2011-10-28 14:35

今年の山の雪は早い

 少々時期遅れだが、各地の山から雪の便りが届いている。
これは私も見逃していた話なのだが、どうも注目すべき出来事らしい。
最初にどんな話かと言うと・・今月初めの報道です。
(注:記事は私の嫌いな侮日新聞のものだが、まあ大目に見てください。)
 
 
<以下引用>
 
初冠雪:一足早く 観測開始以来、大朝日岳3番目 月山10番目 /山形

 山形地方気象台は3日、月山(1984メートル)と朝日連峰(主峰・大朝日岳1870メートル)が初冠雪したと発表した。同日早朝、同気象台職員が屋上から目視で確認した。
 
 月山は平年より15日、昨年より26日、大朝日岳は平年より19日、昨年より24日、いずれも早い冠雪となった。大朝日岳の初冠雪は、1931年の観測開始以来3番目の早さ、月山は1889年の観測開始以来、10番目の早さという。
 
 3日は、寒冷前線が通過し冬型の気圧配置が強まり、県内上空5500メートルに氷点下26・3度の強い寒気が張り出した。こうした気象条件の際は冠雪する可能性が高いため、職員がひんぱんに山岳方面を注視していた。
 一挙に秋が深まったが、この気象について同気象台の福沢志津夫技術主任は「長続きはしない。秋から冬へ移行する際のひとつの過程。これを繰り返して次第に冬へ移行していく」と話している。
 一方、鳥海山(2236メートル)でも同日、初冠雪を酒田市が確認した。鳥海山の初冠雪については、酒田測候所が閉鎖されたため09年以降観測されていないが、鳥海ブルーライン5合目の鉾立山荘(秋田県側)では昨年の初冠雪は山荘一帯に積雪があった26日ではないかとみている。【佐藤伸】
 
【関連記事】
北アルプス:立山連峰で初冠雪 昨年より24日早く
初冠雪:大雪山系の旭岳で…北海道
天気:道内早くも雪景色 旭川は史上2番目の早さ
富山・立山連峰:初冠雪 昨年より24日早く
 

 

<引用終り>

 

 

 

所で裏の桜さんが11月からの気象庁の3ヶ月予報に関して、こんなエントリーをしている。

気象庁「平年並み予報」にトリック!?

http://dale-alv.iza.ne.jp/blog/entry/2487974/

 

 

 

裏の桜さんの言いたいのは

「平均は平年並みでも変動が大きい、だから西日本に大雪の可能性も考えねばいけない」

こんな話である。私も全く同感だ。

 

裏の桜さんも言及しているが、原因はラニーニャ現象

 

裏の桜さんは気象予報士の解説を引用し

>11月の平均気温は高めだが、夏日はないにしても20度から急降下し、10度ぐらいに下がるアップダウンが大きくなる可能性がある。さら、12~1月は昨年と共通点があり、クリスマス寒波が早めにやってきて寒くなる。とくに西日本まわりで寒波が押し寄せ、西日本中心に大雪になりそうだという。

 

こんな話である。

 

 

 

所でそのラニーニャ現象だが、気象庁は現在ラニーニャ現象だとは言っていない。

ではどう言っているか。

ラニーニャの状態に近づきつつある」のだそうだ。

 

 

 

 

しかし先月のエントリーで、気象庁の天気予報がおかしいと言うことで、こんなエントリーをした。

 

気象庁の天気予報がおかしい<報道しない自由か

2011/09/19 16:32

 

この中でラニーニャ現象について、イギリスのBBCは日本の気象庁の情報に基づき、「弱いラニーニャ」、

しかし日本の気象庁は「エルニーニョでもラニーニャでも無い」

こう言っている。

 

そして1ヶ月たってやっと「ラニーニャの状態に近づきつつある」と言い出した。

人を馬鹿にした話である。

 

 

そこでもう少しデータを見てみよう。

これは同じく気象庁発表のデータだが、

 

エルニーニョ監視区域の海面温度の変化

 

そしてこのデータを数字で見ると

ややこしい数字で恐縮だが、各月の基準値に対し「5ヶ月移動平均で+0.5度以上ならエルニーニョ、-0.5度以下ならラニーニャ

これが気象庁の定義である。

 

したがって明らかに海面温度が異常値を示し始めているけれど、ラニーニャ現象だとはいえない、これが気象庁の公式見解。

(と此処までは気象庁の弁解を代弁して・・・・)

 

 

しかし以前のエントリーでも色々指摘してきたように、

現在太陽活動の異常期に入っている。

そしてこの影響で地球は寒冷化に向かっている

こんな時期に今までの経験だけでは判断できないことが起こる。

その為には気象の異常は兆候の段階で正確に発表すべきである。

 

最後にこの話の締めくくり。

人間が発表するかどうかではなく、自然は既に兆候を発している

その一つが山の初冠雪などである

冒頭挙げた報道などはその一つの兆候ではないか。

私にはそう思える。

 

 

尚以下は余談だが・・・

このエルニーニョラニーニャ現象(と南方振動も)については、

世界の調査観測をリードしているのはアメリカと日本である。

日本は未だエルニーニョなんて言葉も無かった時代から調査観測を続けてきた。

 

マスゴミの報道を見ると、オーストラリアだの何だのと他の国の事を盛んに取り上げるが馬鹿げている。

他の国は日本とアメリカのデータを元にして見解を述べているだけである。

特に日本の気象庁はクライメートゲート事件に加担しなかった。

それが日本の信頼度を高めているようである。

  1. 気候変動
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

こんにちは。

TBありがとうございました。

http://sealevel.jpl.nasa.gov/newsroom/featurearchive/index.cfm?FuseAction=ShowNews&NewsID=380

これはNASAのサイトで見つけた、今年6月にNASAが発表した「エルニーニョラニーニャ」の観測を分かりやすく書いてあるURLです。すべて英語ですが・・・ご参考までに。
  1. 2011-10-28 15:11
  2. URL
  3. 裏の桜 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To 裏の桜さん
>こんにちは。
>
>TBありがとうございました。
>
>http://sealevel.jpl.nasa.gov/newsroom/featurearchive/index.cfm?FuseAction=ShowNews&NewsID=380
>
>これはNASAのサイトで見つけた、今年6月にNASAが発表した「エルニーニョラニーニャ」の観測を分かりやすく書いてあるURLです。すべて英語ですが・・・ご参考までに。


情報有難うございます。
最近太陽活動・宇宙線・高空の気象・地表の気象・海流など、今まで単独で考えられていた物が全部繋がっている、そんな事が分かってきました。

だから我々素人には余りにも話が難しい、困った事では有ります。
  1. 2011-10-28 15:48
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

太陽黒点数は最近ちょっと持ち直しているような気もしますがかなり異常も来てるようです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110901-OYT1T01005.htm

リンク自体は切れてますが内容は別のサイトで分かると思います。現在ん状況がもし極大とすると、恐ろしいことになりかねないですよねえ。
ISESの予想もお寒い限り。
どうしたもんでしょう。
http://www.swpc.noaa.gov/SolarCycle/

ダルトン程度は確定でしょうか。困ったものです。
  1. 2011-10-30 03:55
  2. URL
  3. kazk #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To kazkさん
>太陽黒点数は最近ちょっと持ち直しているような気もしますがかなり異常も来てるようです。
>
>http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110901-OYT1T01005.htm
>
>リンク自体は切れてますが内容は別のサイトで分かると思います。現在ん状況がもし極大とすると、恐ろしいことになりかねないですよねえ。
>ISESの予想もお寒い限り。
>どうしたもんでしょう。
>http://www.swpc.noaa.gov/SolarCycle/
>
>ダルトン程度は確定でしょうか。困ったものです。


情報有難うございます。
この件は最近の屋久杉の年輪の研究から、マウンダー極小期がどうだったのか分かってきました。
これはC14による年代論なのですが、コレの現在と言うのが1950年だと言うのは聞いたことが有ると思います。
この直ぐ後で大気圏内核実験が盛んに行なわれ、特に1962年だけで年間118回もの大気圏内核実験が行なわれました。
それがC14という形で年輪にシッカリ刻まれています。
その結果各年輪の年代が正確に分かり、マウンダー極小期が実は太陽の黒点サイクルから見るとこんな事が分かりました。
つまりマウンダー極小期は黒点は少ないものの有ることは有り、そのサイクルは通常の11年ではなく14年くらいに延びる。
そしてマウンダー極小期直前のサイクルも12年から13年に延びる。
こんな風です。
だから研究者は現在はマウンダー極小期直前と似ている。
こう言っています。
いずれにしても目が離せません。

尚最近黒点数が増えてきています。
しかし研究者の見解は、数は揃ったように見えるが活動が弱弱しいのだそうです。
  1. 2011-10-30 07:33
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する