2011-10-21 14:14

アインシュタインロマン

 昔NHKの科学番組で「アインシュタインロマン」と言う番組があった。

難しい相対性理論を分かりやすく説明した物で、大変面白く、そしてコ・ガブリエル・カメダのバイオリンで聞くモーツアルトが素晴らしかった。

我が家ではコレをビデオにとり、正月にテレビが全くつまらなくなる時期に毎年恒例でコレを見ていた。

 

 

所で一ヶ月ほど前、トンでもないニュースが世界を駆け巡った。

何と光の速度より早い物は無い、この相対性理論と矛盾し、光より早い粒子が発見されたと言うのである。

 

 

 

これはWSJの紙面を飾った写真

 

 

このニュースのポイントは730キロ離れた所に、光より1億分の6秒だけ早く到達したと言う事である。

つまり早さが光より4万分の1だけ早いと言うのだ。

 

 

このニュースは日本でも華々しく取り上げられた。

その内容はと言うと、新聞各紙の報道内容

 

朝日新聞 「『光より速い素粒子発見』 相対性理論と矛 (1面カタ+3面に長文の解説記事
毎日新聞 「『光より速く移動』 アインシュタインの特殊相対性理論を覆す発見か」(2面4段)
読売新聞 「光より速い素粒子観測 相対性理論と矛盾」(1面トップ+3面に長文の解説記事)
日経新聞 「ニュートリノ『光より速い』 相対性理論覆す?」(社会面4段)
東京新聞 「えっ 光より速い? 相対性理論と矛盾『検証を』」(1面カタ+3面に解説)
産経新聞 「ニュートリノ『光より速い』 相対性理論と矛盾」(1面トップ+3面に長文の解説記事)


 

WSJが取り上げていること、それはこの理論こそ原子爆弾製造の基礎理論だったからである。

 

 

所が最初からこの報道に疑問を持つ人もいた。

特に日本ではそんな人が沢山いた。

その理由は

東大の小柴名誉教授がノーベル賞を貰っただろ、

その研究はカミオカンデを使ってニュートリノを観測し、宇宙から飛来するニュートリノをはじめて観測に成功。

それは15万光年以上離れた所の超新星爆発からニュートリノが光とほぼ同時に地球に届いた事を実証した。

 

もしニュートリノのほうが光より早ければ、1年以上早くニュートリノが地球に到達するはず。だから可笑しいよ。

という物だったが、こんな正論は世紀の大発見に沸くマスゴミの耳には届かなかったようだ。

 

 

 

しかし最近になってこの話に異論を唱える研究者が出てきた。

GPSを使って距離・時間をきちんと測ったと言っていたのだが、エラーが(見落としたファクターが)あったと言うのである。

 

http://researchmap.jp/jod7y7m3o-13620/#_13620

 

 

小柴名誉教授の研究は実に巨大な物を作って行なったもの。

それはカミオカンデ・・・勿論世界初である。

 

これはカミオカンデ内部

 

こんな凄い物を地下1000メーターの所に作って何年も粘り強く観測を続けた、その結果の宇宙ニュートリノ観測成功なのである。

 

 

何処かにも「ウリにもノーベル賞が欲しいニダ」とうるさい連中がいる。

しかしノーベル賞には地道な研究・努力が要る。

 

売国野駄目泥鰌なら舌先三寸で誤魔化せる

700億ドルくらいチョロイもんだ。

だがノーベル賞はそうは行かない。

 

 

所で間もなくこの話がアチコチで報道されると思う。

その時、アインシュタインの相対性理論を越えた! マンセー!

こう言って大騒ぎしたマスゴミは如何するだろう。

楽しみではある。

 

多分あの世でアインシュタイン博士はこう言っているだろう。

君らには未だ分からんだろうな。

1000年早いぞ。

そして

 

 

私もコレにならって何処かの国にやってやろう。

泥鰌は騙せてもマトモな日本人は騙せないよ。

アカンべ~だ。

  1. 科学技術
  2. TB(0)
  3. CM(4)

コメント

No title

 ニュートリノの質量が虚数ならあり得るんですけどね。しかし今までの観測では相対性理論は破綻していませんしねえ。
 加速器だって相対性理論に基づいて設計されているのに。
  1. 2011-10-21 18:28
  2. URL
  3. ご隠居 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To ご隠居さん
> ニュートリノの質量が虚数ならあり得るんですけどね。しかし今までの観測では相対性理論は破綻していませんしねえ。
> 加速器だって相対性理論に基づいて設計されているのに。
 

相対性理論は100年前の発表当時、あまりにも当時の常識から外れたので、永年懐疑論の渦中にありました。
しかしありとあらゆる検証結果、相対性理論の破綻は有りませんでした。

今回の発表なども研究予算獲得のためのプロパガンダの臭いプンプン。
それにしてもご隠居さんもユニークな事を仰る。
ニュートリノの質量が虚数だったら・・・
面白い、
韓国外貨準備高が虚数だったら・・・
考えるだにワクワクします。
  1. 2011-10-21 20:49
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

No title

僕はこのニュースを見た(聞いた)時に一番最初に感じた疑問、
質量のあるニュートリノが質量の無い光より早い事を物理学的に説明して欲しいと云う事でした。極めて簡単な疑問です。
わざわざ記者会見して発表しのなら何故その記者会見でこの程度の基礎的疑問が出されなかったのか?と云う事です。

やっぱり「やらせ会見」だったのでしょうか?

  1. 2011-10-24 08:09
  2. URL
  3. sonoraone-3 #79D/WHSg
  4. 編集

No title

To sonoraone-3さん
>僕はこのニュースを見た(聞いた)時に一番最初に感じた疑問、
>質量のあるニュートリノが質量の無い光より早い事を物理学的に説明して欲しいと云う事でした。極めて簡単な疑問です。
>わざわざ記者会見して発表しのなら何故その記者会見でこの程度の基礎的疑問が出されなかったのか?と云う事です。
>
>やっぱり「やらせ会見」だったのでしょうか?


私はやらせ会見だったと見ています。
その理由はズバリ「研究予算獲得のため」。
その構図は地球温暖化問題と全く同じ。

温暖化詐欺でも「温暖化と言い立てれば、莫大な予算が獲得できる。」
これで研究者(つまりボスの子分)を増やせる。
新しい色んな研究が出来、自分の名誉にも繋がる・・いい事ずくめ。
若し温暖化を取り下げれば、自分の所の研究者は路頭に迷う。
ウソでも何でも温暖化の看板だけは下ろせない。
これが温暖化詐欺の深層・真相です。

この構図が今回も働いていると思います。
それにしてもこの問題に加担した似非科学者達、
世紀の大発見、うまく行けばノーベル賞だ!
・・・現実は・・ノータリン賞級ですね。
  1. 2011-10-25 06:24
  2. URL
  3. 短足おじさん #79D/WHSg
  4. 編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する