2011-11-07 22:43

グローバルスタンダードとはこんな事

 裏の桜さんのエントリーで面白い写真を見かけた。

 

 

ジェノバ(イタリア北部にあるイタリア最大の港町、コロンブスの出身地として有名)の町で洪水があり、車がされて、こんな惨状になった。

 

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2499875/#cmt

 

 

 

この写真で私が興味深かったこと。

実はジェノバから程遠からぬ町に私の姪一家が住んでいる。

姪は時々子供をつれて帰国するのだが、子ども達が何時も不思議がること、それはイタリアでは街中も住宅地も自動車は路上駐車が当たり前。

しかし日本ではどの家でも家に駐車場があり、路上駐車は全く無い。

イタリアでは駐車している車でとても通りにくいが、日本は全くそんな事が無い、どうしてか。

 

姪はそれこそ日本の良い所、日本人はそんな所まで他の人を思いやって駐車する。そういう事だと自慢して説明している。

 

 

例えばこれはイタリアでは無くスペインの写真だが、街中の駐車事情はこんな風で有る。

此処でちょっと洪水があれば、上掲の写真のようになるのも理解できると思う。

 

 

 

 

これはアメリカ・ニューヨークの路上駐車風景。

アメリカでもこんなものである。

 

 

 

我々は日本で生活しているので、こんな事を外国と比較する機会は殆ど無い。

だがたかがクルマの駐車の仕方一つでも日本のマナーは素晴らしい。

しかし世界の趨勢はそうではない。

路上駐車当たり前が世界の常識である。

 

 

今TPPでグローバル化が叫ばれている。

だが冷静に見て欲しい、

例えば車の駐車問題一つとっても、日本は世界の、グローバル標準から外れている。

 

もしアメリカが「日本の駐車規制はおかしい、そのために大型のアメリカ車が売れないのだ。非関税障壁なので撤廃しろ」

 

こんな事を言い出さない保証など無い。

如何するんだろう。

 

 

最後にジェノバの美しい町の風景

 

 

良く見るとこんな所でも路上駐車の車が有る。

日本とは大分違うようだ。

  1. 海外
  2. TB(0)
  3. CM(26)

コメント

No title

>もしアメリカが「日本の駐車規制はおかしい、そのために大型のアメリカ車が売れないのだ。非関税障壁なので撤廃しろ」

1995年に妥結した交渉の前に、日本の有料駐車場に米国車が入れないのは非関税障壁との批判がありませんでしたかね。
リンカーン・コンチネンタルは5ナンバーの駐車場には入れない。
そもそも間口の狭い駐車場に入るのに曲がれない。
  1. 2011-11-07 23:12
  2. URL
  3. yuyuu #79D/WHSg
  4. 編集

No title

短足おじさんこんばんは・・・

確かに、日本じゃ自動車を買う時に、駐車場の証明が必要ですね。大概証明証は三ヶ月程度の駐車場の代金を払ってオーナー貰うか、自分の土地で駐車スペースがあると言う証明証をカーディラーにして貰うしかないですね。

だから、基本的にどの車も自分の駐車場はあるはずですね。

それに、火事の時などの緊急自動車が、写真のイタリヤの路地じゃ走れないじゃないですか?

私は思うのですが、沖縄県の普天間米軍基地の移転問題は日本政府と辺野古の市民や市長との交渉です。これは米国政府とのTPP交渉なんかより、はるかに易しい交渉ですよね。なぜなら自国民との交渉ですから、でもそんな事すら、鳩山由起夫のバカの不手際で軽率な「最低でも県外へ」発言とかで交渉すら出来ない仕儀です。

米国政府相手に日本政府がTPPの交渉なんか出来るはずもなく、まして民主党や左翼系マスコミにまともな仕事が期待するなど出来ないのは火を見るよりあきらかです。

でもなぜかテレビに出る評論家はすべてTPPに交渉だけでもしろとか言ってます。参加してからTPPを止める事は出来るのか?

震災対応、原発対応、何一つ出来ない民主党が「TPP交渉」も出来ると言いきるマスコミはまさに無責任の極みです。
  1. 2011-11-08 00:04
  2. URL
  3. siseinotamikusa #79D/WHSg
  4. 編集

No title

この駐車風景には一つは考え方の違いと云う側面もありますよね。

アメリカでも、イタリアでもフランスでも、止めるところが無いからマナー違反で路上駐車するのではなく、路上に駐車するのを前提で物事を考えている。
用事の有る場所の一番近い所に「乗り付ける」と云う人間の感性のままなんですね。
これは海外に住む日本人としてもありがたい。自然だからです。しかし、これだって人気スポットは競争が激しい。先に取ると取られた方は悔しそうにニッと笑います。

これは道路事情もあるでしょう。
従って駐車禁止の路上もある(ここでの取締は厳しいです)が駐車可の路側は写真の様な風景が当たり前になっています。パリなどでは路上駐車可の場所なら(殆ど可が多い)例えば駐車スペースが狭い場合は前後の車のバンパーに自分の車を当てて押してスペースを作って駐車するのが当たり前。だからパーキングブレーキは引いてはならない、他の車が割り込めないからと云う「ルール」があります。坂道でもこれだけ駐車が列を作ると転がらないし、交差点近くの先頭車両はちゃんと前輪を舗石側に切って後ろから押されて前に飛び出さない様にしています。不思議に事故は聞いた事ないから、この生活習慣ルールはちゃんと機能しているのでしょう。バンパーに傷が付く?その為のバンパーじゃん?と云う考えかた。パリ人など車買ってから廃車するまで洗車した事無いと云う人はザラですから。正に下駄代わり。

従って、欧州や米国がマナーが悪いと云う事ではなく、生活習慣と国情や道路事情の違いによるものでしょう。

これを「非関税障壁」と難癖付けられない事は無いですが、
米国の「あこぎさ」はこう言う「生活ルール」に基づく部分では品が良い様に思います。

日本でこんな事を押しつけたら車自体が通行できなくなって実用にならなくなりかえって売れない。車の存在価値を下げると考える様な気がしますね。
日本に来て麻布台に住んでいる米国人の感慨、
「日本の道路は狭い、だから空き地は駐車スペースすると云う文化があるんだね。狭い土地を分け合って車を駐めている。素晴らしい」と例えばミニ開発の小さな住宅で私有地負担で駐車スペースを作っている光景や、空き地が100円パーキングになっているのをみての米国人の感慨です。

1000文字制限で続きます
  1. 2011-11-08 03:18
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

西欧人は合理的なものには納得します。それが彼らの文化だからです。
ただ何が合理なのかの摺り合わせは当然必要。
お互いに納得する合理の線引きを引いて「交渉」は形を為すのですね。
問題は日本政府がその「合理的対応」を出来るかどうか?
これが一番危惧されるところがTPPに限らず全ての外交問題の根本的問題でしょう。
すなわち「民主党政権」ではダメ!と云う根本問題ですね。
彼等自身が自らに「線引き」のない不節操な「人格」ですから。






  1. 2011-11-08 03:18
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To yuyuuさん
>>もしアメリカが「日本の駐車規制はおかしい、そのために大型のアメリカ車が売れないのだ。非関税障壁なので撤廃しろ」
>
>1995年に妥結した交渉の前に、日本の有料駐車場に米国車が入れないのは非関税障壁との批判がありませんでしたかね。
>リンカーン・コンチネンタルは5ナンバーの駐車場には入れない。
>そもそも間口の狭い駐車場に入るのに曲がれない。


私が時々行くホームセンターに大型の古いタイプのキャデラックで来る人が居ます。
当然ながら駐車スペースは足りません。
そこでその人は入り口から遠い、あまり他の人の駐車しない所を選んで、2台分のスペースに駐車しています。
ドアの開け閉めを考えれば3台分以上占領している事になる。
その人の場合は自分が少々不便でも他の人の迷惑にならない方法で駐車しています。
国情の違いですね。

しかしこれを非関税障壁と言われると困る。
私は昔日米自動車摩擦の時にそんな事を色々経験しました。
だからこんな事が気になるわけです。
  1. 2011-11-08 09:37
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To siseinotamikusaさん
>確かに、日本じゃ自動車を買う時に、駐車場の証明が必要ですね。大概証明証は三ヶ月程度の駐車場の代金を払ってオーナー貰うか、自分の土地で駐車スペースがあると言う証明証をカーディラーにして貰うしかないですね。
>
>だから、基本的にどの車も自分の駐車場はあるはずですね。
>
>それに、火事の時などの緊急自動車が、写真のイタリヤの路地じゃ走れないじゃないですか?

車庫証明は警察官が実際に現況確認しています。
理由はご指摘の通り緊急車両が通れることです。

>私は思うのですが、沖縄県の普天間米軍基地の移転問題は日本政府と辺野古の市民や市長との交渉です。これは米国政府とのTPP交渉なんかより、はるかに易しい交渉ですよね。なぜなら自国民との交渉ですから、でもそんな事すら、鳩山由起夫のバカの不手際で軽率な「最低でも県外へ」発言とかで交渉すら出来ない仕儀です。
>
>米国政府相手に日本政府がTPPの交渉なんか出来るはずもなく、まして民主党や左翼系マスコミにまともな仕事が期待するなど出来ないのは火を見るよりあきらかです。
>
>でもなぜかテレビに出る評論家はすべてTPPに交渉だけでもしろとか言ってます。参加してからTPPを止める事は出来るのか?
>
>震災対応、原発対応、何一つ出来ない民主党が「TPP交渉」も出来ると言いきるマスコミはまさに無責任の極みです。

普天間・震災・原発この上にTPP、今の民主党・マスゴミには全く能力は有りません。
  1. 2011-11-08 09:43
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

日米の政府調達でもめていた1980年代に、米国大使館にいた知り合いから紹介されて商務省の人に会ったことがあります。知人の通訳と私のつたない英語力での理解なので正確ではないかもしれませんが、その人、「日本は実績を示せ」「世界で売れているものが日本で売れないのはおかしい」という意味のことを繰り返し言っていました。
若かった私は、いまひとつ彼の話がピンとこなかったのですが、後日、日本の某企業の人と雑談していて、よくわかりました。

「ヤツら、その製品は日本では故障するよ、こことここを直してと言っても、『いや、うちの製品は世界中で使われているんだぞ』と言って、こっちに合わせる気ゼロ。政府からうるさく言われて買ったけど、やっぱり故障した」

製品を改良して日本人が気に入るようにしたり、日本の規制や規格に合わせたりする気が、まったくと言っていいほどないのだとか。商務省の人は、「日本人が必要としないものでも買え」「うちの商品は世界で売れているんだから、日本で使えないのは日本がおかしい」と言っていたんですね。ほとんど合法的なゆすり・たかり、あるいは強盗みたいなものだと思ったものです。いまだのその性根は変わらないんでしょうね、アメリカヨーロッパも。
  1. 2011-11-08 13:21
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

もうひとつ思い出しちゃいました。初代ゴルフが日本に入ってきたときの右ハンドル車。ハンドルだけは右側につけていたのに、ブレーキもクラッチも、マスターシリンダーは左ハンドル仕様のまんま。クラッチワイヤーが切れたりはずれたりして路上で止まるゴルフを何台も見ました。

さすがにブレーキ、クラッチのリモートコントロール仕様はなくなりましたが、いまだに日本に輸出する右ハンドル車のウィンカーレバーが左側のまんま。「ウィンカーレバーは左側でもいい」とISOの規格を変えてまで、ウィンカーレバーを左側から移さないですむようにしたときは、もう笑うしかありませんでした。操作性を考えても、安全性を考えても、ウィンカーレバーはシフトレバーの反対側にしたほうがいいだろうに、なぜなんでしょうね。ハンドルの位置を変えられるのなら、ウィンカーレバーの位置変更くらい、大したことはないだろうに。

なんなんでしょう、この身勝手さは。フランスやイタリアの小型車なんて、これ、そもそも右側にハンドルをつけるのは無理では? という思うようなエンジンの積み方をしている車まであり、ときどきびっくりします。それが欧米では当たり前なんでしょうか。不思議です。
  1. 2011-11-08 13:24
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

まあでも、今の所得水準だと、値段も高い維持費も高いアメリカの車、欲しくても買えませんよ…。
今の日本では外車もってるだけでステータスなんじゃ。
  1. 2011-11-08 15:57
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>西欧人は合理的なものには納得します。それが彼らの文化だからです。
>ただ何が合理なのかの摺り合わせは当然必要。
>お互いに納得する合理の線引きを引いて「交渉」は形を為すのですね。
>問題は日本政府がその「合理的対応」を出来るかどうか?
>これが一番危惧されるところがTPPに限らず全ての外交問題の根本的問題でしょう。
>すなわち「民主党政権」ではダメ!と云う根本問題ですね。
>彼等自身が自らに「線引き」のない不節操な「人格」ですから。


昔サンセット77と言うテレビ映画がありまして、道路わきにヒョイと車を停めロックもせずにすたすた歩いてゆく・・・
実にかっこ良かったのを今でも思い出します。
正しくsonoさんの言われる文化だと思います。そして
>日本に来て麻布台に住んでいる米国人の感慨、
「日本の道路は狭い、だから空き地は駐車スペースすると云う文化があるんだね。狭い土地を分け合って車を駐めている。素晴らしい」と例えばミニ開発の小さな住宅で私有地負担で駐車スペースを作っている光景や、空き地が100円パーキングになっているのをみての米国人の感慨です。

この話は私も納得です。
>問題は日本政府がその「合理的対応」を出来るかどうか?

私もこの問題を危惧しています。
私はカーメーカーではなく部品メーカー務めでしたが、日米自動車摩擦では散々苦労しました。
有るときなどはダンピング調査と称して商務省の係官に乗り込まれたり・・
そんな経験から日本人の交渉事とアメリカ人の交渉事の違いを痛感しています。
一昨年暮れから昨年はじめのトヨタバッシングを見れば良く分かります。
日本政府は震え上がって押入れに篭って出てこなかった。
当時の経済産業大臣はトヨタ労組出身でした、一体何をしていたのでしょうか。
  1. 2011-11-08 18:19
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>日米の政府調達でもめていた1980年代に、米国大使館にいた知り合いから紹介されて商務省の人に会ったことがあります。知人の通訳と私のつたない英語力での理解なので正確ではないかもしれませんが、その人、「日本は実績を示せ」「世界で売れているものが日本で売れないのはおかしい」という意味のことを繰り返し言っていました。
>若かった私は、いまひとつ彼の話がピンとこなかったのですが、後日、日本の某企業の人と雑談していて、よくわかりました。
>
>「ヤツら、その製品は日本では故障するよ、こことここを直してと言っても、『いや、うちの製品は世界中で使われているんだぞ』と言って、こっちに合わせる気ゼロ。政府からうるさく言われて買ったけど、やっぱり故障した」
>
>製品を改良して日本人が気に入るようにしたり、日本の規制や規格に合わせたりする気が、まったくと言っていいほどないのだとか。商務省の人は、「日本人が必要としないものでも買え」「うちの商品は世界で売れているんだから、日本で使えないのは日本がおかしい」と言っていたんですね。ほとんど合法的なゆすり・たかり、あるいは強盗みたいなものだと思ったものです。いまだのその性根は変わらないんでしょうね、アメリカヨーロッパも。


こんな話でトヨタはシボレー・キャバリエを買いまして、トヨタキャバリエで売っていました。
売れ行きがよければそのまま売ったんでしょうが、余り売れないので止めてしまいました。
キャバリエはクルマとしては出来のいい車だったんですが、それでも駄目だった・・・
今キャバリエの中古車はクルマ好きには意外と人気が有るんだそうです。
パワーがあって乗りやすく、トヨタディーラーで整備できるので部品の心配も無い。
有る意味惜しいクルマだったのかもしれません。
  1. 2011-11-08 18:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>もうひとつ思い出しちゃいました。初代ゴルフが日本に入ってきたときの右ハンドル車。ハンドルだけは右側につけていたのに、ブレーキもクラッチも、マスターシリンダーは左ハンドル仕様のまんま。クラッチワイヤーが切れたりはずれたりして路上で止まるゴルフを何台も見ました。
>
>さすがにブレーキ、クラッチのリモートコントロール仕様はなくなりましたが、いまだに日本に輸出する右ハンドル車のウィンカーレバーが左側のまんま。「ウィンカーレバーは左側でもいい」とISOの規格を変えてまで、ウィンカーレバーを左側から移さないですむようにしたときは、もう笑うしかありませんでした。操作性を考えても、安全性を考えても、ウィンカーレバーはシフトレバーの反対側にしたほうがいいだろうに、なぜなんでしょうね。ハンドルの位置を変えられるのなら、ウィンカーレバーの位置変更くらい、大したことはないだろうに。
>
>なんなんでしょう、この身勝手さは。フランスやイタリアの小型車なんて、これ、そもそも右側にハンドルをつけるのは無理では? という思うようなエンジンの積み方をしている車まであり、ときどきびっくりします。それが欧米では当たり前なんでしょうか。不思議です。


日本車の右ハンドルというのは世界的にはマイナーです。
そのため日本のカーメーカーは最初から輸出前提で車を設計します。
それがヨーロッパのメーカーでは右ハンドルの需要が少ない為、其処まで細かい配慮が出来ない。
理由はコストです。
正確にコスト計算をすれば凄い金がかかる。
それがクルマ作りの難しさ、そんな所はご理解ください。
  1. 2011-11-08 18:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>まあでも、今の所得水準だと、値段も高い維持費も高いアメリカの車、欲しくても買えませんよ…。
>今の日本では外車もってるだけでステータスなんじゃ。


そうですね、私などは昔からフルサイズのアメ車(キャデラックとかリンカーンとか)、一度は乗ってみたいと思っていました。
しかしこれは間違いなく見果てぬ夢。
もし今それを只で貰ったら・・・ 
家を叩き壊して其処を駐車場にし、自分はクルマの中で寝泊りするしかない・・・
  1. 2011-11-08 18:44
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>日本車の右ハンドルというのは世界的にはマイナーです。

英国は右ハンドルですか?走行車線も日本同様に左側?
大英帝国の各国もそうでしょうか。
右ハンドルとして、左ウインカーなのですね?
気になりましたのでお教え下さい。
  1. 2011-11-08 18:59
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>>日本車の右ハンドルというのは世界的にはマイナーです。
>
>英国は右ハンドルですか?走行車線も日本同様に左側?
>大英帝国の各国もそうでしょうか。
>右ハンドルとして、左ウインカーなのですね?
>気になりましたのでお教え下さい。


以下右ハンドルの国です。
日本
イギリスアイルランド
オーストラリア・ニュージーランド
香港、インドパキスタンバングラデシュ
タイ、マレーシア、シンガポールインドネシア

スリランカ、ネパール、ブータン、
パプアニューギニア、太平洋のいくつかの島、モルジブ、モーリシャス、
ケニア、タンザニア、ウガンダ、マラウィ、モザンビーク、ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ、ナミビア、スワジランド、レソト、南アフリカ、
キプロスマルタ、ジャマイカ、米領、蘭領の西インド諸島の一部、旧イギリス領の西インド諸島の独立国、トリニダードイトバーゴ、スリナム、ガイアナ等々


基本的に右ハンドルの国は左側通行です。
そして日本・インドネシア・タイを除けばあとはイギリスの影響下の国ばかりです。

それからウィンカーの位置ですが、基本的にこれはメーカー・車種によって変ります。
コストを無視すれば右左反対に作りたいのですが、そうも行かないのあが車作り。
そのメーカーの車づくりにかける基本姿勢を問われるのがこんな所です。
  1. 2011-11-08 21:00
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>日本の駐車規制はおかしい、そのために大型のアメリカ車が売れないのだ。非関税障壁なので撤廃しろ

だいぶ昔の話ですが、某アメリカ車メーカーの日本支社に勤める日本人が自社の車を買って、部品が壊れたからアメリカから取り寄せようとしたけど何か月経っても送ってこない。「これじゃあ売れねえ」とこぼしていました。ヨーロッパでもアメ車って見ないですね。

かつてのミスター円こと榊原氏は先週TPP問題のTV番組で「アメリカと交渉するのがどれほど大変だったか」証言していました。日経新聞など、交渉して日本に有利な条件で攻めろ、なんて主張しているけど、野ダメやゲンバに攻めの交渉なんてできるとはとうてい思えません。古書を手土産に5兆円も韓国に融資して、竹島のタの字も言わなかったんですから。
  1. 2011-11-08 23:26
  2. URL
  3. izayoi0228 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

>日米の政府調達でもめていた1980年代に、米国大使館にいた知り合いから紹介されて商務省の人に会ったことがあります。知人の通訳と私のつたない英語力での理解なので正確ではないかもしれませんが

対外交渉は通訳を介しただけで負けてしまします。
通訳が正しい訳や相手の意図を伝えているかと云うと殆どのケースでは不正確です。名何故なら通訳に取っては自分事ではない他人事だから。
CNNなんかの同時通訳のいい加減さを見れば分かります。
これは社内の通訳でも同じ事。「通訳」が自分の保身を考えるのですね。

だからヘタでも良いから自分が直接コミュニケーションする心がけは常に必要でしょう。
場数を踏めば段々分かる様になる。語学の上達よりも「コツ」を掴むのですね。

自分でも、自分の使える言語(と云っても英語と仏語しかないが)では交渉上手になれたとしても、出来ない言語(スペイン語や中国語)では全く交渉ベタになると自分でも感じます。

フランス人真似て「ここは日本だ。日本語でしゃべれ!」くらいの胆力は必要ですね。しかし日本人はその点ではサービス精神旺盛なお人良しですからね。外国人には「お接待」の気風が抜けない。

だから、TPP交渉が国難になりかねない日本の首相には少なくとも英語使いが必須ですよ。と云っても鳩山の様なぼんくらでは通訳よりもタチが悪い。

それから、僕の最初のコメントで余計な能書きが多くて失礼しました。
後で消そうかと思ったんですがイザのコメントは一度投稿すると編集出来ないので、
すみません。




  1. 2011-11-09 06:48
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

詳細な内容を有難うございました。
英連邦、旧英国植民地はほとんど右ハンドルですね。

右ハンドルで左ウインカーが必ずしもワンセットでないとのご指摘は面白いです。メカのことが分りませんので残念です。
  1. 2011-11-09 06:55
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To izayoi0228さん
>>日本の駐車規制はおかしい、そのために大型のアメリカ車が売れないのだ。非関税障壁なので撤廃しろ
>
>だいぶ昔の話ですが、某アメリカ車メーカーの日本支社に勤める日本人が自社の車を買って、部品が壊れたからアメリカから取り寄せようとしたけど何か月経っても送ってこない。「これじゃあ売れねえ」とこぼしていました。ヨーロッパでもアメ車って見ないですね。
>
>かつてのミスター円こと榊原氏は先週TPP問題のTV番組で「アメリカと交渉するのがどれほど大変だったか」証言していました。日経新聞など、交渉して日本に有利な条件で攻めろ、なんて主張しているけど、野ダメやゲンバに攻めの交渉なんてできるとはとうてい思えません。古書を手土産に5兆円も韓国に融資して、竹島のタの字も言わなかったんですから。


その通りです。
彼らには読めないが大事だと信じている古書と5兆円の融資。
こんな交渉ネタを全く使わないなんて・・・ 
アホです。しみじみアホです。馬と鹿からバカにされてます。
  1. 2011-11-09 07:39
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>対外交渉は通訳を介しただけで負けてしまします。
>通訳が正しい訳や相手の意図を伝えているかと云うと殆どのケースでは不正確です。名何故なら通訳に取っては自分事ではない他人事だから。
>CNNなんかの同時通訳のいい加減さを見れば分かります。
>これは社内の通訳でも同じ事。「通訳」が自分の保身を考えるのですね。
>
>だからヘタでも良いから自分が直接コミュニケーションする心がけは常に必要でしょう。
>場数を踏めば段々分かる様になる。語学の上達よりも「コツ」を掴むのですね。
>だから、TPP交渉が国難になりかねない日本の首相には少なくとも英語使いが必須ですよ。と云っても鳩山の様なぼんくらでは通訳よりもタチが悪い。
>
>それから、僕の最初のコメントで余計な能書きが多くて失礼しました。
>後で消そうかと思ったんですがイザのコメントは一度投稿すると編集出来ないので、
>すみません。


いえいえ、sonoさんの言いたいこと、痛いほど良く分かりました。
私の拙い経験でもアメリカとの交渉の難しさ、良く分かります。
日本の政治家でマトモな交渉が出来るのは麻生さん位で他には無いでしょう。

丁度いい事例がトヨタバッシングのとき、公聴会終了直後(1時間後位)に放映されたラリーキングライブでの豊田章男氏のインタビューです。
豊田章男氏は英語は堪能なのですが、あえて通訳(一番信頼する米国トヨタの社員通訳)を連れて行きました。
そしてラリーキングが話したときは、そのまま(通訳無で)日本語で回答する。
勿論その言葉を通訳が英語で話すのでラリーにも直ぐ分かる。
ラリーキングがあなたは英語で会話できるのに如何して英語で会話しないのかと不思議がると、「私の考えを正確に伝えたいからだ」と言っていました。
これ位のことをしなければ、あのトヨタバッシングの嵐の中を乗り切れなかった。
その後トヨタの米国人社員との話し合いのとき、豊田章男氏が「皆さんの応援があればこそ無事乗り切れた」と言って涙したと伝えられていますが、理解できる話です。
  1. 2011-11-09 09:31
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

大急ぎで訂正

「右ハンドルで左ウインカー」と書きましたが、「右ハンドルで右のウインカー」と書くべきところでした。昨夜から左右の感覚がおかしいです。

国産車は右ハンドルで、右にウインカー(レバー?)がついているのに対し、日本に来ている輸入車は「右ハンドルで、左にウインカー」がついている事から変な勘違いで書いていました。失礼しました。
  1. 2011-11-09 09:52
  2. URL
  3. 相模 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 相模さん
>大急ぎで訂正
>
>「右ハンドルで左ウインカー」と書きましたが、「右ハンドルで右のウインカー」と書くべきところでした。昨夜から左右の感覚がおかしいです。
>
>国産車は右ハンドルで、右にウインカー(レバー?)がついているのに対し、日本に来ている輸入車は「右ハンドルで、左にウインカー」がついている事から変な勘違いで書いていました。失礼しました。


いえいえ、色んなクルマが有りますからねえ。
ハンドル位置を左から右への変更は簡単なようで実は大変なのです。
いい例がアクセルペダル、ハンドルがどちらでもアクセルペタルは右で踏む。
だから単純に左右対称にする訳ではない。
そんな中でハンドル周りはどちらの手で操作するかの違いだけなので、
左ハンドル車のものをそのまま右に持ってくる。
これで色んな金型など相当のコスト削減になるというわけです。
コスト削減はF1のようなクルマでさえ重要なので、
そんな事がアチコチの使い勝手にも出てきているわけです。
  1. 2011-11-09 10:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 短足おじさんさん

ハンドル位置の変更は、そんなに大変なんですか。私は、ダッシュボードもステアリング機構もペダル類も右側に移動したのに、どうしてウィンカーレバーは移動もしてくれないのか、と単純に思っていました。
確かにウィンカーレバーまわりは、レバーだけではなく、金属からプラスチックに至るまで、細かな部品がいっぱいありますものね。私のような素人には、そのへんのコストがどれくらいになるのか、やっぱり想像もつきません。
最近ではATばかりなので、左ウィンカーレバーでもあんまり困らないと言えばそうなのでけど。
  1. 2011-11-09 12:05
  2. URL
  3. kamosuke #79D/WHSg
  4. 編集

No title

結局、アメリカの機嫌取るのは、とても売れないアメ車を日本に並べるより、実際にアメリカの兵器を買う事でしょうね。
まあ、今でもたっぷり買ってるわけですが。
後は、日本の兵器を米国に輸出することですか。これは前から要望が出ているそうな。
  1. 2011-11-09 12:46
  2. URL
  3. その蜩 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kamosukeさん
>To 短足おじさんさん
>
>ハンドル位置の変更は、そんなに大変なんですか。私は、ダッシュボードもステアリング機構もペダル類も右側に移動したのに、どうしてウィンカーレバーは移動もしてくれないのか、と単純に思っていました。
>確かにウィンカーレバーまわりは、レバーだけではなく、金属からプラスチックに至るまで、細かな部品がいっぱいありますものね。私のような素人には、そのへんのコストがどれくらいになるのか、やっぱり想像もつきません。
>最近ではATばかりなので、左ウィンカーレバーでもあんまり困らないと言えばそうなのでけど。
>


クルマ作りはコストが一番難しい。
確かにプリウスのように金をかけても出来ないクルマも有りますが、
それにしても高すぎれば売れない。
それでクルマ屋が日夜苦労しているわけです。
  1. 2011-11-09 15:28
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To その蜩さん
>結局、アメリカの機嫌取るのは、とても売れないアメ車を日本に並べるより、実際にアメリカの兵器を買う事でしょうね。
>まあ、今でもたっぷり買ってるわけですが。
>後は、日本の兵器を米国に輸出することですか。これは前から要望が出ているそうな。
>


問題はアメリカ政治を動かす大きな力が自動車関係の労組。
だから兎に角アメリカ車を買って欲しい。
しかし永年の日米自動車戦争を通じて今は勝負有った。
それでも何とかしようとやったのが昨年初めのトヨタバッシング。
結果はそれでも倒れなかった。
そこで次の手がTPP、そう思っています。
  1. 2011-11-09 15:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する