2009-05-31 18:03

GM救済劇番外編

GM救済劇に関してmasayangさんのブログにラルフ・ネーダーが噛み付いたとの記事がある。

大変興味深い内容なので引用させていただいた。

 

元の記事はウォールストリートジャーナルの5月29日のオピニオンから、

 

尚ラルフ・ネーダーの名前は1960年代から70年代にかけて、自動車の安全についての問題提起でよく知られている。

「欠陥車」などと言う名前もネーダーの活動から出てきた言葉、

 

彼の「どんなスピードでも自動車は危険だ・・云々」と言う本はその当時あまりにも衝撃的だった。

 

日本の自動車メーカーはラルフ・ネーダーの問題提起に対し真剣に取り組んできた、

そのことが今日の日本車の評価に繋がったという意味で忘れてならない人と言える。

 

ラルフ・ネーダー

<以下引用> 

[][][]ラルフ・ネーダーGM救済に噛み付いたAdd Star

  • Ralph Naderというおじさんがいる。
  • 毎回、大統領選挙出馬して、負けてる人。
  • でも、車の窓ガラス強化やシートベルト着用義務などを定めた法律制定に関った偉大な人なのだ。
  • そんな「車にうるさい」Ralph Naderが「GM救済は不公平だ」と噛み付いている。

WSJ: Obama's GM Plan Looks Like a Raw Deal

  • Raw Deal=不公平な取引

 

長い記事だけど、Nader氏は10の問題点を指摘している。

1. GM破綻の波及効果分析ってちゃんとやってるの?

2. GMにしてもクライスラーにしても、そんなにディーラー閉鎖する意味あるの?

  • ディーラー閉めても製造原価削減にはならないよね?
  • もしかして、ディーラー数を減らすと値引競争が抑えられて、車が高く売れる、という論理で動いている?
  • なんで政府がそんなことまで口出す必要あるの?

3. 閉鎖される工場や、つぶしちゃうブランドが多すぎない?

4. なんで「新GM」は海外生産拠点を強化するの?

  • メキシコ依存度は15%から23%に。
  • GM中国からの輸入も始まる。
  • 税金使ってアメリカの雇用を守るんじゃなかったの?

5. 新GMの給与体系についてつっこんでるが意味不明(調査中)

6. GMのChapter-11は、GMの海外拠点についてはどう扱うの?

  • 特に名指しで中国拠点について突っ込んでいる。
  • GM中国拠点における利益は、Chapter-11処理に含まれるのか? 含まれないのか?

7. 株主にはGMの清算を選択する権利はないの?

8. 新GMは旧GM車の不具合によって引き起こされる事故について、法的責任を負うの?

9. 税金使ってGMを助けるわけだけど、新GMはより安全で燃費が良い車を生み出せるという保証はあるの?

10. オバマ政権は新GMの70%を保有するのに、経営には口を出さないといってる。なんで?

 

<引用終り>

 

ネーダー氏はアメリカ人の視点で見ているので、特に1~4項まではアメリカ人がまず関心があることだろう。

 

しかし9~10項については今後日本のカーメーカーにとっても無縁ではないように思える。

津波級の大波が来るように思えるのだが・・

  1. 自動車
  2. TB(0)
  3. CM(2)

コメント

No title

こんにちは、ごぶさたしてます。
友遊氏も指摘されていたようにGMの危機の起源は強すぎる労働組合にあると思います。だからシナ製輸入なんてことになるんでしょう。しかしそれではオバマの公約にまっこうから反します。
またGMの危機は、車が売れないのは無論そうなんでしょうが、マネーゲームのしすぎにあると思います。ゆえに昨秋のリーマン危機に連動しているのです。

米国の製造業はもうどうせだめでしょう、武器生産以外は。金融もだめ、となると後は戦争しかない、と誰もが考えますよね、胡乱なことです。
  1. 2009-06-02 19:23
  2. URL
  3. 丸山光三 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 丸山光三さん

ご無沙汰しております、師匠!!
コメント有難うございます。

>友遊氏も指摘されていたようにGMの危機の起源は強すぎる労働組合にあると思います。だからシナ製輸入なんてことになるんでしょう。しかしそれではオバマの公約にまっこうから反します。

オバマ大統領は口はうまいけれど腹の中は真っ黒、
騙されてはいけないと思います。
一つ一つのやることを見ていると我田引水そのもの、気をつけねばいけない。

>米国の製造業はもうどうせだめでしょう、武器生産以外は。金融もだめ、となると後は戦争しかない、と誰もが考えますよね、胡乱なことです。

師匠の専門分野である中国数千年の歴史はこんな事を証明していると思っているのですが、
つまり「ものづくり(昔は農業と手工業でしたが)を忘れ戦争に明け暮れた王朝は、すぐに内部崩壊を始める」、違うでしょうか?
私には今のアメリカはまさにその直前と見えるのですが・・・
  1. 2009-06-02 22:02
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する