

これからも事有る毎に揉めるだろう。

 

しかしこの新市長(56年3月生)、現在55歳だそうだが、この問題は1965年12月には条約発効し、完全かつ最終的に解決済み

つまりコイツが子供の頃に解決済みの話を未だグダグダ言っているわけだ。

 

 

 

 

こんな話は笑韓流家元ご隠居さんの得意分野なのだが、ちょっと視点を変えて歴史的に見てみたい。

 

見るのは魏志倭人伝である。

(魏志倭人伝・・・正確には三国志・魏書・東夷伝・倭人条である。3世紀末頃成立)

 

魏志倭人伝には邪馬台国、卑弥呼が出てくるのだがそれが何処なのか。江戸時代から論争が続いているが、未だに結論は出ていない。これはちょっと置いといて・・

 

魏志倭人伝で私が取り上げるのは以下の部分、こんな文言で有る。

 

 

 


その俗、国の大人は皆四、五婦、下戸もあるいは二、三婦。婦人淫せず、妬忌せず、盗窃せず、諍訟少なし。

 

・・・誰ですか、二、三婦 、いいなあ、オラもなどと言ってるのは・・・ (爆)

 

さてこの話、日本では単に「へ~、そうなんだ・・」としか解釈されていない。

しかし此処は原文の解釈を中国人研究者に聞いてみたい。

 

こんな本が有る。

 

ここでこの問題の解説を見るとこうなる。

 

この魏志倭人伝は中国人の見た、書いた物である。

だから淫だとか、淫で無いとかも当時の中国人の見方、倫理観を見ないと分からない。

 

そして「淫せず」と言うことは、何処かの国では「淫なり」が有るはずだ。

そこで同三国志・魏書・東夷伝の他の部分を見ると、

朝鮮半島の高句麗を記述したとき、「其俗淫」と記述している。

 

人類は原始時代雑婚の時代を経験した。しかし中国では其の当時既に「配偶婚」の時代であった。

だから配偶婚が当たり前の中国人にとって、同じ配偶婚の倭人は「淫せず」。

しかし雑婚の高句麗人社会は「其俗淫」となる

このように解説している。

また問題提起として、この当時の「淫」が今の人が理解する「淫」と同じかどうかとも言っている。

 

 

つまり当時の高句麗は雑婚の社会だったわけだ。

これは5世紀の高句麗の範囲

(現在のソウルより少し南辺りから北、朝鮮半島全部と中国東北部の一部が高句麗の版図)

 

 

雑婚と言っても今の社会では有り得ない話で良く分からない。

恐らくこの筆者は婦人が複数のパートナーを持ち、母系社会を形成していることを指しているのではないかと思う。

いずれにしても配偶婚の社会の人間には高句麗の婦人は「淫」に見えるということなのだ。

 

 

話が長くなった。

半島人は3世紀頃はこんな倫理観で生きていたわけである。 

そして現代でも大量の売春婦の輸出国。

アメリカなどでも困っている。

日本でも今や大都市の歓楽街はコリアンタウン化しているのはご存知のとおり。

 

半島の売春問題は魏志倭人伝(正確には三国志・魏書・東夷伝)以来の伝統である。

こんな長い伝統、大いに誇っていいだろう。

 

ソウルのおかしな市長が騒いでいるが、こんな連中に騙されてはいけない。

気をつけようね、河野洋平さんよ。

  1. 朝鮮韓国
  2. TB(0)
  3. CM(8)

コメント

No title

今でも人身売買が公然と行われてますしね。
日本や米国に送り込まれてる売春婦も実質、街で歩いてるところを甘言で誘われて連れ込まれた人が沢山居るそうですが、これって今拉致だとか言われてるヤツですよね。
現在進行形なんです。
これも、何十年かしたら日本人に拉致されたと謝罪と賠償を要求されるんでしょうか?
  1. 2011-11-11 14:40
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>今でも人身売買が公然と行われてますしね。
>日本や米国に送り込まれてる売春婦も実質、街で歩いてるところを甘言で誘われて連れ込まれた人が沢山居るそうですが、これって今拉致だとか言われてるヤツですよね。
>現在進行形なんです。
>これも、何十年かしたら日本人に拉致されたと謝罪と賠償を要求されるんでしょうか?
>


そうなるんでしょうね。目に見えてます。
でも、でもですよ。
本当にいやなら逃げ出せばいいんです。
警察に駆け込めば幾らでも強制送還してくれます。
所が実際は逃げない、
いやそれどころか指紋を捏造してでも入ってくる。
そんなヤツラです。

売春問題は難しく、単純にはいえないですが・・・
彼女らは金銭抜きでもあの行為が好きなのです。
それが話を複雑にしています。
  1. 2011-11-11 15:59
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

こんにちは

名古屋でも朝鮮女性のデリヘルが多いですね。
しかも本番行為が横行してます。
立派な売春です。以前仕事で色々調査した時

在日のソープ経営者やヘルス経営者が多いのに
驚きました。ソープなどは新規参入ができず
家督を譲り受けたものだけが出来る商売です。
戦前・戦後もこの制度が変わる事がなく現在も
受け継がれています。

そういえば、在日金融機関がソープの土地建物に
担保設定してるのが結構有りましたね。
ここまで来ると、慰安婦は・・・

あ、でっち上げです。
  1. 2011-11-11 16:23
  2. URL
  3. とろ #79D/WHSg
  4. 編集

No title

これですね。

武帝滅朝鮮、以高句驪為縣、使屬玄菟、賜鼓吹伎人。其俗淫、皆絜淨自喜、暮夜輒男女群聚為倡樂。好祠鬼神、社稷、零星、以十月祭天大會、名曰「東盟」。其國東有大穴、號禭神、亦以十月迎而祭之。其公會衣服皆錦繍、金銀以自飾。大加、主簿皆著幘、如冠幘而無後;其小加著折風、形如弁。

書き下しは

武帝が朝鮮を滅ぼして、高句麗を県とし、玄菟郡に帰属させ、鼓吹の奏者を賜る。
 その風俗は淫、皆が清潔に洗浄することを自らの喜びとし、日が暮れて夜になると男女が集まって歌や音楽に興じる。鬼神、社稷、零星を好んで祀る。十月には大いに会して天を祭る、名を「東盟」という。その国の東に大きな洞窟があり、それを隧神と号し、また十月を迎えると、これを祭る。
 そこの公の会合では衣服に皆、錦糸の刺繍と金銀を飾り付けている。大加と主簿は皆が幘(さく)をかぶる。小加は冠幘(御幘冠)のように後部の飾りがない折風(せっぷう)帽子をかぶるが、形は花弁のごとし。

その次

無牢獄、有罪諸加評議、便殺之、沒入妻子為奴婢。其昏姻皆就婦家、生子長大、然後將還、便稍營送終之具。金銀財幣盡於厚葬、積石為封、亦種松柏。其人性凶急、有氣力、習戰鬥、好寇鈔、沃沮、東濊皆屬焉。

 牢獄がなく、有罪は諸加の評議で決し、これを殺して、妻子を没収して奴婢とする。婚姻は妻問い婚で、子供が成長した後に(夫の家に)連れて帰る。都合の良いときに葬送の道具を徐々に用意する。金銀財幣を尽くして手厚く葬り、(墓は)石を積んで封じ、(周りに)松を植栽する。その族人の性質は凶暴で短気、気力にあふれ、戦闘に習熟し、略奪を好む。沃沮、東濊は皆、高句麗に従属している。

 なるほど、雑婚制と妻問い婚ですね。原始社会は基本母系制ですから父親と母子間の繋がりがはっきりしてればそれでOK、成長してから妻と子供に養育の義務が発生するのですね。
この辺りは平安時代以前の貴族とおんなじだなあ。

 これが基本、農耕社会だと配偶者婚にならざるおえません。農業には労働力が必要だからです。律令制下の農民にはほとんど一夫多妻制は見られぬはずで、この辺りが農業国の倭国とコクリあたりの違いなのでしょう。
 
  1. 2011-11-11 17:20
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

 現在、歴史学において稲作を始めとする文化の伝来が半島経由と解する見解は、少数派でしょう。
 どう見ても倭国のほうが農業に於いては先進社会です。当時の倭国の社会でも半島と異なる文化があるわけですから、半島はもはやストローとも言えぬわけです。

 相当後期まで原始社会が存在していたのだありましょう。
「近親結婚と母系制」という本がありますが、そこには半島において7~8%のいとこ婚があった旨の記述があります。
 少し古いものですが、この手の学術書としては貴重な記録ですが、これは半島社会の建前とは全く乖離する記録です。

 そもそも儒教社会においては、少なくとも男系のいとこ婚を認めるはずはないのですが、それが存在するとされてます。
そもそも原始社会に血族婚があることは当たり前でして無いほうがおかしい。儒教道徳が働くわけなんぞないのです。
 だから、連中の不道徳は当然でして、19世紀まで原始社会が残ってた名残と考えねばなりません。
 翌2ちゃたりで朝鮮土人などという蔑称を言いますがあながち間違ってるものとも思えません。

  1. 2011-11-11 17:49
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To とろさん
>こんにちは
>
>名古屋でも朝鮮女性のデリヘルが多いですね。
>しかも本番行為が横行してます。
>立派な売春です。以前仕事で色々調査した時
>
>在日のソープ経営者やヘルス経営者が多いのに
>驚きました。ソープなどは新規参入ができず
>家督を譲り受けたものだけが出来る商売です。
>戦前・戦後もこの制度が変わる事がなく現在も
>受け継がれています。
>
>そういえば、在日金融機関がソープの土地建物に
>担保設定してるのが結構有りましたね。
>ここまで来ると、慰安婦は・・・
>
>あ、でっち上げです。


なるほどねえ。
私はその辺りの事情には疎いのですが、あの商売が在日が多いとは良く聞きます。
彼らの感覚は全く普通の商売と同じなんでしょうね。

皆さんの意見を聞いていると益々慰安婦問題のたちの悪さが分かってきました。
  1. 2011-11-11 22:09
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>これですね。
>
>武帝滅朝鮮、以高句驪為縣、使屬玄菟、賜鼓吹伎人。其俗淫、皆絜淨自喜、暮夜輒男女群聚為倡樂。好祠鬼神、社稷、零星、以十月祭天大會、名曰「東盟」。其國東有大穴、號禭神、亦以十月迎而祭之。其公會衣服皆錦繍、金銀以自飾。大加、主簿皆著幘、如冠幘而無後;其小加著折風、形如弁。
>書き下しは
>武帝が朝鮮を滅ぼして、高句麗を県とし、玄菟郡に帰属させ、鼓吹の奏者を賜る。
> その風俗は淫、皆が清潔に洗浄することを自らの喜びとし、日が暮れて夜になると男女が集まって歌や音楽に興じる。鬼神、社稷、零星を好んで祀る。十月には大いに会して天を祭る、名を「東盟」という。その国の東に大きな洞窟があり、それを隧神と号し、また十月を迎えると、これを祭る。
> そこの公の会合では衣服に皆、錦糸の刺繍と金銀を飾り付けている。大加と主簿は皆が幘(さく)をかぶる。小加は冠幘(御幘冠)のように後部の飾りがない折風(せっぷう)帽子をかぶるが、形は花弁のごとし。
>その次
>無牢獄、有罪諸加評議、便殺之、沒入妻子為奴婢。其昏姻皆就婦家、生子長大、然後將還、便稍營送終之具。金銀財幣盡於厚葬、積石為封、亦種松柏。其人性凶急、有氣力、習戰鬥、好寇鈔、沃沮、東濊皆屬焉。
>
> 牢獄がなく、有罪は諸加の評議で決し、これを殺して、妻子を没収して奴婢とする。婚姻は妻問い婚で、子供が成長した後に(夫の家に)連れて帰る。都合の良いときに葬送の道具を徐々に用意する。金銀財幣を尽くして手厚く葬り、(墓は)石を積んで封じ、(周りに)松を植栽する。その族人の性質は凶暴で短気、気力にあふれ、戦闘に習熟し、略奪を好む。沃沮、東濊は皆、高句麗に従属している。
>
> なるほど、雑婚制と妻問い婚ですね。原始社会は基本母系制ですから父親と母子間の繋がりがはっきりしてればそれでOK、成長してから妻と子供に養育の義務が発生するのですね。
>この辺りは平安時代以前の貴族とおんなじだなあ。
>
> これが基本、農耕社会だと配偶者婚にならざるおえません。農業には労働力が必要だからです。律令制下の農民にはほとんど一夫多妻制は見られぬはずで、この辺りが農業国の倭国とコクリあたりの違いなのでしょう。


有難うございます。
私が調べなければいけない所ご教示いただき恐縮です。
  1. 2011-11-11 22:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
> 現在、歴史学において稲作を始めとする文化の伝来が半島経由と解する見解は、少数派でしょう。
> どう見ても倭国のほうが農業に於いては先進社会です。当時の倭国の社会でも半島と異なる文化があるわけですから、半島はもはやストローとも言えぬわけです。

学者の中でも他の分野、例えば考古学者が農業、特に稲作専門家の意見を聞く。
こんな事をしていれば馬鹿みたいな話にはならないのですが、現実はその馬鹿話がまかり通っています。


> 相当後期まで原始社会が存在していたのだありましょう。
>「近親結婚と母系制」という本がありますが、そこには半島において7~8%のいとこ婚があった旨の記述があります。
> 少し古いものですが、この手の学術書としては貴重な記録ですが、これは半島社会の建前とは全く乖離する記録です。
>
> そもそも儒教社会においては、少なくとも男系のいとこ婚を認めるはずはないのですが、それが存在するとされてます。
>そもそも原始社会に血族婚があることは当たり前でして無いほうがおかしい。儒教道徳が働くわけなんぞないのです。
> だから、連中の不道徳は当然でして、19世紀まで原始社会が残ってた名残と考えねばなりません。
> 翌2ちゃたりで朝鮮土人などという蔑称を言いますがあながち間違ってるものとも思えません。


ネットで見つけた写真にその不道徳の歴史が作ったのではと思わせるものがありました。
もう少し調べてエントリーしようかなあと思っています。
気味の悪い写真ですが・・
  1. 2011-11-11 22:31
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する